奨学金

【朗報】大学生は奨学金を投資に回せ!! 20年後には1,000万円以上の資産になる

【朗報】大学生は奨学金を投資に回せ!! 20年後には1,000万円以上の資産になる
  1. 奨学金の貸与利率が0.1%以下で過去最低値になっているため実質的に無利息で資金を調達できる。
  2. ネット証券で誰でも簡単に米国株投資ができるようになった。
  3. 米国株のインデックスファンドの長期投資が最も安全かつ低リスクな資産運用の方法として認知され始めた。

奨学金を元手にネット証券で米国株の資産運用を20年以上継続すれば1,000万円以上の資産を作れる。

 

上記をパッと理解できるあなたは金融リテラシーがすごく高い大学生だと思います。
※このページを読む必要はないかも。

 

投資には興味があるけど、”ネット証券”とか”米国株”とか”インデックスファンド”がちょっとよくわかりません…。

 

こんな不安があれば、このページを読む価値あるかもしれません。

とは言っても、株式投資を始めることはまったく難しいことではありません。インターネットとお金があれば簡単に始められます。

 

証券口座を開設するのがちょっと面倒ですが、ぶっちゃけ履修登録よりは簡単なレベルなので安心してください。

 

あなたの周りにも、すでに株式投資を始めている同級生がいるはずです。

そういう大学生は、奨学金を使えば将来の資産形成を見据えた株式投資ができることに気付いているんですよね。

  • 奨学金の貸与利率が0.1%以下だからこそ始めるべき大学生からの資産運用
  • ネット証券と奨学金があれば株式投資は始められる
  • 大学生から株式投資を始めるべき理由

 

もし「奨学金を借入しているけど、毎月なんとなく使い切っている」という学生へ。

“5分だけ”私のアドバイスに耳を傾けて欲しいです。

 

例えば、第2種奨学金を月額10万円借りた場合、4年間で480万円になります。

これを全額株式投資に回した場合を考えてみましょう。

 

(例) 奨学金480万円を20年運用

話を分かりやすくするために、4年間で借入した480万円を卒業しに一括投資することを想定します。

その結果、22歳から480万円を年利5%で資産運用(株式投資)することで、20年後の42歳には実利益約800万円ほどが期待できます。

※実利益は奨学金借入額(480万円)を差し引いて得られる利益です。

 

上記の例では、大学卒業後の22歳以降は追加投資なしという設定ですが、大学卒業後も毎月1~2万円の追加投資ができれば、40代で実利益1,000万円を超えてきます。

ちなみに、国税局による平成30年分民間給与実態統計調査結果によると、日本人の平均年収は、46.4歳(勤続年数12.2年)で年収440万円程度です。

 

「就職してバリバリ働いて年収800~1,000万円を目指すんだ!!」っと意気込んだとしても、これが日本経済の現実です。。

20代の頃なんて年収300万円前後が現実的でしょう…。そこから税金などが引かれることを考えれば、将来に不安しか持てなくなります。。

 

そして、もう一つ。

若い世代が知っておかなければいけない現実があります。

以下は総務省により報告されている2019年の家計調査報告書から抜粋したデータです。

衝撃的な事実ですが、日本人の40代世代(世帯主)の純貯蓄残高はマイナスになっています。

つまり、40代では貯金額よりも“負債(借金)が大きい”というのが現実です。

ただし、この負債は住宅ローンが影響しると考えられますが、60代になると退職金を受給することで、一気に貯蓄と負債の割合が改善されています。

しかし、これからの若い世代が同じように60代で“退職金”を当てにすることができるでしょうか。

 

2019年には事実上の終身雇用制度の崩壊があり、さらに2020年にはコロナによる経済ショックがあり、働き方そのものが見直される時代になりました。

今後、今の団塊世代の様に、若い世代が60代になり退職金をもらうことはできないでしょう(公務員などの一部の職種を除いては…)。

つまり、退職金をなしにして、上のグラフのように50代で純貯蓄高がプラスに改善されることなどあり得ません。これが現実です。

 

だからこそ、若い頃からの資産形成が重要になるのです。というか、始めておかないと将来やばいよね。

 

この状況に気付いている大学生もいます。あなたの周りにも、すでに株式投資を始めている同級生がいますよ。

将来、後悔をしないためにも“5分だけ”以下のアドバイスに目を通してもらえると嬉しいです。

【大学生×投資】奨学金の貸与利率が0.1%以下を利用しない理由はない

大学生は奨学金で株式投資するべき繰り返しになりますが、第2種奨学金を月10万円借入すれば4年間で480万円になります。

さらに卒業時、22歳で480万円を一括投資して20年間放置(年率5%で運用)すれば、42歳で実利益800万円以上、さらに大学卒業後も少額(1~2万円くらい)の積立投資を継続することで40代で実利益1,000万円を超えます。

 

20年後とかを考えろ!!ってちょっと無理は話ですが、そもそも投資って10年以上の時間をかけて資産運用するものですからね!

 

具体的な計算については、ページ後半部分でシミュレーション結果を記していますので、ご確認ください。

※これはギャンブル的な短期投資ではなく、長期的な資産形成のお話です。

 

さて、肝心の元手資金となる奨学金ですが、ここ数年で第2種奨学金の金利が実質ゼロ%となっていることに気付いている大学生は少ないはず。

 

 

世の中に0.1%以下の金利でお金が借りられるなんてことありませんよ。数千万円借りる住宅ローンでさえ1%前後だし、カードローンは18%ですからね。

 

私が大学生だった十数年前は、第2種奨学金の金利は1~2%だったため比較すると100分の1以下にまで下がっていることになります。

 

「実質無利子で借入したお金を年率5%で株式運用できれば“年間数十万円の不労所得”が得られる」ってことです。

 

これってすごいことですよ!?

資本主義社会のバグ??っみたいな…。(笑)

このことにそろそろ気付いてください。

仮に奨学金の返済利率が2%~3%であれば、奨学金を利用する今ほど大きなメリットはありません。利率固定方式でも年率0.1%を下回っている今だからこそ、奨学金を利用するメリットは大きいと言えます。

 

奨学金の貸与利率が過去最低となっている今を逃す理由がありません。
※0.1%を切っている現在の利率は、アベノミクスの異次元金融緩和によるマイナス金利政策によって実現しているため、今後は間違いなく利率は上がっていきます。

 

FXを始めようとしている人向け
大学生から始める稼ぐためのFX投資ルール【証拠金20万円で月利10%を狙え!!】
大学生から始める稼ぐためのFX投資ルール【証拠金20万円で月利10%を狙え!!】 本記事では、こんな疑問にお答えしようと思います。 結論から言えば、大学生(18歳以上)でもFX会社に口座開設の申請をして審...

 

ネット証券と奨学金があれば株式投資は始められる

大学生は今から奨学金を利用した積立投資をはじめよう
若い頃から資産形成しておくことが大事だし、奨学金を使うメリットもわかったけど。でも、株式投資なんて全くの素人でも始められるか不安です…。

 

わからなくて当然。不安なのも当然です。

どんな優れた投資家でも、始めた時はみんな初心者です。

ですが、今はネットの時代であり、Google検索からでもYouTubeからでも簡単に情報を得ることができます。

 

株式投資の始め方
~おおまかな流れ~

まずは、ネット証券口座を開設しなければ始めることができません。

 

ネットで口座開設…??
しかもネット証券??

 

大丈夫。履修登録するよりも簡単です。

それこそ、YouTubeにネット証券口座の開設方法の動画もありますので、それを見ながら手続きすれば誰でもできます。

※ネット証券口座は“無料”で開設できます。

 

ネット証券で株式投資を始める流れ

  1. ネット証券口座を選ぶ。
  2. 口座開設の申込&審査。
    (→ 申込ミスがない限り審査に落ちることはないはず)
  3. 口座開設後にネットでチェック&入金。
    → 奨学金を利用する
  4. 投資する銘柄を選び、購入。
    → 米国株がおススメ

 

これだけです。

ただし、初心者が必ず躓(つまず)くポイントがあります。

それが一番最初のネット証券口座選びです。

 

初心者にとって、ネット証券口座を選ぶってめっちゃ大変な作業です。利用したことすらないため、何が良いのかわからないし決めきれません。

 

でも、ここで悩んでいても仕方ありません。

ネット証券口座は無料で開設できるため、もし失敗したと思えば、別のネット証券口座を作ればいいだけです(銀行口座は複数持ってますよね?それと同じです)。

とはいっても、“評判が良い” or “利用者が多い”ネット証券口座を選ぶのが良いでしょう。

 

その理由は、“評判が良い” or “利用者が多い”っということは、有名が大手企業が運営しているため信頼性があること、そして多くの人が利用しているため、そのネット証券口座に関する情報が多く、わからないことがあればググれば解決できるためです。

 

ぶっちゃけ、ネット証券口座を選ぶ理由は、この2つで十分です。

以下におススメのネット証券口座を3つピックアップしていますが、聞いたことありますよね?ネットやCMでもお馴染みの大手企業が運営しているネット証券口座です。

 

DMM.com証券
2019年12月から米国株の取引手数料が完全無料化されたことで注目度が高いネット証券口座です。取扱い銘柄数は他証券界はと比較して多くはありませんが、GooleやAppleなの世界的な有名企業株は取り揃えられています。

≫ DMM.com証券 公式サイトへ
※抽選で200円キャッシュバック特典あり

 

SBIネオモバイル証券
1取扱い銘柄数が豊富で米国株の他にも、中国、ロシア、さらにはアセアン株式の売買も可能です。投資信託が100円以上1円単位で買えるので投資初心者でも気軽に始められます。

≫ SBIネオモバ証券 公式サイトへ
※Tポイントで株が買えます。

 

楽天証券
お馴染みの楽天がサービス提供しているネット証券口座です。取引手数料が安いく、取引量に応じて楽天ポイントが付与&運用することができるため、楽天ユーザーに人気の高いネット証券です。

≫ 楽天証券 公式サイトへ
※楽天ポイントで株が買えます。

 

どれか1つを選んで、YouTube動画の手順に沿って一緒に口座開設すればOKです。

※ネット証券の口座開設は無料です。口座開設することで各証券会社の取り扱う銘柄の情報をチェックすることができます。

 

株式投資で購入すべき銘柄
~米国株インデックスファンド~

ネット証券口座を開設できたけど、その後はどうしたらいいのでしょうか…。

※投資は自己責任でお願いします。

 

結論は、米国株投資です。さらに言うと米国株のインデックスファンド”です。

具体的な銘柄は
SBI・バンガードS&P500』

※SBI証券でなければ購入できないというものではありません。

『SBI・バンガードS&P500』の銘柄を購入するということは、厳選された500社の株価の変動値をもとに売買される機械的な資産運用をすることになります。

つまり、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロの手腕による売買(アクティブファンド)ではなく、機械的な自動投資をすることになります。

アクティブファンドよりもインデックスファンドの方が長期的に見て投資成績が良いことが、バンガード社の40年以上の実績により証明されています。

 

インデックスファンドとか、自動投資とか聞くと難しそうに思うかもしれませんが、あなたは『SBI・バンガードS&P500』という銘柄をネット証券で購入するだけでOKです。

 

ん!? それだけ?? 買ってしまえばあとは放置でいいんですか??

 

はい。購入後は長期保有してください。

むしろ、これ以上のこと(個別銘柄を売買するなど)は相当な勉強と経験がない限りすべきではありません(リスクが伴います)。

ただし、これをきっかけに株式投資を勉強したうえで、インデックスファンド以外の個別銘柄をチェックしてみるのは良いかもしれません。

とりあえず、オリラジ中田さんのYouTube大学で勉強しましょう。

中田さんに米国株投資の基礎知識を教われば、自然と興味が湧いてくるはずです。

まずは、きっかけを作りましょう。

そのきっかけが「ネット証券口座を開設すること」「米国株投資の話を聞いてみること」の2つです。

 

もし、この2つのきっかけを経験しても「いまいち興味がわかないな…」言う人は、そもそも投資に向いていないかもしれません。興味がないことを無理にしない方が良いかも。

 

ちなみに、ネット証券口座が開設できれば、各銘柄のチャート(価格の値動き)を見ることができます。

例えば、AppleとかGooleの有名銘柄をチェックしてみたり、最近話題のANAやJALなどがどういう状況かをチェックするだけでも、経済ニュースの見方が変わってきます。

 

米国株の長期投資をおススメする理由

資産運用で重要なキーワードは“米国株投資”です。

リスクを抑えて長期的な資産形成をするなら『米国株のインデックスファンド』一択。

 

SBI・バンガードS&P500

その理由は米国株がここ30年以上にわたって成長し続けているから。

 

大学生は奨学金を利用した株式投資で資産形成しよう引用元:マネックス証券

上のグラフを見れば一目瞭然です。日本株(日経平均株価)はずーーっと横ばいで成長していないにも関わらず、米国株(NYダウ平均)は2008年のリーマンショック後も安定した成長をし続けています。

 

とはいっても、上がり続けるとは限らないし、やっぱりギャンブルじゃないの??

 

もちろん、未来のことは分かりません。

しかし、今日巨大隕石が地球に衝突して近代社会が崩れるようなことがない限り、時代は逆行することはありません。

 

例えば、20年前には存在しなかったスマホが今では当たり前ですよね。Bluetoothなんて10年前にはなかったし、wifiもこんなに飛んでいませんでした。

こうしたテクノロジーが今後さらに発展することはあっても、衰退することは考えられません。

例えば、スマホから再びガラケーに逆戻りすることなどありませんし、CDプレーヤーやMDプレーヤーが再び普及することもありません。

 

つまり、時代は経済とともに“成長”し続けるため“逆行”することはありません。

 

一時的には打撃を受けて株価が急落することもあるかもしれませんが、経済が発展し続ける以上、再び回復します。実際、2020年のコロナショック後株価はすぐに復活し、成長を続けています。

 

FXを始めようとしている人向け
大学生から始める稼ぐためのFX投資ルール【証拠金20万円で月利10%を狙え!!】
大学生から始める稼ぐためのFX投資ルール【証拠金20万円で月利10%を狙え!!】 本記事では、こんな疑問にお答えしようと思います。 結論から言えば、大学生(18歳以上)でもFX会社に口座開設の申請をして審...

 

大学生から株式投資を始めるべき理由

大切なことは「若い頃からの積立投資で長期目線で安定的な資産形成をする」こと。

間違っても短期的なギャンブル投資をしてはいけません。

 

資産運用を始める環境はすでにある

  • ネット証券の誕生により誰でも簡単に株式投資を始められる時代になった。
  • 株式投資、資産運用のための情報がネット上には溢れている
  • 奨学金の年率は実質ゼロになっているため、資産運用のための元手資金を容易に確保できる。

 

こうした条件が整うことができる時代はこの先ありません(日銀のマイナス金利政策は終了し、今後金利は上昇していくため)。

奨学金を借入できる大学生の特権

こんなチャンスを利用しない理由などありません。

今後、日本という土壌において人生を豊かにしていくには若いころからの資産運用は必須であり、今始めるか否かで20年後、30年後の人生が大きく変わってきます。
※極めて地味な長期投資による安定した資産形成です。

では、具体的にどれくらいの期間でどれだけの資産形成ができるのか気になりますよね。

一緒に計算してみましょう。

 

奨学金で株式投資した場合の資産形成例

まず始めに、投資を始める上で大切なことをお伝えします。

株式投資の平均的な利回りは年率3~5%

つまり、100万円を株式投資すれば、一年後には105万円になる利回りです(年率5%の場合)。

少なっ!!って思うかもしれませんが、これが投資です。短期的に大金を得ようとするギャンブルとは違います。

さて、本題に移ります。

ここではわかりやすく、毎月貯めた奨学金を卒業時に一括投資した例にしています(毎月定額づつを投資する積立投資(ドルコスト平均法)でもOKですが、計算を単純にするため一括投資の例でご了承ください)。

例1.奨学金を月5万円貸与、計240万円(4年間分)を20年間運用

年率 3% 年率 4% 年率 5%
1年目 ¥2,472,000 ¥2,496,000 ¥2,520,000
2年目 ¥2,546,160 ¥2,595,840 ¥2,646,000
3年目 ¥2,622,545 ¥2,699,674 ¥2,778,300
4年目 ¥2,701,221 ¥2,807,661 ¥2,917,215
5年目 ¥2,782,258 ¥2,919,967 ¥3,063,076
6年目 ¥2,865,726 ¥3,036,766 ¥3,216,230
7年目 ¥2,951,697 ¥3,158,236 ¥3,377,041
8年目 ¥3,040,248 ¥3,284,566 ¥3,545,893
9年目 ¥3,131,456 ¥3,415,948 ¥3,723,188
10年目 ¥3,225,399 ¥3,552,586 ¥3,909,347
11年目 ¥3,322,161 ¥3,694,690 ¥4,104,814
12年目 ¥3,421,826 ¥3,842,477 ¥4,310,055
13年目 ¥3,524,481 ¥3,996,176 ¥4,525,558
14年目 ¥3,630,215 ¥4,156,023 ¥4,751,836
15年目 ¥3,739,122 ¥4,322,264 ¥4,989,428
16年目 ¥3,851,295 ¥4,495,155 ¥5,238,899
17年目 ¥3,966,834 ¥4,674,961 ¥5,500,844
18年目 ¥4,085,839 ¥4,861,960 ¥5,775,886
19年目 ¥4,208,415 ¥5,056,438 ¥6,064,680
20年目 ¥4,334,667 ¥5,258,696 ¥6,367,914
増加額 ¥1,934,667 ¥2,858,696 ¥3,967,914
月5万円、計240万円を株式投資に回すことができれば、20年で実質利益が200~400万円くらい期待できます。

月5万円ならバイト代でもOKですよね。無駄な飲み会などにお金を使っている場合ではありません!!

 

例2.奨学金を月10万円貸与、計480万円(4年間分)を20年間運用

年率 3% 年率 4% 年率 5%
1年目 ¥4,944,000 ¥4,992,000 ¥5,040,000
2年目 ¥5,092,320 ¥5,191,680 ¥5,292,000
3年目 ¥5,245,090 ¥5,399,347 ¥5,556,600
4年目 ¥5,402,442 ¥5,615,321 ¥5,834,430
5年目 ¥5,564,516 ¥5,839,934 ¥6,126,152
6年目 ¥5,731,451 ¥6,073,531 ¥6,432,459
7年目 ¥5,903,395 ¥6,316,473 ¥6,754,082
8年目 ¥6,080,496 ¥6,569,131 ¥7,091,786
9年目 ¥6,262,911 ¥6,831,897 ¥7,446,375
10年目 ¥6,450,799 ¥7,105,173 ¥7,818,694
11年目 ¥6,644,323 ¥7,389,379 ¥8,209,629
12年目 ¥6,843,652 ¥7,684,955 ¥8,620,110
13年目 ¥7,048,962 ¥7,992,353 ¥9,051,116
14年目 ¥7,260,431 ¥8,312,047 ¥9,503,672
15年目 ¥7,478,244 ¥8,644,529 ¥9,978,855
16年目 ¥7,702,591 ¥8,990,310 ¥10,477,798
17年目 ¥7,933,669 ¥9,349,922 ¥11,001,688
18年目 ¥8,171,679 ¥9,723,919 ¥11,551,772
19年目 ¥8,416,829 ¥10,112,876 ¥12,129,361
20年目 ¥8,669,334 ¥10,517,391 ¥12,735,829
増加額 ¥3,869,334 ¥5,717,391 ¥7,935,829
月10万円、計480万円を株式投資に回すことができれば、20年で実質利益が400~800万円くらい期待できます。

上の計算例は、大学4年間で貸与する奨学金のみを株式投資に回した計算例です。

実際には大学卒業後、23歳以降も一定額(毎月1 or 2万円)を積立投資していくことで、20年間で実質利益1,000万を大きく超えるでしょう。

ただし、20年後っと言えども40代前半でまだまだ働き盛りの年齢です。

その後も積立投資を続ければ、60歳には2,000万円を超える実質利益が生まれます。

このことに早く気付けた学生のみが、日本経済がどんな不況に見舞われたとしても将来お金に困らない人生を送ることができます。

繰り返しますが、あなたの周りにいる優秀な学生はすでに始めています。

 

まとめ:奨学金を元手にネット証券で米国株のインデックスファンドに投資しよう

現在の大学生の世代は、これまでの終身雇用制や年金制度の恩恵を受けられない世代になることは間違いありません。

終身雇用制度は事実上崩壊しているうえに、コロナの影響によって各企業は生産性がなくなった世代から順に首切りしていく風潮が顕著になり始めました。

これまでの常識が通用しなくなる時代になりつつあります。

これから20年後、30年後をどう生きるかは、大学生の時期のちょっとした行動の差が大きく影響することは間違いありません。

幸いなことに、今の大学生は資産運用を始めるために必要な環境がすべて整ったネット社会を生きています。

 

資産運用を始める環境はすでにある

  • ネット証券によって誰でも簡単に株式投資を始められる時代になった。
  • 株式投資、資産運用のための情報がネット上には溢れている
  • 奨学金の年率は実質ゼロになっているため、資産運用のための元手資金を容易に確保できる。

 

あなたの同級生や周りにいる優秀な学生はすでに始めています。

大げさかもしれませんが、10年前は個人が気軽に株式投資できるようなプラットフォームは整ってなかったし、米国株などの情報を誰でも簡単に入手することができるようになったのもここ数年の話です。

ネットの普及によって、誰でもチャンスを掴むことができる時代になってきたことは確かです。

そのチャンスを掴もうとするかどうかは、あなた次第です。

 

 

おすすめのネット証券口座

ネット証券会社 取引手数料 取扱銘柄数
1位

≫DMM.com証券

無料 930
銘柄以上
2位

≫SBI証券

約定金額
×0.45%

(最低: 0ドル)
3,400
銘柄以上
3位

≫楽天証券

約定金額
×0.45%

(最低: 0ドル)
2,900
銘柄以上

※ネット証券の口座開設は無料です。口座開設することで各証券会社の取り扱う銘柄の情報をチェックすることができます。