クレジットカード

【証拠あり】クレジットカード強制解約後でも再契約できる!?

【証拠あり】クレジットカード強制解約後でも再契約できる!?
クレジットカードが強制解約になると、ブラックリストに載るため5~7年は新しくクレジットカードを作れないって聞いたんですが、本当ですか??

本記事ではこんな疑問を解決していきます。

結論から言うと、強制解約後もクレジットカードを再契約できる可能性があります。

  • 【証拠あり】クレジットカード強制解約後でも再契約はできる!?
  • 強制解約後に楽天カードを再契約できた理由
  • 強制解約だけではブラックリストに載らない

その根拠は、「三井住友visaカード」と「楽天プレミアムカード」が立て続けに強制解約された経験のある私自身が、強制解約された半年後に「楽天カード」を”再契約することができた”ためです。

 

もしかして、クレジットカードが強制解約されるとブラックリストに載ってしまうため、5~7年はカードを持てないと思っていませんか?? それは誤解かも。強制解約だけではブラックリストに載りませんよ

 

誤解されがちっぽいですが、強制解約されただけではブラックリストに載ることはないので、必ずしもクレジットカードを再契約することができない、という状況ではありません。

実際にネット情報を見てみると、強制解約後にクレジットカードを再契約できたという報告を見かけます。
※ただし、強制解約後すぐに再契約することは難しいかもしれません。

≫ 年会費永年無料の楽天カード

では、具体的にどのような状況でクレジットカードの再契約ができたのかを私の経験をもとにお話します。参考にしてみてください。

【証拠あり】クレジットカード強制解約後でも再契約はできる!?

2枚のクレジットカードを強制解約されて半年後、ダメ元で楽天カードを申込してみました。その結果、「カード発行手続きのお知らせ」という上記のメールが申込直後(1分くらい)に届きました。

件名:発行手続き完了のお知らせ

この度は、楽天家カード株式会社、楽天カード(Visa)をお申込みいただきありがとうございます。カードの発行手続きが完了いたしました。

つまり、メール内容を確認する限り、再契約できてしまったようです。

≫ 楽天カードは新規入会で5千円もらえます

まだ、楽天プレミアムカードの強制解約から半年しかたってないし、会員資格取消の履歴は確実に残っているはず。会員ページにも楽天プレミアムカードが強制解約されたときの痕跡が残ったままです。

強制解約された楽天プレミアムカード

それでも再契約することができました。

ただし、カードが手元届くまでは安心できません。もしかしたら「再審査したところ、お客様は審査基準を満たしていないため…」みたいな連絡がこないとも限りません。

そんな不安と期待を抱きながら待つこと1週間。何事もなく楽天カードが郵送されてきました。実際に届いたカードがこちら↓

クレジットカードが強制解約されても楽天カードは再契約できる銀色に輝く楽天カード!!

ただし「利用可能枠:10万円」「キャッシング枠:0円」なので、やはり強制解約された履歴が影響しており、かなり慎重に再契約してもらえた印象です。

追加情報:ご利用可能額の増額を申請してみた

楽天カードの増額申請結果

楽天カードと再契約して8か月後がたったので、そろそろ増額申請受け付けてくれるかな??と思い、楽天カードアプリから増額申請をしてみました。

楽天カードアプリのダウンロードはスマホからアクセスしてください。

 

さて、楽天カードアプリで「ご利用可能額をクリック」して「ご利用可能枠の変更」をクリック。あとはご希望のご利用限度額を入力するだけです。

楽天カードアプリから増額申請

 

申請後、楽天カードによる利用限度額の審査が行われ、数日後に審査終了の通知がメールで届きます。以下の様な無機質なメールです。

楽天カードの利用限度額増額申請

以下の様な内容です。

この度はお申し込みいただきありがとうございました。
ショッピングご利用可能枠変更の審査を完了いたしました。

審査後のご利用可能枠は楽天e-NAVIの「ご利用可能額の照会」ページの
「ショッピングご利用可能枠」をご確認ください。

ご利用可能枠がお申し込み時点から変更がない場合は
審査の結果、現状維持のままとなります。また減枠となる場合もございます。
なお、審査内容の詳細については、お答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

 

つまり、申請した限度額で審査がOKだったら、利用限度額が増えてますよってことですね。

私は利用限度額『10万円』を『20万円』に増額申請しました。

その結果は、審査不合格!!

利用限度額は10万円のままでした。。(笑)

 

20万円の申請がNGってことは、強制解約されたカード事故歴が影響しているかもしれませんね。。それでも、再契約していただいただけでもありがたいです。

 

次は再契約してちょうど1年たったくらい(2021年の4月頃)に再び増額申請してみます。

≫ 年会費永年無料の楽天カード

強制解約後に楽天カードを再契約できた理由

「クレジットカードが強制解約されただけではブラックリストには載らない」は本当です。本記事がその証拠です。

今回、私が楽天カードを申込した時の状況をまとめると以下の様な感じでした。

 

楽天カードを再申請した時の状況

  1. 楽天プレミアムカードが強制解約される。
  2. 強制解約された時のカード利用残高はすぐに完済。
  3. 半年後に楽天カードを申し込む。
  4. 申し込み時の楽天アカウントは強制解約された時と同じID。

※ちなみに楽天会員歴は10年以上です。

 

また、申込時に900万円の借金がありました(奨学金を除く)。
※借金内訳にご興味のある方はこちらをどうぞ。

奨学金の借入残高は800万えんほどありますが、クレジットカードなどの申請時に申告義務はないため、楽天カードの申込記入項目の現在の借入欄には900万円と正直に申告しています。

正直、なぜ再契約してもらえたのか、不思議です。。

おそらく、楽天カードは学生や主婦でも作りやすく、審査申込基準のハードルが比較的低いことが再契約できた理由かもしれません。

以下が楽天カードが公表している”審査申込条件”です。

18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでもお申し込みいただけます。

つまり、「実質的に入会条件は年齢制限のみ??」と捉えられる条件です。

楽天カードの審査申込基準のハードルが低いと言うことが本当であれば、強制解約履歴があっても再契約できる可能性が高いことは十分考えられます。

クレジットカードが発行できるか否かはクレジットカード会社の審査基準によるため、必ずしも私と同じような結果になるとは断定できませんのでご了承ください。

 

まとめ:クレジットカード強制解約後でも楽天カードは再契約できる可能性あり

ネット情報を見ると、強制解約されたクレジットカード会社で再契約することは半永久的にできないと言われています。

さらに、強制解約されると個人信用情報に事故歴が残るため、他社のクレジットカードであっても再契約できない、つまりクレジットカードは作れないという認識が一般的です。

これは正しい情報と思います。

しかし、楽天カードはその例外に当たる可能性あります。

その根拠は、「強制解約後でもクレジットカードを再契約できた」とされる報告は、ネット情報を見る限り楽天カードだけです(私が見落としているだけの可能性はありますが…)。

今回、楽天カードを再契約できたのは「審査基準が低い」という可能性はありますが、その他に以下の理由があったためと考えられます。

楽天カードを再契約できた理由

  1. 強制解約履歴はあってもブラックリストには載っていなかった。
  2. 強制解約されてから半年経過していた。
  3. 前回の強制解約時のカード利用残高はすぐに完済していた。

≫ 楽天カードは新規入会で5千円もらえます

もしくは、10年以上の楽天会員履歴があるため、「止むを得ず強制解約した履歴はあるけど、まぁまぁ良いお客さん」という評価をいただけたとか。

ただし、クレジットカード会社はいつでも会員資格を取り消すことができるため、再び延滞など犯した場合は即解約!!っとなることは避けられないと思っています。

楽天カード様、ありがとうございます。

 

リボ払いの返済でお困りの方へ
『リボ払い』の返済残高が100万円以上のあなたへ【自己破産せずに解決する方法】
『リボ払い』の返済残高が100万円以上のあなたへ【自己破産せずに解決する方法】こんなことでお困りではないですか? クレジットカードが強制解約されて使えなくなり、リボ払いの返済借金だけが残っている。 ...