大学院

論文が読めない大学院生向けの英語勉強方法【英会話ができるだけで超優秀】

論文が読めない大学院生向けの英語勉強方法【英会話ができるだけで超優秀】

英語論文を読むのに必死で研究どころじゃない。

  • 翻訳するのに必死でゼミといより英語の授業…。
  • 英語が読めないので論文の内容が入ってこない…。
  • 研究する前に英語で挫折しそう…。

大学院生であればこんな経験あるのではないでしょうか。

「大学院生にもなれば研究室のゼミで活発な議論みんなで交わす日々…」みたいな「ゼミってかっこいい」っというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、残念ながら大きな勘違いです。

学部4年生、そして大学院で私が経験してきたゼミは苦痛そのものでした…。
※文系と理系ではゼミというものに対する印象は全然違いかもしれません。

まず、ゼミで講読する資料は英語論文がほとんどで、そもそもまだ知識も浅いうえにそれが英語で書かれてるって…。無理です。(笑)

わからないことが英語で書かれているので、さらにわからなくなるっという負のスパイラル…。

解決方法

英語論文に慣れるまでひたすら読み続けるしかない。

それが上手くできなかった人は、間違いなく大学院に進学したことを後悔するでしょう…(後悔しても、その後に克服すればいいんですが)。

簡単に私の自己紹介を。

☑ 学部4年+大学院5年で物理学博士号を取得
☑ 某大学の研究機関でPDとして勤務(5年任期)
☑ PDの給料は360万円(年収)

私の場合は学部4年生の頃から英語論文に苦労しました。アブストラクトの1ページを訳すのに丸一日かかるほど…。研究者を志していた私からすれば、もう絶望的な状況でしたよ…。

私の経験を踏まえて言えば、こればっかりは、英語論文に対する苦手意識が無くなるまで読み続けるしかないですね。

本記事では、大学院生が英語論文で挫折してしまわないための英語の学習方法を紹介したいと思います。

結論から言うと、英語を好きになればOKです。

英語論文を読めるようになる一番の近道は英会話力を身に着けること

英会話の学習方法結論から言うと、英語論文を読めるようになるためには英会話スキルを身に着けるのが一番の近道です。

まず、大学院生から必要とされる英語力には「読解力」「英会話力」があります。あなたが直面している問題は「読解力」ですよね??

その根本的な問題は「英語に対する苦手意識」が原因です。

英会話ができるようになれば、英語に対する苦手意識が克服さえれ、自然と英語論文を読むのが楽になります。

ただし、読めるようになるわけではありません。あくまで苦手意識が克服されるだけです。

しかし、英語に対する苦手意識がなくなれば、呪文の様に見えていた英文と向き合うことが苦痛じゃなくなるんですよ。自然と。

『英会話力が身に付く』
↓↓↓
『読解力が身に付きやすい』

繰り返しになりますが、英語論文は慣れるまで読み続ける以外に解決方法はありません。

慣れるための一番の近道が英会話力を身に着けることであり、英語を好きになることです。

英会話できればそもそも英語論文だって問題なく読めるんじゃない??
それはまったく違います!! 論文読めても日常英会話ができないっていう研究者はめっちゃ多いですよ。

研究者が口を揃えて言うことは、「日常英会話は難しい」っということ。

論文って実は『型』があるので、その研究分野特有の言い回しや単語にさえ慣れてしまえば機械的に翻訳できてしまうことが多いです。

※【大学院生必読】英語論文を読み書きするための参考本です。

つまり、慣れの問題。

しかし、日常英会話はそんな単純なもんじゃないので難しい…。

ちょっと思い出してみてください。

大学にいるおじいちゃん教授たちって英語話せていますか?? 話せませんよね。けど論文は普通に読んでいます。

なんで??って考えればあなたの英語に対する悩みの解決策が見えてくるかもしれません。

では、「どうやって英会話力を身につけれるの??」っていう具体的な学習方法についてご提案させていただきますね。

自宅で簡単に英会話力を身に着ける学習方法

英会話の学習方法以下の2通りの学習方法がおすすめです。

  1. 字幕映画でシャドーイングする。
  2. オンライン英会話を利用する。

※大学院生を対象に考えているため留学という選択肢はありません。

なお、外国人の彼氏/彼女を作るっという方法もありますが、そもそも出会いがないし、さらに付き合うとなれば英会話を習得する以上にハードルが高いと個人的に思っています…。

英語学習方法①
字幕映画でシャドーイングする

要するに、シャドーイングです。

みなさん、好きな映画(洋画)ありますか??

私は自称映画通なので、好きな映画の話をすると収集がつかなくなってしまいます(→ 私のおすすめ映画50選)。

娯楽のための映画鑑賞を『英語音声&英語字幕』に切り替えてシャドーイングを実践しましょう。

シャドーイングするメリット
  • 自宅にいながら無料で簡単に映画が学べる。
  • リスニングスキル、スピーキングスキルを身に着けられる。
  • 生きた英語フレーズを真似できる。

私たちが英語を話せない理由は、英語を聞けないからです。

Q. なぜ聞けないのか??

→ ネイティブ英会話のテンポ・スピードについていけない….。

「文章で書いてくれれば理解できる、けど聞き取れない…」ってこと多いですよね(というか、それがほとんでですよね)。

つまり、英語を聞くための『耳』になっていないだけ。

それを解決するために『英語音声&英語字幕』で映画を見てシャドーイングすることで、 ネイティブ英会話のテンポ・スピードに慣れる訓練をするんです。

そして、繰り返し何度も何度もシャドーイングすることで、ネイティブ英会話の中でよくでてくるフレーズに慣れ、それを口にすることで生きた英会話を身に着けることができます。

ちなみに「ネイティブ英会話で使われているフレーズは350語でできている」っという事実があるんです。

※厳密には当然350語以上の単語が使われていますが、約7~8割のフレーズは350単語でできているという話です。

つまり、350単語とフレーズをシャドーイングで覚えるだけで、ネイティブの日常英会話の7~8割が理解できるってことです。

大袈裟かもしれませんが、これが事実。

ネイティブ英会話に慣れるためには、映画を『英語音声&英語字幕』に切り替えてシャドーイングすることが一番の近道であり、一番効果的な学習方法と言っても過言ではありません。

英語字幕付き動画配信サービス

  • Netflix:ネットフリックスでしかられないオリジナル作品が多い(と言ってもハリウッド映画とかわらないクオリティーとキャストです)。
    → 月額料金:800円~
  • Hulu:映画やドラマ はもちろん、バラエティ番組も豊富で幅広いコンテンツを楽しめる。
    → 月額料金:933円
    → 2週間無料体験あり

※残念ながら利用者の多いAmazonプライム・ビデオは英語字幕非対応なんですよね…

英語学習方法②
オンライン英会話を利用する

まず始めに、残念なお知らせです。

英会話力ゼロの人がオンライン英会話を始めてしまうと、そうとう強いメンタルの持ち主でない限り、挫折します。
※英会話力ゼロとは簡単な自己紹介を英語で話せないレベルと思ってください。

オンライン英会話は、しょっぱなから日本語が話せない外国人講師と1対1のビデオ通話が始まります。

レッスン時間は25分ですが、英語が苦手…っという人にとってはとても長い25分間になるはずです。初めの数回のレッスンをこなすまではめっちゃストレスでした。

オンライン英会話を有意義に利用するためにも映画を使ったシャドーイングをして、英会話に慣れておくのが望ましいと思います。

とは言っても、シャドーイングすることと、実際に相手を目の前にして英会話するのとでは、ハードルはかなり違いますよね。

「オンラインとは言え緊張するし、上手く話せるか自信もない…」っと思うのは当然ですが、この一歩を踏み出すことが英語に慣れるっということであり、英会話スキルを上達させるためには必要です。

具体的なオンライン英会話のレッスンイメージはこんな感じです↓

私もDMM英会話を利用していましたが、正直言うと、このYouTubeのようにリラックスした状態でレッスンを受けることなどできませんでした…。

緊張しまくりで、レッスン開始の30分前からそわそわしていましたね。

ちなみに、もしも「これ無理!!」っと思えば、パソコンを閉じちゃいましょう。(笑)

そうやって逃げる手段もありです。(笑)

レッスン料金や講師については『DMM英会話の公式HPでチェックしてもらうとわかりますが、月額利用料金が6,480円~ととにかく安くて講師陣が充実しています(初回入会だと50%OFFのようです)。

研究生活をしていると、なかなか時間を作ることが難しいと思いますが、オンライン英会話なら24時間好きなタイミングで受講することができるため、例えば深夜の時間帯に自宅でレッスンすることも可能です。

※無料でオンライン英会話を体験できます。
DMM英会話は117カ国以上の講師が在籍しており、グローバルなコミュニケーションを体験することができます。今なら25分の無料体験レッスンが2回受けられるため、とりあえず試してみるのが良いかなと思います。
≫ DMM英会話の無料体験はこちら

英会話できる大学院生は超優秀

大学院で研究していると、海外の研究者の方と交流する機会もあるはずです。

例えば、教授の共同研究者の方が来日して数字間同じ研究室で仕事をしたり、海外の大学院生が来ることだってあります。

そんな時に積極的にコミュニケーションを取れるとカッコ良くないですか!?(笑)

冗談抜きでカッコいいし、これだけでだいぶ評価が上がります。

具体的には以下の様なメリットが期待できるでしょう。

  • 共同研究として研究室を代表して海外派遣される。
  • 研究者を目指すなら海外を拠点に研究したい場合のコネクションになる。

これはマジで可能性あることです。

研究って世界最先端のプロジェクトなので、国内のみで活動することなどありません(英語論文を読んでいるのがその証拠ですよね)。

つまり、研究を続けていれば海外に行くことは必然です(というより必須です)。

特に研究者目指すのであれば、大学院生の頃から積極的に国際学会へ参加して実績を作るべきです。

大学院生が国際学会へ参加すべき理由については以下で詳しく解説していまますので、是非ご参照ください。

≫ 大学院生は英会話を勉強したほうがいい|国際会議で痛感した英語の重要性

つまり、英会話力を身に着けることで、大学院で真っ先につまづいてしまう英語論文の苦手意識を克服することができ、さらには研究者としての将来の可能性をも広げることができるんです。

英会話、今から学習しておかない理由はありませんよね!?

まとめ:今すぐ英語学習を始めよう

せっかく大学院まで進学したのに英語論文が苦手でなかなか研究が進まない、もしくはもう論文読むのはうんざりだ!!ってなってしまうのはもったいない。

繰り返しになりますが、解決方法は英語論文に対する苦手意識が無くなるまで読み続けるしかありません。

しかし、英会話力を身に着けることで、英語に対する苦手意識を克服し、呪文の様に感じていた英語論文に向き合うのが楽になります。

英会話力を身に着けるには、以下の2通りの学習方法がおすすめです。

  1. 字幕映画でシャドーイングする。
  2. オンライン英会話を利用する。

※お金をかけて留学する必要はありません。

どちらも時間を気にせず、自宅で始められる学習方法です。

今ではネット上にいろんなコンテンツがあるので、お金をかけずに英語学習することができます(スピードランニングみたいな高額教材を買う必要はありません)。

初めの第一歩を踏み出すことがとても重要です。さっそく、以下の手順で始めてみてください。

“無料”で始める英会話学習

  1. Hulu2週間無料体験を利用して字幕映画のシャドーイングを始める。
  2. DMM英会話無料体験レッスンを利用して、シャドーイングの効果を実践してみる。

注意)Huluはシャドーイングのために利用してください!! ただ映画鑑賞するのはNGです!!

おすすめ記事

≫【理系大学院生向け】研究職を諦めてフリーランスWebエンジニアを目指す方法