NP後払い

NP後払いの支払いが遅れるとどうなる?何ヶ月まで滞納して大丈夫?

NP後払いの支払いが遅れるとどうなる?何ヶ月まで滞納して大丈夫?
※【PR】こちらのページにはプロモーションが含まれます。
NP後払いの支払いを1ヶ月滞納しています。いつまで滞納を続けて大丈夫でしょうか?

結論から言うと、至急お支払いすることをおすすめします。NP後払いは滞納日数に応じた遅延損害金が発生するため、滞納期間が長引くほど請求額が膨らみ続けます。

遅延損害金の他にも、NP後払いの新規利用の停止債権回収会社への債権委託、さらに2ヵ月以上の滞納で債権譲渡が行われ、3ヵ月以上滞納が続くと裁判(少額訴訟)の可能性があります。
※滞納期間はあくまで目安です。いつ裁判になるかは債権回収機関の裁量次第です。

なお、NP後払いの運営会社は信用情報機関に加盟していないため、NP後払いを滞納しても信用情報がキズ付いたり、ブラックリストに登録されることはありません。

本ページでは「NP後払いの支払いを滞納するリスク」について詳しく解説します。

弁護士法人が提供する『借金減額診断』を使って、あなたの借金がいくら減らせるかを無料診断できます。

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
4つの質問に回答するだけで借金がいくら減額できるか診断してもらえます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:何社から借入してる?
質問③:いつから借入してる?
質問④:毎月の返済額はいくら?

借金がいくら減るか知りたい人は、まずは無料診断をチェックしてみましょう。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

《借金問題の解決事例をご紹介》

\あなたの借金は減額できる可能性あり借金減額診断を始める ≫

※ボタンをタップするとライズ綜合法律事務所が提供する減額診断ページに移動します。

NP後払いは何ヶ月滞納して大丈夫?【時系列に解説】

NP後払いの支払い期日は、請求書発行から14日間です。

2週間の支払い期限を過ぎると、様々な方法で支払い催促が始まり、それでも支払いを無視し続けると、最終的には裁判に発展するでしょう。

  1. 滞納期間:~2ヶ月
    (SMS/ハガキ/電話で支払催促)
  2. 滞納期間:2~3ヵ月
    (弁護士事務所から督促状が届く)
  3. 滞納期間:3ヵ月~
    (少額訴訟を起こされる)

※上記の滞納機関はあくまで目安です。

①:滞納期間~2ヶ月

14日間の支払い期限が過ぎると、まず始めにSMS(ショートメッセージ)で「お支払い期限が過ぎています」というお知らせが届きます。

なお、SMSには以下の内容が記載しているので、振り込み詐欺などのSMSではないことが確認できるはずです。

NP後払い滞納後に届くSMSの内容

  • NP後払い利用日
  • NP後払い利用店舗名
  • 請求金額
  • お支払い電子バーコード

SMSが届いた添付されている電子バーコードで至急お支払いしましょう。

SMSが届いた後もお支払いせずに滞納を続けると、ハガキによる支払い催促の督促状、さらに電話による支払い催促が始まります。

≫ 05031762273の自動音声はNP後払いの支払い催促!無視・着信拒否はNG!

なお、ハガキの郵送料などは事務手数料として追加請求されるため、滞納期間が長くなるほど支払い総額は増えるのでご注意ください。
※年率14.6%の遅延損害金も追加請求されます。

➁:滞納期間2~3ヵ月

滞納期間が2ヶ月以上になると、弁護士事務所から「債権回収業務受任通知」という書類が届きます。

なぜ弁護士事務所から…とビックリするでしょう。

これは、NP後払いを運営する株式会社ネットプロダクションズが債権回収機関(弁護士事務所)に債権を委託したためです。

債権とは、借金(未払い額)を請求する権利のこと。「債権回収業務受任通知」が届いた後は、弁護士事務所があなたに対して支払い請求・催促が行われます。

なんだかヤバい状況になってきましたね。。

とはいえ、債権回収業務受任通知に記載されている金額を指定期限内に振込すれば、これ以上の事態に発展することはありません。

しかし、債権譲渡後も滞納し続けた場合、弁護士事務所から内容証明郵便による督促状が届きます。

督促状には「○○までにお支払いしないと法的措置を取る」という旨の内容が記載されているでしょう。つまり、裁判で訴えるということ。
※内容証明郵便は裁判時の証拠書類としての役割があります。

➂:滞納期間3ヵ月~

NP後払いの滞納を続け、弁護士事務所からの督促状を無視し続けた場合、最終的には裁判になるでしょう。

ただし、“いつ裁判になるか”は弁護士事務所次第です。

内容証明郵便による督促状が届いた後、パタッと支払い催促の電話や督促状が来なくなることがあります。ただし、時効になったわけではありませんよ。

債権のを委託された弁護士事務所は、借金回収の専門業者です。時効期限(5年)を有効的に活用し、少しでも多くの請求額をあなたから回収しようとするでしょう。

でも、NP後払いの利用限度額って55,000円ですよね?数万円程度の滞納で裁判になるんですか?

結論から言うと、『少額訴訟』という訴訟制度により裁判で訴えられるでしょう。

少額訴訟とは?

少額訴訟とは、最大60万円の請求に対して裁判を起こせる簡易的な訴訟制度です。
※60万円の請求の場合、6000円の訴訟費用で裁判を起こすことができます。

少額訴訟の特徴

  • 請求額10万円以下で訴訟可能
  • 訴訟費用は1,000円
  • 裁判当日に判決が下される簡易的な制度

つまり、5万円の滞納でも少額訴訟ならわずか1,000円で訴訟可能。しかも、即日判決なので超簡易的にあなたの敗訴が決定します。

なお、もし裁判になれば、NP後払いの滞納額だけでなく、滞納期間中の遅延損害金、債権委託費用、訴訟費用、さらに事務手数料を含めた金額が一括請求される可能性がある、ということは覚えておきましょう。

NP後払いを滞納した時に生じるペナルティとは?滞納2ヵ月超えはやばい…

NP後払いを滞納すると支払い催促を受けるだけでなく、様々なペナルティが発生します。最終的に、裁判(少額訴訟)を起こされ、財産差押えが強制執行されます。

NP後払いの滞納ペナルティは、以下のとおり。

  1. NP後払いの利用停止
  2. 遅延損害金が発生
  3. 債権回収会社に債権が移る
  4. 裁判(少額訴訟)で訴えられる
  5. 財産差押えが強制執行
    →家族や職場にバレてしまいます

1つずつ解説します。

①:NP後払いの利用停止

NP後払いの支払い期日は、請求書発行後14日間です。

14日間の支払い期日を過ぎると、利用限度額内であってもNP後払いの新規利用ができなくなります。
※支払いが完了するまで利用制限は解除されません。

なお、NP後払いを滞納した状態、もしくは過去に滞納履歴がある場合、同運営会社が提供するその他のサービス(atone、NP後払いair、AFTEE)も利用できない・審査落ちする可能性があるのでご注意くさい。

≫ atone(アトネ)審査落ちの原因とは?利用限度額内でも利用できないケースあり

➁:遅延損害金が発生

NP後払いを滞納した場合、滞納日数に応じて年率14.6%の遅延損害金が発生します(以下参照)。

第30条(遅延損害金等)

NP会員が当社に対する支払債務の履行を遅滞した場合、支払日の翌日から支払済の日に至るまで、支払債務の未払額に年14.6%を乗じた額 (年365日とする日割計算。ただし、うるう年は年366日とします。)の遅延損害金を支払うものとします。

引用:NP会員規約

たとえば、55,000円の支払いを1か月間(30日)滞納した場合、660円の遅延損害金が追加請求されます。
※計算式:55,000円×0.146÷(30日/365日)

以下の表に、滞納時に発生する遅延損害金の例をシミュレーションしていますので参考にしてみてください。

滞納日数滞納額
10,000円
滞納額
30,000円
滞納額
55,000円
5日20円60円110円
10日40円120円220円
20日80円240円440円
30日120円360円660円
60日240円720円1,320円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

➂:債権回収会社に債権が移る

NP後払いの滞納が2ヶ月以上経過すると、NP後払いを運営する株式会社ネットプロテクションズは、提携する債権回収機関(弁護士事務所など)に債権を譲渡します。

債権とは?

未払い金の支払いを請求する権利のこと。NP後払いの場合は、滞納額、遅延損害金、延滞事務手数料、その他手数料が含まれます。

債権譲渡後は、債権回収会社があたなに対して支払い請求・催促を行います。債権回収会社は借金回収のプロ業者です。踏み倒しなどできません。

とはいえ、債権譲渡後には弁護士事務所から「債権回収業務受任通知」という書類が届きます。

上記の通知書に記載されている期日までに請求額をお支払いすれば、これ以上大事には至らないでしょう。
※その後、NP後払いやatoneが利用できなくなる可能性はあるでしょう。

ただし、債権譲渡後も滞納を続けた場合、裁判(少額訴訟)によって訴えられます。

④:裁判(少額訴訟)で訴えられる

少額訴訟で訴えられた際の流れは、以下のとおり。

  1. 裁判所から訴状が届く
  2. 答弁書を提出する
    ※言い分、反論がある場合
  3. 申述書を提出るする
    ※通常裁判を希望する場合
  4. 口頭弁論に出席する
  5. 当日中に審議が行われ判決が出る
もし口頭弁論(裁判)に出席しなかったらどうなるんですか?
口頭弁論に出席しなかった場合、相手の請求をそのまま認める判決が出て、裁判所命令による支払い命令が下されます。

どちらにしろ、請求額が棄却されるようなことはなく、あなたの支払い義務が無くなることはありません。。

⑤:財産差押えが強制執行

裁判所による支払い命令に応じない場合、最終的に裁判所命令により財産差押えが強制執行されます。

財産差押えが強制執行された場合、真っ先にあなた名義の銀行口座および給与・賞与の振込が差し押さえられます。

その後、裁判所の執行官が自宅に訪問し、差押え対象となる財産(不動産、車、その他20万円以上の転売価値があるもの)を調査が行われます。

給与・賞与の差し押さえが実行される時、勤務先に「差押え命令の決定書」が送られます。そのため、上司や同僚に滞納が原因で訴えられていることがバレちゃいます。

このような状況が勤務先にバレてしまうと信用を失い、これまで通り仕事を続けることができなくなり、辞職せざるを得ない状況になるかもしれません。

また、同居する家族にも迷惑をかけることになるでしょう。

このような状況を回避する方法は、裁判になる前に支払いを済ませる、もしくは債務整理する以外に方法はありません。
※債務整理はNP後払い以外にも借金がある場合のみ、ご検討ください。

借金は減額できる可能性があります

以下に当てはまる人は要チェック!

  • 複数のクレジットカードを利用中…
  • 消費者金融カードローンを契約中…
  • 複数社の返済を滞納中…

あなたの借金は高額な利息分をカットすることで減額できる可能性があります。
※借金がどれだけ減額できるのかを無料で診断することができます↓

≫【無料】借金減額診断はこちら
※最適な借金減額方法を無料診断します!

借金減額診断とは?

弁護士法人が提供する無料のネット診断サービスです。

あなたの借入金額と返済状況から、借金がいくら減額できるかを匿名診断することができます。

診断時間は1分
回答結果を弁護士が個別診断
診断のみの利用でもOK

※診断結果を知りたいだけの場合もご利用いただけます。

NP後払いを滞納した時の支払い方法

NP後払いの支払い期日が過ぎた場合でも、払込取扱票(請求書)で支払い可能です。その他、通常通り、以下4つの支払い方法で清算できます。

  1. 払込取扱票(コンビニ払い)
  2. オンラインバンク
  3. LINE Pay
  4. 銀行/郵便局ATM

1つずつ確認しておきましょう。

①:払込取扱票(コンビニ払い)

支払い期日を過ぎた後でも「払込取扱票」が手元にある場合はコンビニ(またはドラッグストア)でお支払いできます。

もし「払込取扱票」を紛失した場合は、SMSに届いた電子バーコードでコンビニ払い可能です。
※NP会員はマイページから請求書を再発行することもできます。

➁:オンラインバンク

「コンビニまで行くのが面倒くさい…」という場合は、請求書に記載されている振込口座へオンライン振込みが可能です。

ただし、オンライン振込みする場合は、ご自身の銀行口座のオンラインバンクを開設している必要があります。

➂:LINE Pay

NP後払いは、LINE Payでのお支払いに対応しています。

ただし、LINE Payでお支払い可能額は49,999円までの請求のみ。50,000円以上の請求額はLINE Payではお支払いできないのでご注意ください。

④:銀行/郵便局ATM

請求書に記載されている振込口座へ、銀行ATM・郵便局ATMから振込み払いすることができます。

ただし、各銀行・郵便局ごとに振込手数料が発生します。
※請求額とは別に振込手数料を負担しなければいけません。

例1)三菱UFJ銀行から振込する場合

  • 3万円未満, 当行宛:209円
  • 3万円未満, 他行宛:110円
  • 3万円以上, 当行宛:110円
  • 3万円以上, 他行宛:330円

例2)郵便局から振込する場合

  • 5万円未満, 窓口:660円
  • 5万円以上, 窓口:880円
  • 5万円未満, ATM:220円
  • 5万円以上, ATM:440円

なお振込みする際は、NP後払い利用者と同一名義口座から振込みしましょう。

別名義の口座から振込した場合、支払い確認に時間がかかってしまうため、「振込したのに支払い請求の電話がかかってくる」「NP後払いの利用停止が解除されない」といったトラブルが発生します。

NP後払い「今すぐ支払いできない…」場合の対処法

「ただいま金欠中…」「今月の給料日はまだ…」というような事情で、今すぐお支払いができない場合は、以下の対処法を試してみてください。

  1. NPサポートに電話で相談
  2. 即日払いOKの短期バイトで稼ぐ
  3. クレジットカードのキャッシングを利用
NP後払いは滞納しても信用情報がキズ付いたり、ブラックリストに登録されることはありません。とはいえ、滞納した状態を続けるのはNGです。

1つずつ見てみましょう。

①:NPサポートに電話で相談

今すぐ払えない…という場合は、NPサポートに電話して「○○までにお支払いします」という意思を示しましょう。

NPサポート連絡先

  • 電話番号:03-5159-7882
  • 営業時間:10:00-17:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせはこちら

ただし、NP後払いはNPサポートに電話相談しても分割払いに変更してもらうことはできません。

➁:即日払いOKの短期バイトで稼ぐ

スキマ時間を利用してお小遣い稼ぎしませんか?

通常のバイトのお給料は翌月払いなので、今お金が欲しい!って時に困りますよね。そんな時は“即日払いOKの短期バイト”を探してみましょう。

たとえば、会員登録なしで利用できるラコットなどのアプリを利用して、即日払い可能なバイトを見つけることができます。

「そんな余裕ない…」という人もいるかもしれませんが、そもそも借金は少し無理して頑張らないと返済が難しいものです。

スキマ時間を利用すれば、無理なくお小遣い稼ぎを始められるはずです。その他、メルカリで不用品を売って現金化することで、数千円~数万円を稼げるかもしれません。

まずは、今すぐできることから始めましょう。

③:クレジットカードのキャッシングを利用

クレジットカードのキャッシングを利用して一時的に現金を作る方法もあります。ただし、クレジットカードのキャッシングは金利18%の借金です。

たとえば、楽天カードで10万円をキャッシングした場合の返済額は以下のとおりです。

返済回数ごとの返済総額

  • 翌月1回払い
    →102,810円
  • リボ払い(月1万円払い)
    → 109,566円(10回払い)
  • リボ払い(月2万円払い)
    → 105,826円(5回払い)
  • リボ払い(月3万円払い)
    → 104,623円(4回払い)

※上記の金額は利息を含めた総支払額です。

基本的には利用しない方がいいですが、延滞を回避するためにはやむを得ない時もあるでしょう。
※将来的に返済できる見込みがある場合のみ利用してください。

なお、楽天カードを持っている人は「楽天アプリ」もしくは「楽天e-navi」からネットキャッシングすることで、登録中の引落口座に直接現金を入金できます。

〇楽天カードでネットキャッシングする方法

「楽天アプリ」もしくは「楽天e-navi」のキャッシングサービスからネットキャッシングのお申込みを選択します。

以下の入力フォームに従って「借入希望額」「支払い方法」「カード暗証番号」を入力します。

最後に、キャッシング申込内容の確認画面が表示されるため、申込内容に間違いがなければ「申し込む」をクリックします。

これでネットキャッシング終了です。

ネットキャッシングの手続きが完了次第、楽天カードの引き落とし口座に申し込みした金額が入金されます。

なお、返済は月々のショッピング利用の支払い額と合算して同口座から引落されます。

≫ 楽天カードの詳細を見てみる
※新規申込で5,000円分のポイント特典あり

まとめ:NP後払いの滞納は2ヶ月以内に支払いを!

NP後払いを運営する株式会社ネットプロテクションズは、信用情報機関に加盟していないため、滞納しても信用情報がキズ付いたり、ブラックリストに登録されることはありません。

とはいえ、「滞納したままでOK」「踏み倒しできる」という訳ではないので誤解しないように。

NP後払いは滞納2ヵ月未満の場合は特に厳しい取り立てなどはありません。ただし、債権回収機関に債権譲渡された場合、裁判になる可能性もありのでご注意ください。

NP後払い滞納後のペナルティ

  • NP後払いの利用停止
  • 遅延損害金が発生
  • 債権回収会社に債権が移る
  • 裁判(少額訴訟)で訴えられる
  • 財産差押えが強制執行
    → 家族や職場にバレてしまいます。

もし財産差押えが強制執行された場合、車や不動産などの財産はもちろん、銀行口座や将来的に振り込まれる給与・賞与までもが差し押さえの対象になります。

そのため、勤務先に「差押え命令の決定書」が送られます。
※上司や同僚に借金トラブルを抱えていることがバレてしまいます。

このような状況を回避するためには、裁判になる前に請求額の支払いに応じる、もしくは債務整理するしか方法はありません、

債務整理とは?

弁護士や司法書士が代理人となり、債権者と直接交渉して借金を減額したり、裁判所を介して借金を免責する(借金がなくなる)手続きのこと。債務整理には主に以下の3つの種類があります。

  • 任意整理
    (利息をカットして元本のみを返済)
  • 個人再生
    (借金総額を1/5~1/10に減額)
  • 自己破産
    (すべての借金を全額免責)
NP後払い以外にも複数社からの借入(借金)があり、返済できる見込みがない場合は債務整理を検討した方が良いケースがあります。

ただし、“借金はNP後払いだけ”という場合は自力で返済しましょう。

借金問題は1人で悩んでも解決できないことがほとんど。弁護士や司法書士に相談してみることで解決策が見つかるかもしれません。

詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

≫ 借金問題の95.6%は「任意整理」によって解決しています
※リンクをタップすると当サイトのトップページに移動します

4つの質問に答えるだけ!あなたの借金がどれくらい減額できるか無料診断!
今すぐ借金減額診断を使ってみる