クレジットカード

ZOZOカードが勝手にリボ払い!?あとから一括払いに変更できる?

ZOZOカードが勝手にリボ払い!?あとから一括払いに変更できる?
ZOZOカードの支払いが勝手にリボ払いになっていました。請求書を確認するまで気付かなかったのですが、今からでも一括払いに変更できますか?

ZOZOカードのリボ払いは金利15%の元利定額残高スライドリボルビング払いです。つまり、毎月返済しているのに返済残高が全然減らないタイプの借金です。

例えば、10万円の利用残高がある場合の返済は以下の通り

ZOZOカードで10万円をリボ払いする場合

  • 月々の支払額:3,000円
  • 支払い回数:44回
  • 総支払額:130,139円
  • リボ払い手数料:30,139円

※利用金額の30%以上の手数料が発生!

でも、大丈夫!

ZOZOカードのリボ払いは後からでも一括返済に変更することができます。

毎月の利払い手数料を節約したいなら今すぐ支払い方法の変更手続きをすることをおすすめします。

本ページでは「ZOZOカードが勝手にリボ払いになっている原因」「リボ払いを一括返済に変更する方法」について解説します。

ZOZOカードが勝手にリボ払いに?変更する方法は?手数料は戻ってくる?

「ZOZOカードをどれだけ使っても毎月3,000円しか引落されていない…」という経験ありませんか?

その原因はZOZOカードの支払い方法が“リボ払い”になっているからです。つまり、借金の返済を先送りにして多額の手数料を支払っているということ。

ZOZOカードが勝手に私の支払い方法をリボ払いに変更したんじゃないかって疑っています。システムエラーかもしれないし。支払い済みの手数料を返してほしいです。。

もしくは、第3者にハッキングされてZOZOカードの支払い方法が勝手にリボ払いに変更されているんじゃないかとも疑いたくなりますよね。

でも、ZOZOカードが勝手にリボ払いになっている多くのケースは“うっかりミス”が原因かもしれません。

ZOZOカードがリボ払いになっている原因

残念ですが、、リボ払いは自己責任です。

ZOOZカードは申込時に「月々一括払い」もしくは「リボ払い(ショッピングリボ宣言)」のどちらかの支払い方法を選択するシステムを採用しています。

つまり、無意識にお支払い方法を「リボ払い」に設定したまま申込手続きをしたことが“勝手にリボ払いになっていた”という原因でしょう。
※絶対にそれはあり得ない!という場合はハッキングの可能性がありますので、すべてのアカウントのパスワードを変更することをおすすめします。

ネットの口コミに以下のコメントがありましたので参考にしてみてください。

出典元:yahoo知恵袋

記憶になければ反省のしようがありませんが、リボ払いは後からでも一括払いに変更できるので、今すぐお支払い方法の変更手続きをしましょう。

リボ払いは後から一括払いに変更可能

すでにリボ払いになっている決済履歴を一括払いに変更することが可能です。

ただし、一括払いに変更する場合はZOZOカードを運営するポケットカードのお客様センターに電話して手続きする必要があります。
※オンラインページからの変更はできません。

ポケットカードお客様センター

  • 0570-064-373(携帯電話以外から)
  • 0120-12-9255(携帯電話から)

※上記の電話番号は音声対応サービスです。

音声ガイダンスに従ってご希望の変更手続きを行います。

ただし、「リボ払いを一括払いにしたい」という手続きのご案内はないので「お支払いについて」に進んで直接オペレーターにご相談ください(以下参照)。

「電話するのが面倒くさい…」と思う人もいるかもしれませんが、数分の電話で数万円の利息手数料を支払わずに済みますよ。

支払い済みのリボ払い手数料は返金不可

国民生活センターには「1回払いのつもりで利用していたのに、リボ払いになっていて手数料を取られた」という相談が増えています。

最近ではカード利用明細がWeb版のみのクレジットカード会社が多いため、請求内容に気付きにくくなっていることもトラブルの原因になっているかもしれません。

しかし、残念ながら「勝手にリボ払いになっていた」ことをいくら訴えても、すでに支払い済みのリボ払い手数料は返金されることはありません。

今すぐ一括払いに変更して無駄な手数料を支払わないように手続きしましょう。

クレジットカードが勝手にリボ払い設定になっている原因

ZOZOカード以外でも「1回払いで利用していたはずなのにリボ払いになっていた…」というトラブルは珍しくありません。このようなリボ払いに関するトラブルは年々増加しています。

「5年前に支払った車検代40万円分がリボ払いなっていた…」という相談が国民生活センターに寄せられている記事が話題になっていました(詳細はこちら)。

40万円を毎月5,000円のリボ払いにすると、利息手数料だけで約18万円、支払い期間は6年以上になります。しかし、勝手にリボ払いになっていたというケースの多くは利用者の“うっかりミス”が原因です。

クレジットカードの支払い方法がリボ払いになる主な原因は以下の5つ。

  1. 初期設定がリボ払い
  2. 申込時にリボ払いを設定している
  3. リボ払い専用カードだった
  4. 登録型リボ(楽ペイ)を設定している
  5. キャンペーンに参加した
クレジットカードの支払い方法がリボ払い設定になっている場合、店舗でお買い物時に「一括払いでお願いします」と言っても自動的にリボ払いになるのでご注意ください。

勝手にリボ払いになる5つの原因について見ていきましょう。

原因①:初期設定がリボ払い

クレジットカード発行時の支払い方法が初期設定で「リボ払い」になっているクレジットカードがあります。以下のクレジットカードを発行する際はご注意ください。

初期設定がリボ払いのクレジットカード

  • ファミマTカード
  • ポケットカード(P-one Wiz)

※カード発行後に一括払いに変更することができます。

ファミマTカードの場合、カード発行後に支払い方法を「ずっと全額支払い」に変更すればリボ払いを解除できます。

ポケットカード(P-one Wiz)の場合、カード発行後に支払い方法を「ずっと全額コース」に変更すればリボ払いを解除できます。

原因②:申込時にリボ払いを設定している

クレジットカード申込時に支払い方法を「リボ払いにする」に「✓」した、もしくは初期設定で「✓」が入っていたことに気付かずに申込した可能性があります。

クレジットカード会社によって「リボ払いの名称」が異なるため、気付かないうちにリボ払いを選択(設定)しているケースにご注意ください。

クレジットカードの種類リボ払いの名称
三井住友カードマイ・ペイすリボ
楽天カード自動リボ
dカード超えたらリボ
JCBカード支払い名人
イオンカード全リボ
アメックスカードペイフレックス
セゾンカードリボ宣言
MUFG(三菱UFJ銀行)楽Pay

“リボ”という言葉を使っているクレジットカードはまだ良心的ですが、それ以外はどうなんでしょうね。。
※消費者を騙してやろうと企んでいるような気が…

原因③:リボ払い専用カードだった

クレジットカードには、支払い方法がリボ払いのみの「リボ払い専用カード」があります。

カード発行会社のブランド名や新規入会特典を重視してクレジットカードを申込んでしまい、あとから請求書をみてリボ払い専用カードだったことに気付くケースがあるためご注意ください。

リボ払い専用カードの例

  • 三井住友カード RevoStyle (リボスタイル)
  • ACマスターカード
  • DCカード Jizile(ジザイル)
  • イオンスマートペイカード
  • JCB EDIT

特に、三井住友カードやイオンカードには要注意。

誰もが知っている大手のクレジットカード会社は、一般カードとは別にリボ払い専用カードを発行しており、リボ払い専用カードに様々な特典を付けて入会者を募っていますので。

原因④:登録型リボ(楽ペイ)を設定している

登録型リボ(楽ペイ)とは、「月々の利用額が○○円を超えた分はリボ払い」という支払い方法です。

例えば、毎月の利用金額が3万円以下なら翌月一回払い、3万円を超えた分だけリボ払いになるという仕組みです。

登録型リボ(楽ペイ)に対応しているカード例

  • 三菱UFJニコスカード
  • りそなクレジットカード
  • JAL CARD

なお、登録型リボ(楽ペイ)は事前にご自身で設定していない限り適応されないため、勝手にリボ払いになることはないでしょう。
※自分で設定したことを忘れているだけかもしれません。

原因⑤:キャンペーンに参加した

支払い方法をリボ払いに変更するとお得なキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しているクレジットカードがあります。

例えば、楽天カードは申込時に「自動でリボ」に登録&利用することで最大5,000ポイントがもらえる入会特典を実施しています。

出典元:楽天カード

この他にも、楽天カードは「あとからリボ」でポイントがもらえるキャンペーンを定期的に実施しています。

≫「あとからリボ払い」をご利用でもれなく2,000ポイント
※こちらのキャンペーンは終了しています。

リボ払いを利用すると利息手数料が発生しますが、楽天カードのキャンペーンは特典としてもらえるポイントの方が利息手数料よりも高くなるためお得です。

例) キャンペーン特典条件を満たす利用方法

  1. 3万円分の利用額を後からリボに変更
  2. 月々の支払い額を3万円に設定
     ※利息手数料:375円が発生
  3. 2,000円分のポイントをゲット!

➥ 2,000円-375円=1,625円お得!

上記の通り、契約的にキャンペーンを利用することでお得にポイントをゲットすることができます。

ちなみに、楽天カード(年会費無料)はリボ払い設定しなくても入会&利用するだけで5,000円分のポイントがもらえるため、1枚持っていて損はないクレジットカードです。

【補足】リボ払いの手数料は「任意整理」で減額できる

返済総額が100万円以上…といいう人は借金を減額して月々の返済負担を軽くすることを考えてみてください。

ZOZOカードのリボ払い残高だけでなく、その他のクレジットカードやカードローンなどの返済も抱えてしまっている人は、任意整理という方法によって借金を減額できる可能性があります。

例えば、複数枚のクレジットカードで総額100万円分のリボ払い残高があった場合、全額完済するまでに支払い総手数料は最大で50万円を超えるケースもあります。

リボ払い残高の総額100万円を月々1万円ずつ返済した場合、最終的なリボ払い手数料は537,836円になります。

1枚のクレジットカードで100万円も借金している人はほとんどいません。でも、複数枚のクレジット+カードローンなどをすべて合わせると100万円超え…という人は珍しくはないはずです。
※カードローンの最大金利は18%なのでさに高額な手数料が発生します。

ただし、リボ払いやカードローンの借金は“返済総額から利息分を減額する”ことで返済負担を大幅に減額できる可能性があります。

借金が減額できる「任意整理」とは?

任意整理とは、あなたの代理人(司法書士や弁護士)が債権者(クレジットカード会社や消費者金融など)に直接交渉・和解することで、借金を減額し、無理のない返済条件を取り決めする手続きです。

任意整理を考えた方が良い人の特徴

借金を返済できる目途がたたない…
毎月の支払いの滞納が続いている…
支払い催促の電話におびえている…

「毎月の返済を滞納している人」「返済を続ける目途がない人」は任意整理によって借金を減額できる可能性があります。

複数社のリボ払いや消費者金融を利用している人は、借金を大幅に減額できる可能性があります。

任意整理は弁護士(もしくは司法書士)に代理人になってもらい、債権者(カード会社や消費者金融業者)と交渉してもらう必要があります。

弁護士に相談する前に“どれくらい借金が減額できるのか”を知っておいた方が良いでしょう。

弁護士事務所が提供する『借金減額診断』を利用すれば、借金がいくら減額できそうか“無料”で診断することができます。

※借金減額診断は無料,匿名でご利用できます。

借金減額診断について詳しく知りたい人は以下のページを参考にしてみてください。

≫ 借金減額診断は怪しい?借金が減額できる仕組みと使い方をスクショ付きで解説
※借金減額診断は大手の弁護士事務所が運営しています。