スマホ料金

0120925447の着信を無視するとやばい理由【au・UQモバイルの支払催促】

0120925447の着信を無視するとやばい理由【au・UQモバイルの支払催促】
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
知らない番号(0120925447)からしつこく電話がかかってきます。ネットで調べるとKDDIという会社らしいのですが、無視しても大丈夫でしょうか?

KDDIはauやQUモバイルなどの通信キャリアを提供する電気通信事業会社です。

0120925447(0120-925-447)から電話がかかってきた場合、auもしくはQUモバイルの利用料金の未払いが発生している可能性があります。

至急、契約中のスマホ料金のお支払い状況をご確認ください。

支払催促の電話を無視すると、延滞20日頃に契約回線が利用停止になります。その後、延滞期間が2ヵ月以上続くと同契約回線が強制解約され2度と利用できなくなります。

なお、利用停止中に未納額をお支払いすれば、契約回線は復活します。

しかし、強制解約された場合は再契約できず、さらに同回線で利用していた電話番号も今後使えなくなります。

その他にも、ブラックリストに登録されたり、他キャリアとの新規契約ができなくなるなどのデメリットが発生します。

このような状況になる前に、0120925447からの支払催促の電話は無視せず、至急対処することをおすすめします。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

0120925447の電話主はKDDI(au・UQモバイル)

0120925447(0120-925-447)はauやUQモバイルなどの通信サービスを提供しているKDDI株式会社の電話番号です。

つまり、0120925447から電話がかかってきた場合、au・UQモバイルの料金の未払いが発生している可能性があります。

au・UQモバイルの利用料金を20日間延滞すると契約回線が利用停止に、さらに2ヵ月以上の延滞で強制解約されてしまいます。

強制解約された回線・電話番号は2度と利用することができません。強制解約後に未納料金の支払いをしても回線が復活することはないのでご注意ください。

詳しくは、auの携帯料金を滞納して強制解約されるとどうなる?再契約は可能?のページをご参照ください。

0120925447の電話を無視し続けるとどうなる?

au・UQモバイルの支払期日は、お客様の契約状況によって異なります。
※今月の支払期日はこちらのページでご確認ください。

もし毎月の支払期日に口座振替でお支払いできなかった場合、ご自宅宛てに「請求書(ハガキ)」が届き、SMS・電話による支払催促が始まります。

利用料金を延滞しているにもかかわらず、SMSや電話(0120925447)による支払催促を無視し続けると以下のようなことが起こります。

  1. 職場・自宅にも電話がかかってくる
  2. 延滞金が発生する
  3. 契約回線が利用停止になる
  4. 契約回線が強制解約される
  5. ブラックリストに登録される
  6. 他キャリアと新規契約できなくなる

延滞を続けると日常生活に影響する可能性があるので、支払催促の電話がかかってきた場合は至急対処することをおすすめします。

1つずつ見てみましょう。

①:職場・自宅にも電話がかかってくる

au・UQモバイルの利用料金を延滞中にかかってくる支払請求の電話(0120925447)を無視していると、職場や自宅にまで電話がかかってくるようになります。

どうして職場の電話番号がわかるのでしょうか?登録した覚えはありません。

電話主であるKDDIは信用情報機関に加盟しており、顧客情報を提供しています。

さらに、同機関に加盟する他業者(クレジットカード会社や銀行など)が保有する顧客情報までもがKDDIにも共有されているため、顧客の個人情報を特定することができます。

KDDIが加盟する信用情報機関

  • 株式会社シー・アイ・シー
    (割賦販売法に基づく指定信用情報機関)

【他業者と共有される情報】
・氏名・生年月日・電話番号・職場などの個人情報
・クレジットカードまたはローンの利用申込履歴
・クレジットカード/ローンの取引情報
・クレジットカード/ローンの延滞情報

引用:KDDIプライバシーポリシー

au契約時に職場に関する情報を登録していなくても、クレジットカードやその他金融機関との取引がある場合は、他社での契約・取引情報までもが筒抜けとなります。

逆に言えば、au・UQモバイルの延滞情報は、クレジットカード会社や銀行などの金融機関にも筒抜け、ということには注意すべきでしょう。

【質問】職場への取り立ては違法では?
携帯電話以外の連絡先への取立て行為は貸金業法 第二十一条三で禁止されていますが、契約者の携帯電話に電話しても連絡が付かない場合は、自宅や職場への取り立て行為が認めらます。

②:延滞金が発生する

au・UQモバイルの利用料金を延滞した場合、当初の請求額に対して延滞金が追加請求されます。

延滞金には「延滞利息」と「遅延損害金」の2種類あり、それぞれで延滞利率が異なります。

au・UQモバイルの延滞金

  • 延滞利息:毎月の回線利用料金に対して14.5%の利息
  • 遅延損害金:スマホ機種分割払い残高に対して3.0%の利息
auもしくはUQモバイルの契約と同時にスマホ機種を分割払いで購入している場合は「延滞利息」と「遅延損害金」が追加請求されます。

実際、延滞金は大した金額にはなりません。

しかし、スマホ機種代を分割払いにしている場合、「あっせん契約」というローンを組んでいることに注意が必要です。
※引用:個別信用購入あっせん契約(分割払い)に当たって

つまり、スマホ機種代の分割払いを契約している状況で月々の利用料金を延滞した場合、信用情報がキズ付き、クレジットカードが作れなくなる可能性があります。
※銀行融資(自動車ローンや住宅ローンなど)も利用できなくなる可能性があります。

③:契約回線が利用停止になる

未払の料金があるにもかかわらず、支払催促の電話に出ない&支払いの確認が取れない場合、SMSもしくは書面にて「利用停止」のご案内が届きます。

au・UQモバイルが利用停止になる目安は延滞2週間です。

ご契約中の回線が利用停止になると、0120925447からの支払催促の電話・SMSを受信できなくなりますが、未払いを放置しちゃダメ。

書面にて支払い請求の案内が届くので、“利用停止期間中に”未払い料金をお支払いください。さもなくば、強制解約されてしまいます。

④:契約回線が強制解約される

au・UQモバイルの利用料金を2ヵ月以上延滞すると、同名義で契約中のすべてのKDDI回線が強制解約されます。

強制解約後に未払い料金をお支払いしても同回線は再開・復活することはなく、再契約もできなくなります。

また、同回線で利用していた電話番号も使えなくなり、他社キャリアに引き継ぐこともできなくなります。

ただし、強制解約後も未払い料金の支払い義務が無くなることはありません。強制解約後も延滞が続く限り延滞料金が発生し、支払催促は続きます。
※弁護士事務所に回収業務が委託されるケースもあります。

⑤:ブラックリストに登録される

au・UQモバイルの通信サービスを提供するKDDIは信用情報機関:株式会社シー・アイ・シー(CIC)に加盟しており、延滞や強制解約の情報を提供しています。

さらに、CICでは当初の支払期日より「61日以上または3ヵ月の支払遅延(延滞)があった」場合、信用情報に“異動”というマイナス情報を記録することを定めています。

“異動”とは契約の強制解約や代位弁済、または債務整理などがあった場合に信用情報に記録される情報で、“ブラックリスト”と呼ばれています。

つまり、携帯料金を2ヵ月以上延滞して強制解約された場合、ブラックリストに登録されるということです。

ブラックリストに登録されると、クレジットカードや銀行融資(自動車ローンや住宅ローン)が利用できなくなります。

さらに最近では、保証会社の審査がある賃貸物件の賃貸契約も断られるケースが増えているため、日常生活にも影響が出るでしょう。
※スマホ機種代の分割払い審査にも通らなくなります。

⑥:他キャリアと新規契約できなくなる

KDDIからの支払催促に電話(0120925447)に応じることなく延滞2ヵ月を過ぎて強制解約された場合、ドコモやソフトバンクなどの他キャリアとも契約できなくなる可能性があります。

KDDIは電気通信事業者協会(通称:TCA)に加盟しており、TCAを通して他キャリアと顧客情報を共有しています。

つまり、au・UQモバイルが強制解約になった情報はTCAに記録され、ドコモやソフトバンクなどの他キャリアと共有されるということ。

このような状況は、“携帯ブラック”と呼ばれています。

携帯ブラックになると「この人は料金未納でauが強制解約になった要注意人物だ!」という情報が共有されるため、他キャリアでも契約ができなくなる可能性があります。

このような状況を避けるためにも、0120925447から電話がかかってきた場合は至急対処した方が良いでしょう。
※利用停止期間中に未払い料金をお支払いすれば回線は復活し、強制解約されずに済みます。

0120925447からの電話を今すぐ止める方法は?

「支払催促の電話がしつこい…」と思っても、未払い料金をお支払いするまで0120925447からの電話を止めることはできません。

すでに契約回線が利用停止になっている場合、未払い料金を全額お支払いするまで回線は再開されませんよ。

今すぐ未払い料金をご確認の上、お支払いすることをおすすめします。現在の未払い料金の確認方法はこちらのページを参考にしてください。

もし「請求に心当たりがない」など、請求に関して確認しておくべきことがある場合は、以下の番号にお問い合わせください。

お支払いに関するお問い合わせ先

なお、KDDIに問い合わせても利用停止日の延長や強制解約を待ってもらうことはできませんのでご注意ください。

まとめ:0120925447の電話を無視するとau・UQモバイルが利用停止・強制解約に!

0120925447(0120-925-447)の電話元は、KDDIはauやQUモバイルなどの通信キャリアを提供する電気通信事業会社です。

auもしくはQUモバイルの利用料金を延滞していませんか?

au・QUモバイルの利用料金を延滞中にもかかわたず、0120925447の電話を無視し延滞を続けた場合、2週間で契約回線の利用停止、さらに2ヵ月以上の延滞で強制解約されます。

強制解約された回線は2度と利用できなくなり、au・UQモバイルとの再契約もできません。さらに電話番号も他キャリアに引き継ぐことができなくなるのでご注意ください。

さらに、0120925447からの電話を無視し続けた場合、以下のようなリスクが生じ、日常生活にも影響が生じるでしょう。

支払催促を無視するとどうなる?

  • 職場・自宅にも電話がかかってくる
  • 延滞金が発生する
  • 契約回線が利用停止になる
  • 契約回線が強制解約される
  • ブラックリストに登録される
  • 他キャリアと新規契約できなくなる

このような状況になる前に、至急対処することをおすすめします。

現在延滞中の方は、請求書(振込用紙)がご自宅に届いているはずです。至急、請求額をお支払いください。

もしくは請求書がなくてもアプリで確認できる決済番号・確認番号でコンビニ払いすることも可能です。具体的なお支払い方法はこちらのページをご確認ください。

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる