クレジットカード

クレジットカードが会員資格取消になる原因と復活方法を解説

クレジットカードが会員資格取消になる原因と復活方法を解説
私はクレジットカードの会員資格取消を2度経験しました。会員資格が取消しされる原因の多くは滞納です。複数枚のクレジットカードを持っている人はご注意ください。

クレジットカードの会員資格取消は突然やってきます。でも、クレジットカードが使えなくなっただけでその他に特に問題はおきません。

とはいえ「今回の会員資格取消が初めてです」という人は不安でいっぱいかもしれませんね。でもご安心ください。

クレジットカードが会員資格取消になっても…

  • これまでの返済はそのまま続く。
    ※リボ払いや分割払いの残高は一括請求されない。
  • 自宅や職場に電話がかかってくることはない。
  • その他のローン契約を解除されることはない。
  • 滞納2ヶ月未満ならブラックリストに登録されない。
  • デビットカードを作れば困らない。

※私生活に影響することはないので大丈夫です。

クレジットカードの会員資格取消は珍しいことではありません。でも、会員資格取消がきっかけでカード破産するケースは多いですのでご注意ください。

本記事では「クレジットカードが会員資格取消になる原因と復活方法」について、私の実体験を元に解説します。

クレジットカードが会員資格取消になる3つの原因

以下の特徴に当てはまる人は会員資格取消になる可能性があります。

支払いはリボ払い
さらに複数カードでリボ払い
さらにカードローンも契約済み

すべてに当てはまる人は多重債務者になっているかもしれません。

クレジットカードが会員資格取消になる人は“多重債務”を抱えています。毎月の支払い日をギリギリでやりしていたのではないでしょうか。

1つのクレジットカードで利用限度額の制限がかかると出費のやり繰りができなくなり、毎月の返済を滞納せざるをえなくなることもありますよね。

会員資格取消になる原因
  1. 毎月の支払いの滞納
    ➥毎月の支払い期限を守れていない。
  2. 利用規約違反
    ➥カード利用の現金化などの疑い。
  3. 途上与信
    ➥他社の滞納や金融事故が見つかった。

私はこれらの3つを経験済みです。実体験をもとクレジットカードが会員資格取消になる原因を詳しく解説します。

会員資格取消は「あなたにこれ以上の借金を負わせたいためのクレジットカード会社の配慮」でもあります。つまり、“日々生活を見直すきっかけ”を与えてくれていると考えましょう。

原因①:支払いの延滞

クレジットカードが会員資格取消になる一番の原因は滞納です。

滞納はクレジットカード会社との契約違反です。「遅延損害金の発生」「カード利用限度額の減額」「会員資格取消」などペナルティが発生します。

さらに、会員資格が取消しになると信用情報にキズが付き、日常生活に影響が出てくる可能性もあります。

「1日くらい遅れても問題ないだろう」

「請求書のハガキが届いてから支払おう」

クレジットカードの利用残高は借金と同じです。そのため、このような軽い気持ちで滞納するのはやめましょう。

延滞期間が2ヶ月以上になると“ブラックリスト”に登録されます。
※正確には、指定信用情報機関CICのデータベースであなたの信用情報に“異動情報”が登録されます。

原因②:利用規約違反

商品券などをクレジットカードで購入したあとにチケット売り場などで売却すると、カード利用額を現金化できます。

ただし、換金目的のカード利用は“規約違反”です。例えば、三井住友カードの会員規約には以下のように記されていることが確認できます。

第15条(カード利用の一時停止等)

2.当社は、会員が利用枠を超えた利用をした場合もしくは利用をしようとした場合、利用枠以内であっても短時間に換金性商品を連続して購入する等カードの利用状況が不審な場合または延滞が発生する等のカード利用に係る債務の支払状況等の事情によっては、カードショッピング、キャッシングリボおよび海外キャッシュサービスの全部または一部の利用を一時的にお断りすることがあります。

引用元:三井住友カード会員規約(個人会員用)

換金目的のカード利用を禁止する規約はすべてのクレジットカード会社で共通です。

また、最近ではFX(外国為替証拠金取引)の海外口座へのクレジットカード入金が問題になるケースも増えています。

海外FXは日本の金融庁による金融商品取引法に基ずく登録を受けていません。そのため、海外FX口座へのクレジットカード入金は換金目的を疑われる可能性があります。

原因③:途上与信

「途上与信」とは、クレジットカード会社が定期的に行う会員の“信用情報の抜き打ちチェック”です。

日本には信用情報を管理する機関が3つ存在します。

クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの貸金業者は上記のいづれかの機関に加盟しており、会員の信用情報を加盟機関に提供&共有しています。

他社の延滞情報はすべて筒抜け!

例えばA社のカードのリボ払い残高や延滞履歴などの情報は、信用情報機関を通してB社もチェックすることができます。

途上与信では信用情報機関で管理されている会員の信用情報をチェックします。そのため、他社で不信な利用履歴が見つかれば、即契約解除さることも珍しくありません。

あなたの借金は減額できるかも?

以下に当てはまる人は要チェック!

  • 複数のクレジットカードを利用中…。
  • 消費者金融カードローンを契約中…。
  • 複数社の返済を滞納中…。

あなたの借金は高額な利息分をカットすることで減額できる可能性があります。
※借金がどれだけ減額できるのかを無料で診断することができます↓

\今すぐ借金の悩みを解決したい/借金がいくら減額できるか知りたい人はこちら※24時間356日受付中です。

借金減額診断とは?

弁護士法人が提供する無料のネット診断サービスです。

あなたの借入金額と返済状況から借金がいくら減額できるかを匿名診断することができます。

診断時間は1分
回答結果を弁護士が個別診断
診断のみの利用でもOK

※診断結果を知りたいだけの場合もご利用いただけます。

クレジットカードが会員資格取消になるとどうなる?

結論からいうと、クレジットカードを持てなくなるだけ。その他にも細かいことは多々ありますが、日常生活に大きく影響することではありません。

会員資格取消後に起きること…
  1. クレジットカードの新規発行ができない
  2. ローン審査が通らない
  3. 賃貸契約できない可能性あり
  4. 別のクレジットカードも会員資格取消になる

クレジットカードが会員資格取消になっていろいろ不安があるかもしれません。でも、ぶっちゃけ気にする必要はありませんので安心してください。

会員資格取消による影響①:クレジットカードの新規発行ができない

クレジットカード会社は、会員資格を取消した会員情報を指定情報信用機関に登録します。つまり、信用情報にキズがついきます。

会員の信用情報は信用情報機関に登録&管理されるため、例えばA社で発生した金融事故の情報をB社はチェックすることができます。

そのため、1つのクレジットカード会社で会員取消になった直後は、別のクレジットカード会社にカード発行申請しても受け付けてもらえません(審査落ちします)。

レジットカードの発行申請の情報も信用情報として信用情報機関に登録されます。短期間で複数社に発行申請を繰り返す行為は、信用情報をさらに悪化させる原因になります。
※クレジットカードの発行申請は半年に1回を目安に行いましょう。

会員資格取消による影響②:ローン審査が通らない

クレジットカードの新規発行ができなり理由と同様に、銀行などでローンを組むことが難しくなります。絶対とは言い切れませんが、以下は審査落ちする可能性が高いでしょう。

会員資格取消後に利用できないローン

  • 銀行系/消費者金融系カードローン
  • マイカーローン
  • 多目的ローン
  • 学生ローン
  • スマホ機種の分割払い

などなど。

ちなみに、クレジットカードの会員資格取消されても滞納期間が2ヶ月未満であればブラックリストには登録されません。

そのため、住宅ローン審査にはほとんど影響しませんのでごあんしんください。
※詳細は記事後半で解説します。

会員資格取消による影響③:賃貸契約できなくなる可能性あり

最近の賃貸物件では、家賃滞納によるトラブルを避けるために保証会社への加入が義務付けられているケースが増えています。

つまり、借主が家賃を滞納した場合、保証会社が仲介することになります。このような賃貸物件の場合は、賃貸契約前に保証会社が借主の信用情報を審査します。
※保証会社は信用情報機関に加盟しています。

そのため、クレジットカードの会員資格取消などが発覚した場合は入居を断られる可能性があります。

ただし、保証人を立てることで賃貸契約できるケースもあります。また、そもそも保証会社への加入が必要ない物件を選べば問題ありません。

ちなみに、これは賃貸契約時の話です。

クレジットカードの会員資格取消を理由に、すでに入居している物件の賃貸契約が突然解約されることはありませんのでご安心ください。

会員資格取消による影響④:別のクレジットカードも会員資格取消になる

クレジットカードの発行申請だけでなく、すでに持っているクレジットカードまでも会員資格取消になる可能性があります。

その理由は「途上与信」です。

ただし、途上与信の頻度はクレジット会社によって異なるため、A社のクレジットカードが会員資格取消になった直後にB社も…という訳ではありません。

例えば、途上与信の回数が多いことで有名な楽天カードの場合は、3ヶ月に1度の頻度で途上与信が実施されています。

≫ 楽天カードは途上与信が厳しい!?入会後に会員資格が取消される理由とは?

ちなみに、一般的なクレジットカード会社は半年~1年に1回の頻度で途上与信が実施されます。

クレジットカードを複数枚持っている人は、3ヶ月~1年以内に次々に会員資格取消が続くことを覚悟したほうがいいでしょう。

【朗報】会員資格取消になったクレジットカードを復活させる方法

信用情報機関に登録された会員資格取消の情報(汚点)は2年経過すると消え、信用情報が回復します。それにもかかわらず、会員資格取消になったクレジットカードは“2度と復活しない”と言われています。

その理由は、各クレジットカード会社には“社内ブラックリスト”が存在し過去に金融事故(会員資格や債務整理など)を起こした会員情報は半永久的に保管されるためです。

しかし、会員資格取消後でも“復活できる可能性”があるクレジットカードがあります。楽天カードです。

会員資格取消の半年後に復活!

2枚のクレジットカードが会員資格取消になった半年後に、ダメ元で楽天カードの発行申請してみた結果、審査に通って楽天カードを作ることができました。

ただし、カード利用限度額は10万円。
※増額申請をした結果、20万円に増えました!

≫【証拠あり】クレジットカードは強制解約されても復活できる!
※ただし再現性は低いです…

ちなみに、会員資格取消になった後に同カード会社のクレジットカードが復活したというケースは、ネットで探してみても楽天カードのみでした。

補足:クレジットカードが会員資格取消になると住宅ローン審査に通らない?

結論から言うと、クレジットカードの会員資格取消の履歴があっても住宅ローン審査には大きく影響することはありません。

その理由は、住宅ローン審査では以下が重要視されるためです。

  1. 年齢:完済時の年齢が75歳未満(目安)
  2. 年収:400万円以上(目安)
  3. 勤続年数:1年以上(目安)

つまり、住宅ローン審査においては「返済能力」が重視されます。また、職業や勤務会社によっても審査に通りやすい通り難いの差が生じます(公務員は有利)。

ただし、上記は「ブラックリストに登録されていないことが前提」です。
※クレジットカードでも延滞期間が61日以上もしくは3ヶ月以上になるとブラックリストに登録されます。

クレジットカード会員資格取消のQ&A

Q1.会員資格取消後のカード利用残高は一括請求される?

会員資格取消になっても残りの請求額は一括請求されません。

例えば、リボ払い残高や分割払い残高が残っている状況で会員資格取消になった場合、未清算分の利用残高はこれまで通りのリボ払いもしくは分割払いが継続します。

つまり、「クレジットカードは使えなけど返済は続く」 という状況が続きます。

ただし、クレジットカードの延滞期間が2ヶ月以上の場合、内容証明郵便による一括請求の督促状が届きます。詳しくは以下ページをご参照ください。

≫ クレジットカード会社から一括請求の督促状が届いた時の対処法を解説

Q2.再振替期間中に支払いすれば会員資格取消にならずに済む?

例えば、楽天カードは毎月の支払い日に口座残高不足で引落されなかった場合、翌営業4日間に自動で再振替が行われます。

そのため、再振替期間に入金しておけば自動で支払いが完了するため、カード会社から支払い催促の電話や督促状が届くことはありません。

ただし、延滞したことには変わりませんので、延滞日数に応じた遅延損害金が発生するほか、延滞情報が信用情報機関に登録されます。

毎月のように延滞を繰り返すと、会員資格取消になる可能性もあるので気を付けましょう。詳しくは以下のページをご参照ください。

≫ 楽天カードの支払い遅れた場合…ペナルティは遅延損害金だけではない!?

Q3.会員資格取消になる前にカード会社から連絡はある?

残念ながら事前連絡はありません。

そのため「クレジットカードを使おうとすると利用不可だった」もしくは「公共料金がカード引落できず請求書が届いた」ということがきっかけで会員資格取消になっていることに気付くケースがほとんどです。

三井住友カードは後日「会員資格取消通知書」が届きましが、楽天カードは何もなかったです。

ちなみに、楽天カードの場合は「楽天e-NAVI」にログインすると(エラーコード:2)というエラーが表示されます。これは会員資格が取消されましたというお知らせです。詳しくは以下ページをご参照ください。

≫ 楽天カードは滞納なしでも強制解約される?クレカ滞納常習者が実体験を元に解説します

Q4.会員資格取消になるとブラックリストに登録される?

クレジットカードが会員資格取消になっただけではブラックリストに登録されません。

ただし、指定情報信用機関CICの信用情報開示報告書には「返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの」には“異動”情報が付くことを明記しています(以下参照)。

引用元:「信用情報開示報告書」表示項目の説明

つまり、信用情報に“異動”が記録されている状態を、世間では“ブラックリストに登録されている”と表現しています。
※正式にはブラックリストという名称のものは存在しません。

  • クレジットカードが会員資格取消になる目安期間
    延滞発生後1ヶ月未満
  • ブラックリストに登録される条件
    61日以上の支払遅延(延滞)

上記期限の通り、一般的にはブラックリストに登録されるよりも前に、クレジットカードが会員資格取消になるでしょう。

ただし、会員資格取消後に延滞を続けた場合はブラックリストに登録され、さらに延滞期間が半年以上になれば裁判に発展する可能性が高くなります。

≫ リボ払いの借金は自己破産できる?リボ払いでカード破産する原因を解説

Q5.延滞履歴なしでも会員資格取消になることはある?

年会費無料のクレジットカードを持っている人で年間を通して利用頻度が少ない場合、延滞履歴がなくても会員資格取消になることがあります。

例えば、楽天カードは新規会員登録した方に5,000円のキャッシュバック特典を実施しています。

このような特典目当てでクレジットカードを作ったものの、それ以降使っていないという会員は、会員資格取消になるケースも多いでしょう。

≫ 借金がどれくらい減額できそうかチャットで相談してみる
※ご相談は無料・匿名でOKです。

借金減額診断について解説します
借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!
借金減額診断は怪しい?気になる診断内容をスクショ付きて解説!借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断の質問内容を事前にチェック。