LINEポケットマネー

LINEポケットマネーが利用停止になる原因を解説※途上与信にご注意ください!

LINEポケットマネーが利用停止!? クレジットカードの返済を滞納している人は要注意
  1. LINEポケットマネーが利用停止になる原因。
  2. LINEポケットマネーの利用は情報信用機関に登録される。
  3. LINEポケットマネーを気軽に使ってはいけない理由。
利用停止になる一番の原因は、借入限度額いっぱいを一度で借りてしまったためだと思います。無計画なヤバいやつと思われますよね。普通は。。

クレジットカードも利用可能枠に達すれば、利用制限がかかるので、あたりまえの処置だと思います。

しかし、LINEポケットマネーを借金と認識していない人も多いかも。

【注意】お小遣い感覚で使っていませんか?

昨日までもらえていたお小遣いが急にもらえなくなると「なんで!?」ってなりますよね。まさに今、そんな状況なのかも。。

この他にも、LINEポケットマネーが利用停止になる原因は考えられます。

📝LINEポケットマネーが利用停止になる原因

  1. 借入限度額を一度で借りた。
  2. 毎月の返済を滞納してしまった。
  3. 途上与信審査に引っかかった。
「途上与信審査」ってなんですか?増額とかをした覚えはありませんけど…。

「途上与信審査」とは、会員の信用情報の抜き打ちチェックです。

LINEポケットマネーは、始めにLINEスコアを審査して借入限度額と金利を決定しています。

しかし、審査はその時だけではなく、その後もあなたの信用情報に変化がないか、まだ信用しても大丈夫かを抜き打ちチェックしてます。

信用情報とは「信用情報機関CIC」や「日本情報信用機構JICC」に登録されているあなたのクレヒス情報のことです。

※LINEスコアはLINEグループ会社の独自の審査ではありません。あなたのクレヒス(クレジットカードやローンの利用履歴、返済情報)を基にしています。

「LINEだから金融機関と関係ないでしょ!?」みたいに思っている人が多いですが、間違いです。LINEポケットマネーの取引情報はCICやJICCなどの信用情報機関に登録されます。

つまり、CICやJICCの加盟店(銀行やクレジットカード会社など)はあなたのLINEポケットマネーの取引情報をチェックすることができます。

LINEポケットマネーは、お小遣いではなく“借金”ということを忘れないでください。。

本記事では、途上与信に引っかかる原因について考えてみます。

LINEポケットマネーが利用停止になる原因5選!途上与信は避けられない

現金やデビットカード、チャージ式の電子マネーを以外の「後払い式の支払い方法」はすべて個人の信用情報としてクレヒスに反映されていると思ってください。

つまり「LINEポケットマネーは余裕をもって利用してるし、毎月ちゃんと返済している」場合でも、その他の決済方式で滞納や怪しい取引履歴(クレジットカードの現金化など)があれば、利用停止の可能性が出てきます。

📝途上与信審査委に引っかかる原因

  1. 過度な利用限度額の増額申請をした。
  2. クレジットカードが強制解約された。
  3. 携帯電話の利用料金を滞納している(スマホ代の分割払いにしている場合)。
  4. 賃貸家賃を滞納している(賃貸契約時に保証会社の審査を受けている場合)。
  5. 奨学金を3ヵ月以上滞納している。

LINEポケットマネーが利用停止なった人は上記のどれかに心当たりがあるのではないでしょうか。

利用停止の原因①:過度な利用限度額の増額申請

LINEポケットマネーは、メインページ下部に表示される「利用限度額の引き上げ申込みが可能です」というリンクから限度額の引き上げをすることでできます。

ただし、増額審査には以下の収入証明書の提出が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

その後、上限額を100万円まで5万円ずつ増額申請することができます。

例えば、100万円まで増額申請すると「え?」って思われるかも。

急に大金が必要になるって、なんか怪しいですよね。
ちゃんと返してくれるか不安になるので、借り逃げされないために利用停止にされるのかもしれません。

とはいえ、債権譲渡で法的手段で回収するため、借り逃げはできません。

※債権譲渡については以下のページを参考にどうぞ。
≫ LINEポケットマネーの返済を滞納すると取立て業者に債権が譲渡される!?

なお、LINEポケットマネーではなく、クレジットカードの利用限度額の申請が影響する可能性もあります。

クレジットカード場合でも、利用限度額の申請をすると強制解約になったり、次回更新時に更新不可となってカードが失効することもあるようです。

軽い気持ちで増額申請すると、クレヒス情報に傷が付く可能性があるため、ご注意ください。

利用停止の原因②:クレジットカードの強制解約

クレジットカードの支払い日に口座残高不足で滞納してしまうって珍しくはありません。

とはいえ、滞納はクレジットカード会社との契約違反です。

滞納日数に応じて遅延損害金が発生する他、クレジットカードが強制解約されるリスクがあります。※利用限度額が10万円の人は滞納一発目で強制解約される可能性あり。

クレカの強制解約は連鎖する!

私は過去に2枚のクレジットカードが強制解約された経験があります。一枚目が失効されると、立て続けに2枚目も使えなくなりました…。

クレジットカードが強制解約にされた体験については以下のページにまとめていますので、ご参考にどうぞ。

強制解約の原因は滞納でした…
楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意!
楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意! 楽天カードが強制解約される原因を解説。 楽天カードの強制解約後に再入会は可能?気になる疑問をQ&Aで解説。 ...

クレジットカードの利用履歴や銀行取引などの個人信用情報も、「信用情報機関CIC」や「日本情報信用機構JICC」に登録されます。

つまり、クレジットカードの強制解約はLINEポケットマネーの利用停止の原因になります。

利用停止の原因③:携帯電話の利用料金を滞納

大手キャリア(ドコモやソフトバンクなど)で、スマホ機種の買い替えをする時、機種代金を一括購入するか、分割払いにして月々の通信料とまとめるかを選んでいると思います。

スマホ機種代の分割払いは、ローンです。

つまり、借金です。

クレジットカードなどの毎月の支払いと同様、スマホ機種の分割払いを含む毎月の通信料金の支払いが滞ると、信用情報としてクレヒスに登録されます。

つまり、「この人は携帯料金も払ってくれません!」という情報が「信用情報機関CIC」や「日本情報信用機構JICC」に登録されるため、途上与信審査に引っかかる原因になります。

利用停止の原因④:賃貸家賃の滞納

これは賃貸物件すべてに当てはまることではありませんが、最近では家賃の未払い防止するため、保証会社を通して賃貸契約を結んでいるケースが多くなっています。

要するに、入居者が家賃を滞納した場合、「保証会社が家主さん(管理会社)に代わって支払いを請求する」というシステムです。

もし、賃貸契約時に保証会社と保証契約を結んでいる場合、家賃を滞納すると、クレヒス情報に登録されてしまいます。

LINEポケットマネーが利用停止になること以外にも、クレジットカードも強制解約される可能性もあります。

利用停止の原因⑤:奨学金の返済を3ヵ月以上滞納

日本学生支援機構JASSOが運営している奨学金は営利目的による貸付ではないため、「信用情報機関CIC」や「日本情報信用機構JICC」に加盟していません。

そのため、クレジットカード審査やローン審査に奨学金の借金残高が影響することはありませんのでご安心ください。

ただし、「全国銀行個人信用情報センターKCS」という別の情報機関へ加盟しています。

滞納期間3ヵ月未満はセーフ!?

厳密にはセーフとは言えませんが、奨学金の場合、滞納期間が3ヵ月以上になると個人情報機関に事故情報として掲載すると明記されています。

個人信用情報機関に延滞情報が登録されますか。

個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出している方のうち、貸与された奨学金を現在返還されている方は、延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。(引用元:返還中の手続きに関するご質問)

なお、全銀協の信用情報KCSの個人情報は、「信用情報機関CIC」「日本情報信用機構JICC」にも共有されます。

ただし、奨学金の滞納は、個人情報機関に個人情報が載った時点はブラックリスト入りしていますので、ご注意ください。
※LINEポケットマネーの利用停止どころの話ではなくなってしまいます。

 

以上の5つが、LINEポケットマネーが利用停止になる原因として考えられる要因になります。

まとめ:LINEポケットマネー利用停止の原因は滞納による途上与信

LINEポケットマネーは借金です。

そのため、借入には審査が必要であり、LINEスコアの審査がされた初回だけでなく、その後も途上与信審査によってあなたの信用情報がチェックされています。

LINEポケットマネーが利用制限される原因は、途上与信審査によってあなたの信用情報に問題があったためと考えられます。

📝途上与信に引っかかる原因

  1. 過度な利用限度額の増額申請をした。
  2. クレジットカードが強制解約された。
  3. 携帯電話の利用料金を滞納している(スマホ代の分割払いにしている場合)。
  4. 賃貸家賃を滞納している(賃貸契約時に保証会社の審査を受けている場合)。
  5. 奨学金を3ヵ月以上滞納している。

そもそも、LINEポケットマネーでお金を借りなければいけない状況って、ちょっとやばいです。すでに他の借金がありませんか?

少額でも気軽に借金しちゃダメ、絶対。

もし、「ちょっとだけ金欠で1万円必要です」という場合は、“借りるんじゃなくて我慢する”ほうがいいかも。借金はクセになるので。。

借金地獄に陥る人の多くは、最初は「ちょっとだけ…」という気持ちから、軽い気持ちでリボ払いやカードローンを使い始めたことがきっかけになっています。

もし、「もう手遅れだ…」という人は、財産差押えにより銀行口座、給与が差し押さえられて勤務先の会社にバレたり、家族にバレる前に解決策を考えた方がいいと思います。

あなたの借金は減額できるかも?

借金残高を返済する見込みがない...
毎月の支払いを滞納が続いている…
返済しているのに借金が減らない
支払い催促の電話におびえている…
そろそろ限界だと考え始めている…

このような不安がある人は、すぐに“債務整理”の相談をしたほうがいいです。
※弁護士に相談する前に、あなたの借金がいくら減額できるか匿名で診断できます↓

【無料】借金減額診断はこちら
※借金は減額できる可能性がありあます。

『借金減額診断』は弁護士法人が提供している“無料”『ネット診断サービス』です。借金が減額できる理由について以下のページで解説していますのでご参考にどうぞ。

借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!
借金減額診断は怪しい?気になる診断内容をスクショ付きて解説!借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断は匿名でも受けることができます。