LINEポケットマネー

【危険】LINEポケットマネーの怖さを理解してる?【最大金利18%のリボ払い】

【危険】LINEポケットマネーの怖さを理解してる?【最大金利18%のリボ払い】
このページの内容を先読み!
  1. LINEポケットマネーは高金利の”キャッシングサービス”
    ➥最大金利18%の消費者金融です。
  2. LINEポケットマネーの返済方法はデフォルトで”リボ払い”
    ➥利息手数料が発生し続けます。
  3. LINEポケットマネーよりもクレジットカードを使ったほうがいい
    ➥リスクを負ってLINEポケットマネーを利用する理由はありません。
LINEでお金が借りられるLINEポケットマネーって消費者金融と同じですよね。LINEのサービスだから安心ってことは全然ないですよ💦

使いすぎたり返済が遅れると信用情報にキズが付くし一定期間滞納が続くとブラックリストに登録されるので気を付けてください。

ちゃんと返済できているうちは問題ないかもしれませんが、もし返済が遅れたり、滞納が続いた場合は、速攻で“信用情報にキズが付く”ので注意してください。
※正式には信用情報に“異動情報”が記録されます。

信用情報にキズが付くと、どうなる?

  • スマホを買い替える時に分割払いができなくなる
  • クレジットカードが作れなくなる
  • 自動車ローンが組めなくなる
  • 住宅ローンが組めなくなる
  • 自己破産の可能性が高くなる

※日常生活に影響が出てきそうです。。

LINEポケットマネーは気軽に利用できる一方で、返済が遅れた時の“デメリット”が大きすぎます。そもそもポケットマネーではなく高金利の借金です。

借金であることを認識せずに使っている人が多いことに恐怖を感じます。。

リボ払いは危険!

LINEポケットマネーの返済方法はクレジットカードの“リボ払い”と同じです。

利用金額が大きくなれば金利による利息手数料が膨らむため、返済額は大きくなり返済期間も長期化する怖いシステムです。

今ならまだ間に合います。

本記事では「LINEポケットマネーを使わない方が良い理由」について解説します。

もし「後払い」という決済方式に魅力を感じているなら、LINEポケットマネーではなく、楽天カードを使う方が安心です。
※楽天カードの方が良い理由についても本ページで解説します。

LINEポケットマネーの怖さを理解して欲しい※最大金利18%はヤバい…

LINEポケットマネーは2019年にサービスを開始した「個人向けのキャッシングサービス」です。クレジットカードやカードローンの“キャッシング”と同じです。

「LINEだから安心」ってことはない!

クレジットカードのキャッシングと聞くと「金利ヤバそうだし使うの怖いな…」と思いますよね。LINEポケットマネーも同じなんですよ💦

LINEポケットマネーを利用する人は「キャッシングを利用している」という認識はなく「金欠になったらLINE PAYにお金をチャージしているだけ」という感覚だと思います。

しかし、それは高金利の借金であることを忘れないでください。

LINEポケットマネーは“借金”です。LINEという身近なアプリが提供している“高金利のキャッシングサービス”です。

とはいえ、LINEで簡単にお金が借りられるので便利なサービスであることは間違いないんですよね。でもそんな簡単にお金って借りていいものなのか…。

LINEポケットマネーの特徴
  1. 申込から返済までLINEアプリで完結
  2. AIを活用したLINEスコアによって借入額と金利が決定
  3. 借入限度額は100万円
  4. 返済金利は3.0%~18.0%
  5. 返済方法は残高スライド元利定額リボルビング方式

LINEポケットマネーの返済方法は残高スライド元利定額リボルビング方式です。クレジットカードの“リボ払い”と同じです。

リボ払いってどういう返済方法?

簡単にいうと、返済額に利息手数料が含まれているため、元本(借入額)が減りにくく返済期間が長期化する返済方式です。

返済期間が長くなるほど返済額も増え続けます。。

つまり、元本が減り難い仕組みによって長期間にわたってリボ払い残高(借金)を持たせておくことができるため、ずーーっと利息手数料を徴収され続けます。

例えば、以下の例を参考にしてみてください。

例) 10万円を月々4千円(元本)ずつ返済

支払い回数返済額利息手数料返済残高
15,250円1,250円96,000円
252,00円1,200円92,000円
35,150円1,150円88,000円
~ 省略 ~
25(最終)4,050円50円0円
 返済総額:116,250円 

※年率15%で計算しています。

上表のとおり、毎月の返済額にリボ払いによる手数料が上乗せされます。

10万円を2年ちょっと借りて手数料16,250円ならお得じゃん。月換算で平均650円の手数料だし全然余裕でしょ。

このように思った人は要注意!

“1度だけ”利用するなら問題ないかもしれません。でも、1回だけで終わりますか?

LINEアプリを開けばすぐにお金をLINE PAYにチャージできてしまいます。1度だけのつもりが2度、3度と日常的に利用するようになってしまいませんか?💦

そもそもLINEポケットマネーを借金と認識しているのでしょうか。スマホ1つで気軽に借金できてしまうって、普通にヤバいシステムです。

なにがヤバいって、借金の認識がないのに気付いた時には“返済できないほどの借金をかかえてしまう可能性がある”ことです。。



【補足】LINEポケットマネーよりも楽天カードを使った方がいい理由を解説

クレジットカードの場合、利用時日から支払い日までに1~2ヶ月ほどの余裕があるうえ、一回払いの利用であれば手数料無料です。

例えば、年会費無料の楽天カードの支払いスケジュールは以下のようになります。

27日が土日祝日の場合は、翌営業日が支払日になります。

クレジットカードは「後払い」の支払い方式です。カード会社によって締め日と支払い日に違いはありますが、カード利用から支払い(引落)までに1~2ヶ月の余裕があります。
※一括返済では利息手数料は発生しません。

上記の支払いスケジュールの通り、楽天カードは高い金利を支払う必要なく「後払い」で支払い可能です。

さらに楽天ポイントのキャッシュバック海外旅行傷害保険なども無料で付いてきます。

また、楽天カードには、もし27日の支払いが厳しいって時には「後から分割払い」というサービスがあるため、万が一の時にはアプリで翌月の支払い額を調整することも可能です。

このようなサービスがクレジットカードにあるにもかかわらず、LINEポケットマネーを利用する理由があるのか謎です。

わざわざ高い金利を払ってLINEポケットマネーを利用する必要はありません。

≫年会費無料の楽天カードに申し込む
※新規入会で5,000円もらえる特典あり。

LINEポケットマネーが怖い理由※知らなかったで済む話ではない…

今、おいくつでしょうか?

もしクレジットカードを作った経験がないのであれば、なおさらLINEポケットマネーを利用しない方が良いかも。もし返済を滞納すると信用情報にキズがつくと、今後の日常生活に影響がでるかもしれません。
※クレジットカードが作れなくなくなるだけではありません。

LINEポケットマネーが怖い理由
  1. スマホがあれば気軽に借金できてしまう
    ➥借金癖が付きます。
  2. 返済が遅れると信用情報にキズが付く
    ➥日常生活に影響が出る可能性あり。
  3. 金利は消費者金融と同じ:3%~18%
    ➥さらに遅延損害金は20%です。

LINEポケットマネーは“高金利の借金”です。「LINEだから安心」ってことなどありません。消費者金融と同じ返済方法がリボ払いのキャッシングサービスです。

LINEを使っているユーザーの多くは大学生や20代の若者です。借金の怖さやキャッシングシステムを理解せずに「LINEだから安心」と思って気軽に利用しようとしていませんか?

LINEポケットマネーが怖い理由①:スマホがあれば気軽に借金できてしまう

上の図はLINE Payのメニュー画面から借入する流れを示していますが、簡単すぎます。

LINEポケットマネーの利用方法

  1. LINE Payを開いて残高横の「+」をクリック
  2. メニュー下に表示される「チャージ方法」から「LINE Pocket Money」をクリック
  3. 利用可能額内で必要な金額を入力
  4. 入力内容を確認
  5. 借入完了

※LINEポケットマネーの利用をすすめるものではありません。

こんなに簡単に借金しちゃダメですよ。。

「給料前でピンチ!」って時には助かると思いますが、LINEポケットマネーは借金ということを忘れないでください。



LINEポケットマネーが怖い理由②:返済が遅れると信用情報にキズが付く

LINEポケットマネーは「みずほ銀行」と「オリエントコープレーション」が出資する「LINE Credit」が運営しています。

つまり「LINEだから金融機関と関係ないでしょ!?」っていうわけではありません。

LINEポケットマネーの利用状況(借入額、返済状況、滞納情報)などは信用情報機関に登録されるため、他金融機関(銀行やクレジットカード会社など)がチェックすることができます。

滞納は信用情報に傷がつく!

アプリでポチるだけで借金できちゃうので、返済の責任感とか感じない人も多いかも。返済が遅れると信用情報にキズがつきます。

その結果「こいつは信用できないぞ!」という情報が日本全国の金融機関に筒抜けになります。

支払いの滞納情報は過去2年間分が信用情報機関に登録されます。滞納を解消(完済)してから2年経過するまで残り続けます。

また、借入金額に関係なく、61日以上もしくは3ヵ月以上の滞納でブラックリストに登録されるのでご注意ください。

※注意事項※

信用情報機関は以下のようにブラックリストに登録する条件を定めています。

※LINEポケットマネーの返済を61日以上、もしくは3ヶ月以上滞納するとブラックリスト(異動情報)に登録されます。

つまり、自己破産していなくても、数万円の返済を滞納しただけで“ブラックリストに登録”されてしまう可能性があります。

返済が遅れるもしくは返済できなくなるという状況になってしまうと「若気の至り…」では許されません。

あなたの借金は減額できるかも?

以下に当てはまる人は要チェック!

  • 複数のクレジットカードを利用中…。
  • 消費者金融カードローンを契約中…。
  • 複数社の返済を滞納中…。

あなたの借金は高額な利息分をカットすることで減額できる可能性があります。
※借金がどれだけ減額できるのかを無料で診断することができます↓

\今すぐ借金の悩みを解決したい/借金がいくら減額できるか知りたい人はこちら※24時間356日受付中です。

借金減額診断とは?

弁護士法人が提供する無料のネット診断サービスです。

あなたの借入金額と返済状況から、借金がいくら減額できるかを匿名診断することができます。

診断時間は1分
回答結果を弁護士が個別診断
診断のみの利用でもOK

※診断結果を知りたいだけの場合もご利用いただけます。

LINEポケットマネーが怖い理由③:金利は消費者金融と同じ!※遅延損害金20%

参照元::LINE Pocket Money

借入金利は3~18%ですが、支払日に振替不可となった場合は、滞納日数に応じて遅延損害金20%が加算されます。

遅延損害金
= 請求額(利用額)×20%÷365×滞納日数

例)元本20万円の返済を30日遅れた場合

遅延損害金
=20万円×20%÷365×30日=3,287円

毎月滞納を繰り返すと、遅延損害金取られ放題です。。

遅延損害金の年率は元本にかかる!

遅延損害金の20%は毎月の返済額ではなく、借入残高(元本)にかかります。借入額が多いほど遅延損害金は大きくなるのでご注意ください。

毎月8,000円の返済だから、8,000円に年率20%がかけられても大したことないから大丈夫って思っている人、それは間違いですのでご注意ください。

そして、滞納のリスクは遅延損害金だけではありません。過去2年間の滞納情報は信用情報機関に記録されます。

つまり、金融ブラック予備軍として信用を失います。
※例えば、iPhoneの機種代を分割払いにできなくなります。

「今、滞納中です…」という人は、友人でも先輩もしくは家族に助けてもらってすぐにでも一括返済することをおすすめします。

もし、LINEポケットマネー以外にもクレジットカードやカードローンの借金があって、返済できる見込みがないという場合は、借金減額診断(シミュレーター)を使って解決策を探しましょう。

弁護士事務所に相談にいく勇気がない…
職場に借金があることを知られたくない…
家族にバレずに完済したい…

このような人は借金減額診断を使ってみた方がいいかもしれません。

借金減額診断は無料かつ匿名診断OKなので「月々の返済が苦しい」という人は、現在の借金がいくら減額できるのかチェックしてみてください。

借金減額診断をもっと詳しく知りたい人へ
借金減額診断は怪しい?あなたの借金は任意整理で減額できる可能性あり
借金減額診断は怪しい?あなたの借金は任意整理で減額できる可能性あり借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断の中身を解説!

≫ 借金がどれくらい減額できそうかチャットで相談してみる
※ご相談は無料・匿名でOKです。