借金

【即日融資で検索する前に】リボ払いが限度額いっぱいになった方のみチェックして!!

【即日融資で検索する前に】リボ払いが限度額いっぱいになった方のみチェックして!!
クレジットカードのリボ払いを使い始めたのが地獄のはじまりでした…。どんなに使っても毎月の支払いはちょっとでOK。そんなリボ払いの魅力にハマってしまい限度額一杯にとなり、これを繰り返すために別のカードを作り…。

こうした状況に心当たりのある方は多重債務者になっています。

しかも、そろそろ取り返しがつかないヤバい状況に差し掛かっているかもしれません。

「まだ大丈夫。」っと思っているあなたは、以下の状況になってしまっていないか考えてみてください。

あなたは大丈夫?

  • 複数のクレジットカードを持っているけど、すべて利利用限度額いっぱい
  • カードの合計利用額は何となく把握しているけど、利息を含めていくら返済しなければならないのかわからない。
  • 即日審査・即日融資のカードローンを使い始めた。

借金地獄に陥るきっかけは、間違いなくクレジットカードのリボ払いです。

リボ払いを続けていると、そのうち利用限度額が一杯になり、また別のカードを使って同じことを繰り返すことで、借金をどんどん増やしていることでしょう。

「毎月の返済はできているから大丈夫。」っと思っているあなたへ、大丈夫ではありませんよ。

毎月の支払い額を低く設定すれば、滞納することはありませんが、年率14%の高金利によるリボ払い手数料がこの瞬間にも膨らみ続けています。

  • リボ払いの返済を滞納…借金を放置するとどうなる?
  • リボ払いで利用限度額がいっぱい!! それ手遅れかも…
  • 『任意整理』は相談無料。費用は約5万円(1社あたり)

 

例えば、200万円分のリボ払い残高がある場合、毎月5万円ずつ返済したとしても、約半分2万5千円はリボ払い手数料として引かれます。

そのため、実質的に返済している金額は2万5千円だけです。

200万円は極端な例かもしれませんが、例えば数十万円~100万円くらいのリボ払い残高を毎月5千円~1万円くらいの返済でやりくりしていたらどうなるでしょうか…。

返済までに10年前後、リボ払い手数料だけで利用金額の50%くらいを追加で支払わなければいけなくなります。

でも、私って友達と比べて贅沢しているわけじゃないし、みんなクレジットカード使ってるから私と同じ感じじゃないの?? 周りの友達に借金で困ってるって人いないし…。

借金事情は友達にも言いたくありません…。

20代の若者の場合、浪費によって抱えた借金を親が代わりに返済してくれているケースが多いです。しかし「親に借金を返済してもらってる」なんて普通は恥ずかしくて友達に話すことはありません。

あなたと同じように遊びに行ったり旅行したりしている友達は、自分の収入以上の生活をしていたとしても、親が助けてくれているから平気なふりをしているだけです。

実家が裕福なら問題ないかもしれませんが、この状況って普通に考えればやばいです。

あなたは大丈夫ですか??

もし、収入以上の生活をしていることに心当たりがある人は要注意です。
※収入以上の生活が贅沢な暮らしとは限りません。

あなたは現在の借金がいくらになるか把握できていますか?

答えが「Yes」なら大丈夫。

もし「No」なら、すでに自分で解決することが困難な状況になっているかもしれません(あなた自身はその危険性に気付いていないかも)。

 

※リボ払いやカードローンは借金です。あなたのお金ではなく、金融機関があなたに貸し出した債務であることを認識してください。

リボ払いの返済を滞納…借金を放置するとどうなる?

借金を背負ってしまう理由は様々だと思いますが、人生の中でお金に苦しむ時期があることは珍しいことではありません。

しかし、放っておくとあなたの日常は徐々に恐怖にむしばまれ始めていくことになります。

借金を放置しておくと起きること

  1. クレジットカードが強制解約される。
  2. 公共料金の自動引き落としが徐々に滞り始める。
  3. 支払い催促のはがき、支払い催促の電話が鳴り始める。
  4. 延滞が続けば職場にまで電話が催促の電話が来るようになる。
  5. 借金していることが周囲にバレると、友達が徐々に離れていく。
  6. うつ病になり、精神的にも、経済的にも日々の生活が苦しくなる。
  7. 家賃を滞納し始めれば、手遅れ。
  8. 返済の延滞が続いていると、内容証明郵便で一括返済の催促状が届く。
  9. 裁判所からの呼び出し状が届く。
  10. 自己破産するしかない状況になる。

想像してみてください。あなたはどの段階まで耐えられそうですか??

リボ払いで利用限度額がいっぱい!! それ手遅れかも…

リボ払いを使い続けることで、クレジットカードの利用限度額がいっぱいになると、これまでカード払いでやりくりしていた出費がコントロールできなくなるため、現金が必要になります。

この時、手元(口座)に現金がなければ、カードローンで即金を作らなけれならなくなり、金利18%で新たな借金を作り始めることに。

ここまでくると、そろそろヤバい…。というか、手遅れかも。

この場合、「収入を上げる」もしくは「誰かに援助してもらう」ことがない限り金利により膨らみ続ける借金を返済することは、ほぼ無理な状況になっていることに気付いてください。

でも、月々の返済はまだなんとかできているし…。

そう思って毎月の返済日をその場しのぎで切り抜けている人も多いはず。

しかし、年率15%~18%によってあなたの借金は1日毎に増え続けていることをご存知でしょうか?これがリボ払いやカードローンで作った借金が返済できなくなる理由です。

そんな生活を続けていると、普通に友達と遊ぶのも苦しくなるし、結婚どころか恋愛すらまともにできません。ましてや仕事にまで影響してきます。

現実問題を直視するのが怖いんですよね。私も多重債務者であり、借金の苦しさと恐ろしさを経験しているので、目をそらしたくなる気持ちは痛いほどわかります。

借金のストレス、不安を日常的に抱えてまともな精神状態を保つことは無理です。

※借金は病気です。

もし可能なら、両親や知人に助けてもらってください。そして、日常生活を取り戻して心と体を落ち着かせましょう。

とは言っても、身近に頼れる人がいないと言う人も少なくありません。それなら、司法書士や弁護士に相談する方法もあります。

ただし、司法書士や弁護士に相談すると言っても、自己破産をすすめられるわけではありません。

一般的に、リボ払いやカードローンで作ってしまった借金を自己破産で解決するケースは少なく、多くの場合は『任意整理』という方法であなたの借金問題を解決することになります。

『任意整理』は相談無料。費用は約5万円(1社あたり)

任意整理は、司法書士や弁護士が代理人となって貸金業者(クレジットカード会社や消費者金融など)と交渉し、あなたの借金総額と月々の返済額を減らして、あなたの借金の返済負担を軽くするための手続きです。

任意整理は借金を減額する交渉・手続きです。

裁判を必要とせずに、あなたに代わって代理人(司法書士や弁護士)が貸金業者(クレジットカード会社や消費者金融など)と協議し、和解交渉をしてくれるため、あなたは何もする必要がありません。

また、任意整理をすると決めれば、貸金業者からの支払いの催促・取立てを最短即日でストップさせることができるため、あなたの精神的ストレスも軽くなります。

以下に、“女性向け”の相談窓口と、“至急取立てをストップさせたい人向け”の相談窓口となる司法書士事務所をピックアップしていますので、参考にしてみてください。

新大阪法務司法書士事務所
【債務Lady】

債務Lady
新大阪法務司法書士事務所の債務Ladyは、女性のための借金相談窓口です。メール相談無料、着手金無料で女性スタッフが相談対応している“女性のための女性に優しい司法書士事務所”です。

女性スタッフによるメールもしくは電話でのご相談の受付から、借金問題の解決方法のご提案まで無料です。ご提案された解決方法に納得できてからの正式な依頼・契約をすることができるため、安心してご相談ください。

各債務整理の費用は以下の通り。

任意整理
着手金 無料
基本報酬
(1社)
2万円(税別)
成功報酬 3万円(税別)
その他の債務整理
自己破産 25万円(税込)から
個人民事再生 35万円(税込)から

※クリックすると新大阪法務司法書士事務所のページへ移ります。

アストレックス司法書士事務所
【借金解決相談センター】

アストレックス司法書士事務所
アストレックス司法書士事務所はもちろん相談無料・着手金無料で全国対応可能な司法書士事務所です。すでに返済が難し滞納状態になっている方は、電話、もしくはメールで支給ご連絡ください。

1日でも早く督促をとめるため、契約後すぐに介入通知を業者に送付することで、最短即日取り立てをストップさせることが可能です。

各債務整理の費用は以下の通り。

任意整理
着手金 無料
基本報酬
(1社)
5万円(税別)
成功報酬
  • 過払い金が発生していた場合、返還額の18%(税別)
  • 訴訟により取り戻したときは、返還額の20%(税別)
その他の債務整理
自己破産
  • 申立書類製作費用(同時廃止)
    → 28万円(税別)+実費(約3万円)
  • 申立書類製作費用(管財事件)
    → 35万円(税別)+実費(約3万円)
個人民事再生
  • 住宅賃金特別条項なし
    → 33万円(税別)+実費(約3万円)
  • 住宅賃金特別条項あり
    → 38万円(税別)+実費(約3万円)

※クリックするとアストレックス司法書士事務所のページへ移ります。

 

※任意整理は、国が定めた法律で、借金の返済が困難になった人を救済し、生活を改善することを目的とした制度です。現在の生活状況に応じた制度を利用することは国民に与えられた権利です。

借金問題は先延ばしにしても放置しても解決することはありませんよ。事態は深刻化してあなたの生活を蝕(むしば)んでいくだけです。

とは言っても、急に司法書士事務所に連絡して相談するって勇気がいりますよね。そんなことが平気でできれば、そもそもこんなに悩んでいないかもしれません。

そんな時は、司法書士事務所の公式サイトが用意している『借金減額シミュレーター』を使ってみることをおススメします。

『借金減額シミュレーター』とは【無用&匿名】であなたの借金がいくら減額できる可能性があるかをシミュレーションしてくれる『ネット診断』です。

「司法書士事務所に直接相談するのはちょっと…」っと思う方は、まずは借金がいくら減るのかをチェックしてみてください。

借金が減額できるか借金シミュレーターで診断する\匿名・相談無料・住所不要・全国対応

アストレックス司法書士事務所の公式サイトへ

ちなみに、社会人1,2年目の20代前半の時期に借金を抱えてしまうケースが多いです。

その理由は就職して会社勤めになったことで、社会的信用が作られクレジットカードが申請しやすくなるうえ、カードローンなどを借入しやすくなるためです。

若い頃のツケは若いうちに解決しておかなければ、仕事に精を出し結婚して新たな人生を歩み始める貴重な時期を借金によって棒に振ってしまうことになり、生涯その後悔を引きすることになるかもしれません。

今解決できる問題は今すぐ解決することが、今後の人生にとってベストな選択となるはずです。

これからの数年間を借金返済に消耗しながら生活し続け、いづれは返済が困難な状況に陥り自己破産が止むを得ない状況を迎えるまで苦しむのか、もしくは今すぐにでも任意整理をして、明日からでも新しいスタートを歩み始めるか、それはあなた次第です。