雑記

楽天モバイルをiPhone SE (第2世代)で利用してみたレビュー【デメリットあり】

楽天モバイルをiPhone SE (第2世代)で利用してみた感想
楽天モバイルってiPhoneに対応していないって聞いたけど、実際は使えるんだよね?でも不具合とかないのかな。
2020年7月8日からiPhoneにも対応するようになりました!!

楽天モバイル対応のiPhone機種

iOS 13.5.1以降を搭載したSIMフリーのiPhone XS、iPhone XS Max、iPhoneXR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone SE(第2世代)

※「Rakuten link」の iOS版はこちらからインストールできます。

本記事では、ドコモユーザー歴20年だった私がドコモから『楽天モバイル』に乗り換え、実際に使用してみた感想をレビーしています。

楽天モバイルを利用しない理由はない!? 1年目は35,760円もお得!!

乗り換えるなら楽天モバイル引用元:楽天モバイル

2,980円×12か月=35,760円

今なら1年間使用料無料で契約できるため、無条件で35,760円もお得!!ってことですよ!?

さらに解約手数料無料なので、気に入らなければ途中解約してもOKです。

このチャンスに楽天モバイルを利用しない理由がありますか!?

正直、利用しない理由がありません…(だって無料なんだもん)。

このキャンペーンは会員数が300万人に達した時点で終了するということなので、お早めにどうぞ。

でも、あまりにも衝撃的なサービスに戸惑う人も多いはず…。

これまでの常識で考えれば一年間携帯利用料が無料って考えられない話ですもんね。。

でも、ご安心ください。

私は6月からiPhone SE(第2世代)で楽天モバイル「UN-LIMIT 2.0」を使い始めました
本当に1年目は無料なの?? 追加料金とか発生しない??

疑い深い人のために「my 楽天モバイル」でチェックできる私の3か月分の利用料金をお見せしましょう。

乗り換えるなら楽天モバイル
無料じゃないじゃん!! 7月は4,000円近く請求されてるよ!?
すみません。。これには理由があるので、ご安心ください。。

私が楽天モバイルを使い始めた2020年6月は、iPhoneは楽天モバイルの保障対象外であり、楽天モバイルの「Rakuten link」の通話アプリも「iOS版」に対応していませんでした。

さらに、初月に発生する事務手数料3,300円もiPhoneでの利用の場合はキャッシュバック対象外…。

つまり、保証対象外機種のiPhoneで楽天モバイルを契約したため、6月分の利用料は「事務手数料:3,300円」「通話料:639円」が請求されています。

※8月の110円も「Rakuten link」をインストールする前の通話料金です。

しかし、2020年7月8日からiOS版の「Rakuten link」がリリースされ、楽天モバイルでもiPhoneが使えるようになりました!!

楽天モバイルをiPhoneで利用する引用元:楽天モバイル

つまり、現在(2020年8月以降)であれば、iPhone機種でも「事務手数料無料」「通話料無料」で楽天モバイルを利用することができるため、実質の利用料金は無料になります。

楽天モバイルに切り替えるのを7月からにしておけば良かったとちょっと後悔しています。そしたら事務手数料も通話料も完全に無料で使えました。
「2,980年→1年無料」は会員数が300万人に達した時点で終了するので、お早めにどうぞ。

※本記事は2020年9月の情報です。最新情報は楽天モバイルの公式HPでご確認ください。

繰り返しになりますが、このチャンスに楽天モバイルを利用しない理由がありますか??

どう考えても、利用しない理由がありません…(だって無料なんだもん)。

ただし、すべてが良いわけではありません。。

実際に使ってみると「ん!?」っと思うところが一つありました。。

楽天モバイルさん、ちょっと期待していたのと違うよ!?

それが「楽天回線エリア」についてです。

これは楽天モバイルの唯一であり、致命的なデメリットだと思います。

楽天モバイルのデメリット:楽天回線エリアに繋がらない(5GBをすぐ消費する)

楽天モバイルの楽天エリアはまだまだ限定的引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの特徴をまとめると以下の通りです。

楽天モバイルの特徴
  1. 1年間利用料無料(2年目以降は月額2,980円)
  2. 全国の楽天エリアでデータ使い放題
  3. 海外では2GBのデータ使用が可能
  4. 国内通話かけ放題(Rakuten Link)
  5. 国際電話もかけ放題(海外⇒国内)

私は海外に行く予定があったこともあり、特に5番目の特徴がすごい!!っと思っていますが、多くの人にとっては、1番と2番の特徴が一番気になるところではないでしょうか。

レビュー記事を書きからこそ、正直な意見を申し上げると、2番目の「全国の楽天エリアで使い放題という特徴はまったくデタラメです!!

※正しくは「今後改善が必要」という表現が正しいかもしれませんが、あえて厳しい言葉でレビューさせてください。

楽天モバイルは「楽天エリア」であれば原則データ使い放題であり、それ以外のエリアでは「パートナー回線エリア」なら5GB/月使用することができます。

つまり、楽天モバイルの利用者は都市圏およびその周辺エリアにお住まいの方に限定されます。

ご自身のお住まい地域が楽天エリアに温まれているかは『楽天モバイルの公式HP』から確認することができます。

結論からいうと「楽天回線エリアにいるのに楽天回線に繋がらない」っという致命的なデメリットがあります。

楽天エリアにいるはずなのにデータ回線はパートナー回線エリアから切り替わらず、結局どこにいてもデータ通信料は5GBに制限されるので、まったく使い放題にはなりませんけど…。

これには残念です。。がっかりです。。

至急、改善を求めます!!

とはいうものの、現在はどこにいってもwifiに接続できる環境になってきているため、めちゃめちゃ不便かと言えば、そうでもないんですよね。

ただし、こう思えるもの「利用料が無料だから」かもしれません。

もし、月々2,980円が請求されるにも関わらず、楽天回線エリアに繋がらずにデータ通信が5GBで制限されるのであれば、解約したくなりますね。

ちなみに、「楽天エリア回線」or「パートナー回線」のどちらに繋がっているかは、ぱっと見では「LTE」としか表示されないため判断できません。

楽天モバイルは1年無料で利用可能

楽天モバイルのデータ回線が『Rakuten』or『au』を確認する方法

ちょっと面倒ですが、以下の方法で確認することができます。

電話アプリ(Rakuten link以外)で「*3001#12345#*」とダイヤルし電話をかけると、フィールドモードという画面に切り替わります。

楽天モバイルの回線を確認する方法場面上で「LTE」→「Serving Cell info」と進んで「freq_band_ind」の数字をチェックすることで現在繋がっている回線を確認することができます。

  • 楽天回線の場合:3
  • パートナー回線の場合:18, 19, 26

つまり、「freq_band_ind」に「3」と表示されていれば楽天回線に接続されている状況ですが、それ以外の数字が表示されていればパートナー回線(au回線)に接続されている状況になります。

楽天エリアにいるのに「3」の表示を見たことがありません…。

楽天エリアに繋がらないということは、楽天モバイルの唯一で最大のデメリットだと思いますので、至急改善を求めたいところです。

少なくても1年以内にお願いしたい…。

私が楽天モバイルをiPhoneで使う理由

楽天モバイルをiPhoneで使用してみた私はiPhone SE(第2世代)で楽天モバイルを利用していますが、apple製品ファンではございません。(笑)

愛用しているPCはMac bookではなく「HP spectre 360 x13」です

HP spectre x360 13 を簡単にレビュー【超コンパクト高性能ノートPC】
HP spectre x360 13 を簡単にレビュー【超コンパクト高性能ノートPC】 7年ぶり!?の新PCです これ↓ (指紋ついてちょっと汚い...笑) 2019年の発売モデルなので最新機種...

そんな私がなぜiPhoneにこだわったのか、その理由は「デュアルSIMスロット」です。

iPhone SE(第2世代)は「デュアルSIMスロット」を搭載している機種なんです

つまり、SIMカードをが2枚(正確にはデジタルSIMと物理SIMの2つ)を装着することができるということです。

そのため、デジタルSIM(eSIM)で楽天モバイルを契約していれば、従来のSIMスロットを空の状態にすることができるため、海外に行った時に現地で購入するSIMカードをそのまま差し込むことができます。

つまり、SIMカードを物理的に差し替える必要がなく、日本のキャリアのSIMカードが紛失する心配がありません。

なるほど!! つまり、海外と国内で使い分けることを目的としているんですね

その通り

「デュアルSIMスロット」が搭載されているというメリットはすごく大きいため、iPhone SE (第2世代)をどうしても使いたかったんです。

海外に行く予定がない人でも、「デュアルSIMスロット」が搭載されている機種であれば、仕事用とプライベート用を一つのスマホで使い分けできるし、さらにはドコモ回線と楽天回線を使い分けるという使い方もできます。

まとめ:1年間無料なら楽天モバイルを使わない理由がない

楽天モバイルは一年間無料引用元:楽天モバイル

何度も言いますが、楽天モバイルは1年間使用料無料で契約できるため、無条件で35,760円もお得!!ってことですよ!?

さらに、それ以外にも楽天モバイル公式HPに掲載されているスマホ機種を購入することで、最大26,300円相当のポイント還元のキャンペーンも展開中です。

つまり、今楽天モバイルを使い始めるなら、

  1. 1年間無料:35,760円
  2. 新規申込特典:26,300円

⇒ 最大で、62,060円お得に契約できます!!

さらに、解約手数料無料なので気に入らなければ途中解約してもOKです。

このチャンスに楽天モバイルを利用しない理由がありますか!?

何度も言いますが、楽天モバイルを利用しない理由がありません…(だって無料なんだもん)。

「1年無料」は会員数が300万人に達した時点で終了するということなので、お早めにどうぞ。

ただし、現在の楽天モバイルは致命的なデメリットがあることもお忘れなく!!

楽天モバイルのデメリット

楽天通信エリアにもかからわず、楽天パートナー回線にしかつながらない!!

普段からwifi環境下にある方であればほとんど問題ないと思いますが、楽天回線使い放題を期待しているのであれば、要注意です。

≫ 楽天モバイルの公式HPで詳細情報をみる

余談:楽天モバイルは解約しても違約金が発生しないのは良心的だと思う

私はドコモ歴20年でしたが、2020年6月から楽天モバイルに乗り換えました。

ちなみに、楽天モバイルに乗り換える際にドコモとの契約を解除したのですが、解約手数料が15,000円ほど発生しました。。

そもそも、私が楽天モバイルに切り替えた理由は『Rakuten UN-LIMIT』の契約解除料無料に衝撃を受けたからです。

他の携帯会社は2年契約の縛りや解約するときに違約金が発生しますよね。

これってやっぱりおかしい…っていう違和感をずっと感じていました。

サービスを提供する側が違約金で消費者を縛るってそもそも良心的じゃないし、本当に良いサービスを提供しているのであれば、違約金ではなくサービスの質で消費者が他社に流れないようにするべきだよ。

楽天モバイルは正直まだまだ改善点は多いと思いますが、契約解除無料という違約金でユーザーを縛り付けない姿勢に信頼を託してみようと思いました。

今回の1年間使用料無料キャンペーンは、他キャリアからの乗り換えのお客様に対して、これまで契約していた他社との契約解除にかかる違約金を楽天モバイルが負担してくれている様なものだと思います。

ありがとう、楽天モバイル。

おすすめ記事

≫【女性必見】テレワーク(在宅ワーク)で気分をあげるおススメPCアイテム(キーボード編)