カードローン

【利用枠が0円】楽天スーパーローンが出金停止になる理由とその後の影響について

【利用枠が0円】楽天スーパーローンが出金停止になる理由とその後の影響について
  1. 楽天スーパーローンが急に出金停止になる理由は大きく分けて3つ。
  2. 出金停止はローン契約の強制解除です。信用情報にキズが残ります。
  3. 出金停止後は途上与信により、クレジットカードや他ローンの契約解除が続く可能性あり。

ある日突然、利用可能枠が0円に…。楽天スーパーローンを契約中の人の中には、こんな経験がある人もいるかもしれません。

出金停止になる原因はいくつかが考えられますが、出金停止はローン契約の強制解除です。

つまり、いかなる理由であれ、一度でも出金停止になってしまえば、契約時の利用可能枠が復活することは難しいでしょう。

本記事では「楽天スーパーローンが出金停止になる原因」「もし出金停止になればその後何が起きるのか」について解説します。

楽天スーパーローンが出金停止になる理由とその後の影響

  1. 支払い・返済の延滞。
  2. 楽天カードで不信な利用履歴があった。
  3. 途上与信。
    → 他社のカード/ローンの返済に延滞履歴がある
    → 他社から新規借り入れ/増額申請をした

そもそもカードローンを利用するということは、現金が必要な人であり、経済的に不安定であることが考えられます。

そのため、貸す側(楽天銀行)も慎重に審査・経過観察(途上与信)しています。

そのため、ちょっとした延滞や不信や利用履歴、その他の信用情報にキズな残る様な利用履歴が発覚した場合、ただちにローン契約を解除することは十分考えられます。

途上与信とは、各金融機関が行う会員の信用情報の抜き打ちチェックです。楽天銀行は他金融機関と比較して、頻繁に途上与信を行っています。

途上与信では、延滞履歴や異動情報(ブラックリスト)などの信用情報だけではなく、他金融機関との契約状況(新規契約など)もチェックしています。

そのため、他社ローンで審査OKでも、楽天銀行が「ちょっと借り過ぎじゃない?」と判断すれば、出金停止の処分を受ける可能性もあります。

また、貸金業者は消費者に対して年収の3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。
※貸金業者とはクレジットカード会社や消費者金融業者のこと。

例えば、年収300万円の人であれば100万円までの借入が可能になります。

そのため、楽天スーパーローンの借入額が総量規制内であっても、他ローン会社での借入を含めて総量規制の限度額を超えた場合、原則的に出金停止になることも起こりえます。

出金停止後の返済はどうなる?

ローン残高が残っている場合は、これまで通り毎月一定額の返済が続きます。

ただし、出金停止後(強制解約後)に延滞をすれば、年率20%の遅延損害金が延滞日数に応じて発生する他、延滞期間が2ヶ月を過ぎると、内容証明郵便による督促状が送られてきた、ローン残高の一括返済を求められます。

それでも返済をしなければ、裁判に発展します。

もし裁判になれば、裁判所命令による財産差押えが強制執行され、所有する不動産(家)や車、銀行口座、勤務先からの給与/賞与が差し押さえられます。

財産差押えが強制執行されると、裁判所から勤務先に“給与/賞与の差し押さえの勧告書”が送られる可能性があります。
※職場に借金があることや裁判で訴えられていることがバレます。

このような事態を避けるためにあなたが取るべき選択肢は2つに絞られます。

  1. 内容証明郵便による督促状が届きた時に、指定された期日内に一括返済する。
  2. 内容証明郵便による督促状が届いた時に、債務整理を進める。

もし、どちらも選択せずに放置(その後も延滞を続ける…)すると、間違いなく裁判に発展します。

なお、裁判になるデメリットは以下の通り。

📝裁判に発展するデメリット

  1. 遅延損害金により借金が増え続ける。
  2. 財産差押えされる。
    → 家、車などが差し押さえられる。
    → 銀行口座が差し押さえられる。
    → 勤務先からの給与/賞与が差し押さえられる。
  3. 任意整理で解決できなくなる可能性がある。
    → 債務整理費用が大きくなる。
    → 官報に載る。

控えめに言って、裁判にまで発展すると、その後のデメリットが大きすぎます。

また、すでに裁判に発展しているため、債権者と和解を図る任意整理ができなくなる可能性もあります(訴訟後は任意整理に応じない債権者も珍しくないため)。

このような事態を避けるためにも、内容証明郵便による一括返済の督促状が届いた時点で、一括返済ができなければ債務整理の手続きを始めた方がよいでしょう。

≫ あなたの借金は減額できる可能性があります
※複数社のカードローンを利用中の方は要チェック。

出金停止後の再契約・復活は不可能…

楽天スーパーローンの出金停止は契約の強制解約です。

つまり、楽天からの信用を失ったということ。どんな事情があるにせよ、カスタマーセンターに訴えても、ローン残高を完済しても、楽天スーパーローン契約が復活することは難しいでしょう。

なお、出金停止の理由を楽天カスタマーセンターに問い合わせても「総合的な判断により…」みたいな回答を繰り返されるだけです。

出金停止は他のローンに影響する?

出金停止、つまりローン契約の強制解除になったと言うことは「楽天銀行からの信用を失った」ということです。

そのため、楽天カードをお持ちの場合は強制解約されることも覚悟しておいた方がいいでしょう。もしくは利用限度額の引き下げがあるかもしれません。

また、強制解約の履歴は、指定情報信用機関:CICに登録・管理され、他金融機関が閲覧可能な状態になります。

そのため、楽天以外のクレジットカード会社やカードローン会社が途上与信を行った際に、あなたの楽天スーパーローンの強制解除が発覚し、芋づる式に強制解約が続く可能性があります。

まとめ

📝楽天スーパーローンが出金停止になる原因

  1. 支払い・返済の延滞
  2. 楽天カードで不信な利用履歴があった
  3. 与信審査
    → 他社のカード/ローンの返済に延滞履歴がある
    → 他社から新規借り入れ/増額申請をした

出金停止は楽天スーパーローン契約の強制解約です。

そのため、指定情報機関:CICが管理するあなたの信用情報に強制解約の履歴が登録され、信用情報にキズが残ります。

その結果、金融機関との新規の契約、さらには現在契約中のクレジットカードやカードローンなどが芋ずる式に強制解約される可能性があります。

強制解約は途上与信により連鎖します…
楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意!
楽天カードが強制解約される原因をクレカ滞納常習者が解説※途上与信に要注意! 楽天カードが強制解約される原因を解説。 楽天カードの強制解約後に再入会は可能?気になる疑問をQ&Aで解説。 ...

※クレジットカードの強制解約でも途上与信に影響します。

また、楽天スーパーローンの強制解約後に残ったローン残高の返済を2ヵ月以上延滞すれば、内容証明郵便による督促状が届き、ローン残高が一括請求されます。

これを無視すれば、裁判に発展することは避けられません。

もし、一括請求されるまで延滞を続けてしまった場合は、裁判に発展する前に、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

「知り合いに弁護士などいない…」
「自分から相談に行く勇気がない…」

このような人は借金減額診断(シミュレーター)を利用することをおススメします。

カードローンのような高金利の借金の場合、金利により発生した利息分をカットすることで借金総額を減額できる可能性があります。

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

借金額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所が無料で提供しているネット診断サービスです。現在の借入状況などの簡単な4つの質問に答えるだけで、あとは診断結果を待つだけ。

借金減額診断について解説します
借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!
借金減額診断は怪しい?気になる診断内容をスクショ付きて解説!借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断の中身を事前にチェックできます。