クレジットカード

三井住友カードが強制解約されても一括返済しなくてOKってホント!? 請求されない!?

三井住友カードが強制解約されても一括返済しなくて大丈夫!? 請求されない!?
  1. 三井住友カード強制解約になっても一括返済が請求されることはない。
  2. カード利用限度額が10万円以下の人は要注意。
  3. 強制解約されるとブラックリストに登録される?
三井住友カードが強制解約されました。まだリボ払い残高の支払が残っていますが、一括返済を請求されるのでしょうか?

結論からいうと、リボ払い残高が残っていても強制解約後に一括返済を請求されることはありません。

これまで通り、月々の返済がリボ払い残高が無くなるまで続きます。

私も過去に三井住友カードが強制解約になった経験があるため、間違いありません。

以下がその時に送られてきた書面です。

三井住友カードから届いた「会員資格取消通知書」

今だからこそ楽観的に考えることができますが、普段は使えていたはずの三井住友カードが使えなくなり、この書面が送られてきた時は「人生オワタ…」と思うほど、絶望したことを覚えています。

とはいえ、クレジットカードが強制解約されたところで、私生活に影響があるかといえば、特にありませんでした。

すぐにデビッドカードを発行して、スマホ、電気料金などの引落カードを登録し直すだけでOKです。

そんなに深く落ち込む必要はありませんよ。

クレジットカードは強制解約になっても一括返済を請求されません

大切なことなので繰り返しお伝えしますが、「クレジットカードの強制解約後に一括返済を請求されることはない」のでご安心ください。

私はこれまでに三井住友カードと楽天カードの2枚が強制解約されてしまいましたが、どちらも一括返済を請求されることはありませんでした。
※強制解約された詳細はこちらをどうぞ。

例えば、リボ払いで毎月定額(例えば5,000円)の支払いしていた場合、強制解約後もリボ払い残高が無くなるまで、毎月5,000円(元本)ずつ引落が続きます。

ちなみに、強制解約後もリボ払い残高に対して金利15%がかかり続けます。

例) 30万円のリボ払い残高を月5千円払い(元本)した場合

  • 支払い回数:60回
  • 支払い手数料(合計):114,360円
  • 支払い合計金額:414,360円

※月々の支払いは元本5千円に利息がプラスされます。

上記の例では、最終的に利用額(元本)の30%超の利息手数料を支払うことになるため、できることならリボ払い残高は一括で繰り上げ返済することをおすすめします。

≫【リボ払いが終わらない…】一括返済すれば金利15%の手数料を支払わずに済みます!

とはいえ、返済できる見込みがないくらいの残高を抱えてしまっている人もいるかもしれません。

複数社のリボ払い残高を抱えている…
返済残高が100万円を超えている…
返済が終わる目途が立たない…
毎月滞納を繰り返している…
今月の返済さえ苦しい…

このような状況になっている人は、友人や先輩に相談してみる、もしくは家族に助けてもらうなどして、一刻も早く返済(できれば一括返済)するための解決策を考えてください。

借金問題は時間がたつほど金利による利息手数料が膨らんでいくため、解決が難しくなります。

もし、身近に相談できる相手がいない場合、弁護士や司法書士に相談することも解決方法の1つです。

身近に相談できる人はいないし、弁護士の知り合いもいません。それに、自分から相談しに行く勇気もありません。。

借金問題の相談は、電話やメールやからでも受け付けています。

もしくは、借金減額診断(シミュレーター)を使ってみる方法もあります。

借金減額診断は、あなたの借入状況など、4つの質問に答えると、あなたに合った借金問題の解決方法を弁護士や司法書士の方から提案してもらえるサービスです。

まずは、“借金減額診断(シミュレーター)”を使って、借金がいくら減額できるかを診断してみてください。

不安がある人は要チェック!
借金減額診断(シミュレーター)は怪しい?個人情報を取る詐欺なの?答えはNO!
借金減額診断(シミュレーター)は怪しい?個人情報を取る詐欺なの?答えはNO! 借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が提供する無料のネット診断サービスです(詐欺や怪しいサイトではありません)。 ...

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

【強制解約の原因は滞納】カード利用限度額が10万円以下は要注意!?

強制解約になる一番の原因は“滞納”です。

「口座残高不足で引落不可になっても、後日振込用紙でちゃんと支払えば大丈夫」と思っているかもしれませんが、大丈夫ではありません。。

罰則は遅延損害金だけじゃない!

遅延損害金って言っても、数万円程度の支払いが遅れただけなら数百円程くらいの手数料が発生するだけです。しかし、本当に注意しなければならないことは“信用”を失い続けているということ。

クレジットカードや銀行取引などのお金に関する個人の信用情報は信用情報機関CIC日本情報信用機構JICCなどの信用機関に登録、共有されています。

例えば、自動車ローンを組みたいときや、新しくクレジットカードを作りたいとき、結婚して住宅ローンを組みたいときなどに、影響する可能性があります。

というか、影響します。

さらに、もっと身近なところで言うと、スマホを買い替える時の機種代の“月々分割払い”ができなくなる可能性があるので、注意してください。

滞納1回目で強制解約されることも!?

滞納はクレジットカード会社との契約違反です。支払いに遅れた時点で契約解除されてもおかしくありません。例えば、利用限度額が10万円以下の低い設定のクレジットカードの場合、滞納1回目で強制解約されることも珍しくありません。

クレジットカードの利用限度額は“信用”を表しています。

つまり、利用限度額が10万円設定になっているということは、クレジットカード会社からの信用がそもそも低いということ。

だからこそ、滞納には注意が必要です。

借金の返済を滞納し続ければ、ブラックリストに載ってしまうだけでは済まされません。

借金の時効成立は期待しないでください…
クレジットカードの支払いを滞納し続けた結果、内容証明郵便で一括返済の督促状が届いた!?
クレジットカードの支払いを滞納し続けた結果、内容証明郵便で一括返済の督促状が届いた!? クレジットカードの支払いを滞納...そのまま放置するとどうなる? 内容証明郵便で一括返済の督促状が届いたらどうすればい...

※滞納が2ヵ月以上続いているとヤバいかも。

クレジットカードの強制解約とブラックリストの関係

過去に2度もクレジットカードが強制解約されている私ですが、ブラックリストには登録されていません。

その証拠に、強制解約されてから半年後にクレジットカードを再び作ることができました。※こちらをご参照ください。

2ヵ月以上滞納は要注意!

クレジットカードの支払いを2ヵ月以上滞納したいる場合、ブラックリストに登録されます。逆にいえば、滞納が2か月未満の場合は強制解約されたとしても、ブラックリストには登録されることはありません。

ブラックリストに登録されるには『61日以上もしくは3ヵ月以上の滞納』という具体的な条件が定められています(参考:信用情報機関CIC)。

一般的に、クレジットカードの滞納が発生すると、カード利用制限がかかり、郵便や電話による支払い催促が始まります。

61日間もの間、滞納し続けることは逆に難しいです。。

その間にクレジットカードの強制解約になり、滞納額の支払いに応じなければ内容証明郵便が届き、裁判に発展します。

裁判にまで発展すると、ブラックリストに載る or 載らないの話どころの話ではなくなってしまいますので、その前に、解決策を考える必要があります。

※リボ払い残高は減額できる可能性あり
リボ払いは金利15%(年率)の借金です。利用金額が大きいほどリボ払い手数料が膨らみ、毎月返済を続けていても残高が減らないという状況に…。ただし、リボ払い手数料をカットして借金を減らせるケースがあります。
≫【無料】借金がいくら減額できるか調べてみる

最後に:借金は病気です。早急に対応を。

クレジットカードが強制解約されて残った残高が10~20万円くらいなら、友達や先輩、家族に借りるなどしてでも一括返済することをおすすめします。

しかhし、100万円を超えるような利用残高に金利15~18%の利息手数料が発生すると、普通の生活を送りながら返済を続けるのはとても困難です。

もし、2~3年後に現在の収入で借金をすべて完済することができないような返済状況が続くことが予想できるのであれば、今すぐ解決策を考えた方がいいかも。

初めの一歩を踏み出すことが大切。

司法書士や弁護士事務所に相談するのは気が進まないし、ちょっと怖いです。でも、今の収入で返せないのはわかっているし、そのうち破産すると思っています。。

気が進まないのはわかりますが、まずは一歩踏み出すことが大切です。

多くの人は司法書士事務所や弁護士事務所が提供している借金減額診断(シミュレーター)というネット診断サービスを使ってみてください。

この借金減額診断(シミュレーター)は“無料”かつ“匿名診断OK”なので「月々の返済が苦しい」という人は一度診断してみることをおすすめします。

借金減額診断は怪しいものではありません。
借金減額診断(シミュレーター)は怪しい?個人情報を取る詐欺なの?答えはNO!
借金減額診断(シミュレーター)は怪しい?個人情報を取る詐欺なの?答えはNO! 借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が提供する無料のネット診断サービスです(詐欺や怪しいサイトではありません)。 ...

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

借金は放置しておくと金利によって利息が膨らみ、返済総額が日に日に増えていきます。

まずは無料診断で借金がいくら減額できそうかをチェックしてみることで、あなたの抱えている借金問題と向き合ってみてください。

始めの一歩を踏み出すことが大切です。