クレジットカード

楽天カードは途上与信が厳しい!?入会後に会員資格が取消される理由を解説

【悲報】楽天カードは途上与信が厳しい!?入会後に会員資格が取消される理由とは?
  1. 楽天カードは入会審査が緩い一方で与信審査が厳しいため、入会後に会員資格が取消される人が多い。
  2. 「キャッシング利用」と「カード利用増額申請」すると与信審査されて会員資格が取消しになる可能性が高い。
  3. 普通に楽天カードを利用している人にとって、与信審査は嬉しいこと!
楽天カードは突然会員資格が取消されて使えなくなってしまうなどの噂を聞きますが本当ですか?

結論からいうと、その噂は本当です。

でも、ご安心ください。上記のような事例の多くは利用者(会員)側に問題があっただけです。そして、自身に問題があったことに気付いていないだけです。

楽天カードが突然会員資格取消になる理由は『途上与信』です。

楽天カードは入会審査後(カード発行後)でも、会員の信用情報を途上与信によって随時チェックしています。入会できたら安心というわけではありません。

本記事では、「楽天カードが途上与信が厳しい理由」「途上与信にひっかからないために気を付けるべきこと」について解説します。

楽天カードは入会後の途上与信が厳しい!?

そもそも楽天カードの途上与信で悲鳴を上げている人達って、他のクレジットカード会社では入会審査にすら通らなかった人達なのでは?

噂通り、楽天カードは途上与信に厳しいクレジットカードです。

しかし、他社では門前払いされるような学生やフリーターや主婦など、多くの消費者にクレジットカードを持つ機会を与えてくれていることを忘れてはいけません。

とはいえ、クレジットカード会社は“貸金業者”です。

返済能力のない人がクレジットカード利用を続けると、カード会社にとって貸し倒れのリスクが発生し、不利益を被ることになりかねません。

そのようなリスクを避けるためにも、途上与信を厳しくせざるを得ません。

途上与信とは?

「途上与信」とは、クレジットカード会社が定期的に実施している会員の信用情報の“抜き打ち審査”です。

つまり、入会後のカード利用状況や他クレジットカード会社からの契約・借入状況などの信用情報を照会することで定期的に会員資格の見直しが行われています。

私たちの信用情報は、指定情報信用機関:CICによって管理されており、クレジットカード会社はCICで管理されている会員の信用情報を照会することができます。

上の図の通り、各クレジットカード会社(およびその他貸金業者)は自社の会員情報(個人情報、利用状況など)をCICIに提供&登録します。

なお、会員(私たち)は自分の信用情報がどのように評価されているかをCICに開示請求することができます。

📝信用情報の開示請求方法

開示請求は指定信用情報機関CICの公式サイトから行えます。

  1. 郵送で開示請求する。
    こちらから申込書をダウンロードしてください
  2. インターネットで開示請求する。
    → スマートフォンの方はこちら
    → パソコンの方はこちら

※開示請求には1,000円の手数料が必要になります。

楽天カードの途上与信が厳しいのはなぜ?

「楽天カードは途上与信が厳しい」と言われる理由は、他クレジットカード会社に比べて楽天カードが実施する“途上与信”の回数多いためです。

「途上与信ばかりする楽天カードは悪質だ!」という口コミを見かけることがありますが、貸金業者が会員の信用情報をチェックするのは当然です。

ネット上の口コミは気にする必要ありません。楽天カードを悪く批判する人って、そもそも信用がない人達です。途上与信されると困る人が悪評を流しているだけです。

また、楽天カードは18歳以上の方であれば、学生や主婦でもカード発行申請ができる“入会条件が比較的緩い”クレジットカードです。

つまり、「入会審査を緩くして途上与信を厳しくする」という楽天カードの経営方針とも考えられます。

途上与信では何がチェックされる?

  1. クレジットカードの利用状況は適正か。
    → 収入とのバランス、延滞の有無など。
  2. 他社のクレジットカードの利用状況に問題はないか。
    → 会員資格取消や異動情報など。
  3. 高額商品の購入、増額申請、キャッシング利用がないか。
    → カード利用の現金化など利用規約に違反していないか。

「この会員はこのままクレジットカードを利用させても問題ないか」ということをCICが管理する信用情報を基に評価します。

クレジットカード利用が極端に少ない場合、途上与信でまったく問題がなくても会員資格が取消されるケースがあります。

途上与信はいつ実施されている?

一般的に3ヶ月~半年に一回の頻度で途上与信が行われます。しかし、この周期に決まりはなく、またクレジットカード会社によっても異なります。

楽天カードの途上与信は3カ月に1回!

楽天カードは最も途上与信頻度が多いクレジットカードです。ただし、途上与信の回数が多いことが会員資格取消になる原因ではありません。

会員資格が取消される原因は、クレジットカードの利用状況に問題が発覚したためです。つまり、利用者(会員)側の問題です。

また、不定期で実施される途上与信とは別に、「キャッシング利用時」「カード利用限度額の増額申請時」には必ず途上与信が行われます。

楽天カードの途上与信に引っかかると、どうなる?

途上与信によりマイナス評価を受けると、「カード利用限度額が引き下げ」さらに最悪なケースではそのまま「会員資格取消」になる可能性があります。

例えば、カード利用限度額が30万円あった場合、途上与信に引っかかると10万円に引き下げられることは珍しくありません。

カード利用限度額は会員の“信用度”を表す指標になります。

つまり、カード利用限度額の引き下げはクレジットカード会社からの信用を失ったことを意味しており、会員資格取消前の”最終警告”とも言えます。

ただし、そもそもカード利用限度額が1低い場合(10万円以下)、カード利用限度額を引き下げることなく、そのまま会員資格を失うことも珍しくありません。

楽天カードは学生や主婦でも利用が可能なため、カード利用限度額が低い会員が多いです。そのため、途上与信により、そのまま会員資格が取消される人が多くなる傾向があります。

会員資格取消は他社のカードに連鎖する

クレジットカードの会員資格取消の情報もCICに登録されます。

そのため、他クレジットカード会社が行う途上与信で「この会員は楽天カードが会員資格取消になっている」ということがバレてしまい、所有していたクレジットカードを立て続けに使えなくなってしまう可能性があります。

複数枚のクレカを持っている人は要注意!
楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意!
楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意! 楽天カードが強制解約される原因を解説。 楽天カードの強制解約後に再入会は可能?気になる疑問をQ&Aで解説。 ...

※連鎖は止めることができません…

楽天カードで途上与信に引っかからないために気を付けるべきこと

メインカードとして利用していた楽天カードが強制解約されないためにも以下のことに気を付けましょう。

📝楽天カード利用上の注意点

  1. キャッシング利用してはいけない。
  2. カード利用限度額の増額申請してはいけない。
  3. 収入に対してカード利用額が大きくならないように注意する。
  4. 支払いを延滞したはいけない。
  5. 定期的に利用する。

上記5つの注意点に気を付ければ、途上与信に引っかかることはありません。
※他社のカードで事故を起こしていない場合に限る。

1つずつ解説します。

注意①:キャッシング利用してはいけない

特に、楽天カードはキャッシング利用に関しては厳しく、「キャッシングを利用すると一発で利用停止になった」という口コミが多く報告されています。

そもそも、キャッシングは通常のクレジットカード利用とは異なり、現金を引き出す手続きです。

そのため、キャッシング利用時には、その都度与信審査を実施することが貸金業法で定められています(法廷途上与信)。

現金が必要な状況って金欠だよね!?

現金が急遽必要になる理由は様々だと思いますが、お金に困っている可能性は高いですよね。そのような状況で返済ができるのか、カード利用を続けさせて大丈夫なのか、貸す側としては心配です。。

キャッシング利用は自分から「お金がない!」ってことをアピールしてしまっているようなものです。例え、キャッシング枠が設定されていたとしても、利用はお控えください。。

注意②:カード利用限度額の増額申請してはいけない

アプリやWebから簡単にカード利用限度額の増額申請をすることができます。しかし、増額申請することで信用情報にマイナス影響を与える可能性がありまます。

「短期間で複数社にクレジットカードの発行申請をしない方が良い」という話は聞いたことがあると思います。その理由は、カード発行申請の情報もCICに登録され、与信審査でマイナス評価を受ける可能性があるためです。

カード利用限度額の増額申請も、途上与信において“マイナス評価”されるリスクがあります。

そもそも、カード利用限度額は会員の“信用度”を表す指標であり、クレジットカード会社があなたを審査&評価して結果です。それを自己申告で覆す(評価し直してもらう)のはちょっと無理です。。

もし、増額申請をするなら「収入がアップした」などの増額申請しても大丈夫な根拠が必要ですので、事前に登録情報を更新しておきましょう。

注意:③収入に対してカード利用限度額が多くならないように注意する

楽天カードを申込申請する時に「年収」を登録しているはずです。

そのため、年収に対して月々のカード利用額の割合が大きいと「クレジットカードの利用状況は適正か」という問題に抵触する恐れがあります。

つまり、年収に対してカード利用額の割合が大きいと、途上与信でマイナス評価を受け、カード利用額の減額や会員資格取消の対象になる可能性があります。
※延滞せずに払えていればOKではありません。

注意:④支払いを延滞してはいけない

楽天カードの支払日(口座振替日)は毎月27日です(土日祝の場合は翌平日)。ただし、楽天カードには翌営業4日間は自動引き落としが繰り返される再振替サービスが適応されます。

そのため、もし27日に残高不足で延滞してしまっても、再振替期間中に入金すれば自動で支払いが完了します。
※ただし、遅延損害金は発生します。

とはいえ、27日の支払日に清算できなかった時点で延滞確定です。たっと1日の延滞でも信用情報に記録されます。

楽天カードの再振替について解説します。
楽天カードを滞納し続けるとどうなる?支払い遅れのペナルティは遅延損害金だけではない!
楽天カードの支払い遅れた場合...ペナルティは遅延損害金だけではない!?楽天カードは、毎月27日の請求日に口座残高不足により滞納した場合、翌日から営業4日間は『再振替』が適応されます。ただし、再振替期間中でも遅延損害金が発生します。しかし、滞納によるペナルティは遅延損害金だけではありあません。本記事では「楽天カードを滞納するとどうなるのか」について解説します。...

※延滞2ヶ月超えるとブラックリスト入りです。

注意⑤:定期的に利用する

楽天カードは入会特典として5,000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーンを常時実施しています。そのため、ポイント目的で入会する人は少なくありません。

カード会社としては、カードを利用してもらわなければ利益にならないため、ポイント目的かつ利用履歴がない無料会員が多いと、維持コストの負担が大きくなります。

そのため、利用頻度が低い無料会員は更新時期に新しカードが送付されずにそのまま解約されてしまうケースがあります。

【朗報】途上与信は悪いことではない!?評価が上がれば嬉しい特典も!

📝途上与信のメリット

  1. カード利用限度額が引き上げられる!
  2. 信用情報の評価が上がる!

以下のような人は楽天カード以外では入会審査に通ることは難しいかもしれません。

定職に付いていない(学生や主婦)。
カード利用限度額が10万円以下。
信用情報に不審点がある。

しかし、定職について安定収入があり「クレジットカード利用状況が適正」であれば、途上与信を恐れる必要はありません。むしろ、途上与信によって評価が上がります。

①カード利用限度額が引き上げられる!

優良会員として評価されるチャンス!

滞納することなく普通に使っていれば、途上与信のたびに優良会員として評価されやすくなり、利用限度額が勝手に上がっていきます。

大学生の頃に作った三井住友カードを作りましたが、10年くらい使っているうちに利用限度額は10万円から75万円まで勝手に上がっていった経験があります。
※その後、強制解約されましたけど…。

実際、滞納や強制解約などと無縁な人の場合、クレジットカードの利用限度額が勝手に引き上げられていることを経験している人も多いはずです。

②信用情報の評価が上がる!

クレジットカード会社との契約年数が長いことは、その人がカード会社にとって優良会員であることの証拠となり、途上与信を通して他社の貸金業者(クレジットカード会社など)からも評価されます。

さらに、カード利用限度額がアップされたなどの履歴があればプラス評価されることは間違いありません。

つまり「○○カード会社が評価しているからこの人は信用できそうだな」という感じで他社かからの評価も上がり、カード審査やローン審査にプラスの影響をもたらします。

最後に:途上与信で楽天カードが使えなくなった時の対処法

もし、楽天カードが急に使えなくなり「楽天e-NAVI」に以下のエラーが表示されていれば、会員資格が取消されたとを意味します。

残念ですが、(エラーコード:2)は取り消されることはありません。
※他のエラーコードについてはこちらのページをご参照ください。

カード裏面の番号に電話しても「申し訳ございません…」としか言われず、カードが復活することもありませんよ…。

もし、このようなことになってしまったら、最低でも半年間はクレジットカードを持つことを諦めましょう。すぐに他社のクレジットカードを申請するのは絶対ダメです。

会員資格が取消しになると信用情報にキズが付くため、直後に他社のクレジットカードを申込んでも100%審査落します。

【悲報】楽天カードが作れないなら他社のカードは99.9%作れない!

楽天カードは学生や主婦でも申請可能なほど入会審査が緩いカードです。そのため、楽天カードがダメならその他のクレジットカードが作れる見込みは99.9%ありません。

クレジットカードを持つことは諦めましょう。

クレカ決済がなくても不便はない!

審査なしで作れるデビットカードがあるのでクレカがなくても問題ありません!さらに最近では電子マネーが普及しているため、そもそもカードを持つ必要さえなくなっています。

さらに、最近では信用情報の審査をすることなく「後払いの決済」が可能な“メルペイスマート払い(後払い)”というスマホ決済も登場しています。

≫メルペイスマート払い(後払い)は債務整理中でも利用可能?ブラックでも審査OKな理由を解説
※私の利用上限金額は20万円でした。

クレジットカードが使えなくなったら、とりあえず「デビットカード」と「スマホ決済アプリ」を1つずつ持っておけばOKです。

それでも、クレジットカードが必要!っと言う場合は、最低でも半年間はクレジットカードがない生活を続けて、信用情報を傷つけないように注意して過ごしましょう。

会員資格取消から半年後に、再度クレジットカードを持つことができる“可能性”があります。
※絶対ではありませんけど…。

楽天カードが復活できた経緯を解説!
【証拠あり】クレジットカードは強制解約されても復活できる!ただし、半年は待って...
【証拠あり】クレジットカードは強制解約されても復活できる!ただし、半年は待って... クレジットカードは強制解約されても復活できる。 楽天カードに再入会後に増額申請してみた結果... ➪ ダメだった.....

※再現性があるかは不明ですが…。