クレジットカード

【楽天カードの滞納】支払いに遅れるとどうなる!? 遅延損害金/利用制限/強制解約など

【楽天カードの滞納】支払いに遅れるとどうなる!? 遅延損害金/利用制限/強制解約など
27日の口座振替日を忘れていて、残高不足で支払いを滞納してしまいました!! どうすればいいですか?? カード利用できなくなったりするんですか??

クレジットカード利用者は経験したことがある人もいるのではないでしょうか。

うっかりミスで支払いを滞納してしまった…。

初めて滞納しちゃったときは、どうしたらいいの!?って焦っちゃいますよね。

でも、安心してください。

大丈夫です!! その後ちゃんとお支払いすれば問題ありませんよ。

ただし、いかなる理由があるにせよ、支払いの滞納はクレジットカード会社との約束を破る「契約違反」に当たることは間違いありません。

一回気が緩んだ…という程度であれば、大目に見られると思いますが、繰り返し滞納するような悪質な会員に対しては、厳しいペナルティーが発生します。

※クレジットカードの利用は口座残高に余裕をもって計画的に行いましょう。

なお、クレジットカードの滞納だけではなく、他にも借金を抱えていて毎月の借金が苦しい場合、その状況を自分の現在の収入によって解決できるかを冷静に考えてみてください。

厳しいことを言うと、クレジットカードの滞納は多重債務&借金生活への入り口となるケースがほとんどです。

※金利で膨れ上がった借金は減額できる可能性があります。
リボ払いやカードローンの金利は15%~18%です。はっきり言って、リボやカードローン残高が数十万円ある状況で返済を続けいくことは非常に困難です。返済を続けていても金利が高すぎていつまでたっても借金残高が減りません。こうした状況にある人は金利による利息分をカットすることで借金総額を減額できる可能性があります。
≫【無料診断】借金がいくら減額できるか知りたい方はこちら

【楽天カードの滞納】支払いに遅れるとどうなる!? どうしたらいい!?

楽天カードの支払いの27日をうっかり忘れて残高不足で滞納してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

結論から言うと、

引落日から4日以内に口座に入金すればOK

楽天カードには、27日以降の4日間は自動振替が行われるシステムになっているため、この期間に口座に入金できれば問題ありません。

しかし、残高不足で引落されていないことに気付かず、無意識のうちに滞納してしまった場合もあると思います。

本来なら自動引落不可になるとメール通知がくるのですが、それにも気付かなかった場合…そんな時は、

郵送で送られてくる支払通知書に従って振込すればOK

27日の引落日に支払うことができずに滞納すること自体はけして良いことではありませんが、その後にちゃんと支払うことができれば、大きな問題になることはないですし、これが原因ですぐに会員資格が取消されるということもないでしょう。

ただし、支払日に遅れたことに変わりないので、その分の遅延損害金(年率14.6%)が発生します(ショッピング利用の場合)。

この遅延損害金は自動的に翌月の請求に回されます。

大きな問題になることはないと言いましたが、これを毎月繰り返すような常習犯に対しては厳しいペナルティーが科せられることになりますので、うっかりミスは決して繰り返さないようにしましょう。

支払日の27日を過ぎた滞納後に起きること

残高不足で引落されずに滞納してしまった場合、その後ちゃんと支払えば大きな問題になることはありません。

とはいうものの、滞納した後はどの様なことが起きるのでしょうか。

以下の例では27日が平日だった場合について順を追って見ていきたいと思います。

日付 なにが起きる? カード利用
27日 残高不足で引落されない
28~31日 引落日翌日からの4営業日中に自動で口座からの再引落が繰り返される
1~5日 楽天カードから支払い通知書が郵送され、それと同時に通知書を「お送りしております」という連絡の電話が入る
5~10日 特になにもなし
10~26日 支払いをしていなければ、楽天カードから催促の電話が鳴り始める(対応しなければ1日3回ペースで電話がくる…) ×
27日~ 1ヵ月間滞納が続き翌引落日分も支払いできなければ会員資格取消となり強制解約される可能性が高くなる ×

1ヵ月以上滞納した場合、正直どうなるかわかりません(← 経験がないため…)。

ただし、基本的には会員資格取消となる可能性がとても高いと思われます。

一般的に、支払日に口座振替できないと翌日からカード利用ができなくなる、という情報がありますが、私の経験上楽天カードにおいてはそのようなことはなく、上の表にあるように翌月の10日前後でカード利用停止になりました。

あくまで、これは目安程度にとどめておいてくださいね。

三井住友visaカードの場合は支払日に口座振替できないと翌日に即カード利用停止になりました。

クレジットカードの支払いを滞納するリスク

冒頭でもお伝えした通り、理由はどうあれ滞納しているということは「クレジットカード会社との約束を破った」ことに変わりなく、ちゃんとそれなりのリスクが発生します。

クレジットカード滞納のリスク
  1. 遅延損害金の発生
  2. カード利用制限
  3. カード利用限度額の引き下げ
  4. 会員資格取消による強制解約
  5. ブラックリストに載る

では、具体的に一個ずつチェックしていきましょう。

滞納リスク① 遅延損害金の発生

楽天カードの支払期日ある27日に引落されなかった場合、翌日から延滞日数に応じた遅延損害金が発生します。

要するに、お支払いの約束を破った罰となる違約金を払ってくださいねってこと。

これは、1日毎にカウントされて増えていく仕組みになっているため、もし延滞したとしても早急にお支払いするこをおすすめします。

遅延損害金=支払い金額×14.6%÷365×遅延日数

例) 10万円の引落金額を10日間滞納した場合

  • 遅延損害金 = 10万円×0.146÷365×10 = 400円

※遅延損害金は翌日のご利用額に加算され請求されます。

滞納リスク② カード利用制限

クレジットカード会社によっては支払い期日に引落されずに滞納が確定した翌日にカード利用が制限されるケースもあります。

私の場合、三井住友visaカードは滞納翌日に利用制限がかかりました。

しかし、楽天カードの場合は、滞納しても1週間は通常通りカード利用ができる状態でした。

私の経験上、楽天カードの場合は滞納してから約10日間、翌月に入ってから約1週間前後でカードが使えなくなるっという感じでした。

おそらくですが、28日で利用制限をかけてしまうと、携帯電話や光熱費の支払いをクレジットカード払いに設定していた場合に会員のライフラインがストップしてしまう可能性を考慮しての配慮なのかなぁと思っています。

楽天カードさん、ありがとうございます。

Q. カード利用制限はいつとかれる?

カード利用制限がかかってしまった場合、滞納分を振込によって支払えば1時間後くらいにはカード利用制限が解除され、通常通り利用できる状態に戻ります。

滞納リスク③ カード利用限度額の引き下げ

例え支払日に間に合わずに滞納してしまっても、その後ちゃんと支払うことができていれば、滞納遅延損害金は発生するものの大した問題にはならない、と言いましたがこれは私の実体験に基く話です。

表面上(私が把握できるかぎりでは)大した問題にはなっていないものの、楽天カード側では要注意人物としてチェックされているはずです。

その根拠として、「カード利用限度額」が予告なく下げられることになるでしょう。

私の場合、支払期日に間に合わずに滞納する月が半年くらい続いたころに利用限度額が当初の半分に引き下げられていることに気付きました。。

つまり、「そろそろいい加減にしろよ」ってことです!!

カード利用限度額が引き下げられるということは、「私たちはそろそろ会員資格取消も考えているよ」っというメッセージだと思った方が良いです。

つまり、クレジットカードの強制解約です。

滞納リスク④ 会員資格取消による強制解約

滞納1ヵ月を過ぎてしまうと、いよいよ楽天カードから追放処分を受ける可能性が出てきます。

ここで、あえて”可能性”と言っている理由は、表向きにどのような基準があるのか公表されていないためです。

ネットで見かけるような「○○日にカード利用制限が発生する」とか「○○すると強制解約される」というような情報はあくまで”可能性”にすぎません。

各クレジットカード会社が公表している情報ではない限りは信ぴょう性がある情報とは言えないのです。

会員資格取消になった理由を楽天カードに問い合わせましたが、教えてもらえませんでした。。

おそらくですが、会員のこれまでのデータ(会員歴や利用履歴、返済履歴など)から総合的に判断してペナルティーを科していると思われるため、「○○したら必ずこうなる!」とはなかなか言えません…。

ただ、常識的に考えて、滞納1ヵ月過ぎればはやばいでしょう…。

滞納リスク⑤ ブラックリストに載る

クレジットカードが会員資格取消になるとブラックリストの載るって聞いたけど、それとは別の話?

この問題を気にしている方も多いと思います。

結論から言うと、

会員資格取消 ≠ ブラックリスト

ということになります。

その証拠に、私は2枚のクレジットカードが会員資格取消になったにもかからわず。その半年後に楽天カードを作ることができました。

≫【楽天カード】会員資格取消になった半年後に再申請してみた結果

まず、ブラックリストに載る基準についてはご存知でしょうか??

一般的に言われるブラックリストに載るという表現の意味は、信用情報機関CICに登録される、ということです。

そして、信用情報機関CICに登録される条件は以下の基準が定められています。

3か月以上もしくは61日以上の長期延滞・滞納

つまり、クレジットカード会社が独自に決定する会員資格取消と情報機関CICへの登録は別問題と言うわけです。

会員資格取消になっても3か月以上もしくは61日以上の滞納がない場合はブラックリストには載らないということです。

一般的に、ブラックリストに載る基準に達する前にクレジットカード会社は会員資格取消のペナルティーを発動させると考えられますね。

もちろん、その後も支払いを滞納し続けてその期間が3か月以上もしくは61日以上になればブラックリストに載ることになるでしょう。

楽天カードの支払いを滞納しそうな時の対処法

では、うっかりミスによる延滞ではなく、今月の請求額を支払えない!!っという金欠状態の場合はどうしたらいいでしょうか。

さすがに支払いを免除されることはありませんが、楽天カードであればその窮地をしのぐことができる方法があります

「後から分割払い」で返済額を抑える

この制度をご存知ですか??

この「後から分割払い」は月々の支払額をコントロールすることができる超便利な機能です。

≫ 楽天カードの詳細はこちら

まず、楽天のWebサイトへログインし「ご利用状況や明細の確認・各種変更」のページで今月の支払い金額の詳細ページへ入ります。

すると以下の様な画面になるので、右にある「あとから分割払い」をクリックし、明細の中から分割払いにしたい項目と分割回数を選択していくだけです。

とても直感的でわかりやすいシステムになっていますので是非チェックしてみてください。

リボ払いは絶対にダメです!! 絶対に分割払いにしてください!!

カスタマーセンターに相談する

次にご紹介する方法は最終手段ですよ。

ちょっと勇気がいりますが、楽天カードのカスタマーセンターに電話して、今月分の支払いが厳しいんですが…と正直に相談してください!

あまり知られていないと思いますが、楽天カードは返済に関して非常に柔軟に対応してくれます(もちろん遅延損害金は発生します)。

もし今月の請求額が厳しい…と相談すれば、1ヵ月以内の分割払いに調整してくれる可能性があります。

例. 請求額10万円

  • 27日(支払期日) → 5万円
  • 翌月15日まで → 5万円

これによる最大のメリットは、約束した支払日までは催促の電話がかかってこない!!っということです。

ちなみに、事前に相談したからと言ってカード利用制限がかからない、というわけではないので注意してくださいね。

まとめ:楽天カード支払いを滞納しそう or してしまった時は適切な対応をすればOK!!

楽天カードの支払いを滞納してしまうと、以下の様なリスクが発生します。

クレジットカード滞納のリスク
  1. 遅延損害金の発生
  2. カード利用制限
  3. カード利用限度額の引き下げ
  4. 会員資格取消による強制解約
  5. ブラックリストに載る

遅延損害金が発生するだけでなく、最終的には楽天カードの会員資格取消になる可能性があり、最悪のケースではブラックリストに載ってしまう状況になりかねません。

そのため、滞納だけは避ける様にしてください!!

とは言っても「急な出費がかさんでしまってどうしても今月の支払いが厳しい」という状況に陥ってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、「後から分割払い」を利用して、月々に返済額をコントロールしてみてください。

もし、それでも厳しい…という場合は、楽天カードのカスタマーセンターに電話して支払いについて正直に相談してみてください。

楽天カードのカスタマーセンターは支払いに関して比較的柔軟に対応してくれます

一番やってはいけないことは、滞納したにも関わらず「連絡もせずもしない」「楽天カードからの電話に応じない」という行為です。

これは個人の信用を失う行為であり、クレジットカードの会員資格取消のリスクが極めて高くなりますので注意しましょう!!

【無料相談】多くの弁護士事務所では借金問題の相談は無料で受け付けています。直接話すことができないなどの事情があってもメールで相談することもできます。一人で悩まずに解決策を見つけましょう。

女性のための借金相談窓口

  • 債務Lady:メール相談無料、着手金無料の女性のための女性に優しい弁護士事務所です。
  • アヴァンスレディース:10年間で23万件以上の相談実績がある弁護士事務所です。女性専用メール相談窓口があり、女性スタッフに対応してもらうことができます。

全国対応の借金相談窓口

※相談することに抵抗がある人は、まずは匿名で『借金解決シミュレーター』を使ってみることをおススメします。

おすすめ記事

≫ これヤバいよ!?【即日融資で検索】リボ払いが限度額に達したあなたが犯す人生の失敗