カードローン

横浜銀行カードローンの返済遅れリスク:再振替と滞納ペナルティについて解説

横浜銀行カードローンの返済遅れリスク:再振替と滞納ペナルティについて解説
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
横浜銀行カードローンの返済が遅れています。月々1万円の返済なので遅延損害金も大した額ではないと思うので、少しくらい滞納しても大丈夫でしょうか?

結論、滞納を放置しちゃダメ。

滞納履歴は信用情報に記録され、クレジットカードが作れなくなるなどのペナルティを受けます。さらに長期にわたって滞納を続けた場合はブラックリストに登録される可能性もあるのでご注意ください。

そして、遅延損害金は月々の返済額(滞納額)ではなく、借入残高(元本)に対して発生するのでご注意ください!
※借入残高50万円を30日間滞納した時の遅延損害金は7,397円です。

ちなみに、横浜銀行カードローンの返済が遅れた場合、振替口座に滞納額以上を入金して再振替してもらうまでは“滞納扱い”となります。

本ページでは「横浜銀行カードローンの返済が遅れた時の滞納リスク」「滞納時の返済方法・対処法」について解説します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

横浜銀行カードローンとは?【特徴と他社比較】

横浜銀行カードローンとは、横浜銀行が提供している個人向けのカードローン商品です。

主な特徴は以下のとおり。

横浜銀行カードローンの特徴

  • 24時間Web申込で最短即日融資
  • 横浜銀行の口座がなくても申込可
  • 借入上限額50万円未満は収入証明書不要
  • 他社ローンの借り換えOK

【デメリット】

  • 契約後は横浜銀行の口座を作る必要あり
  • 契約後に簡易書留郵便でカードが自宅に届く
横浜銀行カードローンはお借り換えOKなので、複数社のカードローンを利用している方はおまとめローンとして利用することができます。

たとえば、複数業者から借入をしている場合、借入先を1社にまとめることで金利が優遇されるため、返済負担を軽減(借金を減額)することができます。

ただし、横浜銀行は50万円以上の借入を契約する場合、本人確認書類とは別に収入証明書と在籍確認が必要になることだけは覚えておきましょう。

主要都市銀行のカードローンと比較

参考までに、他の主要都市銀行が提供するカードローンと横浜銀行カードローンの借入条件を比較してみましょう。

金利(年率)融資上限額審査スピード口座開設毎月の最低返済額
横浜銀行
カードローン
1.5~14.6%  1,000万円 最短即日 必要2,000円 
三井住友銀行
カードローン
1.5~14.5%800万円最短即日不要2,000円
三菱UFJ銀行
カードローン
1.8~14.6%500万円最短即日不要2,000円
みずほ銀行
カードローン
2.0~14.0%800万円数営業日必要2,000円
りそな銀行
カードローン
1.99~13.5%800万円数営業日必要2,000円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

返済方法は「定例返済」と「繰上返済」

横浜銀行カードローンは、毎月10日に月々の返済額を口座振替で自動引き落としする「定例返済」と、お客様のご都合に合わせて借入残高(元本)を随時返済する「繰上返済」の2種類があります。

横浜銀行カードローンの返済方法

  • 定例返済:口座振替
    → 毎月の返済日に利用残高(元本)に応じた返済額が口座から自動引落される返済方法
  • 繰上返済:横浜銀行窓口・ATM・マイダイレクト
    → お客様のご都合に応じて、借入残高(元本)を随時返済する返済方法
定例返済は利用残高が残っている限り、口座残高から自動で口座振替が行われます。一方、繰上返済は任意です。

横浜銀行カードローンの返済はリボ払いのため、借入残高に対して少額の返済が長期的に続きます。そのため、利息手数料によって最終的な返済負担が大きくなります。

一方、繰上返済を積極的に行うことで、利用残高(元本)を随時減らすことができるため最終的な返済負担を軽くすることができます。

月々の返済額は2,000円~

横浜銀行カードローンの月々の返済額は、前月の返済日翌日の借入残高に応じて決まり、毎月10日に定例返済(口座振替)が行われます。
※10日が土日・祝日の場合は翌営業日が返済日になります。

月々の返済額は以下の表でチェックしてみてください。

前月返済日翌日の借入残高月々の返済額
2,000円以下2,000円
2,000円超~10万円以下4,000円
10万円超~20万円6,000円
20万円超~30万円8,000円
40万円超~50万円10,000円
50万円超~100万円15,000円
100万円超~150万円20,000円
150万円超~200万円25,000円
200万円超~250万円30,000円
250万円超~300万円35,000円
300万円超~350万円40,000円
350万円超~400万円45,000円
400万円超~450万円50,000円
450万円超~500万円55,000円
500万円超~600万円60,000円
600万円超~700万円65,000円
700万円超~800万円70,000円
800万円超~900万円75,000円
900万円超~1000万円80,000円
1000万円超85,000円

※引用:ご返済額について

なお、上記の返済額は利息手数料を含む金額です。

そのため、月々の返済分だけ借入残高(元本)が減る訳ではないことにご注意ください。

借入残高50万円を金利14.6%で契約している場合

  • 月々の返済額:10,000万円
  • 利息手数料:6.000円
    ※算出方法:50万円×0.146÷365×30=6,000円

→ 借入残高の返済額よりも利息手数料の方が多い…

月々の返済額の半分以上が利息手数料の支払いに充てられているケースは珍しくありません。毎月の定例返済だけでは借入残高(元本)はなかなか減らない…ということは知っておきましょう。

最終的な返済負担を軽くするためには、積極的に繰上返済をして借入残高(元本)を減らす必要があります。

横浜銀行カードローンの返済が遅れた時の滞納ペナルティ6コ

横浜銀行カードローンの返済日は、毎月10日です。
※10日が土日・祝日の場合は翌営業日が返済日になります。

もし毎月の返済日に口座残高不足で振替されず返済が遅れてしまった場合、翌日から以下の滞納リスクが発生します。

  1. 新規お取引の停止
  2. 遅延損害金が発生
  3. 信用情報に滞納履歴が記録
  4. 長期滞納でブラックリスト
  5. 保証会社による代位弁済
  6. 裁判・財産差押え

1つずつ見てみましょう。

①:新規お取引の停止

毎月の返済日に返済額が振替されなかった場合、融資枠が残っていても新規お取引ができなくなります。

ただし、滞納中の返済額以上を口座に入金して再振替してもらうことで、お取引を再開(融資枠が復活)できます。

返済日当日に口座残高不足になっていることに気付いて当日中に入金した場合、どうなるのでしょうか?

横浜銀行カードローンは、返済日当日の23:59までに口座入金すればOKです。日付が変わってしまった場合は滞納扱いとなるのでご注意ください。

②:遅延損害金が発生

横浜銀行カードローンの返済が遅れた場合、翌日から滞納日数に応じて年率18.0%の遅延損害金が発生します。

遅延損害金の算出方法

遅延損害金
=借入残高×0.18÷365日×滞納日数

遅延損害金は滞納中の返済額ではなく、借入残高(元本)を基に請求されることにご注意ください!

いくつかの例をシミュレーションしてみた結果を以下の表にまとめているので参考にしてみてください。

滞納日数借入残高
20万円50万円100万円150万円200万円300万円
5日493円1,233円2,466円3,699円4,932円7,397円
10日986円2,466円4,932円7,397円9,863円14,795円
20日1,973円4,932円9,863円14,795円19,726円29,589円
30日2,959円7,397円14,795円22,192円29,589円44,384円
60日5,918円14,795円29,589円44,384円59,178円88,767円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

③:信用情報に滞納履歴が記録

信用情報とは、銀行などの金融機関やカード会社などとの契約内容・借入/返済状況などの金融取引に関する個人情報です。

私たちの信用情報は、横浜銀行が加盟する以下の信用情報機関によって管理・共有されています。

横浜銀行が加盟する信用情報機関

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社日本信用情報機構

参考:個人情報の取り扱い関する同意事項

横浜銀行カードローンの返済が遅れた場合、滞納履歴が信用情報機関に報告され、信用情報に記録されます。

つまり、“信用情報がキズ付く”ということ。

私たちの信用情報は信用情報機関を介してその他の金融機関やカード会社などの貸金業者に共有されます。

そのため、信用情報に延滞履歴が記録されていると、カード入会審査や借入審査にマイナスの影響を与えてしまいます。

④:長期滞納でブラックリスト

私たちの信用情報を管理する信用情報機関は、「返済日より61日以上または3ヶ月以上の滞納が発生した場合、信用情報に“異動”を記録する」と定めています。

信用情報に“異動”が記録された状態のことを“ブラックリストに登録”されたと表現しています。

つまり、横浜銀行カードローンの返済を61日以上滞納した場合、ブラックっリストに登録されてしまいます。

ブラックリスト登録のペナルティ例

  • クレジットカードが作れない
  • 金融機関からの融資を受けられない
  • スマホ機種代の分割払いができない
  • 奨学金などの保証人になれない
  • 賃貸物件の賃貸契約ができない

ブラックリスト登録の記録は5年間保管されます。

この間、上記のペナルティを受けることになるため、日常生活にも支障がでるでしょう。

⑤:保証会社による代位弁済

保証会社とは、もし顧客が返済を行わない場合に代位弁済を行い横浜銀行に代わって未清算額の回収を行う業者です。

代位弁済とは?

債務者(あなた)が返済を行わない場合、債権者(横浜銀行)に代わって債務(未清算額)の立て替えを行う手続きのこと。

通常、2ヵ月以上滞納が続くと保証会社による代位弁済が行われます。

保証会社による代位弁済は横浜銀行の利益を守るための制度です。代位弁済後は保証会社に対して支払いをしなくてはいけません。

つまり、支払請求する業者が横浜銀行から保証会社に代わっただけ。
※あなたの借金が無くなる訳ではありません。

そして、横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧プロミス)です。

プロミスって…消費者金融業者のプロミスですか?

はい。その通り。

横浜銀行カードローンの返済が2ヵ月以上遅れると代位弁済が行われ、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社から内容証明郵便による一括請求の督促状が送られてきます。
※内容証明郵便には法的効力はありませんが、裁判時の証拠書類としての役割があります。

督促状には「○○日までにお支払いいただけない場合、法的措置をとる」という趣旨の内容が記載されています。

⑥:裁判・財産差押え

裁判になれば、裁判所から「支払催促状」もしくは「訴状」が届きます。どちらの書類が届くかによって、今後とるべき対応が異なります。

裁判所から郵便物が届いた時の対処法

  • 「支払催促状」が届いた場合
    → 2週間以内に異議申し立てを行う
  • 「訴状」が届いた場合
    → 弁護士を介して回答書で返答する
異議申し立て…とか弁護士を介して…とか私には無理です。そのまま放置するとどうなりますか?

どちらにしても請求額の支払いに応じなければ、裁判所命令により財産差押えが強制執行されます。
※財産差押えは法的効力があるため、止めることができません。

財産差押えが強制執行された場合、真っ先に銀行口座と勤務先からの給与・賞与が差し押さえられます。

この時、裁判所から勤務先に「債権差押え命令の決定書」が送られことにも注意しておいた方が良いでしょう。
※会社に借金があって裁判沙汰になっていることがバレます。

このような状況に発展する前(内容証明郵便による督促状が届く前)に、全額返済する、もしくは弁護士に相談して債務整理を検討することをおすすめします。

借金は減額できる可能性があります

以下に当てはまる人は要チェック!

  • 複数のクレジットカードを利用中…
  • 消費者金融カードローンを契約中…
  • 複数社の返済を滞納中…

あなたの借金は高額な利息分をカットすることで減額できる可能性があります。
※借金がどれだけ減額できるのかを無料で診断することができます↓

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

借金減額診断とは?

弁護士法人が提供する無料のネット診断サービスです。

あなたの借入金額と返済状況から、借金がいくら減額できるかを匿名診断することができます。

診断時間は1分
回答結果を弁護士が個別診断
診断のみの利用でもOK

※診断結果を知りたいだけの場合もご利用いただけます。

横浜銀行カードローン返済が遅れた時の対処法【滞納時の支払方法】

横浜銀行カードローンの返済日に残高不足となった場合、融資枠が残っていても自動融資は行われません。

返済が遅れた場合、振替口座に滞納額以上の金額を入金し、再振替によって清算しなければ滞納状態は解消されないのでご注意ください。

滞納時の支払方法は再振替のみです。ATM・マイダイレクトから入金しても滞納状態は解消されないのでご注意ください。

ATM・マイダイレクトからの入金は繰上返済として借入残高(元本)の返済に充てられ、滞納額を返済したことにはなりません。

横浜銀行カードローンの返済が遅れた場合は、“必ず振替口座に滞納額以上を入金”して再振替してもらう必要があります。

横浜銀行カードローンの返済ができない…時の対処法とは?

「次の給料日まで待って欲しい…」などの理由で今すぐ返済できそうにない場合、以下の方法で対処しましょう。

数千円の返済遅れでも放置はNGです。

  1. 横浜銀行カードローンプラザに相談する
  2. 即日払いOKの短期バイトで稼ぐ
  3. 複数社から借入がある場合は「借金減額診断」を試す

1つずつ見てみましょう。

①:横浜銀行カードローンプラザに相談する

横浜銀行では、カードローンに関するお問い合わせ・ご相談窓口を設けています。

今すぐの返済が難しい…という場合は、以下の窓口に電話して返済方法・返済期限について相談してみましょう。

横浜銀行カードローンプラザ

  • 045-225-1981
    (受付時間:平日9:00-19:00)

なお、電話以外にもチャットで相談することもできます。詳しくは、こちらのページをご参照ください。

②:即日払いOKの短期バイトで稼ぐ

横浜銀行カードローンは、借入残高50万円以下の返済額は数千円~1万円です。これくらいの金額なら1日バイトをすれば稼げますよね。

たとえば、スマホアプリを使えば、会員登録なしで利用できるラコットなどのアプリを利用して、即日払いOKの日雇い・短期バイトが探せます。

スキマ時間を有効活用すれば、数千円を稼ぐことは難しくありません。

まずはできることから始めましょう!

③:複数社から借入がある場合は「借金減額診断」を試す

「複数社のカードローンの返済があります…」
「毎月の返済額が5万円を超えています…」
「借金総額が200万円を超えています…」

とう状況に陥っている場合、このまま自力で返済を続けるのは難しいかもしれません。

金利15%前後で借入している場合は、利息手数料によって返済を続けているのに借金が減らない…という状況になっているかもしれません。

あなたの借金は債務整理によって減額もしくは免責することができます。借金がどれくらい減額できるのか調べてみてはどうでしょうか?

たとえば、カードローンやクレジットカードのリボ払いのような高金利の借入をしている場合、利息手数料をカットすることで借金を減額し、月々の返済負担を軽くすることができます。

具体的に、どれくらい借金が減額できるんですか?

借金の減額度合は、契約内容や借入/返済状況によって異なるため、ご自身で調べてみるとよいでしょう。

大手弁護士事務所が提供している【無料】借金減額診断を使えば、簡単な質問に答えるだけでどれくらい借金が減額できそうかを無料診断してもらうことができます。

診断は1分で終りますので、ぜひご利用ください。

まとめ:横浜銀行カードローンの返済が遅れは至急対処を!滞納中の支払方法は再振替のみ

横浜銀行カードローンの返済日は、毎月10日です。
※10日が土日・祝日の場合は翌営業日が返済日になります。

返済日に口座残高不足で滞納が発生&放置した場合、以下のペナルティが発生しますのでご注意ください。

横浜銀行カードローンの滞納ペナルティ

  • 新規お取引の停止
  • 年率18.0%の遅延損害金が発生
  • 信用情報に滞納履歴が記録
  • 長期滞納でブラックリストに登録
  • 保証会社による代位弁済
  • 裁判・財産差押え
返済が遅れた場合は振込口座に滞納額以上を入金して再振替してもらいましょう。ATM・マイダイレクトで入金しても滞納状態は解消されないのでご注意ください。

もし横浜銀行だけではなく複数社のカードローンを契約していて、毎月の返済額が5万円以上もしくは返済総額が200万円を超えている方は、債務整理によって借金を減額・免責することをご検討ください。

債務整理は「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。それぞれの特徴を以下の表にまとめていますので参考にしてみてください。

任意整理個人再生自己破産
手続き期間3~6ヵ月6ヵ月くらい6ヵ月くらい
手続き費用
(依頼費の目安)
5万円~35万円~30万円~
借金減額割合利息分を減額可能1/5~1/10に減額可能免責(ゼロ)になる
メリット・利息分を減額可能
・財産の差押えはない
・官報に氏名, 住所が掲載されない
・マイホームを残せる
※ローン返済し終えた車も財産差押え対象外
・借金がゼロになる
デメリット・ブラックリスト登録・保証人に返済義務が移る
・財産の一部が差押え対象

・ブラックリスト登録
・官報に氏名, 住所が掲載
・保証人に返済義務が移る
・全ての財産が差押え対象
・ブラックリスト登録
・官報に氏名, 住所が掲載
年間件数
(令和3年)
200万人以上(推定値)11,249件73,457件

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。
※年間利用者数は平成30年度司法統計のデータを引用しています。

借金問題の解決方法は自己破産だけではありません。クレジットカードやカードローンなどの個人の借金問題の場合、任意整理により借金を減額する方法で解決に導くケースがほとんどです。

詳しくは、借金問題の95.6%は「任意整理」によって解決していますのページをご参照ください。

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる