クレジットカード

エポスカードを滞納するとどうなる?強制解約されるタイミングは?

エポスカードを滞納するとどうなる?強制解約されるタイミングは?
エポスカードの支払いを滞納しています。すぐに支払えそうにない場合、しばらく滞納したままでも大丈夫でしょうか?

エポスカードを滞納すると、遅延損害金が発生、信用情報がキズ付き、強制解約になり…と様々なペナルティが発生します。

つまり、滞納を放置しちゃダメ。

なお、エポスカードの支払日は毎月4日もしくは27日のどちらかに設定されています。それぞれカード利用期間/締日/引落日は以下のとおり。

支払日が毎月4日の場合支払日が毎月27日の場合
カード利用期間前々月の5日~前月の4日前々月の28日~前月の27日
締日前月の4日前月の27日
引落日毎月4日
(再振替なし)
毎月27日
(再振替なし)

※スマホでご覧の方は左右にスクルールできます。
※引落日が土日・祝日の場合は翌営業日が支払日になります。

エポスカードは締日から支払日までに1ヵ月の猶予期間がありますね。ただし再振替はないのでご注意ください。

本ページでは「エポスカードの支払いを滞納し続けるとどうなるのか」さらに「滞納してしまった時の対処法」について解説します。

弁護士事務所が提供する『借金減減額診断』を利用すると借金がいくら減額できるか診断することができます

《借金減額診断の特徴》

  • 完全無料
  • 匿名診断OK
  • 全国24時間受付中
3つの質問に回答するだけで、あなたの借金がどれくらい減額できるか診断できます!

質問①:現在の借入額は?
質問②:借入期間はどれくらい?
質問③:支払い状況はどんな感じ?

「毎月の返済が苦しい…」という人は、1人で悩まずに借金減額診断を利用してみてください。

\3つの質問に答えるだけでOK/

※弁護士法人ユア・エースが診断を行います! 

エポスカードを滞納するとどうなる?強制解約されるタイミングはいつ?

滞納のペナルティは遅延損害金だけではありません。信用情報に記録、ブラックリストに登録、さらに裁判に発展し財産差押えのリスクが発生します。

滞納はエポスカードとの契約違反です。
すぐにカードが強制解約されてもおかしくはありません。

ただし、実際には“ある程度の猶予期間”が設けられます。とはいえ、ペナルティがないわけではありません。

エポスカードの支払いを滞納すると、以下のペナルティが発生します。

  1. カード利用制限がかけられる
  2. 遅延損害金が発生する
  3. 督促状と電話で支払い催促される
  4. エポスカードが強制解約される
  5. ブラックリストに登録される
  6. 裁判になり財産が差押えられる

滞納期間が長くなるほど、徐々に重たいペナルティが発生するのでご注意ください。

それぞれのペナルティを見てみましょう。

①:エポスカードに利用制限がかけられる

エポスカードを滞納した場合、引落日の翌日~数日以内にカード利用制限がかかります。これは強制解約ではなく、一時的にカード利用が制限された状態です。

カード利用制限は、滞納額の支払いが完了するまで続きます。

カード利用制限されるまでの日数は人によってバラバラ。滞納常習者の場合、毎月の引落日翌日からカード利用制限がかけられることもあるのでご注意ください。

なお、「初めて滞納してしまった…」という場合、カード利用制限がかかるまで数日間の猶予があるケースが一般的です。
※カード利用制限がかかるまでの機関については公式な情報はありません。

②:遅延損害金が発生する

エポスカードの支払いを滞納した場合、毎月の引落日翌日から滞納に日数に応じて、以下の金利による遅延損害金が発生します。

エポスカードの遅延損害金

  • ショッピング利用:年率14.6%
  • キャッシング利用:年率20.0%

たとえば、ショッピング利用10万円の支払いを30日間滞納した場合の遅延損害金は、以下のように計算されます。

滞納日数ショッピング利用の
遅延損害金(14.6%)
キャッシング利用の
遅延損害金(20%)
5日200円274円
10日400円548円
20日800円1,096円
30日1,200円1,644円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

「遅延損害金って大したことないじゃん?」って思ったあなたは要注意。本当に恐ろしい滞納のペナルティは、遅延損害金以外にあります。

③:督促状と電話で支払い催促される

滞納発生から数日が経過すると、支払い催促の督促ハガキが届き、それと同時にエポスカードからの電話がかかってきます。

この段階でのエポスカードからの電話は支払い催促というより「お支払いお忘れないですか?」という確認の連絡です。怖がらずに電話に出ましょう。

≫ 0333810101はエポスカートです!クレジットカードの支払いを滞納してない?

エポスカードからの電話を無視し続けると、1日に何度も電話がかかってくるようになり、その後は職場にまで電話がかかってくる可能性があるのでご注意ください。

クレジットカードの請求で職場にまで電話するのは違法では?

一般的にはその通り。

貸金業法によって、「正当な理由なしに学校や勤務先に電話する、もしくは訪問する取立て行為」は禁止されています。つまり、違法な取り立て行為に該当します。

ただし、エポスカードからの電話に出ない場合は“職場に電話する正当な理由”に該当するため違法行為にはなりません。

つまり、エポスカードからの電話には出た方が良いってこと。

また、契約者(あなた)と連絡が取れない場合、“契約を解除”する止むを得ない理由にもなるでしょう。つまり、エポスカードが強制解約される可能性もあります。

④:エポスカードが強制解約される

「何日以上滞納するとエポスカードが強制解約される」という明確な基準はありません。滞納後に強制解約されるまでの期間は、契約状況によって異なります。
※有料会員となるゴールド/プラチナ会員は強制解約され難い傾向があります。

ただし、1か月以上滞納が続いた場合は強制解約されると考えて間違いないでしょう。

滞納期間が1ヶ月以上続いている場合、すでに2ヶ月分の請求が溜っている状態です。

このような状況になれば、滞納額の支払いをしてもカード利用制限は解除されず、そのまま強制解約される可能性が高いでしょう。

年会費無料のクレジットカードは強制解約されやすい!
年会費無料のクレジットカードは滞納に厳しく、強制解約されやすい特徴があります。
例)エポスカード, 楽天カードなど

⑤:ブラックリストに登録される

エポスカードが強制解約されただけ、ブラックリストに登録されることはありません。

ただし、強制解約の原因となった滞納が61日以上続いた場合、信用情報機関が管理するあなたの信用情報に“異動”が記録されます。つまり、ブラックリストに登録されるということ。
※信用情報に”異動”情報が記録されることをブラックリストと呼んでいます。

なおエポスカードは、以下の2つの信用情報機関に加盟しています。

エポスカードが加盟する信用情報機関

ブラックリストに登録されてしまうと、他社のクレジットカードやローン審査に通らなくなるだけではなく、すでに持っているクレジットカードや契約中のローンが強制的に契約解除される可能性もあります。

なお、ブラックリストに登録された場合、すぐに債務整理したほうが結果的に良いケースがある、ということは覚えておいた方が用でしょう。

ブラックリストの情報は、現在の滞納額を完済してから5年間保管されます。すぐに滞納額を完済できない場合、債務整理をした方が早く信用情報が回復するケースがあります。

たとえば、以下の2例を考えてみましょう。

  1. 23歳でブラックリストに登録され、その後5年かけて借金を返済した場合
    :33歳までブラックリストに登録されたまま…
  2. 23歳でブラックリストに登録され、24歳で債務整理した場合
    :28歳までブラックリストの登録情報が解除!

30歳前後の年齢は人生が大きく動き始める変化が多い時期です。

結婚して家族を持つときに“住宅ローンや自動車ローンを組むことができない”、仕事の転勤で引っ越さなければならない時に“賃貸契約が結べない”などの不都合が出てくるかもしれませんね。

いろんな可能性を考えた場合、少しでも早い時期に信用情報を回復させた方が、将来的な選択肢が増えることは間違いありません。

⑥:裁判になり財産が差し押さえられる

滞納期間が3ヵ月目になると、エポスカードから内容証明郵便で一括請求の督促状が届きます。内容証明郵便は“裁判手続きの準備を始めた”ということを示します。

もし裁判になると、裁判所命令によって財産差押えが強制執行されます。

銀行口座や勤務先からの給与・賞与の差し押さえ、さらに不動産・車、20万円以上の市場価値があると見なされ持ち物までも差押えの対象になります。

貯金や財産がなければ、裁判になっても特にデメリットはないのでは?
残高がない銀行口座も差し押さえられるため、将来的に振り込まれる勤務先からの給料・賞与も差押えの対象になりますさらに、現在勤務している職場に裁判所から債権差押え命令の決定書が遅れられるため、職場に借金をしていることがバレるなどのデメリットが生じます。

借金は人に知られたくない問題ですよね。ましてや、借金が返せなくなって裁判で訴えられていることを職場で噂されると、今後の仕事に影響しかねません。。

信用を失ってしまえば職場にも居辛くなり、転職を余儀なくされる可能性さえあります。このような状況にまで事態が深刻化する前に、今すぐ対処した方が良いでしょう。

支払い催促が来なくなったら超やばい!
内容証明郵便による督促状が届いた後、ピタッと催促が止むことがあるそうです。それから数年間音沙汰がなく滞納していたことも忘れた頃に、突如、数年間分の遅延損害金を含めて一括請求されるケースもあるようです。

≫ クレジットカードの督促状が来なくなるのはなぜ?
※内容証明郵便で一括請求の督促状が届いたらすぐに対処しましょう。

エポスカードを滞納した時の対処法3つ!

現在エポスカードを滞納中の人は、以下の方法で至急対処しましょう。

  1. すぐに滞納額を支払う
  2. コールセンターに電話して相談する
  3. 他にも借金があるなら債務整理を考える

「うっかり残高不足で滞納してしまった…」という場合は、ATMもしくはインタネットバンクでお支払いしましょう。

ただし、「支払う余裕がなかった,,,」という人は、コールセンターに電話して支払い期間の延長や分割払いの相談をしてみる、もしくは債務整理を考えた方が良いケースもあるでしょう。

1つずつ解説します。

①:すぐに滞納額を支払う

エポスカードの支払いが遅れた場合、以下の3つの方法で滞納額を清算します。

  • 1)エポスATMで支払う
  • 2)インターネット入金で支払い
  • 3)銀行ATMで支払う
エポスカードは再振替を行っていないため、滞納後に引落口座に入金しても自動精算されません。上記の方法で直接滞納額を清算する必要があります。

それぞれの支払い方法を見てみましょう。

1)エポスATMで支払う方法

エポスカードでキャッシング・お支払いができる「エポスATM」というATMがあります。エポスATMの設置場所はこちらのページから検索できます。
※2022年時点で関東4県、大阪、福岡のみに設置されています。

エポスATMでの支払い方法

 1. エポスATMを見つける
 2. エポスATMにエポスカードを挿入
 3. お支払い金額(滞納額)を入金

以上で完了です。

2)インターネット入金で支払う方法

エポスカードの公式サイトにアクセスして「インターネットバンキングで支払う」を選択すると、以下の支払い方法の手順が表示されます。

インターネット入金(ペイジー)での支払い方法1. エポスNetのマイアカウントにログインする2. お支払い予定額を確認する3. インターネットバンキングを選択する4. 選択したインターネットバンクでお支払いする出典:EPOS Net, インターネット入金(ペイジー)

エポスNetにログインし、て上記の手続きを完了させてください。

3)銀行ATMで支払う方法

エポスカードの公式サイトにアクセスして「銀行ATMで支払う」を選択すると、以下の支払い方法の手順が表示されます。

銀行ATMでの支払い方法1. エポスNetのマイアカウントにログインする2. お支払い予定額を確認する3. 収納機関番号・お客様番号・確認番号を取得する4. 銀行ATMで「ペイジー払い」を選択する5. 取得した3種類の番号を入力してお支払いする出典:EPOS Net, インターネット入金(ペイジー)

エポスNetにログインして、上記の手続きを完了させてください。

ご利用できる銀行ATMは以下の21行のみとなるのでご注意ください。
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、青森銀行、荘内銀行、七十七銀行、群馬銀行、足利銀行、千葉銀行、横浜銀行、関西みらい銀行、南都銀行、広島銀行、福岡銀行、十八親和銀行、東和銀行、京葉銀行、熊本銀行(21年2月現在)
※コンビニATMでは入金不可。

②:コールセンターに電話して相談する

「すぐに支払うことができない」という人は、コールセンターに電話して返済方法を相談することをおすすめします。

コールセンターに電話して、“今すぐの支払いが難しい事情”を説明すれば、○○日まで支払いを待ってもらえたり、分割払いに変更するなどの対応をしてもらえるはずです。

エポスカードのコールセンター

  • 東京:03-3383-0101
  • 大阪:06-6630-0101

※受付時間:9:00~18:00 (1月1日休業)

なお、「○○日までにはお支払いします」と約束すれば、その日までは支払い催促の電話はストップします。

ただし、滞納が許されたわけではないので、カード利用停止は避けられないでしょう。
※支払いを待ってもらえたとしても、遅延損害金も発生します。

③:他にも借金があるなら債務整理を考える

エポスカードだけでなく、その他のクレジットカードやカードローンの返済も滞納している場合、さらに返済の目途が立たない場合は債務整理を考えた方が良いケースがあります。

債務整理とは?

債務整理とは、債権者と交渉して借金を減額したり、裁判によって借金そのものの返済義務を免責にする法的な手続きのことです。主に以下の3つの手続きがあります。

①任意整理
➁個人再生
➂自己破

弁護士や司法書士と相談して、借入状況や財産状況に応じた最適な手続きを選択します。

債務整理にはブラックリストに登録されるなどのデメリットもあります。そのため、債務整理を利用するかどうかは弁護士や司法書士に相談しながら慎重に考える必要があるでしょう。

一般的に、借金額が100~200万円を超えていれば債務整理した方が良い状況に陥っている可能性があります。

詳しくは、以下のページをご参照ください。

≫ 借金問題の95.6%を解決する『任意整理』について解説します
※クリックすると当サイトのメインページに移動します。

エポスカードは滞納後に即強制解約されるケースあり

通常、エポスカードは1ヵ月以上の滞納が続くと強制解約されてしまいますが、滞納直後もしくは滞納しなくても即強制解約されるケースがあります。

以下の3つに当てはまる人は、即強制解約される恐れがあるのでご注意ください。

  1. 滞納を何度も繰り返している
  2. 会員規約に違反した
  3. 他社のクレジットカードで問題が発生した

1つずつ見てみましょう。

①:滞納を何度も繰り返している

一度支払いを滞納をしてしまうと、「数日くらい支払いが遅れてもなんともない」というように、滞納することに慣れてしまいます。

数日支払いが遅れただけでは少額の遅延損害金が発生する程度なので、気にしない人も多いと思います。ただし、“滞納はエポスカードとの契約違反”ということを忘れてはいけません。

毎月のように滞納を繰り返すと、ある日突然エポスカードが強制解約されてしまうリスクが高まるのでご注意ください。

②:会員規約に違反した

エポスカードは以下の会員資格に違反した場合、予告なく即強制解約されるケースがります。

即強制解約されるケース

  • 登録情報の虚偽
  • 第三者への譲渡
  • クレジットカードの現金化

たとえば、エポスカードの申込時に虚偽の内容が発覚したり、本人以外の第三者がカード利用するなどの行為は強制解約の対象となります。

また、換金目的で商品券などをクレジットカードで購入することも会員規約で禁止されているため、現金化が発覚した場合は即強制解約されてしまうのでご注意ください。

③:他社のクレジットカードで問題が発生した

クレジットカードの契約内容や利用/返済情報は、信用情報機関を通して貸金業者・金融機関で共有されています。そのため、以下の問題が発生した場合はエポスカードも強制解約される可能性が高いでしょう。

他社原因で強制解約される例

  • 他社のクレジットカードで滞納した
  • 他社のクレジットカードでキャッシングした
  • 他社のクレジットカードが強制解約された

つまり、エポスカードは滞納せずに問題なく利用している場合でも、他社のクレジットカードで問題が発生した場合は強制解約される恐れがある、ということは覚えておきましょう。

エポスカードを滞納しても絶対やってはいけないこと3選!

お金に困っている時の精神状況は不安定です。借金があり、毎日のように支払い催促の電話にビクビクしているような人は要注意。

エポスカードを滞納しても、以下の3つは絶対やってはいけません。

  1. エポスカードからの電話に出ない
  2. 他のクレジットカードに申込む
  3. カードローンで借金を増やす

1つずつ見てみましょう。

①:エポスカードからの電話に出ない

毎月支払日に引落不可となれば、その数日後にエポスカードから電話がかかってきます。この時、「どうせすぐに払えない…」と思って“電話を無視しがち”ですよね。
※気持ちはわかります。でも無視しちゃだめ。。

エポスカードからの電話には必ず出ましょう。電話越しに怒られることはありませんのでご安心ください。

エポスカードからの電話は「引落ができていませんよ」「いつまでにお支払いできそうですか?」という確認のための電話です。

むしろ、自分からコールセンターに電話することができない(そんな勇気がない)人は、エポスカードから電話がかかってきた時に、“今すぐの支払いが難しい事情”を説明して、支払い方法を相談してください。

正直に「今は返済が厳しい…」と言う事情を相談すると、分割払いや支払い期限の延長などの対応をしてもらえるはずです。

②:他のクレジットカードに申込む

エポスカードの支払いを滞納すれば、カード利用が制限されます。このペナルティは滞納額の支払いが完了するまで解除されることはありません。

「それなら別のクレジットカードを作ればいいじゃん?」と思った人は要注意。

クレジットカードの利用額は“借金”です。クレジットカードを増やすことは借金を増やすことと同です。

エポスカードの滞納情報は信用情報機関に記録されます。他のクレジットカードに申込しても審査の段階で信用情報が参照されるため、審査落ちする可能性が高いでしょう。

さらに、審査落ちした情報も信用情報に記録されるため、あなたの信用情報はますます悪化していきます。

このような事態を避けるためにも、滞納中に他のクレジットカードに申込むことはおすすめできません。

③:カードローンで借金を増やす

カードローンは“高金利の借金”です。

エポスカードの滞納額を支払うためにカードローンでお金を借りる行為は一時しのぎに過ぎません。

借金を借金で返済返済する行為はさらに借金を大きくするだけ。
※これが自転車操業ってやつです。

カード破産に陥る人の99.99%はカードローンを利用しています。

どんなに苦しい状況になってもカードローンに手を出してはいけません。
※アイフルなどの消費者金融だけでなく、銀行系カードローンも同じです!

まとめ:エポスカードを滞納しても放置はダメ!強制解約される前に即対処を

滞納はエポスカードとの契約違反です。すぐに強制解約されてもおかしくありません。

「うっかりミスで口座残高不足になっていた」という場合は、以下の方法ですぐに支払いを済ませましょう。

エポスカード滞納後の支払い方法

  • エポスATMで支払う
  • インターネット入金で支払う
  • 銀行ATM入金で支払う

うっかりミスではなく「すぐに支払うことができない状況…」の場合、エポスカードのコールセンターに電話して“今すぐの支払いが難しい事情”を正直に説明しましょう。

「支払い期限の延長」もしくは「分割払いに変更」してもらえるはずです。

エポスカードのコールセンター

  • 東京:03-3383-0101
  • 大阪:06-6630-0101

※受付時間:9:00~18:00 (1月1日休業)

もし「エポスカード以外にも借金があるのでそもそも返済できる見込みがない」という場合は、債務整理を検討してください。

[借金問題の解決方法は自己破産だけではありません。リボ払いやカードローンのような高金利の借金の場合、「任意整理」によって借金総額を減額するケースがほとんどです。

返済総額が100~200万円を超えるような場合、任意整理によって借金を大幅に減額できる可能性があります。

「任意整理」とは、あなたの代理人となる弁護士(もしくは司法書士)が債権者(クレジットカード会社や消費者金融など)と直接交渉することで借金総額を減額する手続きです。

借金が減額できる「任意整理」とは?

任意整理とは、あなたの代理人(司法書士や弁護士)が債権者(クレジットカード会社や消費者金融など)に直接交渉・和解することで、借金を減額し、無理のない返済条件を取り決めする手続きです。

任意整理を考えた方が良い人の特徴

借金を返済できる目途がたたない…
毎月の支払いの滞納が続いている…
支払い催促の電話におびえている…

「毎月の返済を滞納している人」「返済を続ける目途がない人」は任意整理によって借金を減額できる可能性があります。

複数社のリボ払いや消費者金融を利用している人は、借金を大幅に減額できる可能性があります。

任意整理は弁護士(もしくは司法書士)に代理人になってもらい、債権者(カード会社や消費者金融業者)と交渉してもらう必要があります。

弁護士に相談する前に“どれくらい借金が減額できるのか”を知っておいた方が良いでしょう。

弁護士事務所が提供する『借金減額診断』を利用すれば、借金がいくら減額できそうか“無料”で診断することができます。

≫【無料】借金減額診断はこちら
※タップして3つの質問に答えるだけ!