奨学金

【奨学金で積立NISA】大学生は投資による資産形成で賢く生きよ!!

【奨学金で積立NISA】大学院生は賢く生きろ!!

月2万円を20年間積立した場合

  • 奨学金借入総額:4,992,000円
  • 積立総額:4,800,000円
  • 最終資金:8,149,156円(積立期間20年、年率5%)
  • 奨学金返済総額:3,552,000円 (1,440,000円の免除と仮定)

実質利益:4,789,156円

※奨学金の返済額を引いた金額です。

これは、毎月の奨学金を少しだけ(2万円)積立投資に充てた場合、20年後には実質的に480万円近くの不労所得が得られる、という試算結果です(本ページで詳細に解説します)。

大学生であれば実質的に無利息の奨学金という資本金を得ることができますので、このチャンスを生かさない選択肢はないでしょう。

令和元年の奨学金貸与利率:
0.087%
(年間平均)

現在の奨学金は第2種であっても実質的に「無利子」&「無利息」で利用できると言ってもいいほど、利息が下がっています。

つまり、奨学金を借入できる大学生、もしくは大学院生であれば、タダで数百万円の投資資金を作ることができます。

奨学金といってもお金を借りるのはちょっと怖いです…。ましてやそれを投資に使うなんて恐ろしすぎます…。

「お金を借りることに抵抗がある」という考えの方もいるかと思いますが、無利子で借りれるお金であれば借りておいて損はない、むしろ借りておくべきです。

ビジネス的な感覚で言えば、そもそも無利子で借りれる融資などありません

例えば、お金持ちはお金持ちになりやすい(資産を増やしやすい)理由の一つに、資本(お金)をたくさん持ってることが考えられます。

つまり、自らが労働するのではなく、お金に働いてもらうことで資産が増えるという仕組みですね(聞いたことはありませんか??)。

これは「金持ち父さん、貧乏父さん」の中で語られている有名な話ですね。


しかし、本記事の内容は「金持ち父さん、貧乏父さん」のような大きな話ではなく、資本があればお金は増やせるという考えを前提に、奨学金のうち毎月2万円だけを投資にあてることによって時間をかけて大きな見返りを得ようじゃないか、というお話です。

もしくは月2万円程度であれば、奨学金でなくてもバイト代から補填することだってできなくはないことですよね。

日本人はなぜかお金の教育をされていません。

しかし、これからの人生のなかでお金に関する知識はとても重要であり、早く学べばそれだけ自分の利益になって返ってきます。

例えば、若い頃(20代)からの資産形成により40代で1,000万円いじょうの資産を形成することは可能になります(→ 詳しくこちら)。

仕事も貯金も安定してきた30-40代、もしくは退職金がちらつく50-60代になってからお金や投資の勉強を始める人もいますが、おそらく皆が思う事は「もっと早くに勉強しておけばよかった…」ということです。

20代に戻れるのであれば、一刻も早く勉強すべきだと考えるでしょう。

まだ記憶に新しいと思いますが、年金2,000万円問題を覚えていますか??

麻生大臣が受け取りを拒否したとされる報告書の真意は、「若いころからの積み立て」を促す意図があたようですが、それ以上に年金制度の崩壊という意味合いが色濃く印象印象付けられてしまいました。

これって「積立NISA」をはじめましょうってことですよ!!
積立NISAとは

2018年1月からスタートした積立型の少額投資非課税制度で、年間40万円まで、20年間の積み立てが可能で、それにより得られる福利が非課税になる制度です。

日本ではこうした投資により発生する利益に対して20%の税金が課せられますが、積立NISAを活用することで、20%の課税が免除される仕組みとなっています。

国が免税を認める制度を用意し、それを推奨しているわけです。

日本に投資するなんて、少子高齢化で未来なさすぎて不安…。しかも国がそれを薦めているなんて、なおさら信じられません…。
積立NISAは日本に投資することではなくて、あくまで免税の対象になるという投資制度のことです。現在では米国株投資が人気であり、積立NISAを利用することで節税することもできるため、お得な制度なんです。

勘違いしている方も多いようですが、積立NISAとはいわゆる免税対象となる投資方法のプラットホーム的なものです。

つまり、日本企業や日本株に投資しろという話ではありません。

YouTube大学でお馴染みのオリラジ・田中敦彦さんも資産運用に関するYouTube講義をしてくれていますので、チェックしてみてください!!(← 普通に面白い)

こうした情報って以外にみんな知らずに、間違った方法で資産運用を始めてしまうことが多いのではないでしょうか。

特に若い頃は、こうした金融リテラシーも低く、投資に充てるお金もないため「自分には関係がない…」と思いがちです。

しかし、現在はインターネット環境が充実しているため、株式投資や資産形成に関する情報を誰でも簡単に入手することができ、さらにはネット証券の誕生により、実質手数料無料でスマホで手軽に資産形成を始められる時代になりました。

そのうえで次に何が必要になるのか、それは投資資金(元本)です。

奨学金は実質無利子点無利息で借入できる融資であり、使い道は自由です。それを利用できる大学生が資産形成を考えないこと自体、とっても損しているとは思いませんか??

これは、大学生だった頃の自分に伝えたいことです。。

もしあなたが現在大学院生であれば、もしくはこれから大学院を目指す大学生であれば、是非参考にしてみてください。

※取引手数料0円で米国株投資ができます
誰でも簡単にネット証券を利用できるようになった現在において、資産運用&株式投資を始めるためには個人でネット証券を利用することは必要不可欠です。さらに米国株の取引手数料が0円のDMM.com証券は注目度が高いネット証券と言って間違いありません。
≫ DMM.com証券の公式サイトはこちら

【奨学金で積立NISA】大学生でも資産運用を始める時代です

大学生の皆様に、質問です。

Q. 先月入金された奨学金を何に使いましたか??

もしかすると、特に何も気にせずに生活費(食費や娯楽費)に消えていったかもしれませんね(普通の大学生ならまったく普通の使い方だと思います)。

しかし、もし奨学金の一部をちょっとだけ資産運用にあててみることを想像したことがありますか??

結論から言うと、奨学金を元手に毎月2万円を20年間積立することで、実質的に4,789,156円の不労所得が得られることが試算できます(年率5%を想定)。

もしも奨学金を無駄に飲み会などに消費しているのであれば、あなたは大バカ者です。

ましてや大学院生であれば、もっと賢く考えて生きるべきです。

私が大学院生だった10数年前とは違って、奨学金に対する考え方も大きく変わってきているのも事実でしょう。

2019年に話題になった奨学金徳政令。

れいわ新選組率いる山本太郎氏が政策の一つに掲げた「奨学金に苦しむ555万人の借金をチャラにする」という奨学金徳政令が話題になり、奨学金は国がやってる武富士(金貸し業者)なんだと揶揄したことで、奨学金の実態について考えさせた人もいるでしょう。

まだ学生で、将来どうなるかもわからない、給料もらえるかもわからない若者が簡単に多額の借金ができる制度は、どう考えてもおかしな制度です。

仕事をしている大人ですら、数百万円の借金をするには厳しい審査があり、借入を断られるケースも多いにも関わらず、仕事も決まっていない20歳前後の学生が数百万円のお金を簡単に借りれる現状は、冷静に考えればおかしな制度です。

実は諸外国を参考にすると、例えば欧州では大学授業料の無償化と給付型奨学金の制度が浸透しています。

引用元:長周新聞社,世界に逆行する“教育後進国”の実態 欧州は大学学費無償が大勢

そもそも返済義務があるにもかかわらず、奨学金という名が浸透していること自体がおかしいことに日本人は気付かなければりませんよ。

これって奨学金ではなく学生ローンですからね。

しかし、こうした制度はすぐに変わるわけではありません。それならば、奨学金制度を上手く逆手にとって活用していくことを考えてはみませんか??

現在、奨学金は第2種であろうと実質的に無利子の融資と考えられるほどに超低金利になっているのをご存知ですか??

私が大学生だった10年以上前は、第2種の金利は1~2%くらいだったと思いますので、その当時の100分の1のレベルまで金利が引き下げられているのです(つまり、ほぼ無利子です)。

つまり、奨学金を利用できる大学生 or 大学院生は実質無利子で投資資金を得ることができるんです。

それを積立NISAを利用して投資に回すことで、これ以上にリスクのない資産運用が他にあるでしょうか??

大学生から始める奨学金を利用した積立投資

では、奨学金を利用して資産運用(積立投資)をした場合、具体的にいくら得することができるのか(不労所得が得られるのか)を考えてみましょう。

その前に、まずは奨学金を借り入れして投資資金を用意しなければなりません。

また、大学院へ進学するなら大学院博士課程まで進学することを強くお勧めします(以下ページを参考に)

【大学院進学者必読!!】元PDが伝えたい大学院で失敗しないための5つのアドバイス
【大学院進学者必見】元PDが伝えたい大学院で失敗しないための5つのアドバイス こんなふうに思う修士の学生って結構多いと思います(大学院へ進学したプライドがあるため、口に出す人は少ないですが...)。 ...

ここでは、金融リテラシーに興味を持ち始め、さらに将来について真剣に考え始めた大学院生を例に考えてみましょう(大学生ならより容易です)。

借入可能な奨学金の種類や金額、さらに卒業後の毎月の返済金額のシミュレーターが日本学生支援機構のHPにありますので、こちらを利用してみます。

今回は、下記の2種類の奨学金について考えてみましょう。

大学院修士課程(2年間)
第一種・貸与月額88,000円 (合計2,112,000円の借入額)

大学院博士課程(3年間)
第一種・貸与月額80,000円 (合計で2,880,000円の借入額)

なお、あまり周知されていませんが、大学院博士課程で借入した第一種奨学金は全額、もしくは半額の免除申請が可能です。

≫ 大学院博士課程の奨学金免除制度について

ここでは、大学院博士課程で借り入れした奨学金が半額免除となったケースについて話を進めていきたいと思います(私自身、半額免除を受けることができました)。

つまり、大学院博士課程卒業時の貸与総額は4,992,000円、返済総額は3,552,000円 (1,440,000円の免除)となります。

なお、上記のケースで奨学金を借入れした場合、毎月の返済は卒業年度の10月から16年間に及ぶ返済スケジュールが組まれ、約20,100円の返済になります。

毎月入金される奨学金の2万円を積立投資で運用

奨学金を借りることができれば、早速積立NISAで投資をスタートしましょう。

とは言っても、ゴールの見えない中で資金を投入する事は荷が重いため、先にシミュレーターで自分が何をしようとひているのかを具体的にチェックしてみましょう。

積立NISAのシミュレーターはネットでググればいくつかでてくると思います。ここでは、Google検索で初めにでてきたシミュレーターを使ってみます。

使用するシミュレーターはカブコム証券というネット証券会社のものです。

シミュレーションする項目は3つのみです。

  • 毎月の積立金額:2万円
  • 積立期間:20年
  • 投資プラン:バランスプラン(年率5%想定)

上記の通り、年率5%を想定した積立NISAで毎月2万円の積み立てを20年おこなった場合をシミュレーションした結果が以下の様に出てきます。

毎月2万円積立投資のシミュレーション結果

  • 累計積立額:4,800,000円
  • 最終金額:8,149,156円
  • 増えた額:3,349,156円
  • 非課税対象額:680,381円

もちろん、投資である以上、予期せぬ世界情勢等の影響による変動はありますが、投資の種類としても比較的安全(ローリスク)な投資です。

運用利益額にに奨学金の半額免除制度を適用

今回のケースでは、奨学金を無利子で4,992,000円借り入れし、毎月2万円を20年間の積立により合計4,800,000円を投資しました。

その結果、20年後の最終金額は8,149,156円(年率5%)という試算結果になりました。

さらに、大学院博士課程での奨学金が半額免除となっている場合は、1,440,000円が返済不要分となり手元に残るため、実質的に4,789,156円の不労所得を得ることになります。

まとめ:奨学金で積立NISAを始めた場合に期待できる実質的な不労所得額は480万円弱

月2万円を20年間積立した場合

  • 奨学金借入総額:4,992,000円
  • 積立総額:4,800,000円
  • 最終資金:8,149,156円(積立期間20年、年率5%)
  • 奨学金返済総額:3,552,000円 (1,440,000円の免除と仮定)

実質利益:4,789,156円

※奨学金の返済額を引いた金額です。

奨学金を積立投資に活用することにより、実質元手0円による資金運用が可能になります。

現在の日本において、これまでにローリスクハイリターンな投資方法はあるでしょうか。

奨学金は負債と考えられる一方で、こうした資産運用として利用する方法についても是非考えていただければ幸いです。

奨学金を借り入れできるのは学生ならではの特権です。

しかし、20代前後の大学生の時にこうした金融リテラシーを持っている方はそう多くありませんし、教えてくれる人がいないもの現状です。

さぁ、あなたはどうしますか??

積立NISAの始め方:DMM.com証券のネット口座開設

引用元:DMM.com証券会社

加藤アナに勧められたからって、そんな安易にDMM.com証券に決めてしまいますか!?

お気持ちはわからなくもないですが、ちょっと中身もチェックしておきましょう。

DMM.com証券の特徴

  • 口座開設無料
    (→ ネット証券だと当たり前)。
  • 取引手数料が業界最安値。
  • 米国株の取引手数料が0円!!
  • スマホアプリで初心者でも簡単に株式投資が始められる。

DMM FXなどでも有名なDMM.com証券の特徴はなんといっても業界最安水準の手数料の安さです。

さらに、現在(2020年4月)大暴落が起きた米国株の取引手数料が0円!!

手数料は別にしても、米国株は今買わずにいつ買うの!?というところまでプライスダウンしているため、これから株を始める人にとっては注目すべき銘柄でしょう。

実際にDMM.com証券がどれくらい手数料が安いかは、他の証券会社と比較してみれば一目瞭然です。

引用元:DMM.com証券会社

上の表を見る限り、確かに安いことがわかりますよね。

しかし、これは微々たる差とも捉えることができますので、これを決め手にDMM株を選ぶかどうかは個人の判断により左右されるでしょう。

ではなぜ今回DMM株をピックアップしたかと言うと、私個人がDMM FXと併用して使っているためです。

ただ、それだけの理由です。

FX初心者が元手資金10万円を3ヵ月で30万円にすることは可能
【成果報告】FX初心者が10万円を元手に3ヵ月間トレードした結果 「副業」で検索して、個人で稼ぐ方法を調べていると、FXって必ずでてくるキーワードなので興味を持っている方も多いはず。 ...

さらにはっきり言ってしまえば、この証券会社(SBI証券や、楽天証券などの有名な証券会社)を使おうとも大きな差はないと思います。

ただし、私のようにDMM FXを使い慣れていれば、DMM.com証券を選ぶことになんら躊躇もなく、または楽天ユーザーであれば楽天証券を選んだ方がメリットがあると思います。

さて、口座開設したい場合の手順は以下の3ステップだけです。

引用元:DMM.com証券会社

スマホでお申し込みする場合は、スマホを使った本人認証システムにより、最短で申込当日から株式投資が始められます。

具体的な申込方法も動画を見ながら手順通りに進められるため安心です。

\米国株取引手数用0円の今がチャンス

※リンク先のDMM.com証券からお申込ください。

ちなみに、FX口座でもそうですが、マイナンバー情報は必須になりますので、まだマイナンバーカードを役所に申請していない方は時間があるときに作っておいた方がいいですよ。

奨学金の書類などにもマイナンバーカードのコピーが必要になるこもありますので作っておいて損になることはありません。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたも若いうちからの資産形成を始めましょう。

おすすめ記事

≫【博士の進路】大学院博士は就職先がない!? むしろ就職する必要はない