クレジットカード

勝手にリボ払いになっていた…支払い済みの利息手数料は返金してもらえる?

勝手にリボ払いになっていた...支払い済みの利息手数料は返金してもらえる?
  1. クレジットカードが勝手にリボ払いになっている原因は5つ。
  2. リボ払いで支払い済みの利息手数料は返金されない。
  3. 勝手にリボ払いになっていることに気付いたら「一括返済」に切り替えることができる。
請求書を見てびっくり!リボ払いを利用した記憶はないのに、毎月リボ払い手数料が取られているっていう人は多いかも
リボ払いに関するトラブルは年々増加中です。

クレジットカードの支払い方法が「リボ払い設定」になっていれば、レジで「1回払い」を選択しても自動的にリボ払いになります。
※リボ払いは実質年率15%です。

例えば、「数年前にクレジットカードで支払った車検費用など計40万円分がリボ払いなっており、高いリボ払い手数料と共に毎月引落されている」という相談が国民生活センターに寄せわれて話題になっていました(詳細はこちら)。

ちなみに、40万円を毎月5,000円のリボ払いにすると、利息手数料だけで約18万円、支払い期間は6年以上になります。
楽天カードのシミュレーターを使用しています。

本記事では「クレジットカードが勝手にリボ払いになっている原因」「今すぐリボ地獄から抜け出す方法」について解説します。

クレジットカードが勝手にリボ払いになっている原因

「1回払い」の設定をクレジットカード会社や第三者が勝手に支払い方法を「リボ払い」に変更したのではないか。

もし、このように疑うのであれば、クレジットカードをすぐに解約して、インターネット上のログインIDやパスワードをすべて変更することをすすめします。
※個人情報が漏洩している可能性があります。

しかし、「勝手にリボ払いになっていた」というケースの多くは“うっかりミス”です。以下のいずれかに当てはまっていないかチェックしてみてください。

📝支払い方法が勝手にリボ払いになっている原因

  1. 初期設定がリボ払い。
  2. 申込時にリボ払いを設定した。
  3. リボ払い専用カードだった。
  4. 登録型リボ(楽天ペイ)を設定した。
  5. キャンペーンに参加した。

1つずつ解説します。

①初期設定がリボ払い

支払い方法の初期設定が「リボ払い」になっているクレジットカードがあります。この場合、カード発行後に支払い方法を自分で変更する必要があります。

初期設定がリボ払いのクレジットカード例

  • ファミマTカード
    → カード発行後に支払い方法を「ずっと全額支払い」に変更すればリボ払いを解除できます。
  • ポケットカード(P-one Wiz)
    → カード発行後に支払い方法を「ずっと全額コース」に変更すればリボ払いを解除できます。

②申込時にリボ払いを設定した

カード申込時に支払い方法を「リボ払いにする」にチェックしていた、もしくは最初からチェックが入っていた可能性があります。

最近ではクレジットカード会社によって「リボ払いの名称」が異なるため、知らず知らずのうちにリボ払いを選択(設定)しているケースもあるのでご注意ください。

クレジットカードリボ払いの名称
三井住友カードマイ・ペイすリボ
楽天カード自動リボ
dカード超えたらリボ
JCBカード支払い名人
イオンカード全リボ
アメックスカードペイフレックス
セゾンカードリボ宣言
MUFG(三菱UFJ銀行)楽Pay

楽天カードやイオンカードは名称が異なってもリボ払いであることが認識しやすいので良心的ですが、そうじゃないクレジットカード会社はどうなんでしょうね…。

世の中にある借金は“借金という名称で呼ばれていない”のでご注意ください。
例)リボ払いツケ払いLINEポケットマネー、奨学金、学生ローンなど

③リボ払い専用カードだった

一回払い不可の「リボ払い専用のクレジットカード」があります。

カード発行会社のブランド名や新規入会特典を重視してクレジットカードを申込んでしまい、後からリボ払い専用カードだったことに気付くケースがあります。

リボ払い専用カード例

  • 三井住友カード RevoStyle (リボスタイル)
  • ACマスターカード
  • DCカード Jizile(ジザイル)
  • イオンスマートペイカード
  • JCB EDIT

「三井住友カードやイオンカードだから大丈夫」ということはありません。大手カード会社でも一般カードとは別にリボ専用カードを発行しているケースもありますのでご注意ください。

④登録型リボ(楽ペイ)を設定した

「月々の利用額が○○円を超えた分はリボ払い」になるクレジットカードがあります。

例えば、毎月の利用金額が3万円以下なら翌月一回払いですが、3万円を超えた利用金額については3万円を超えた利用額がリボ払いになるサービスです。

ただし、登録型リボ(楽ペイ)は事前にご自身で設定しない限りは一回払いが適応されます。もし、一定額を超えた分がリボ払いになっている場合は、過去に楽ペイを設定したことを忘れているだけの可能性があります。

登録型リボ(楽ペイ)があるカード例

  • 三菱UFJニコスカード
  • りそなクレジットカード
  • JAL CARD

⑤キャンペーンに参加した

各クレジットカード会社は、支払い方法をリボ払いに変更するとお得なキャッシュバックがもらえるキャンペーンを頻繁に実施しています。

「キャンペーンに参加してキャッシュバックを受取った後に一回払いに変更すればいい」と思ってキャンペーンに参加したものの、その後支払い方法の変更をしていなかったというケースは少なくありません。

リボ払いは賢く使えば得をする!?

とはいえ、こうしたキャンペーンを上手に活用すればリボ払いをお得に使うことも可能です。

例えば、楽天カードは「あとからリボ」でポイントがもらえるキャンペーンを定期的に実施しています。

≫「あとからリボ払い」をご利用でもれなく2,000ポイント
※こちらのキャンペーンは終了しています。

上記のキャンペーン内容は「3万円以上のリボ払い利用で2,000ptもらえる」というキャンペーンです。

リボ払いを利用すると利息手数料が発生します。しかし、キャンペーン特典のポイントの方が利息手数料よりも高いため、差額分をゲットすることが可能です!

例) 特典条件を満たす利用方法

  1. 3万円分の利用額を後からリボに変更。
  2. 月々の支払い額を3万円に設定。
    → 利息手数料:375円が発生
  3. 2,000円分のポイントをゲット!

➪ 2,000円-375円=1,625円お得!

ちなみに、楽天カードは新規入会で5,000円キャッシュバック特典があり、楽天市場ので買い物でポイントも貯まりやすいため、かなりお得に利用できるクレジットカードです。

≫年会費無料の楽天カードに申し込む
※新規入会で5,000円もらえる特典あり。

【悲報】勝手にリボ払いで支払い済みの利息手数料は返金されない!

クレジットカードのリボ払いに関するトラブルは年々増え続けています。主な相談内容は「1回払いのつもりで利用していたのに、リボ払いになっていて手数料を取られた」という相談です。

≫国民生活センターに寄せられる相談事例

最近ではカード利用明細がWeb版のみのクレジットカード会社が多いため、請求内容に気付きにくくなっていることもトラブルの原因になっているかもしれません。

しかし、「勝手にリボ払いになっていた」ことをいくら訴えても、すでに支払い済みの利息手数料が返金されることがありません。

支払済みの利息手数料は戻らない…

残念ですが、すでに支払い済みのリボ払い手数料は戻ってきません。リボ払い残高が残っているなら一括返済に切り替えるしかありません。

早期に気付くことができた場合は、今すぐ「一括返済」に変更することをおススメします。それが難しい場合は、任意整理によって返済総額を減額する方法もあります。

リボ払いは後から『一括返済』に変更できる

今すぐ一括返済に切り替えることで、将来的に発生する利息手数料を支払わずに済みます。ただし、一括返済への切り替えはクレジットカード会社に電話する必要があります。

📝リボ払いを一括返済に変更する方法

クレジットカードの裏面に記載されている番号に電話をして「リボ払い残高を一括で返済したい」ということを伝えてください。そうすると、一括払いの請求書を郵送してもらえるはずです。

※同時にクレジットカードの契約を破棄することも考えてください。

「クレジットカード会社に電話するのが面倒くさい…」と思う人がいるかもしれませんが、数分の電話だけで、数万円の利息手数料を支払わずに済みます。

任意整理で返済総額を『減額』できる

「一括返済は無理だし、毎月の返済額を増やすこともできない…」という場合は、専門家に相談して任意整理を検討する必要があるかも。

リボ払いの金利は15%(年率)です。

リボ払い100万円の利息は50万円超え!

リボ払い残高100万円を毎月2万円ずつの返済を続けると、返済期間は6年以上、利息手数料は50万円以上になります。

もし、クレジットカードを複数枚、さらにカードローンなども併用している場合、総額200万円以上の返済を金利15%以上で抱えている人もいるかもしれません。
※カードローンの最大金利は18%です。

仮に、200万円のリボ払い残高(金利15%)毎月5万円の返済を続けたとしても、利息手数料だけで77万円を超えます(支払い回数は56回)
※イオンカードの返済シミュレーションから算出しています。

毎月5万円の返済を3年以上も続けるって普通の人は無理ですよ。滞納して破産しちゃうのが予想つきます。

ちなみに、リボ払いやカードローンで作った借金は“返済総額から利息分を減額する”ことで借金の負担を大幅に軽減できる可能性があります。

例) リボ払いの返済総額を減額

返済総額=元本(利用額)+利息手数料(+遅延損害金)

➪ 返済総額を減額して返済負担を軽くする!

借金減額診断を知らない人は以下のページをご参照ください。
≫ 借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!

まとめ:勝手にリボ払いはうっかりミス…

残念ですが、リボ払いは自己責任です。。

「勝手にリボ払いになっていた」ことをいくら訴えても、すでに支払い済みの利息手数料が返金されることがありません。

「初期設定がリボ払い」は普通だった!?

十数年前はクレジットカードを作ると初期設定で支払い方法がリボ払いになっているのは普通でしたよね。

さらに今みたいにスマホも普及していなかったので支払い方法の変更方法がわからずにそままま利用している人も多かったはずです。

私自身も大学生の頃い初めて作ったクレジットカードは初期設定がリボ払いでした。そのため「クレジットカードってリボ払いなのね」みたいに思っていた記憶があります。

最近ではそのようなクレジットカードもだいぶ減ってきていますので、国民生活センターにも相当な相談があったに違いありません。

とはいえ、リボ払いは自己責任。支払い済みの利息手数料は戻ってきませんのでお気を付けください。

あなたのリボ払い残高はいくらですか?
リボ払い残高が減らないのは当然?借金100万円以上の人は返済よりも減額したほうがいい
リボ払い残高が減らないのは当然?借金100万円以上の人は返済よりも減額したほうがいい リボ払い残高100万円の利息手数料をシミュレーションしてみた。 リボ払いは残高がなかなか減らない返済システム。 ...

※リボ払いの返済を滞納するとヤバいです…。