PayPay後払い

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は最大200万円【本人確認が必要】

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は最大200万円【本人確認が必要】
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
PayPayクレジット(後払い)の利用限度額が10万円って少なくない?利用限度額を上げる方法ないの?

PayPayクレジット(後払い)は、本人確認の手続きを行うことで利用限度額が最大200万円まで上がります。
※本人確認なしの場合の限度額は最大10万円です。

ただし、適用される利用限度額は信用情報の審査によって個別に決定されるため、必ず最大200万円が適応されるわけではありません。

本ページでは「PayPayクレジット(後払い)の利用限度額」について解説します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は最大200万円

PayPayクレジット(後払い)は、本人確認手続きを行うことで、最大200万円の利用限度額が付与されます。
※利用限度額は審査によって付与額が異なります。

PayPay後払いの利用限度額

  • 24時間以内の限度額:50万円
  • 30日間の限度額:200万円

※利用限度額が200万円でも24時間で利用できる金額は50万円までです。

本人確認をしていない場合、利用限度額は10万円まで。本人確認には本人確認書類が必要です。

なお、PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は会員ごとに個別の審査されるため、誰でも200万円が付与される訳ではない、ということにご注意ください。

利用限度額の確認方法

PayPayアプリのホーム画面の「残高払い」をオフにします。
※○をタップするだけでOKです

すると、画面の表示が青色になり、「残高払い」が「後払い」に変わります。

バーコードの右下の「Tap」をタップすると、現在の後払い利用限度額が表示されます。

以上です。

本人確認手続き

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は、本人確認手続きを行うことで最大200万円が付与されます。

24時間以内の
ご利用限度額
30日間の
ご利用限度額
本人確認なし10万円10万円
本人確認済み50万円200万円

本人確認手続きは、スマホアプリから本人確認書類を提出(アップロード)すればOKです。以下の本人確認書類をご用意ください。

本人確認に必要な書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 運転経歴証明書

※上記の書類のうち、いずれか1点が必要
※本人確認手続き方法はこちらを参考にどうぞ

PayPayクレジット(後払い)のご利用限度額は、信用情報の照会により個別に審査が行われます。

信用情報の審査では、他社との契約情報、借入・返済状況がチェックされます。

ただし、PayPayクレジット(後払い)は総量規制の対象外になるため、借入・使い過ぎには注意しましょう。
※総量規制とは年収の3分の1を超える貸付を制限する改正貸金業法が定めるルールです

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は毎月の上限額ではない!?

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は、“1ヵ月間で利用可能な限度額ではない”ということにご注意ください。

PayPay後払いで利用可能な金額
=「ご利用限度額」-「累積の返済額」

たとえば、利用限度額10万円の人が1日~30日までに7万円使った場合、翌月27日までに利用できる金額は3万円まで。

つまり、PayPayから借入可能な上限額が10万円ということ。

PayPay後払いは月末締め翌月27日払いのため、1ヵ月+27日の期間中に利用できる総額が利用限度額になります。

ざっくり、毎月使えるPayPayクレジット(後払い)は“利用限度額の半分まで”と考えた方がいいですね。

つまり、月が変わっただけでは利用限度額は回復せず、27日の支払日に請求額の引落が完了するまで、利用限度額は回復しません。

PayPayクレジット(後払い)の支払方法【リボ払い可】

PayPayクレジット(後払い)は、リボ払いでお支払いすることができます。

ただし、PayPay後払いのリボ払い手数料は年率18%と高額、さらにリボ払い残高20万円以下の場合は毎月3,000円(元本)返済になります。

リボ払い残高
20万円以下
リボ払い残高
20万円超え
毎月の返済額
(元本)
3,000円10,000円
年率(金利)18%18%

つまり、毎月の支払い負担は少なくても、最終的に支払う金額はリボ払い手数料によって高額がある可能性があるのでお気を付けください。

例)リボ払い残高:25万円の場合

  • 毎月の返済額(元本):10,000円
  • 支払い回数:22回
  • 支払い総額:288,306円

※リボ払い手数料だけで、88,306円です。

PayPayクレジット(後払い)をリボ払いへ変更する前に、アプリの管理画面より「リボ払いシミュレーション」を行ってください。

まとめ:PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は最大200万円※ただし審査あり

PayPayクレジット(後払い)の利用限度額は、本人確認の手続きをしているかどうかによって付与額の最大額が異なります。

24時間以内の
ご利用限度額
30日間の
ご利用限度額
本人確認なし10万円10万円
本人確認済み50万円200万円

本人確認には、運転免許証・マイナンバーカード・運転経歴証明書のいずれか1点が必要です。
※パスポートや健康保険証は利用できません。

ただし、本人確認しても利用限度額200万円が付与されるとは限りません。

PayPayクレジット(後払い)のご利用限度額は、信用情報機関が管理する信用情報を基に、個別に審査されます。

他社のクレジットカードや銀行との取引履歴がチェックされるため、過去に返済トラブルがあった場合は厳しく審査されます。

もしくは、PayPayクレジット(後払い)が利用できないケースもあるでしょう。PayPayクレジット(後払い)の審査に落ちる原因については、以下のページをご参照ください。

≫ PayPayクレジット(後払い)で審査落ちする5つの原因※再申込みの注意点とは?

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる