大学院

【解決策あり】英語論文が読めない大学院生に元ポスドクからアドバイス

論文が読めない大学院生向けの英語勉強方法【英会話ができるだけで超優秀】
英語の論文が読めなさすぎて、研究どころじゃありません…。大学院では英語が重要とは聞いていたけど、英語ができないと何もできません…。

大学院生あるあるですね。(笑)

「大学院生にもなれば研究室のゼミで活発な議論みんなで交わす日々…」みたいな「ゼミってかっこいい」っというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、残念ながら大きな勘違いです。

理系大学院生のゼミの様子

  • 翻訳するの必死でゼミというより英語の授業…。
  • 英語が読めなさ過ぎて論文の内容が入ってこない…。
  • 研究する前に英語で挫折しそう…。

※文系と理系ではゼミというものに対する印象は全然違いかもしれません。

わからないことが英語で書かれているので、さらにわからなくなるっという負のスパイラルですよね。

私の大学院の頃の経験を踏まえて言えば、こればっかりは、英語論文に対する苦手意識が無くなるまで読み続けるしか克服方法はありません。

英語論文に慣れるまでひたすら読む。

そうは言っても、多くの大学院生はそれができずに苦しんでいるんですよね。

ぶっちゃけ、英語論文が読めずに大学院での研究に挫折した学生は多いはず。

私の場合は学部4年生の頃から英語論文に苦労しました。アブストラクトの1ページを訳すのに丸一日かかるほど…。研究者を志していた私からすれば、もう絶望的な状況でしたよ…。

 

本記事では、大学院生が英語論文で挫折してしまわないための英語の学習方法を私の体験談を基に紹介しようと思います。

  • 英語論文を読めるようになる1番の近道は穎川威力を身に着けること
  • 自宅で簡単に英会話力を身に着ける学習方法
  • 英会話できる学生は超優秀

 

結論からいうと、英語を好きになればOK!!

でも、どうやって英語を好きになれるのかが問題ですよね。

私が実践した英語を好きになる方法は、

  1. 洋画のシャドーイング
  2. オンライン英会話

この2つのみでした。

英語論文を読めるようになる1番の近道は英会話力を身に着けること

英会話の学習方法

結論から言うと、英語論文を読めるようになるためには、“英会話スキルを身に着ける”のが1番の近道です。

まず、大学院生から必要とされる英語力には『読解力』と『英会話力』があります。あなたが今抱えてる問題は『読解力』のほうですよね??

“英語が読めない”という問題根本的な原因には“英語に対する苦手意識”があるはずです。

英会話ができるようになれば、英語に対する苦手意識が克服さえれ、自然と英語論文を読むのが楽になります。

そもそも英語が読めないし英語に対する苦手意識があるのに、英会話ってさらにハードルが高くなっていませんか?? 全然解決しそうに思えませんけど。。

大丈夫です。

英語を読むの訓練は辛くても、英会話の勉強は楽しいものです

英語を読めるようになるよりも、日常英会話ができる様になる方がハードルは低いはず。英会話ができれば英語を好きなるし、そうなると英語に対する苦手意識もなくなるため、英文を読むのも楽になります。

 

ただし、英語論文を読めるようになるわけではありません。あくまで英語に対する苦手意識がなくなり、英語論文と向き合うことが苦にならなくなる、という話です。

冗談でも大袈裟な話でもなく、英語に対する苦手意識がなくなれば、呪文の様に見えていた英文と向き合うことが苦痛じゃなくなるんですよ。自然と。

つまり、英会話力が身に着けば、読解力が身に付きやすくなるってことです。

ちなみに論文で書かれる英文には”型”があります。研究分野特有の言い回しや表現もあると思いますが、そうした”型”に慣れてしまえば雰囲気で読み取れるようになります。

※【大学院生必読】英語論文を読み書きするための参考本です。

つまり、結局は慣れの問題ですね。

自宅で簡単に英会話力を身に着ける学習方法

英会話の学習方法

そもそも、「英語が嫌い」って人はそんなにいませんよね??

おそらく英語の勉強(単語を覚えるとか…)が嫌い、めんどくさいってだけだと思います。

だって、普通に洋画は楽しめるし、海外旅行ではテンションあがるし、外人ってカッコいいし、美人だし。(笑)

つまり、英語を勉強と思わなければOK!!

 

そこで私が実践した方法は2つ。

 

英会話力を身に着ける方法

  1. 字幕映画でシャドーイングする。
  2. オンライン英会話を利用する。

※大学院生を対象に提案しいるため、留学等選択肢はありません。

 

ちなみに、外国人の彼氏/彼女を作るっという方法もありますが、そもそも出会いがないし、さらに付き合うとなれば英会話を習得する以上にハードルが高いと個人的に思っています…。

だって、日本人と付き合いのだって難しいので…。

え… 私だけ!?

英語学習方法①
字幕映画でシャドーイングする

要するに、洋画の字幕を口に出してしゃべってみる訓練です。

みなさん、好きな映画(洋画)ありますか??

嫌いって人はいませんよね。(笑)

これからは、娯楽のための映画鑑賞を『英語音声&英語字幕』に切り替えてシャドーイングをしてみましょう!!

洋画シャドーイングするメリット

  • 自宅にいながら洋画を楽しみつつ英会話の勉強ができる。
  • リスニングとスピーキングを同時に勉強できる。
  • ネイティブの生きた英語フレーズを真似できる。

そもそも、英語が話せない原因は、英語を聞き取ることができないからです。

そして、英語を聞き取ることができない理由は、そうした訓練を受けなかったから。

 

This is a pen. Repeat after me.

This is a pen!!

Great!!

 

こんな英語学習ばかりしていたからです。

そのため、ネイティブの人の話す英語を聞く機会もなく、実際のスピーキングのテンポやスピードを知らずに中学英語が終了しました。

 

「文章で書いてくれれば理解できる、けど聞き取れない…」ってこと多いですよね。私達が受けてきた英語学習はそういうものでした。

つまり、英語を聞くための『耳』ができていない。

 

洋画は英語音声&英語字幕に切り替える

 

英語を聞くための”耳”を作る。そのためには、洋画のシャドーイングが最適な方法です。

そして、繰り返し何度も何度もシャドーイングすることで、ネイティブ英会話の中でよくでてくるフレーズに慣れ、それを口にすることで、生きた英会話を学ぶことができます。

ちなみに「ネイティブ英会話で使われているフレーズは350語でできている」っという興深い話があるのを知っていますか?

※厳密にいうと、当然350語以上の単語が使われていますが、約7~8割のフレーズは350単語でできているという話です。

つまり、350単語とフレーズをシャドーイングで覚えるだけで、ネイティブの日常英会話の7~8割が理解できるってことです。

大袈裟かもしれませんが、これ事実っぽい。

ネイティブ英会話に慣れるためには洋画を『英語音声&英語字幕』に切り替えてシャドーイングす津ことが一番の近道であり、最も効果的な学習方法と言っても間違いありません!!

英語字幕付き動画配信サービス

  • Netflix:ネットフリックスでしかられないオリジナル作品が多い(と言ってもハリウッド映画とかわらないクオリティーとキャストです)。
    → 月額料金:800円~
    → 無料体験なし
  • Hulu:映画やドラマ はもちろん、バラエティ番組も豊富で幅広いコンテンツを楽しめる。
    → 月額料金:933円
    → 2週間無料体験あり

※残念ながら利用者の多いAmazonプライム・ビデオは英語字幕非対応なんですよね…。

英語学習方法②
オンライン英会話を利用する

まず始めに、残念なお知らせです。

英会話力ゼロの人がオンライン英会話を始めてしまうと、めっちゃ強いメンタルの持ち主でない限り、挫折します。
※英会話力ゼロとは簡単な自己紹介を英語で話せないレベルと思ってください。

オンライン英会話は、しょっぱなから日本語が話せない外国人講師と1対1のビデオ通話が始まります。めっちゃ緊張するし、相手を目の前にすると緊張して言葉ができなくなります。。

そのため、ある程度英語に慣れておくことが必要です。

しかし、この一歩を踏み出すことで、英会話スキルは大きく上達します!!

とは言っても、大学院生なら自己紹介レベルの英語はできますよね?(笑) 箇条書きでもいいので自分の自己紹介文を事前に作って用意しておけば、以外と何とかなりますよ。

 

具体的なオンライン英会話のレッスンイメージはこんな感じです↓

正直言うと、このYouTubeのようにリラックスした状態でレッスンを受けることなどできませんよ。(笑)

特に始めたばかりの頃は緊張しまくりで、レッスン開始の30分前暗いからソワソワしていましたから。。

ちなみに、実際オンライン英会話を始めてみて、もし「これは無理だ!!」っと思えば、パソコンを閉じちゃえば逃げることができます。

翌日、また心を落ち着かせてレッスンに挑めばいいんです。

 

詳しいレッスン料金や講師についてはDMM英会話の公式サイトでチェックしてもらうとわかりますが、月額利用料金が6,480円~ととにかく安くて講師陣が充実しています。
※今なら入会月は50%OFFのキャンペーン中です。

研究生活をしていると、なかなか時間を作ることが難しいと思いますが、オンライン英会話なら24時間好きなタイミングで受講することができるため、例えば深夜の時間帯に自宅でレッスンすることもできるので、めっちゃ便利です。

 

英語の苦手意識を克服するためにも、英語論文を読むためにも、大学院生なら挑戦すべきですよ。

DMM英会話は無料体験を受けることができるので、利用しないのは損です。

 

╲無料体験レッスン受付中╱

※25分の無料体験レッスンが2回受けられます。

 

╲初月50%OFFキャンペーン中╱※24時間365日いつでも好きな時にレッスンOK!
※113国以上の講師陣が充実!
※入会金0円!

 

英会話できる大学院生は超優秀

大学院で研究していると、海外の研究者の方と交流する機会もあるはずです。

例えば、教授の共同研究者の方が来日して数字間同じ研究室で仕事をしたり、海外の大学院生が来ることだってあります。

そんな時に積極的にコミュニケーションを取れるとカッコ良くないですか!?(笑)

冗談抜きでカッコいいし、これだけでだいぶ評価が上がります。

具体的には以下の様なメリットが期待できるでしょう。

  • 共同研究として研究室を代表して海外派遣される。
  • 研究者を目指すなら海外を拠点に研究したい場合のコネクションになる。

これはマジで可能性あることです。

研究って世界最先端のプロジェクトなので、国内のみで活動することなどありません(英語論文を読んでいるのがその証拠ですよね)。

つまり、研究を続けていれば海外に行くことは必然です(というより必須です)。

特に研究者目指すのであれば、大学院生の頃から積極的に“国際学会へ参加”して実績を作るべきです。

大学院生が国際学会へ参加すべき理由については以下で詳しく解説していまますので、是非ご参照ください。

【悲報】大学院生は英語ができないと恥をかく!? 国際会議で痛感した英会話の重要性
【悲報】大学院生は英語ができないと恥をかく!? 国際会議で痛感した英会話の重要性 大学院で必要な英語スキルは2パターンある。 研究者を目指すなら国際会議への参加は必要不可欠。 英会話スキルを高め...

 

英会話を身に着けることで、大学院で真っ先につまづいてしまう英語論文の苦手意識を克服することができ、さらには研究者としての将来の可能性をも広げることがでるってことです。

これって、一石二鳥ですよね

英会話、勉強しない理由はありませんよね!?

まとめ:今すぐ英語学習を始めよう

せっかく大学院まで進学したのに英語論文が苦手でなかなか研究が進まない、もしくはもう論文読むのはうんざりだ!!ってなってしまうのはもったいない。

繰り返しになりますが、解決方法は英語論文に対する苦手意識が無くなるまで読み続けるしかありません。

しかし、英会話力を身に着けることで、英語に対する苦手意識を克服し、呪文の様に感じていた英語論文に向き合うのが楽になります。

英会話力を身に着けるには、以下の2通りの学習方法がおすすめです。

 

英会話力を身に着ける方法

  1. 字幕映画でシャドーイングする。
  2. オンライン英会話を利用する。

※お金をかけて留学する必要はない。

どちらも時間を気にせず、自宅で始められる学習方法です。

今ではネット上にいろんなコンテンツがあるので、お金をかけずに英語学習することができます(スピードランニングみたいな高額教材を買う必要はありません)。

初めの第一歩を踏み出すことがとても重要です。

さっそく以下の手順で始めてみてください。

無料で始める英会話学習方法

  1. Hulu2週間無料体験を利用して字幕映画のシャドーイングを始める。
  2. DMM英会話無料体験レッスンを利用して、シャドーイングの効果を実践してみる。

注意)ただ映画鑑賞するのはNGです!!

せっかく大学院に進学したんだし、英語なんかで挫折していてはもったいないですよ。

がんばりましょう