クレジットカード

楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意!

楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意!
  1. 楽天カードが強制解約される原因を解説。
  2. 楽天カードの強制解約後に再入会は可能?気になる疑問をQ&Aで解説。
  3. 楽天カードの強制解約されてもブラックリストに登録されない!?
    ※ただし、2ヶ月以上の滞納が続けばアウト!
楽天カードは滞納せずに利用していたのになぜ強制解約されたの?2ヶ月前に強制解約になった三井住友カードが原因なのかな…。

私は滞納が原因で三井住友カードが強制解約になりました。

その2ヶ月後、問題なく使っていたはずの楽天プレミアムカードも強制解約されてしまいました。。

楽天カードが強制解約された原因は途上与信にひっかかったため強制解約された2枚のクレカとお別れ。

楽天カードも毎月滞納を繰り返していた時期はありましたが、それは半年以上前のこと。

最近は滞納せずに使っていたはずなのに…。

とはいえ、三井住友カードが強制解約されたことにより、楽天カードの“途上与信”に引っかかってしまったことが原因であることは間違いありません。

📝途上与信とは?

クレジットカード会社が定期的に実施している会員の信用情報の“抜き打ち審査”です。

会員の信用情報を指定信用情報機関CICに登録・管理されている“クレヒス”を参照することで会員のクレジットカードの利用状況に問題がないかを審査します。
※”クレヒス”とはクレジットカードなどの金融機関との取引履歴です。

つまり、今回の場合は三井住友カードが強制解約されていることが与信審査によって楽天カードにバレてしまったということ。

強制解約は他社のカードにも影響する!

クレジットカードの利用履歴や銀行取引などの個人信用情報は、信用情報機関CIC日本情報信用機構JICCに登録されます。つまり、他社であっても銀行であっても滞納や強制解約などの個人信用情報は金融機関に筒抜けです…。

クレジットカードの強制解約は他社のカードにも影響しますので、ご注意ください。。

本記事では、突然クレジットカードが強制解約されてしまって軽いパニック状態になってしまっている人向けに「枠・カードが強制解約される原因」と「強制解約されるとどうなる?」という疑問について、クレカ滞納常習者だった私の実体験を元に解説します。

ちなみに、「ブラックリストに載っちゃったのかな!?」と心配している人も多いと思いますが、クレジットカードが強制解約されただけではブラックリストに登録されませんので、ご安心ください。
※ブラックリストに登録される条件についても解説します。

楽天カードが強制解約される原因は5つ!

クレジットカードの強制解約は事前予告なく突然発生します。いつものように楽天カードを使おうと思うと「決済エラーで利用できない!」ってなって初めて気付くケースが多いでしょう。

この時m「楽天e-NAVI」をチェックすると以下のエラーが表示されているはずです。

楽天カードが強制解約されるとエラーコード2が表示される強制解約された時に表示されるエラーコード:2

上記の(エラーコード:2)強制解約されてことを意味します。
※上記のメッセージ通り「お問い合わせ」しても強制解約が取消されることはありません。。

なお、楽天e-NAVIに表示されるエラーコードには6種類あります。詳しくはこちらのページをご参照ください。
≫ 楽天カードの支払い遅れた場合…ペナルティは遅延損害金だけではな!?

そもそも、なぜ強制解約されたのか。もしかしたら心当たりがある人もいるかもしれませんが、強制解約される原因は主に以下の5つです。

📝楽天カードが強制解約される原因

  1. 毎月の支払いを滞納していた。
  2. 楽天カードの利用頻度が極端に少なかった。
  3. 登録情報の不備(不正)が発覚した。
  4. 不正利用(換金目的のカード利用)が疑われた。
  5. 途上与信で問題が発覚した。

1つずつ解説します。

強制解約の原因①:毎月の支払いを滞納していた

クレジットカードが強制解約される原因の多くは「滞納」です。

「1日くらい…」と思ってもダメ。滞納は契約違反です。

毎月の請求日(引落日)に支払うことができなければ、“支払い能力がない”と判断され、即強制解約されても不思議ではありません。

一度の滞納で強制解約になることもあれば、私のように毎月滞納を繰り返しても、1年近く契約を切らずに利用させてもらえるケースもあります。

【体験談】カード会社によって滞納に対する対応が異なります。

  • 三井住友カード引落日に支払いが遅れた翌日にカード利用制限がかかって使用不可。
  • 楽天カード引落日以降10日前後は滞納していてもクレジットカードは有効。

私の場合、楽天カードさんの対応は他社よりも緩かったという印象があります。
※年会費のかかる楽天プレミアムカードだったからかもしれません。

ただし、これはあくまで私のケースですので参考程度にお願いします。

強制解約の原因②:カード利用頻度が低い

楽天カードを申請したけど、その後ほとんど利用していない場合、有効期限切れで自動更新されずに、強制解約される可能性があります。

楽天カードは年会費無料にもかかわらず、手厚い海外旅行傷害保険が付帯されています。

海外保険の種類保険金額
傷害死亡・行為障害最高額:2,000万円
傷害治療用1事故の限度額:200万円
疾病治療費用1疾病の限度額:200万円
賠償責任(自己負担額なし)1事故の限度額:2,000万円
救援者費用年間限度額:200万円
携行品損害(自己負担額3,000円)年間限度額:20万円

※引用元:楽天カード海外旅行傷害保険

例えば、海外旅行に行くとき、海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていれば民間の旅行保険に加入する必要もないため、旅行費のコストを下げることができますね。

つまり、カード利用の有無にかかわらず、楽天カードは一定の維持コストを請け負っています。これは楽天カードにとってリスクになります。

そのため、利用頻度が低い会員については、有効期限切れと同時に契約解除することがあることを知っておいてください。

強制解約の原因③:登録情報の不備(不正)発覚が発覚した

例えば、転居や転職による住所や勤務先情報が変わる度に、クレジットカードの登録情報は更新していますか?

とはいえ、登録情報の不備のみで強制解約されることはありませんが、滞納が続いた場合は別です。

退職した職場に催促の電話がいく!?

滞納が発生すれば、クレジットカード会社から支払い催促の電話が登録されているあなたの携帯電話にかかってきます。もし、その電話に応じなければ、次に電話する先は勤務先です。

この時、登録されている勤務先に在籍していないことが発覚すれば、カード利用制限、もしくは強制解約される可能性は十分考えられます。

強制解約の原因④:不正利用(換金目的のカード利用)が疑われた

商品券をクレジットカードで購入し、その後チケット売り場などで売却することで現金化することができます。

しかし、換金目的のカード利用は規約違反ですので、絶対やってはいけない行為です。

第19条(カード利用の停止、会員資格取消し)

1. 会員が、支払いを怠る等本規約に違反した場合、違反するおそれがある場合、会員のカード利用状況について、換金目的とした商品購入の疑いがある等不適当又は不審があると当社が認めた場合、前条の再審査に協力しない場合、再審査の結果によりカード利用の継続が不適切であると当社が認めた場合、不正被害を未然に防止する必要があると当社が認めた場合、その他当社が必要と判断した場合には、当社は会員に通知することなく次の措置をとることができるものとします。

(1)カードの利用断り。
(2)カードの利用停止(カードショッピングの全部又は一部の利用停止、カードキャッシングの全部又は一部の利用停止及びカード付帯サービス・機能の全部又は一部の利用停止を含む)。
(3)加盟店等に対する当該カードの無効通知。
(4)当社が必要と認めた法的措置。

引用元;楽天カード規約

ちなみに、「FX(外国為替証拠金取引)の海外口座へのクレジットカード入金」によってクレジットカードが利用停止になるケースも増えてきています。

一度入金できたけど、その後の入金を続けていると、決済エラーが発生するようになり、そのままカード利用停止になる可能性も。

 

海外FXは日本の金融庁による金融商品取引法に基ずく登録を受けていません。

そのため、クレジットカードを利用した海外FX口座への入金は、クレジットカードの不正利用を疑われる可能性が極めて高いと言えます。

強制解約の原因⑤:途上与信で問題が発覚した

クレジットカード会社は定期的に会員の信用情報(カードの登録状況や利用状況)をチェックする「途上与信」を行っています。

私たちの信用情報となるクレヒスは、指定信用情報機関CICに登録・管理されているため、各クレジットカード会社や金融機関は、会員の他社での利用履歴や支払い状況をチェックすることができます。

そのため、途上与信の時に「この会員と契約を続けるのはリスクがある」と楽天カードに判断されれば、強制解約の対象となります。

以下では、途上与信で強制解約されやすい信用情報について4つ解説します。

▶他社のクレジットカードで滞納があった

楽天カードだけでなく、クレジットカード、さらにはその他ローンが強制解約される最も多くの理由は「滞納」です。

クレジットカード会社などの貸金業者の会員情報(個人信用情報)は、信用情報機関CIC日本情報信用機構JICCによって登録・管理されています。

つまり、楽天カードは自社の会員が他のクレジットカード会社でどのような契約をしているのか、ちゃんと返済しているのかなどの信用情報を途上与信でチェックすることができあmす。

そのため、楽天カードでは滞納なしで問題なく利用していても、他社のクレジットカードで滞納が発生してる場合、強制解約のリスクが高まります。

▶カード利用限度額の増額申請をした

クレジットカードの利用限度額は、会員の信用度合を数値化した指標になります。

そのため、カード利用限度額の増額申請は、会員の信用情報を再審査を自ら申し出ることになります。つまり、途上与信を志願したということ。

この時、信用情報を再評価できるような情報がなければ、カード限度額の増額申請は却下される可能性が高いです。

ただし、もし信用情報にマイナス評価される情報が発覚するれば、強制解約されるリスクが高まりますので、安易にカード利用限度額の増額申請をするのは控えた方がよいです。

▶キャッシング枠を利用した

楽天カードの契約時にショッピング枠のカード利用減額度額とは別に、キャッシング枠が付いている会員がいます。
※カード利用限度額が元々低い(10万円以下)場合は、キャッシング枠が付いていません。

元々契約されていたキャッシング枠であっても利用すれば途上与信の対象なります。

例えば、急遽現金が必要になりキャッシング枠を利用する人は、他社でもキャッシングを利用していたり、カードローンの契約をしている可能性があります。

つまり、貸し倒れのリスクを抱えていることが疑われます。

そのため、途上与信により他社での契約状況や返済状況をチェックし、場合によっては即刻強制解約される可能性もあるでしょう。

▶キャッシング枠の増額申請をした

キャッシング枠の利用度と同様に、キャッシングにより現金を調達する行為は、他社の返済のための資金調達の可能性が疑われます。

当然、途上与信により他社との契約状況が厳しくチェックされます。

キャッシング枠の増額申請は最も強制解約されるリスクが高い行為であると言っていいでしょう。基本的にキャッシング枠の増額申請はするべきではありません。

※一般的に、クレジットカード会社の途上与信の頻度は3~6か月に1回と言われています。しかし、利用限度額の増額申請、キャッシング枠の利用およ増額申請があれば、その都度途上与信が行わるため、強制解約のリスクが高まります。

あなたの借金は減額できるかも?

借金残高を返済する見込みがない...
毎月の支払いを滞納が続いている…
返済中の残高がなかなか減らない
支払い催促の電話におびえている…
そろそろ限界だと考え始めている…

このような不安がある人は、すぐに“債務整理”の相談をしてみることをおすすめします。
※弁護士に相談する前に、あなたの借金がいくら減額できるか匿名で診断できます↓

【無料】借金減額診断はこちら
※借金は減額できる可能性がありあます。

借金減額診断は弁護士法人が提供する“無料”『ネット診断サービス』です。“匿名”でも利用可能なので、個人情報が心配という人でも安心してご利用できます。

楽天カードの支払いを滞納したらどうする?強制解約されないために注意すべきこと

大前提として、毎月の支払いを滞納する行為は楽天カードとの契約違反であり、即刻強制解約されてもおかしくはありません。

とはいえ、楽天カードは毎月27日の支払い(引落)ができなかった場合、支払日翌日から4営業日連続で再度自動引き落としが行われる「再振替」が実行されます。

つまり、再振替が実行される4日間以内に引落口座に入金できれば支払いが完了します。ただし、「再振替期間中に支払えば問題ない」という訳ではありません。

📝遅延損害金以外のペナルティ

  1. 利用限度額の引き下げ
    → 滞納が続けば、利用限度額が自動的に引き下げられます。
  2. 次回更新時に契約解除
    → 更新時期に自動更新されずに、そのまま解約される可能性があります。
  3. 強制解約
    → 予告なく会員資格が取消されます。

「再振替があるから大丈夫」

「数日遅れたって問題ない」

「遅延損害金払ってるんだからOKでしょ」

1日の延滞でもクレジットカード会社との契約違反には変わりないため「即刻強制解約される可能性は高い」と思ってください。

さらに言うと、延滞のペナルティは強制解約や遅延損害金だけではありません。詳しくは以下ページをご参考ください。
≫ 楽天カードの支払い遅れた場合…ペナルティは遅延損害金だけではな!?

楽天カードの強制解約Q&A

Q1. 楽天カードの強制解約後でも再入会はできる?

A. 強制解約直後は入会申請しても審査落ちします。再入会希望の場合は、強制解約後、少なくても半年間は時間を空けてください。

ちなみに、強制解約の半年後であれば再入会できるわけではありません。審査の結果は申請者の収入状況や信用情報次第です。

ただし、私自身の経験からいうと、強制解約された半年後に再び楽天カードに再入会することができました。

≫【証拠あり】クレジットカードは強制解約されても復活できる!
※復活できるか否かは人によりけり。再現性はありませんのでご注意を。

Q2. 楽天ETCカードや家族カードはどうなる?

ETCカードや家族カードは楽天カードに紐づけられたサービスとなるため、強制解約になると、これらのサービスも利用できなくなります。

Q3. リボ払い残高など未返済分の支払いがある場合、一括返済しなければいけない?

強制解約されても未返済分の支払いが一括返済されることはありません。

強制解約時に未返済の支払い残高(ショッピング利用、分割払い、リボ払い、キャッシング)がある場合、強制解約後もこれまで通りの月々の返済が続きます。

ただし、未返済分の滞納が2ヵ月以上続いた場合、内容証明郵便による督促状が届き、一括返済を請求されます。

≫ クレジットカード会社から一括請求の督促状が届いた時の対処法を解説
※結論を言うと、一括返済に応じるか弁護士さんに相談するかの2択です。

Q4. 楽天スーパーポイントはどうなる?

楽天カードが強制解約になっても楽天会員の資格が無くなる訳ではありません。
※楽天IDはそのままご利用可能です。

楽天スーパーポイントは楽天会員(楽天ID)に付加されるポイントなので、楽天カードが無くなっても、その他の楽天サービス(楽天市場や楽天トラベルなど)は、これまで通りの楽天IDでご利用が可能です。

そのため、強制解約によって楽天スーパーポイントが失効することはありませんのでご安心ください。

Q5. ブラックリストに登録される?

クレジットカードを強制解約された履歴は指定信用情報機関CICに登録されます。つまり、信用情報にキズがつきます。

ただし、クレジットカードが強制解約されただけでは、ブラックリスト(正式には異動情報と言う)に登録されるわけではありません。

実際、これまでに楽天プレミアムカードと三井住友カードが強制解約された経験がありますが、ブラックリストに登録されることはありませんでした。
※もしブラックリストに登録されていれば、楽天カードに再入会できません。

ただし、例外があります。

以下では、クレジットカードの強制解約とブラックリストの関係について解説します。

楽天カードを強制解約されてもブラックリストに登録されない理由

もし、強制解約のみでブラックリストに登録されてしまうのであれば、利用頻度が低くて強制解約された人達もブラックリストに登録されてしまうことになります。

そんな理不尽な話などありません。

繰り返しになりますが、クレジットカードが強制解約されただけではブラックリストに登録されません。

ブラックリストへの登録条件は信用情報機関によって以下のように定められています。

📝ブラックリストに登録される条件

クレジットカードの支払いを61日以上もしくは3か月以上滞納した場合、信用情報機関に“異動情報”が登録されます。
※異動情報は通称ブラックリストと言われています。
※参考:
指定信用情報機関:CIC公式サイト

つまり、2ヵ月以上の滞納がない限り、ブラックリストに登録されることはありません。

一般的に、クレジットカード会社が1月以上の滞納を許すことはありません。滞納数日で強制解約されるケースも多いです。

もし毎月の支払いの滞納が続いたとしても、ブラックリストに登録される61日以上の期限が過ぎる前にクレジットカードが強制解約されます。

そのため、楽天カードが強制解約された時点でブラックリストに登録されていることはありませんので、ご安心ください。

ただし、例外があります。

楽天カードの強制解約後も、未返済分の支払いを61日以上滞納し続けるとブラックリストに登録されます。

まとめ:楽天カードが強制解約される根本的な原因は『滞納』

📝楽天カードが強制解約される原因

  1. 毎月の支払いを滞納していた。
  2. 楽天カードの利用頻度が極端に少なかった。
  3. 登録情報の不備(不正)が発覚した。
  4. 不正利用(換金目的のカード利用)が疑われた。
  5. 途上与信で問題が発覚した。

楽天カードが強制解約された人は上記のいずれかに心当たりがあるはずです。

もし、強制解約の理由が滞納の場合、その他のクレジットカードやローンなども滞納が続いてしまっているという状況に陥っている人も少なくありません。

特に、リボ払いやカードローンを利用している人は、すでに返済できる目途がたたないほどの多重債務を抱えているケースが多いです。

滞納期間が2ヵ月以上なら債務整理を考えて!

強制解約後も滞納が続いている場合、すでにブラックリストに登録されている可能性があります。もし全額返済できたとしても、ブラックリストの情報はすぐに消えることがありません。

信用情報にブラックリスト(異動情報)が登録されれば、新規クレジットカードの発行、その他ローン契約(自動車ローン、住宅ローンなど)、さらには賃貸契約などができなくなります。

つまり、ブラックリストに登録されている状況は、すでに債務整理した時のデメリットを被っている状況とも言えます。

現在の収入では返済できる見込みがない…
滞納が続き催促の電話が連日鳴っている…
返済残高が総額100万円を超えている…

このような状況に陥ってしまうと、自力で解決するのは困難です。今すぐ弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

※リボ払いの借金は減額できる可能性あり
リボ払いは金利15%(年率)の借金です。利用金額が大きいほどリボ払い手数料が膨らみ、毎月返済を続けていても残高が減らないという状況に…。

とはいえ、「弁護士などの知り合いなんていない」「自分から相談しにいく勇気がない」という人も多く、借金を放置してしまっている人も少なくなりません。

このような人は一人で悩まずに『借金減額診断(シミュレーター)』を使ってみてください。

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が無料で提供している“ネット診断サービス”です。

現在の借入状況に関する4つの質問に答えるだけで、あなたに合った解決策を提案てもらうことができるため、借金問題を解決するきっかけになるはずです。

借金減額診断について解説します。
借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!
借金減額診断は怪しい?気になる診断内容をスクショ付きて解説!借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断の質問内容を事前にチェック。