クレジットカード

ACマスターカード延滞時のペナルティとは?返済日を1日遅れただけで信用情報は傷付く?

ACマスターカード延滞時のペナルティとは?返済日を1日遅れただけで信用情報は傷付く?
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
ACマスターカードを延滞しています。口座残高不足でうっかり。このまま延滞を続けるとどうなりますか?

ACマスターカードを延滞した場合、お支払約束日を登録して返済する、もしくはATM払い・銀行振込・インタネットバンクで返済する必要があります。
※ACマスターカードは再振替を行っていません。

もし延滞を続けた場合、年率20%の遅延損害金の追加請求ブラックリスト登録、最終的には裁判に発展する可能性があるでしょう。

このような状況になる前に、至急対処することをおすすめします。

本ページでは「ACマスターカードの延滞ペナルティ」について詳しく解説します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

ACマスターカードは延滞に厳しい(発行元はアコム)

ACマスターカードは、アコム株式会社が提供するクレジットカードです。

主な特徴は以下をご参照ください。

提供会社アコム株式会社
年会費なし
国際ブランドMastercard
利用限度額10万円~300万円
支払日・毎月6日(口座振替を設定している場合)
・35日ごと(前回支払日の翌日から35日以内)
返済方法リボ払いのみ(年率10.0%~14.6%)
ACマスターカードはリボ払い専用カードです。利用残高に対して14.6%のリボ払い手数料が発生します。

ぶっちゃけ、ACマスターカードはおすすめできるクレジットカードではありません。

ただし、「海外キャッシング手数料を実質ゼロにできる」という特徴があるため、海外旅行時に持って行くべきクレジットカードとして人気があります。

≫ ACマスターカードはやばいって本当?リボ払い専用カードでも海外旅行におすすめ?

ACマスターカード延滞時のペナルティとは?

ACマスターカードはアコム株式会社が発行するクレジットカードです。延滞が発生した場合、アコムからの支払催促・取立てが始まるのでご注意ください。

ACマスターカードを延滞した場合、以下のペナルティが発生します。

  1. カード利用停止
  2. 遅延損害金が発生
  3. 信用情報に延滞履歴が記録
  4. ACマスターカードの強制解約
  5. ブラックリストに登録
  6. 未返済債務の一括請求
  7. 裁判(財産差押え)

1つずつ見てみましょう。

①:カード利用停止

ACマスターカードの支払いを延滞した場合、翌日からカード利用停止となります。
※支払日が土日・祝の場合の翌営業日の翌日以降にカードが使えなくなります。

この段階でのペナルティは一時的な利用制限のため、滞納額(+遅延損害金)の返済をすればACマスターカードが再び利用できるようになります。

ただし、カード利用停止の制限が解除(利用可能枠が復活)するまでに、滞納額の支払い完了後3~5営業日の時間がかかります。

②:遅延損害金が発生

ACマスターカードはリボ払い専用カードのため、利用残高に応じて年率14.6%のリボ払い手数料が発生します。

ただし、延滞した場合は年率20.0%の遅延損害金が追加請求されます。

以下の表に、延滞額と延滞日数に応じて発生する遅延損害金をミュレーションした結果をまとめていますのでご参照ください。

延滞額延滞日数
5日10日20日30日60日
5万円137円274円548円822円1,644円
10万円274円548円1,096円1,644円3,288円
15万円411円822円1,644円2,466円4,932円
20万円548円1,096円2,192円3,288円6,575円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールします。

③:信用情報に延滞履歴が記録

ACマスターカードを提供するアコム株式会社は、以下の信用情報機関に加盟しています。

アコム株式会社が加盟する信用情報機関

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

参考:当社の加入する信用情報機関について

信用情報には、クレジットカード会社や銀行などの金融機関との契約内容・利用状況(借入/返済)などの個人情報が記録されてます。

つまり、ACマスターカードの延滞履歴は信用情報に記録され、同機関に加盟する他のカード会社や金融機関と情報共有されています。

そのため、信用情報に延滞履歴が記録されると、他社のクレジットカード審査や銀行融資(借入)審査にマイナスの影響が生じます。

【質問】1日の滞納でも信用情報がキズ付く?
数日の支払い遅れが発生した記録を信用情報機関に報告するか否かは各業者次第です。信用情報の開示請求をしなければわかりません。ただし、“原則1日の滞納でも信用情報はキズ付く”と思っていた方が良いでしょう。

④:ACマスターカードの強制解約

ACマスターカードの延滞が1ヵ月以上続いた場合、強制的にクレジットカードの契約を解約されるリスクがあります。つまり、強制解約です。
※延滞翌日~1ヶ月以内で強制解約されるケースもあります。

ちなみに、強制解約される原因は長期延滞だけではありません。以下の理由で突如強制解約されることもあるのでご注意ください。

ACマスターカードが強制解約される例

  • 申込情報(個人情報)の嘘がバレた
  • 転売・現金化を目的としたカード利用の疑い
  • 会員との連絡が取れない(着信拒否・住所不定)
  • 他社クレジットカードでトラブルが発生(途上与信で発覚)
強制解約の履歴は信用情報に記録され5年間残ります。この間、クレジットカードが作れない、金融機関からの融資・借入(多目的ローンや自動車ローンなど)を断られるなどの可能性があります。

ちなみに、ACマスターカードが強制解約された場合、すでに持っている他社のクレジットカードまでも連鎖的に強制解約される可能性があるのでご注意ください。

⑤:ブラックリストに登録

ACマスターカードの延滞期間が2ヵ月以上経過した場合、信用情報に”異動”というマイナス情報が記録されます。つまり、ブラックリストに登録されるということ。

ブラックリストは延滞や強制解約よりも重たいペナルティです。ブラックリスト登録期間中はあらゆる金融サービスを一切受けることができなくなるのでご注意ください。
※ブラックリスト登録解除後も審査に不利な状況が続く可能性があります。

ちなみに、ブラックリスト登録の基準は各信用情報機関によって以下のように定められています。

ブラックリスト登録の基準

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    → 61日以上もしくは3ヵ月の延滞が発生した場合
  • 株式会社日本信用情報機構
    → 3ヵ月以上の延滞が発生した場合
ACマスターカードに限らず、信用情報に加盟している金融機関への返済を2ヵ月以上延滞した場合、信用情報に異動が記録され、ブラックリストに登録された状態となります。

なお、代位弁済や債権譲渡、さらに債務整理を行った際にもブラックリストに登録されます。つまり、長期延滞はこれらと同等の金融事故として取り扱われています。

⑥:未返済債務の一括請求

ACマスターカードが強制解約された後、未返済債務を一括請求される可能性があります。

第12条(期限の利益の喪失)

1.(2) ショッピング等の利用代金について支払期日に弁済金の支払を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めてその支払を書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき。

引用:AC会員規約

期限の利益とは、毎月決まった期限までに毎月定額の返済をすればそれ以上の返済(残りのローン残高)は請求されない、という債務者の権利(利益)のことです。

ACマスターカードが強制解約されると会員資格を失うため、AC会員規約にある通り、期限の利益が喪失され、未返済残高の一括請求が行われます。

なお、未返済残高の一括請求が行われる際、内容証明郵便による督促状が届きます。

内容証明郵便とは?

債権者(アコム)が債務者(あなた)に対して支払い請求の督促状を送った、そして債務者はその督促状を受取った事実を公的に証明する郵便のこと。
※内容証明郵便は裁判時に有効な証拠となります。

一括請求の督促状には「○○日までにお支払いいただけない場合は法的措置をとる」という趣旨の内容が記載されています。つまり“裁判”ということ。

至急、督促状に記載された期限内に請求額をお支払いすることをおすすめします。

⑦:裁判(財産差押え)

実際に裁判になるのは、滞納発生から半年後以降~5年以内です。

たとえば、時効期限(5年)が過ぎるギリギリになって裁判所から訴状が届くケースもあるようなので、“いつ裁判にはるかは債権者次第”でしょう。

マジで裁判になった場合、裁判所から「支払催促状」もしくは「訴状」が届きます。どちらの書類が届くかによって、以下のように対応しなければいけません。

  • 「支払い催促状」が届いた場合
     → 2週間以内に異議申し立てを行う
  • 「訴状」が届いた場合
     → 弁護士を介して回答書で返答する
もし裁判所から届いた「支払催促状」もしくは「訴状」を無視した場合、裁判所命令による財産差押えが強制執行されます。

財産差押えの強制執行には法的効力があるため、止めることができません。

ちなみに、財産差押えが強制執行された場合、まず始めに銀行口座と勤務先からの給与・賞与が差し押さえられます。

この時、裁判所から勤務先に「債権差押え命令の決定書」が送られることにも注意しておいた方が良いでしょう。
※会社に借金があって裁判沙汰になっていることがバレます。

その他、裁判所の執行官が自宅に訪問し、財産となる所有物をチェックするため、家族や同居人にも裁判沙汰になっていることが知られてしまうでしょう。

このような事態に発展する前(内容証明郵便による督促状が届く前)に、全額返済する、もしくは弁護士に相談して債務整理を検討することをおすすめします。

借金は減額できる可能性があります

以下に当てはまる人は要チェック!

  • 複数のクレジットカードを利用中…
  • 消費者金融カードローンを契約中…
  • 複数社の返済を滞納中…

あなたの借金は高額な利息分をカットすることで減額できる可能性があります。
※借金がどれだけ減額できるのかを無料で診断することができます↓

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

借金減額診断とは?

弁護士法人が提供する無料のネット診断サービスです。

あなたの借入金額と返済状況から、借金がいくら減額できるかを匿名診断することができます。

診断時間は1分
回答結果を弁護士が個別診断
診断のみの利用でもOK

※診断結果を知りたいだけの場合もご利用いただけます。

ACマスターカード延滞後の利用停止はいつ復活する?

ACマスターカードの支払いを延滞した場合、翌日からカード利用停止のペナルティが発生します。

通常、延滞中の請求額の返済することで3~5営業日以内にカード利用停止は解除・復活します。
※土日・祝日を挟む場合は復活までに1週間ほどかかることもあります。

コンビニATMで返済したのにACマスターカードの利用停止が解除されません。いつ復活するのでしょうか?

もし返済後1週間以上経過しているにもかかわらず、カード利用停止が解除され倍場合、ACマスターカードが強制解約されている可能性があります。
※強制解約になったクレジットカードは2度と利用することができません。

≫ 0669104115の電話はアコムから!ACマスターカードを滞納している可能性もある

ACマスターカード延滞後の返済方法【再振替なし】

ACマスターカードはお支払い方法に口座振替を設定している場合でも、延滞後に再振替(再引落)は行われません。

延滞が発生した場合は以下のいずれかの方法でご返済ください。

  1. 指定口座に振り込む
  2. アコムATMで返済する
  3. 提携ATMで返済する
  4. インターネットバンクで返済する

それぞれの返済方法を確認しておきましょう。

①:指定口座に振り込む

ACマスターカードは再振替を行っていません。そのため、延滞後に引落口座に入金しても自動振り込みされないのでご注意ください。

延滞後に指定口座へお振込みする場合は、アコムの会員ページのメニューにある「振込みで返す」より振込専用の指定口座をご確認ください。
※指定口座はお客様毎に異なるため、ご自身で確認する必要があります。

②:アコムATMで返済する

アコム店舗もしくはアコム専用ATMがお近くにある場合は、手数料無料で直接ご返済することができます。

≫ アコム店舗・ATMを検索する

③:提携ATMで返済する

アコムと提携しているコンビニ・銀行ATMからご返済することができます。ただし、提携ATMからご返済する場合は支払手数料が発生するのでご注意ください。

アコム提携ATMの支払手数料

  • 1万円以下の返済:110円
  • 1万円を超える返済:220円

ACマスターカードのご返済に対応しているATMは、以下のページで検索できます。

≫ アコム提携ATMを検索する

④:インターネットバンクで返済する

インタネット返済は手数料無料で365日24時間返済可能です。ただし、事前に銀行口座のインターネットバンクを開設しておく必要があります。

インターネットバンクの利用方法

① アコム会員サイトにログイン
② インターネットバンキングで支払うを選択
③ ご利用中の金融機関サイトへ移動
④ 決済口座を選択してお支払いを行う

※事前に銀行口座のインターネットバンクを開設しておく必要があります。

一度決済口座を登録しておけば、次回から簡単にインターネットバンクでお支払いが可能です。

今すぐ延滞を解消できない時の対処法

「金欠で返済する余裕がない…」
「次の給料日まで待って欲しい…」

などの理由で今すぐ返済できない場合は、以下の方法で対処してください。

  1. 「お支払約束日」を登録して返済日を延期する
  2. アコム総合カードローンデスクに電話する
  3. その他にも借金がある場合は債務整理を考える

1つずつ見てみましょう。

①:「お支払約束日」を登録して返済日を延期する

ACマスターカードの延滞が発生した場合、アコムの会員ページ「次回のお支払い期日に関するお知らせです」というお知らせが届きます。

上記のページから現在延滞中の請求額のお支払約束日を登録することができます。つまり、一時的に返済を延期することができます。

お支払約束日を登録することで、その日まで支払催促の電話がかかってくることはありません。ただし、遅延損害金が発生信用情報に延滞履歴が記録されるということは覚えておきましょう。

もし会員ページからお支払約束日の設定ができない場合は、アコム総合カードローンデスクにお問い合わせください。
※ACマスタカードの発行元はアコム株式会社です。

②:アコム総合カードローンデスクに電話する

「お支払約束日が設定できない」もしくは「返済できる目途がない」という場合は、アコム総合カードローンデスクに相談してみましょう。

直接相談することで「返済額の分割払い」「支払期限の猶予」、もしくは「元本据置の利息払い」などの対応をしてもらえる可能性があります。

アコム総合カードローンデスク

  • 電話番号:0120-629-215
    (営業時間 9:00-18:00, 平日のみ)
ただし、延滞中の請求額を完済するまでは“延滞扱い”です。年率20%の遅延損害金が追加請求されるだけでなく、信用情報はますます悪化します。さらには、利用可能枠の減額もしくは強制解約の可能性があります。

ACマスターカードの強制解約の履歴は、信用情報に5年間残ります。

この間、新規クレジットカード審査やその他金融機関のサービスを利用できなくなる可能性があるのでご注意ください。

③:その他にも借金がある場合は債務整理を考える

ACマスターカード以外にも滞納中のクレジットカードやカードローンを契約している場合、もしくは借入総額が100万円を超えている場合、債務整理を検討した方が良い状況かもしれません。

債務整理はあなたの借金を減額もしくは免責(ゼロ)にすることができる手続きです。

ただし、メリットだけではなくデメリットもあります。

以下の表をご確認ください。

任意整理個人再生自己破産
手続き期間3~6ヵ月6ヵ月くらい6ヵ月くらい
手続き費用
(依頼費の目安)
5万円~35万円~30万円~
借金減額割合利息分を減額可能1/5~1/10に減額可能免責(ゼロ)になる
メリット・利息分を減額可能
・財産の差押えはない
・官報に氏名, 住所が掲載されない
・マイホームを残せる
※ローン返済し終えた車も財産差押え対象外
・借金がゼロになる
デメリット・ブラックリスト登録・保証人に返済義務が移る
・財産の一部が差押え対象

・ブラックリスト登録
・官報に氏名, 住所が掲載
・保証人に返済義務が移る
・全ての財産が差押え対象
・ブラックリスト登録
・官報に氏名, 住所が掲載
年間件数
(令和3年)
200万人以上(推定値)11,249件73,457件

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。
※年間利用者数は平成30年度司法統計のデータを引用しています。

カードローンやクレジットカードのリボ払いなどの借金は「任意整理」で借金問題を解決に導くケースが多いです。あなたの借金問題の解決方法は自己破産だけではない、ということは覚えておきましょう。

詳しくは、以下をご参照ください。

借金が減額できる「任意整理」とは?

任意整理とは、あなたの代理人(司法書士や弁護士)が債権者(クレジットカード会社や消費者金融など)に直接交渉・和解することで、借金を減額し、無理のない返済条件を取り決めする手続きです。

任意整理を考えた方が良い人の特徴

借金を返済できる目途がたたない…
毎月の支払いの滞納が続いている…
支払い催促の電話におびえている…

「毎月の返済を滞納している人」「返済を続ける目途がない人」は任意整理によって借金を減額できる可能性があります。

複数社のリボ払いや消費者金融を利用している人は、借金を大幅に減額できる可能性があります。

任意整理は弁護士(もしくは司法書士)に代理人になってもらい、債権者(カード会社や消費者金融業者)と交渉してもらう必要があります。

弁護士に相談する前に“どれくらい借金が減額できるのか”を知っておいた方が良いでしょう。

弁護士事務所が提供する『借金減額診断』を利用すれば、借金がいくら減額できそうか“無料”で診断することができます。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

まとめ:ACマスターカードの延滞に厳しい!返済日を1日遅れても信用情報が傷付く

ACマスターカードの支払日は、口座振替を登録している方は毎月6日未登録の方は前回支払日の翌日から35日以内です。

もし延滞が発生した場合、以下のペナルティが発生します。

ACマスターカードの延滞ペナルティ

  • カード利用停止
  • 遅延損害金が発生
  • 信用情報に延滞履歴が記録
  • ACマスターカードの強制解約
  • 未払い債務の一括請求
  • 裁判(財産差押え)
ACマスターカードは延滞1ヶ月以上で強制解約、延滞2ヵ月以上でブラックリスト登録、最終的には裁判にまで発展します。

もし「今すぐ返済できない」という場合は、アコム総合カードローンデスクに電話して、返済方法につて相談してください。

分割払いや返済期限の猶予、元本据置の分割払いなどの対応をしてもらえるはずです。

ACマスターカード以外にも延滞中の返済があり、現状では返済できる見込みがありません。債務整理をした方が良いでしょうか?

一般的に、クレジットカードやカードローンの返済額が200万円以上を超えている場合、ご自身での返済は非常に困難(債務整理をした方がいい)可能性があります。

とはいえ、債務整理にはデメリットも伴うため、慎重に判断すべきです。そのため、まずは弁護士に相談してみることをおすすめします。

詳しくは、借金問題の95.6%が任意整理で解決!その理由(ワケ)とは?のページをご参照ください。

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる