PayPay後払い

PayPay後払いはブラックリストでも利用できる?審査時に信用情報はチェックされる?

PayPay後払いはブラックリストでも利用できる?審査時に信用情報はチェックされる?
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
クレジットカードの審査に落ちまくっているのでブラックリストに登録されていると思います。そんな私でもPayPay後払いは利用できますか?

結論、PayPay後払いは与信審査で信用情報をチェックしています。そのため、ブラックリストに登録されている人はPayPay後払いを利用できません。

PayPay後払いの審査基準は、一般的なクレジットカードと同レベル。“後払いだから審査は緩い”ということはないのでご注意ください。

本ページでは「信用情報ブラックな人はPayPay後払いを利用できない理由」について解説します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

PayPay後払いはブラックリスト登録者は利用不可【審査落ちする理由】

PayPay後払いを利用するためには、事前に審査を受ける必要があります。

PayPay後払いの審査では、信用情報機関(CIC, JICC)に記録されている私たちの信用情報がチェックされるため、過去に金融事故を起こしている人は審査に通りません。

つまり、ブラックリストに登録されている人は、PayPay後払いを利用できません。
※PayPay後払いだけではなく、クレジットカードも利用できないでしょう。

以下で詳しく解説します。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、信用情報機関が管理する私たちの信用情報に“異動”という情報が記録された状態を表します。

つまり、「ブラックリスト」=「異動」ということ。

信用情報に異動が記録された人は、PayPay後払いだけでなく、その他の後払い・借入・クレジットカードも利用できなくなります。

信用情報に異動が記録される(ブラックリストに載る)ケースには、主に2つあります。

ブラックリストに載る原因(例)

  • 貸金業者や金融機関への返済を2ヵ月以上滞納した場合
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)した場合

「自己破産すればブラックリストに登録される」と聞いたことがあるかもしれませんが、自己破産などの債務整理をしていなくてもブラックリストに登録されることがあります。

たとえば、クレジットカードの支払いを2ヵ月以上滞納した場合、さらに保証会社と提携している賃貸物件の家賃を2ヵ月以上滞納した場合でも、ブラックリストに登録されるのでご注意ください。

【補足】ブラックな人でも利用できる後払いサービス

ブラックリストに登録されるとPayPay後払いが利用できなくなる理由は、審査時に申請者の信用情報をチェックするためです。

一般的に、後払い決済やクレジットカードを利用する際、審査で信用情報がチェックされますが、メルペイスマート払い(後払い)は例外です。

メルペイスマート払いは信用情報ではなく、メルカリ独自の『信用スコア』によって審査が行われます。そのため、ブラックリストに載っている人でもメルカリの利用歴・評価次第でメルペイスマート払いを利用することができます。

詳しくは、メルペイスマート払い(後払い)とは?ブラックリストに登録されても利用できるって本当?のページをご参照ください。

なお、メルペイ【定額払い】は信用情報が審査されるため、ブラックリストに載っている人は利用できません。

PayPay後払いは審査厳しめ【クレジットカードと同レベル】

PayPay後払いを利用するためには、事前に審査を受ける必要があります。

そのため、審査に通らなければPayPay後払いを利用することができません。

メルペイスマート払いやゾゾのツケ払いなどの後払い決済は比較的気軽に利用することができます。ただし、PayPay後払いは審査が厳しいため、他社の後払いのように誰でも利用できるものではありません。

つまり、“審査は厳しめ”ということを覚えておきましょう。

PayPay後払いの審査はPayPayクレジットカードと同等

PayPayは、後払いとは別に、PayPayカードを発行しています。

ただし、「PayPay後払い」と「PayPayカード」の両方を利用することはできません。どちらか1つだけ利用可能です。

そのため、どちらも同等の審査基準が設けられており、PayPay後払いにもクレジットカードと同じ厳しい審査基準が適用されています。

「PayPay後払い」と「PayPayカード」の違いは以下の表を参考にしてみてください。

PayPay後払いPayPayカード
利用可能場所PayPay加盟店クレジット加盟店
支払いスケジュール月末締め翌月27日払い
※27日が土日・祝の場合は翌営業日
支払い方法銀行引落
利用限度額最大200万円・本人認証なし:最大5万円
・本人認証済:最大200万円
利用特典前月の利用状況に応じて
0.5~1.5%の

PayPayポイント付与
ご利用金額の1%の
PayPayポイント付与

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。
※1日(過去24時間)の利用上限額は最大50万円です。

PayPay後払いの審査は信用情報がチェックされる

PayPay後払いのサービスを運営するPayPayカード株式会社は、以下の信用情報機関に加盟しています。

PayPayが加盟する信用情報機関

  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社日本信用情報機構

参考:PayPayカードサービス利用規約

信用情報機関には、クレヒス(クレジットカードや金融機関との契約内容や利用情報、返済状況など)が記録されており、審査時には他社との取引履歴もチェックされます。

つまり、他社のクレジットカードや金融機関との契約状況に不審な点、もしくは返済トラブルなどの履歴が見つかった場合、PayPay後払いの審査に落ちる可能性が高いでしょう。

これは、通常のクレジットカード審査でも同様です。

PayPay後払いに関しては、「審査が緩い・誰でも利用できる」などということは決してあり得ない、ということを覚えておきましょう。

ブラックリストでない人もPayPay後払いの審査に落ちるケースあり

PayPay後払いは審査が厳しめです。

そのため、ブラックリストに登録されていないけどPayPay後払いが否決される、ということもあるでしょう。

主な原因は以下の4つ。

  1. 他社の後払いや借入を滞納した
  2. クレジットカードが強制解約された
  3. 短期間に後払いやクレジットカードに複数申込みした
  4. 無職、もしくは無収入

1つずつ見てみましょう。

①:他社の後払いや借入を滞納した

前述したとおり、貸金業者や金融機関への返済を2ヵ月以上滞納した場合、ブラックリストに登録されます。

ただし、滞納期間が2ヶ月未満の場合でも信用情報には滞納の記録が残るため、これが否決の原因になる可能性があるでしょう。

例えば、他社のクレジットカードの支払いを数日滞納したことがある場合などは要注意です。

➁:クレジットカードが強制解約された

滞納や途上与信などが原因でクレジットカードが強制解約されている場合も否決の原因になります。

強制解約とは、クレジットカード会社側が実行する強制的な契約解除です。
※クレジットカードの強制解約は取消されることはありません。

強制解約は、カード利用規約に反した場合(支払いの滞納含む)、さらに途上与信により他社での金融トラブル/金融事故が発覚した場合に実行されます。

特に、1~2年内にクレジットカードが強制解約されている人は、PayPay後払いの審査で否決となる可能性がある、ということは覚えておきましょう。

➂:短期間にクレジットカードに複数申込みした

クレジットカードの否決情報は、信用情報に6か月間記録されます。

もし短期間に何度も(何社もの)クレジットカードに申込みをしている場合、それらの情報もすべて信用情報に記録され、新たな審査に“マイナスの影響”を及ぼします。

例えば、「何社にもクレジットカードを申込したけど、全否決されたのでPayPay後払いに申込した」という場合、信用情報には複数のクレジットカード会社の否決情報が残っているため、PayPay後払いも否決される可能性が高いでしょう。

クレジットカードやPayPay後払いなどの申込みは“もし否決された場合は半年間待つ”ことをおすすめします。
※半年たてば信用情報から否決情報が消えるため。

④:無職、もしくは無収入

そもそも無職、無収入の人は申込み条件を満たしていないため、たとえ申込みしても否決されるでしょう。

なお、PayPayあと払いの申込み条件は以下の3つです。

PayPay後払いの申込条件

  • 日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方
  • 本人または配偶者に安定した継続収入がある方
  • 携帯電話認証(SNS認証)が可能な携帯電話でPayPayアプリを利用できる方

引用:PayPayカードご利用ガイド

たとえば、大学生でも安定したアルバイト収入がある場合は、上記の申込条件をクリアします(高校生は不可)。

まとめ:PayPay後払いはブラックリスト登録者は利用できない

PayPay後払いを利用するためには、事前に審査を受ける必要があります。

PayPay後払いの審査では、信用情報機関(CIC, JICC)に記録されている私たちの信用情報がチェックされるため、過去に金融事故を起こしている人は審査に通りません。

つまり、ブラックリストに登録されている人は、PayPay後払いを利用できません。
※PayPay後払いだけではなく、クレジットカードも利用できないでしょう。

なお、ブラックリストに登録される原因は、主に以下の2つです。

ブラックリストに載る原因(例)

  • 貸金業者や金融機関への返済を2ヵ月以上滞納した場合
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)した場合
「自己破産するとブラックリスト入り」という話を聞いたことありますよね。でも、自己破産などの債務整理をしていなくてもブラックリストに登録されるケースがある、ということは覚えておいた方がいいでしょう。

例えば、クレジットカードの支払いを2ヵ月以上滞納した経験がある人はブラックリストに登録されているはずです。

そもそも、PayPay後払いの審査は厳しめです。ブラックリストに登録されていなくても審査の結果、否決されるケースは少なくありません。

もし、PayPay後払いの審査に通らなかった場合は、すぐに別の後払いやクレジットカードに申込みするのではなく、“半年間は何もしない”ことをおすすめします。
※信用情報に否決の記録が残っている場合は他の審査に通り難くなります。

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる