ZOZOTOWNのツケ払い

ZOZOTOWNのツケ払いを債務整理するデメリットを解説【自己破産する意味なし】

ZOZOTOWNのツケ払いを債務整理するデメリットを解説【自己破産する意味なし】
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
ZOZOTOWNのツケ払いを延滞しています。今すぐ支払うことができそうにありません。いつまで延滞を続けても大丈夫でしょうか?

結論、半年までなら大丈夫かもしれません。
※ただし2ヵ月以上の滞納でブラックリストに登録されます。

ZOZOのツケ払いを代行しているGMOペイメントサービスから債権回収会社に債権が移るまでがタイムリミット。その後は少額訴訟で訴えられる可能性があります。

債権回収会社に債権が移る時期は、延滞後3~6ヵ月あたり。

もし現在ツケ払いを延滞している人がいれば、債権回収会社から督促状が届く前に支払いを済ませた方がいいでしょう。
※裁判になれば、財産差押えが執行される可能性があります。

なお、ZOZOTOWNのツケ払いは債務整理で解決できない借金です。

その理由は、弁護士費用の方が高いこと、さらに債務整理することで生じるデメリットが大きいから。

本ページでは「ZOZOTOWNのツケ払いは債務整理で解決できない理由」について解説し、その他の解決方法についてご提案します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

ZOZOTOWNのツケ払いは債務整理で解決できない理由

債務整理とは、債権者と交渉して債務者の借金を減額したり、裁判によって借金そのものの返済義務を免責にすることができる法的な手続きのことです。

債務整理には主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの手続きがあります。それぞれの手続きによって借金の減額度合やデメリット、手続き費用が異なります。

各手続きの特徴は、以下の比較表でご確認ください。

任意整理個人再生自己破産
手続き期間3~6ヵ月6ヵ月くらい6ヵ月くらい
手続き費用
(依頼費の目安)
5万円~35万円~30万円~
借金減額割合利息分を減額可能1/5~1/10に減額可能免責(ゼロ)になる
メリット・利息分を減額可能
・財産の差押えはない
・官報に氏名, 住所が掲載されない
・マイホームを残せる
※ローン返済し終えた車も財産差押え対象外
・借金がゼロになる
デメリット・ブラックリスト登録・保証人に返済義務が移る
・財産の一部が差押え対象

・ブラックリスト登録
・官報に氏名, 住所が掲載
・保証人に返済義務が移る
・全ての財産が差押え対象
・ブラックリスト登録
・官報に氏名, 住所が掲載
年間件数
(令和5年)
200万人以上(推定値)9,367件74,325件

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。
※年間利用者数は令和5年司法統計年報概要を引用しています。

表に記載しているように、「ZOZOTOWNのツケ払いを債務整理で解決できない理由」は以下のとおり。

  1. 債務整理の手続き費用が高い
  2. ZOZOTOWNのツケ払いには利息が発生しない
  3. 債務整理した場合のデメリットが大きすぎる

1つずつ見てみましょう。

①:債務整理の手続き費用が高い

ZOZOTOWNのツケ払いのご利用上限額は累計で10万円(税込)です(参考:ZOZOTOWN公式サイト)。
※2022年以降は55,000円から10万円に上限額が変更されています。

一方で、債務整理は一番安い任意整理でも1件当たり5万円の費用がかかります。

ただし、任意整理は利息をカットすることで借金を減額する手続きなので、利息も遅延損害金も発生しないZOZOTOWNのツケ払いを任意整理することはできません。

さらに個人再生、もしくは自己破産を利用する場合、ツケ払いの金額よりも債務整理費用の方が高くなるため、現実的な解決策にならないでしょう。
※そもそも弁護士さんに債務整理を依頼しても断られると思います。

②:ZOZOTOWNのツケ払いは利息が発生しない

ZOZOTOWNのツケ払いは330円(税込)の手数料が発生するだけ。2ヶ月間の支払い期限が過ぎても、遅延損害金も発生しません。

つまり、仮に半年間延滞しても支払うべき金額は実際に商品を購入した料金+330円(税込)の手数料のみ。

繰り返しになりますが、利息が発生しないツケ払いは任意整理できません。とはいえ、他の債務整理(個人再生、自己破産)は費用負担の方が大きくなるだけ。

そもそも上限額が10万円未満のツケ払いを債務整理の対象として扱うことが難しいと言わざるを得ないでしょう。
※そもそも弁護士が引き受けてくれないでしょう。

③:債務整理した場合のデメリットが大きすぎる

債務整理は手続き費用が発生するだけでなく、社会的なデメリットを被ることになります。

債務整理するデメリット

  • 手続き費用がかかる
  • ブラックリスト登録される
  • 財産の一部もしくはすべてが差押えられれる
  • 保証人に返済義務が移る
  • 官報に氏名, 住所が掲載される

ブラックリストに登録されると5~10年間は信用情報に記録が残るため、クレジットカードを持つことができず、さらにその他のローンを利用することもできなくなります。

このようなデメリットを被ってまで、ツケ払い(上限額10万円)を債務整理するメリットはないでしょう。

ZOZOTOWNのツケ払いは債務整理ではなく「自力」で返済した方がいい

ZOZOTOWNのツケ払いは最大でも10万円。事情は人それぞれあると思いますが、バイトすれば返済できる金額だと思いませんか?

債務整理を考える前に、バイトで稼いで返済することを考えましょう!

たとえば、会員登録なしで利用できるラコットなどのアプリを利用して、即日払い可能なバイトを見つけることができます。

または、メルカリで不用品を売ることも可能ですよね。

ZOZOTOWNを利用しているなら不要な服や来シーズンに切る予定の服が眠っているはず。それらを今すぐ出品してメルカリで小遣い稼ぎをしましょう。

【例外】ZOZOTOWNのツケ払いを債務整理した方がいいケース

ZOZOTOWNのツケ払いの他にも借金があり、返済が苦しい、もしくはすでに返済が滞っている場合は債務整理を考えた方がいいかもしれません。

ZOZOTOWNツケ払い以外の借金例

  • クレジットカードのリボ払い
  • 消費者金融のカードローン
  • 学生ローン
  • 自動車ローン
  • LINEポケットマネー

ZOZOTOWNのツケ払いは330円(税込み)の手数料のみですが、上記の借金は年率15%以上の利息手数料が発生します。

たとえば、借金の合計が200万円ある場合、年率14.6%で毎月2万円ずつ返済すると、利息手数料だけで95万円以上になります。毎月5万円ずつ返済しても利息手数料だけで51万円以上になります。

さらに、もし支払いを延滞した場合は最大20%の遅延損害金が発生するため、返済総額はさらに増えます。

もしZOZOTOWNのツケ払い以外にも、複数の借金がある人は債務整理を考えた方がいいかもしれません。

借金は減額できる可能性があります

以下に当てはまる人は要チェック!

  • 複数のクレジットカードを利用中…
  • 消費者金融カードローンを契約中…
  • 複数社の返済を滞納中…

あなたの借金は高額な利息分をカットすることで減額できる可能性があります。
※借金がどれだけ減額できるのかを無料で診断することができます↓

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

借金減額診断とは?

弁護士法人が提供する無料のネット診断サービスです。

あなたの借入金額と返済状況から、借金がいくら減額できるかを匿名診断することができます。

診断時間は1分
回答結果を弁護士が個別診断
診断のみの利用でもOK

※診断結果を知りたいだけの場合もご利用いただけます。

ZOZOTOWNのツケ払いは延滞しても大丈夫?

通常、一般的な借金(クレジットカードのリボ払いやカードローン)の場合、延滞翌日から遅延損害金が追加請求されますが、ZOZOTOWNのツケ払いは延滞しても遅延損害金は発生しません。
※ツケ払い手数料330円/1回のみ請求されます。

ただし、ツケ払いの延滞履歴は信用情報に記録されるのでご注意ください。

ZOZOTOWNのツケ払いの回収業務を代行しているGMOペイメントサービスは信用情報機関に加盟しているため、ツケ払いの延滞履歴は信用情報に記録されます。

つまり、1日でも延滞すれば信用情報が傷付きます。ただし、数日程度の延滞のみなら特に大きな傷にはならないでしょう。

ただし、長期間わたって延滞が続いた場合、ブラックリストに登録、さらには裁判(少額訴訟)になる可能性があるのでご注意ください。

2ヵ月以上の延滞でブラックリストに登録される

ZOZOTOWNのツケ払いの回収業務を代行するGMOペイメントサービスは、信用情報機関:株式会社シー・アイ・シーに加盟しており、ブラックリスト登録の基準(滞納日数)を以下のように定めています。

ブラックリスト登録の基準

返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があったもの。

参考:信用情報開示報告書

ZOZOTOWNのツケ払いを2ヵ月以上延滞するとブラックリストに登録されます。上記の通り、ブラックリストの登録条件は金額ではなく延滞期間であるこ都にご注意ください。

なお、ブラックリストに登録された場合、未払い額の支払い完了後5年間は信用情報に記録が残ります。

この間、クレジットカードが作れなくなり、銀行融資(借入)などの金融サービスを一切利用できなくなるでしょう。
※スマホ機種代の分割払い、賃貸物件の賃貸契約もできなくなります。

6ヵ月以上の延滞で裁判(少額訴訟)の可能性あり

ZOZOTOWNのツケ払いは、延滞期間が3ヵ月を過ぎると債権回収会社(弁護士事務所)に債権が委託され、あなたに対して未払い金の請求・取り立てを行います。

債権回収回会社からの支払い請求に応じず延滞を続けると、いずれ裁判(少額訴訟)に発展する可能性があります。

少額訴訟とは?

最大60万円の請求に対して裁判を起こせる簡易的な訴訟制度です。主な特賞は以下のとおり。

  • 請求額10万円以下で訴訟可能
  • 訴訟費用は1,000円
  • 裁判当日に判決が下される簡易的な制度
ツケ払いの請求は最大で10万円なので、少額訴訟ならたった1,000円で訴訟を起こされてしまいます。しかも即日判決なので超簡簡易的にあなたの敗訴が決定します。

なお、ツケ払いの延滞期間が6ヵ月過ぎるといつ裁判になってもおかしくない状況、ということは覚えておきましょう。

詳しくは、【赤い封筒が届いた…】ZOZOTOWNのツケ払いを放置…裁判になった人はいる?のページをご参照ください。
※赤い封筒(督促状)は脅しではなく警告です。

ZOZOTOWN以外にも借金があれば債務整理を考えた方がいい

ZOZOTOWNのツケ払いだけでなく、クレジットカードのリボ払いやカードローンなどの複数の借金を抱えている人は、債務整理を考えた方がいいでしょう。

ただし、債務整理は借金が減額もしくは免責になるだけでなく、ブラックリストに登録されるなどの様々なデメリットが生じます。

現在の借金が債務整理をするほどの借金なの判断できません。○○万円以上の借金なら…みたいな目安はあるのでしょうか?
自己破産する割合が最も多い借金額は100万円~300万円、全体の28.39%を占めているというデータが報告されています。

以下の円グラフは、自己破産者の借金額(2020年度調査データ)です。

2020年の統計データによると、自己破産を申請する人で最も多い借金額帯は100~300万円で、全体の28.39%を占めています。さらに100万円未満は8.39%なので、自己破産者の約36%が300万円未満の借金を返せなくなったことがわかります。表にすると以下のとおり。

借金額(負債額帯)割合
100万円未満8.39%
100-300万円未満28.39%
300-600万円未満24.11%
600-1000万円未満13.47%
1000-2000万円未満11.05%
2000-3000万円未満5.65%
3000-4000万円未満2.50%
4000-5000万円未満1.05%
5000万円-1億円未満1.77%
1億円以上2.90%
不明0.73%

※データ引用元:2020年破産事件及び個人再生事件記録調査

上記のデータを参考にすると、100万円以上の借金がある人は自己破産してもおかしくはない状況に陥っている可能性があります。

ただし、借金問題の多くは自己破産ではなく任意整理で解決されるケースの方が圧倒的に多いことは知っておいた方が良いでしょう。

詳しくは、【2024年最新】借金問題の96%以上が任意整理で解決!その理由(ワケ)とは?のページをご参照ください。

まとめ:ZOZOZTOWNのツケ払いだけを債務整理してもメリットなし

債務整理とは、債権者と交渉して債務者の借金を減額したり、裁判によって借金そのものの返済義務を免責にすることができる法的な手続きのことです。

借金がZOZOTOWNのツケ払いのみの場合、債務整理で解決することはできません。自力で稼いで返済しましょう。

債務整理は借金が減額・免責できるだけではなく、以下のデメリットを伴います。

債務整理するデメリット

  • 手続き費用がかかる
  • ブラックリスト登録される
  • 財産の一部もしくはすべてが差押えられれる
  • 保証人に返済義務が移る
  • 官報に氏名, 住所が掲載される

ZOZOTOWN以外にも借金があり、多重債務に苦しんでいる場合は、上記のデメリットがあったとしても債務整理するメリットの方が大きいでしょう。

債務整理をしようにも、弁護士の知り合いがいるわけじゃないし、誰に相談すればいいのかわかりません…、

このような人は、借金減額診断(無料)をご利用ください。

借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所が提供している『ネット診断サービス』です。