メルペイスマート払い

【延滞発生】メルペイスマート払い(後払い)の支払いが遅れるとどうなる?

【延滞発生】メルペイスマート払い(後払い)の支払いが遅れるとどうなる?
  1. メルペイスマート払い(後払い)の延滞が許されるのは2週間まで。
  2. 延滞期間が2週間以上続くと延滞事務手数料、さらには年率14.6%の遅延損害金が発生する。
  3. 延滞期間が2ヵ月以上続くとブラックリストに登録され、延滞期間が半年以上続くと裁判になる可能性あり。

メルペイスマート払い(後払い)はメルカリ独自の『信用スコア』によって利用上限金額を評価されるため、信用情報がブラックな人でも利用することができます。

しかし、メルカリは信用情報を管理している指定情報信用機関に加盟しています。

そのため、信用情報の審査無し(信用スコアのみ)で使えるメルペイスマート払い(払い)ですが、支払いを延滞すれば信用情報に“異動情報が記録(ブラックリストに登録)”される可能性があります。

しかし、罰則はそれだけではありません…。

“後払い”と言っていますが、延滞した時の罰則は“借金”と同じです。ご利用は計画的に…。

本記事では、メルペイスマート払い(後払い)を延滞してしまった場合、その後どのようなことが起きるのかを時系列に沿って解説します。

とはいえ、延滞しても2週間以内に清算すれば、事務手数料や遅延損害金が発生することもなく、信用情報が傷つくこともありません。

メルペイスマート払い(後払い)を延滞すると起きること

月末の支払い期限になっても清算が完了していない場合、メルカリアプリに以下のような通知が送られてきます。

一般的に、クレジットカードやのの他ローンなどの場合は、支払い期限を過ぎて延滞が発生すると延滞日数に応じた遅延害roが発生し、信用情報にキズが付きます。

しかし、メルペイスマート払い(あと払い)を延滞しても、すぐに遅延損害金が発生したり、信用情報に延滞した履歴が登録されることはありません。

📝メルペイスマート払いを延滞すると起きること…

  1. 延滞5日後:メルカリ&メルぺースマート払いの利用制限アナウンス
  2. 延滞10日後:メルカリ&メルぺースマート払いの利用制限発生
  3. 延滞15日後:延滞事務手数料300円が発生
  4. 延滞31日後:(再)延滞事務手数料300円+(追)年率14.6%の遅延損害金が発生
  5. 延滞3ヵ月後:弁護士事務所から支払い催促の督促状が届く
  6. 延滞6ヵ月後:裁判に発展、財産差押えの強制執行…

結論から言うと、月末の支払い期限を過ぎたとしても、2週間以内に清算できればOKです。
※延滞金が発生したり信用情報がキズ付くことはありません。

とはいえ、「清算期限を2週間延長します」というアナウンスはありません。さらにメルカリの『信用スコア』に悪い影響を与える覚悟しましょう。

※借金は減額できる可能性あり
複数社からの借入がある人は任意整理によって借金総額を減額できる可能性があります。弁護士法人が提供するネット診断サービスを使って、現在の借金がどれくらい減るのかチェックすることができます。

≫【無料】借金減額診断はこちら

延滞5日後:メルカリ&メルペイスマート払いの利用制限アナウンス

延滞発生1日目のアナウンス後も支払いがない状況が続くと、5日目に以下のメッセージが届きます。

つまり、10日までに支払いがなければ、メルカリとメルペイスマート払い(後払い)が使えなくなるというアナウンスです。

延滞10日後:メルカリ&メルペイスマート払いの利用制限発生

延滞して10日目になると、フリマアプリでの購入とメルペイスマート払いの利用ができなくなります。

この制限は、清算が完了するまで解除されることはありません。

ただし、利用制限中でもフリマアプリで出品することは可能です。

そのため、商品の売上分を未清算分の支払いに回すことは可能です。

延滞15日後:延滞事務手数料300円が発生

さて、ついに延滞発生から2週間以上が経過してしまいました。

今後は2週間毎に延滞事務手数料300円が請求され続けます。つまり、1ヶ月の延滞金は600円

300円の手数料とは、6万円を金利14.6%(年率)で30日間借入(もしくは延滞)した時に発生する利息手数料と同額です。

利息手数料
=利用(借入)残高×14.6%÷365×延滞(借入)日数
=6万円×14.6%÷365×30日

なお、コンビニで清算する場合、決算手数料300円が別途発生します。

もし、30日間延滞後にコンビニで支払いをすると、滞納額+900円になりますのでご注意ください。

ちなみに900円の手数料は、7万円を金利14.6%(年率)で30日間借入(もしくは延滞)した時に発生する利息手数料と同額です。

延滞31日後:(再)延滞事務手数料300円+(追)年率14.6%の遅延損害金が発生

延滞から1ヶ月。すでにハガキや電話による支払い催促の連絡が連日続いている頃です。

そして、2週間毎に追加請求される300円の延滞事務手数料だけではなく、年率14.6%の遅延損害金までもが発生する可能性があり、返済額は日を追って膨らみ続けます。。

以下の表に5万円~20万円を1ヵ月以上延滞した場合の合計の請求金額の見積もりをまとめておりますので参考にどうぞ。

未清算額
(利用金額)
延滞期間
31日目
延滞期間
46日目
延滞期間
62日目
延滞期間
78日目
延滞期間
94日目
5万円51,220円51,820円52,440円53,060円53,680円
10万円101,840円102,740円103,680円104,620円105,560円
15万円152,460円153,660円154,920円156,180円157,440円
20万円203,080円204,580円206,160円207,740円209,320円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

上記表の請求金額には延滞事務手数料と遅延損害金が服含まれています。さらに、上記の請求金額をコンビニ払いする場合は、コンビニ決算手数料300円が別途必要になります。

延滞3ヶ月後:弁護士事務所から支払い催促の督促状届く

以下の通り、メルカリは弁護士事務所と業務委託契約しています。

メルペイは回収業務の一部を弁護士法人に委託しているため、清算期限を過ぎて未清算のお客さまには弁護士法人からのご案内が届くことがあります。あらかじめ、ご了承ください。

《委託先事務所名一覧》

  • 鈴木康之法律事務所( HP
  • 神田お玉ヶ池法律事務所( HP
  • 市ヶ谷中央法律事務所( HP

(引用元:メルカリガイドライン)

つまり、メルカリはあなたからの回収を諦めて、弁護士事務所に未清算額(+手数料諸々)の回収を委託することになります。

今後はメルカリから委託を受けた上記の弁護士事務所から“支払い期日が指定された督促状”が届きます。

もし、その期日を過ぎても支払いがない場合は、以下を覚悟してください。

弁護士からの督促状を無視したら…

  1. 延滞情報が信用情報機関に提供される。
    → 信用情報にキズが付き、ローン審査等に影響がでる。
  2. 法的手続きに移行し裁判に発展する。
    → 裁判所命令により財産差押えが強制執行される。

このような流れは、メルカリスマート払いに限らず、クレジットカードやカードローンなどの借金の延滞の場合も同様です。

ちょっと待って!? メルペイスマート払いを延滞しても信用情報には記録されなかったんじゃないでしょうか?
弁護士に委託後は延滞を続けても信用情報が無傷ってわけにはいかないようです。一般的に、2ヶ月以上の延滞はブラックリストに登録されることになっています。

メルカリは個人の信用情報を管理している指定信用情報機関:CICに加盟しています。

CICでは、61日以上または3ヵ月以上延滞が発生した場合、信用情報に“異動情報”が記録されると定めています。
※異動情報は俗に言うブラックリストのことです。

つまり、2ヶ月以上の延滞が続けばブラックリスト入りです。

メルカリがCICに加盟している以上、メルペイスマート払いも2ヶ月以上の延滞が続くとブラックリストに登録されることは避けられません。

延滞6か月後:裁判に発展、財産差押えの強制執行…

弁護士事務所からの督促状を無視したからと言って、その後すぐに裁判で訴えられるわけではありません。

一般的には弁護士事務所から督促状が届いて3ヶ月以降延滞が発生してから6か月以上が経過した頃に訴状が届き、裁判になります。

裁判の結果、あなたは99.999%敗訴決定です。

ただし、敗訴になって終了ではありません。

当初の請求額に加え延滞期間分の延滞事務手数料と遅延損害金、さらには裁判費や弁護士委託にかかった費用も含めた金額の一括請求義務を負うことになります。

もし、それでも支払いを無視するようなら裁判所命令により財産差押えが強制執行され、銀行口座、さらには勤務先からの給与/賞与までもが差押えになります。
※マイホームや車などの財産がないから大丈夫って話ではすみません。

こうなると、家族だけではなく勤務先にも迷惑をかけてしまうことになりかねません。詳しくは以下をご参照ください。

裁判になる前に清算しないとヤバい…
【悲報】メルペイスマート払い(後払い)は滞納しても信用情報は大丈夫ってホント!?
【悲報】メルペイスマート払い(後払い)は滞納しても信用情報は大丈夫ってホント!? メルペイスマート払い(後払い)でも滞納が続けば信用情報にキズが付く理由。 滞納が許されるのは2ヶ月まで。債権委託され内...

※裁判になれば給与差押えにより職場にバレます。。

まとめ:メルペイスマート払い(後払い)も延滞が続けばブラックリストに登録される!

  1. メルペイスマート払い(後払い)の延滞は2週間までなら大丈夫!
  2. 延滞期間2週間以上:延滞事務手数料300円が2週間毎に加算されていく。
  3. 延滞期間1か月以上:300円の事務手数料だけでなく年率14.6%の遅延損害金も請求される可能性あり。
  4. 延滞期間3ヵ月以上:、弁護士事務所から督促状が届き、ブラックリストに登録される。
  5. 延滞期間6か月以上:弁護士事務所に訴えられ裁判になり、財産差押えが強制執行される。

メルペイスマート払い(後払い)はメルカリ独自の『信用スコア』によって審査されるため、ブラックな人でも利用することができる“後払い”“借金”です。

ただし、メルカリは信用情報を管理するCICに加盟しているため、『信用スコア』によって審査されるメルペイスマート払い(後払い)であっても延滞が2ヶ月以上続けば“ブラックリストに登録”されます。

とはいえ、メルペイスマート払い(後払い)の利用上限金額は多い人でも30万円以下であり、ほとんどの人は10万円前後のはず。

≫ メルカリユーザー64人の利用上限金額をアンケート調査した結果

もし、10万円の支払いができない状況になっているのであれば、すでにクレジットカードやカードローンの借金を抱えているかもしれません。

すでに、複数社からの借入があり、返済総額が100万円を超えるような場合、債務整理によって借金を減額、もしくは借金問題を解決する方法があります。

あなたの借金は減額できるかも?

借金残高を返済する見込みがない...
毎月の支払いを滞納が続いている…
返済しているのに借金が減らない
支払い催促の電話におびえている…
そろそろ限界だと考え始めている…

このような不安がある人は、すぐに“債務整理”の相談をしたほうがいいです。
※弁護士に相談する前に、あなたの借金がいくら減額できるか匿名で診断できます↓

【無料】借金減額診断はこちら
※借金は減額できる可能性がありあます。

借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が無料で提供している“ネット診断サービス”です。

現在の借入状況に関する4つの質問に答えるだけで、あなたに合った解決策を提案てもらうことができるため、借金問題を解決するきっかけになるはずです。

借金減額診断について解説します。
借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!
借金減額診断は怪しい?気になる診断内容をスクショ付きて解説!借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断の質問内容を事前にチェック。