クレジットカード

楽天カードの途上与信は3ヵ月に1回の頻度で実施!入会後の強制解約が多い理由とは?

楽天カードの途上与信は3ヵ月に1回の頻度で実施!入会後の強制解約が多い理由とは?
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
楽天カードは毎月の支払いを滞納していなくても突然会員資格が取消されることがあるって本当ですか?

その話は本当です。でもご安心ください。

上記のようなケースは、利用者(会員)側に問題があっただけ。楽天カードが意地悪をしているわけではありません。

楽天カードが突然会員資格取消なる理由は『途上与信』が原因です。

『途上与信』とは、クレジットカード会社が定期的に実施している会員情報の抜き打ち審査です。

楽天カードは、3ヵ月に1回の頻度で途上与信を実施しています。
※多くのクレジットカード会社は半年~1年に1回の頻度で途上与信を実施しています。

本ページでは「楽天カードが途上与信が厳しい理由」「途上与信に引っかからないために気を付けるべきこと」について解説します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

楽天カードは入会後の途上与信が厳しい?【強制解約されやすい】

楽天カードは、学生や主婦でも入会することができる“比較的審査が緩いクレジットカード”です。

その一方で「カード発行後に会員資格が取消された」という人も多いはず。

楽天カードが突然会員資格取消なる理由は『途上与信』が原因です。

  1. 途上与信とは?
  2. 楽天カードの途上与信が厳しいのはなぜ?
  3. 途上与信では何が審査される?
  4. 途上与信はいつ実施されている?

それぞれについて解説します。

①:途上与信とは?

『途上与信』とは、クレジットカード会社が定期的に実施している会員の信用情報の抜き打ち審査です。

クレジットカード会社は、入会後のカード利用状況や他クレジットカード会社からの契約・借入状況などの信用情報を定期的にチェックしています。

私たちの信用情報は、信用情報機関(CIC, JICC, KSC)よって管理されており、クレジットカード会社はと所与信の際、信用情報機関が管理する会員の信用情報をチェックすることができます。

なお、自分の信用情報がどのように評価されているかを知りたい場合は、信用情報機関に開示請求することができます。

信用情報の開示請求方法

開示請求は、信用情報機関(CIC)の公式サイトから行います。

  • 郵送で開示請求する
    → こちらから申込書をダウンロード
  • インターネットで開示請求する
    → スマートフォンの方はこちら
    → パソコンの方はこちら

※開示請求には1,000円の手数料が必要になります。

②:楽天カードの途上与信が厳しいのはなぜ?

「楽天カードは途上与信が厳しい」と言われる理由は、他クレジットカード会社に比べて楽天カードが実施する“途上与信”の回数多いためです。

「途上与信ばかりする楽天カードは悪質だ!」という口コミを見かけることがありますが、貸金業者が会員の信用情報をチェックするのは普通のこと。

楽天カードは日本で最も利用者数が多いクレジットカードです。利用者が多いため悪い評判も目立ちます。ただし気にする必要ありません。

本当に悪質なクレジットカードであれば、楽天カードを利用する人はいなくなるはず。でもあなたの身近でも楽天カードを利用している人はいますよね。

ちなみに楽天カードは18歳以上の方であれば、学生や主婦でもカード発行申請ができる入会条件が比較的緩いクレジットカードです。

つまり、「入会審査を緩くして途上与信を厳しくする」という楽天カードの経営方針とも考えられます。

③:途上与信では何が審査される?

『途上与信』では、以下を項目が審査されます。

途上与信』で審査されること

  • クレジットカードの利用状況は適正か
    → 収入とのバランス、延滞の有無など
  • 他社のクレジットカードの利用状況に問題はないか
    → 会員資格取消や異動情報など
  • 高額商品の購入、増額申請、キャッシング利用がないか
    → カード利用の現金化など利用規約に違反していないか

つまり、「この会員はこのままクレジットカードを利用させても問題ないか」ということを信用情報を基に再審査します。

また、クレジットカード利用が極端に少ない場合、途上与信に問題がなくても会員資格が取消されるケースもある、ということは覚えておきましょう

④:途上与信はいつ実施されている?

一般的に、途上与信は3ヶ月~半年に一回の頻度で実施されています。ただし、実施頻度はクレジットカード会社によって異なります。

楽天カードは3ヵ月に1回のペースで途上与信が行われています

また、不定期で実施される途上与信とは別に、「キャッシング利用時」「カード利用限度額の増額申請時」には必ず途上与信が行われます。

楽天カードの途上与信に引っかかるとどうなる?

途上与信によって信用情報に不審点が見つかった場合、「カード利用限度額の引き下げ」もしくは「カード会員資格の取消」の可能性があります。

たとえば、カード利用限度額が30万円あった場合、途上与信に引っかかるとカード利用限度額が10万円に引き下げられることは珍しくありません。

カード利用限度額が引き下げされるということは、クレジットカード会社からの信用が下がったということ。つまり、会員資格取消前の最終警告と考えた方がいいでしょう。

ただし、そもそもカード利用限度額が低い場合、カード利用限度額を引き下げることなく、そのまま会員資格取消になる可能性が高いでしょう。

【注記】年会費無料のクレジットカードは強制解約されやすい!?
楽天カードは学生や主婦でも利用することができるため、カード利用限度額が低い会員が多いです。そのため、途上与信によって会員資格が取消される割合も多くなる傾向があります。

【補足】会員資格取消は他社のカードに連鎖する

もし楽天カードが会員資格取消になると、信用情報機関が管理する信用情報に会員資格取消の履歴が記録されます。

そのため、他クレジットカード会社が行う途上与信で「この会員は楽天カードが会員資格取消になっている」ということがバレます。

その結果、他社クレジットカードも会員資格取消になる可能性があります。

詳しくは、楽天カードが強制解約されてるとブラックリストに登録される?のページをご参照ください。
※クレジットカードを複数枚持っている人は要注意!

楽天カードの途上与信に引っかからないために気を付けたいこと

途上与信によって、楽天カードの会員資格が取消しされないためにも、以下のことに気を付けましょう。

  1. キャッシングは利用しない
  2. カード利用限度額は増額申請しない
  3. 収入に対してカード利用額が大きくならないように注意する
  4. 支払いを延滞しない
  5. 定期的に利用する

上記5つの注意点に気を付ければ、途上与信に引っかかることはありません。
※他社のカードで事故を起こしていない場合に限ります。

1つずつ見てみましょう。

①:キャッシングは利用しない

楽天カードは「キャッシングを利用すると一発で利用停止になった」という口コミがあります。これは、キャッシング審査で途上与信が実施されることが原因です。

キャッシング利用時には、その都度、途上与信を実施することが貸金業法で定められています(法廷途上与信)。

キャッシュングは直接現金を引き出す手続きです。理由はどうであれ、キャッシング利用者はお金に困っていることは間違いないでしょう。

そのような状況でカード利用を続けさせて大丈夫なのか、お金を貸す側としては不安になりますよね。そのため強制解約されやすいのです。

キャッシング利用は、“お金がないことをアピール”しているのと同じ。キャッシング枠が設定されていたとしても、ご利用はお控えください。。

②:カード利用限度額は増額申請しない

アプリやWebから簡単にカード利用限度額の増額申請が可能です。

ただし、増額申請することで信用情報にマイナス影響を与える可能性がありまます。

「短期間で複数社のクレカを申込まない方が良いの」という話を聞いたことありませんか?その理由は、クレカ申込み情報も信用情報に記録され、途上与信でマイナス評価を受ける可能性があるからです。

カード利用限度額の増額申請も同じです。

つまり、カード利用限度額の増額申請も、途上与信において“マイナス評価”を受ける可能性があります。

もし、増額申請をするなら「収入がアップした」などの“増額申請しても大丈夫な根拠”が必要になります。
※何もなしに増額申請するのは信用情報をキズ付けるだけの可能性があります。

③:収入に対してカード利用限度額が多くならないように注意する

楽天カードを申込申請する際、「年収」を登録しているはずです。

そのため、年収に対して月々のカード利用額の割合が大きいと「クレジットカードの利用状況は適正か」という問題に抵触する恐れがあります。

つまり、年収に対してカード利用額の割合が大きいと、途上与信でマイナス評価を受け、カード利用額の減額や会員資格取消の対象になる可能性があります。
※延滞せずに払えていればOKではありません。

④:支払いを延滞しない

楽天カードの支払日(口座振替日)は毎月27日です。
※27日が土日・祝日の場合は翌営業日が支払日になります。

ただし、楽天カードには翌営業4日間は自動引き落としが繰り返される再振替サービスが適応されます。

そのため、もし27日に残高不足で延滞してしまっても、再振替期間中に入金すれば自動で支払いが完了します。
※ただし、遅延損害金は発生します。

27日の支払日に清算できなかった時点で延滞確定です。たった1日の延滞でも信用情報に記録されるのでご注意ください。

≫ 楽天カードの再振替で引落しされた場合のペナルティとは?支払いが遅れると何が起こる?
※今月の再振替期間を上のページで確認できます。

⑤:定期的に利用する

楽天カードは入会特典として5,000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーンを常時実施しています。そのため、ポイント目的で入会する人は少なくありません。

カード会社としては、カードを利用してもらわなければ利益にならないため、ポイント目的かつ利用履歴がない無料会員が多いと、維持コストの負担が大きくなります。

そのため、利用頻度が低い無料会員は更新時期に新しカードが送付されずにそのまま解約されてしまうケースがあります。

途上与信は悪いことではない!?評価が上がれば嬉しい特典も!

途上与信は、悪いことばかりではありません。

定職について安定収入があり「クレジットカード利用状況が適正」であれば、途上与信は嬉しいイベントです。

途上与信のメリットは次のとおり。

  1. カード利用限度額がUPする!
  2. 信用情報の評価がUPする!

多くのクレジットカード利用者にとって“途上与信は信用情報がプラス評価されるきっかけ”になるはずです。

1つずつ見てみましょう。

途上与信のメリット①:カード利用限度額がUPする!

多くの人にとって、途上与信は優良会員として評価されるチャンスです。

滞納することなく普通に使っていれば、途上与信のたびに優良会員として評価され、利用限度額が勝手に上がっていきます。

大学生の頃に作った三井住友カードを作りましたが、10年くらい使っているうちに「利用限度額は10万円から75万円まで勝手に上がっていった」という経験があります。
※その後、強制解約されましたけど…(笑)

実際、滞納や強制解約などと無縁な人の場合、クレジットカードの利用限度額が勝手に引き上げられていることを経験している人も多いはずです。

途上与信のメリット②:信用情報の評価がUPする!

クレジットカード会社との契約年数が長いことは、その人がカード会社にとって優良会員であることの証拠となり、途上与信を通して他社の貸金業者(クレジットカード会社など)からも評価されます。

さらに、カード利用限度額がアップされたなどの履歴があればプラス評価されることは間違いありません。

つまり「○○カード会社が評価しているからこの人は信用できそうだな」という感じで他社かからの評価も上がり、カード審査やローン審査にプラスの影響をもたらします。

最後に:途上与信で楽天カードが使えなくなった時の対処法

もし、楽天カードが急に使えなくなり「楽天e-NAVI」に以下のエラーが表示されていれば、会員資格が取消されたとを意味します。

残念ですが、(エラーコード:2)は取り消されることはありません。

カード裏面の番号に電話しても「申し訳ございません…」としか言われず、カードが復活することもありませんでした..。

もし楽天カードの会員資格が取消された場合、最低でも半年間はクレジットカードを持つことを諦めましょう。

なお、会員資格が取消しになると信用情報にキズが付くため、他社のクレジットカードを申込んでも100%審査落します。

これによって、信用情報がますます悪化する可能性があるのでご注意ください。

【悲報】楽天カードが作れないなら他社のカードは99.9%作れない!

楽天カードは学生や主婦でも申請可能なほど入会審査が緩いカードです。

そのため、楽天カードで審査落ちする場合、その他のクレジットカードが作れる見込みは“ほぼない”でしょう。

クレジットカードななくてもデビットカードを持っていれば日常生活で困ることはありません。デビットカードは銀行口座があれば誰でも審査なしで作ることが可能です。

最近では、信用情報の審査をすることなく“後払いの決済”が可能な「メルペイスマート払い」というスマホ決済も登場しています。

≫ メルペイスマート払い(後払い)とは?ブラックリストに登録されても利用できるって本当? 

ちなみに、楽天カードの会員資格取消から半年後、再度クレジットカードを持つことができる“可能性”があります

詳しくは、以下のページをご参照ください。

楽天カードが復活できた経緯を解説!
楽天カードの強制解約後でも再入会の審査に通った体験談※原則、復活は難しい
楽天カードの強制解約後でも再入会の審査に通った体験談※原則、復活は難しい 結論から言うと、楽天カードが強制解約された場合、原則再入会(復活)は難しいでしょう。 ただし、確率は低いものの"強制解約後...

※再現性があるかは不明ですが…

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる