クレジットカード

海外FXのクレジットカード入金で借金!?ゼロカットで入金額以上のリスクはないは嘘!?

海外FXのクレジットカード入金で借金!?ゼロカットで入金額以上のリスクはないは嘘!?
  1. FXで借金する原因はクレジットカード入金。
  2. FXで作った借金でも債務整理はできる。
  3. FXの自己破産費用は高額になるやすい。
「FXで数万円が一瞬で消えた」ってことはよくあることかもしれません。しかし、海外FXを使ってハイレバトレードしていると数十万円が一瞬で消えることも珍しくありません。。

FXで借金って聞くと「追証」を思い浮かべる人も多いですが、実際には海外FX口座へのクレジットカード入金だったり、カードローンでFXするために資金(証拠金)を借りて返せなくなったケースが多いです。

特に、海外FX口座へのクレジットカード入金は要注意。

これまで借金とは無縁だった人でも、一晩で百万円以上の借金を背負うリスクがあります。

はい。。

知らない方が身のためです。。

「海外FXはクレジットカード入金OKだからチャンスを逃しません」みたいな宣伝文句は鵜呑みにしてはいけません。リスク管理が崩壊します。。

※海外FXを否定しているわけではありません。クレジットカード入金というシステムは使ってはダメと警告しているだけです。まじで破産への片道切符です。

海外FXで借金する原因はクレジットカード入金

海外FX業者の多くは、クレジットカード入金に対応しているため、カード利用限度額があれば、現金がなくてもFX口座に入金することが可能になります。

つまり、「クレジットカード会社から借金をしてFXをしている」ということ。

ゼロカットシステムの意味がない!?

証拠金がそもそも借金って普通にヤバいです。有り金ならともかく、借金をして危険な博打をしているのと同じです。FX取引した時点で借金を膨らましている可能性があります

海外FXを利用するメリットの1つに「追証が発生しない」という“ゼロカットシステム”が採用されている特徴があります。

簡単に言えば、FX口座へ入金した金額以上のリスクを負わないということ。

ただし、そもそもFX口座へ入金した金額が借金であった場合は、入金した時点で借金を作ってしまっている状態になるため、ゼロカットが発生すると入金額がそのまま借金としての残ります。

借金をしてまでFX取引をしようとしている時点で、すでに冷静な判断ができていない精神状態に陥っていることは間違いありません。。

どんなに相場の状況が絶好のエントリーポイントだったとしても、借金をしてまでエントリーすべきポイントなんて為替相場にはありません。

でも、、やっちゃうんですよね。。

特に、こんな人は要注意。

クレジットカードを複数枚持っている人。
カード利用残高が100万円以上ある人。
FXが辞められない人…。

これまで借金とは無縁だった人でも、海外FXを始めたことをきっかけに多額の借金を一夜にして作ってしまうことも珍しくありません。。

📝海外FX口座にクレジットカード入金する理由

  1. 即時、口座に反映される。
  2. 現金がなくてもトレードすることができる。
  3. 翌月の支払い日までに利益が出れば支払いができる。

ボラティリティの大きい相場が来た時、「もし勝てば何倍もの利益になる!」と考え、積極的にリスクを取って逆張りでエントリーした経験がある人も多いはず。

もし、エントリーポイントが外れたとしても、クレジットカード入金でナンピンを繰り返せば、そのうち反転ポイントを掴めるはず。

投資にリスクは付き物!
今は積極的にリスクを取るべき場面だ!
ここでエントリーしなければFXやる資格がない!

こんな理由を付けて、ギャンブル投資を正当化させてナンピンを繰り返した結果、ゼロカットでゲームオーバー。

我に返った時には、何十万円ものカード入金履歴だけが残ってしまった…。

これは実話です。私の失敗談です。。

クレジットカード入金だけはしないで!

為替相場は一瞬でトレンドが変わることも珍しくなく、特にボラティリティーの高い場面では、一瞬のタイミングが命運を分けることも。
しかし、その一瞬にかけてクレジットカード入金を利用すると人生終了です。

話だけ聞けば「バカな話」です。。

でも、相場と向き合うと冷静な判断ができず、無謀な行為であってもギャンブルしてしまう瞬間があります。

もはや、病気ですね。。

でも、FXの経験がある人ならわかるはずです。。

≫ DMM FXで口座開設する
※条件達成で最大20万円キャッシュバック!

信用損失の危機!?失うものはお金だけじゃない…

クレジットカードの利用限度額が大きい人は、それなりの収入があり、社会的信用度が高い人です。

しかし、そんな人がFXにはまってしまうと、これまで築いた信用を一瞬で失う可能性があります。

その原因となるのが、クレジットカード入金。

海外FXへの入金は警戒されている!

海外FX口座への入金を拒否するクレジットカードもあります。海外FX口座への入金は、貸し倒れのリスクや現金化が疑われる可能性があります。

海外FXの入出金のシステム上、クレジットカード利用の現金化はできないようになっていますが、カード会社側から見ればカード利用の現金化を疑っても不思議ではありません。

クレジットカード入金を繰り返すとどうなる?

  1. 入金時に決済拒否される。
  2. 利用限度額が引き下げられる。
  3. 強制解約される。

短期間で何度もクレジットカード入金を繰り返していれば、クレジットカード会社に要注意人物としてマークされることは間違いありません。

その結果、カード利用限度額の引き下げ、さらには、強制解約になる可能性があります。

もし、強制解約になれば、滞納などが発生していなくても、途上与信により他のクレジットカードも連鎖的に強制解約になる可能性が高く、ローン審査にも影響する可能性も出てきます。

途上与信とは、クレジットカード会社が定期的に行っている個人信用情報の抜き打ちチェックです。他社のクレジットカードの事故歴などが調査されます。

これまで借金とは無縁だった人でも、海外FXを始めたばかりに一晩で多額の借金を背負ってしまうかもしれません。。

海外FXで資産を増やせる人は日本に納税義務がない海外移住者飲みです。ギャンブル投資しないためにも国内FXでコツコツ頑張りましょう。

≫ DMM FXで口座開設する
※条件達成で最大20万円キャッシュバック!

【FXは少額から始めるべき】お金持ちになってから始めるFXは大金を失うリスクあり

初心者は、まず10万円くらいの証拠金からちょくちょく始めるのが正解だと思います。

しかし、立派な社会人として自立してから始めるFXは要注意。

初心者であっても初期投資額が大きくなる傾向にあり、その結果、損失額も大きくなってしまう可能性があります。

10万円~20万円くらいの少額運用なら、失敗を繰り返しても損失額は人生に影響を与えるほど高額にはなりません。

しかし、初期投資で数百万円レベルになると、失敗した時の損失額も大きくなるため、後から取り戻すことも難しくなります。

これがFXの恐ろしいところです。。

貯金を切り崩してFX投資に回しているだけなら「損したー!」って後悔と反省をすればそれで終了。

しかし、クレジットカード入金やカードローンの借入をして証拠金を作っていたなら、損失額分がすべて借金になり、返済の日々に追われます。。

しかも、金利15%~18%の借金。。

もし、300万円を金利15%で借金してしまったら…

例) 300万円を毎月5万円ずつ返済した場合

  • 支払い回数:60回(5年間)
  • 利息手数料:1,112,035円
  • 支払い総額:4,112,035円

毎月5万円も返済しているのに、完済時には利息手数料だけで110万円超えです…。

もし、これを滞納してしまうと、さらに金利20%の遅延損害金まで加算されます。。

FXで借金はとにかくやばいので、もしFX投資を始めるにしても手持ち資金でやるべきです。
※借金してFXすると、一瞬で人生詰んでしまう危険あり。

証拠金10万円からコツコツ増やすのが一番です
【成果報告】FX初心者が元手10万円で3ヵ月間トレードした結果:利益率○○倍達成!
【成果報告】FX初心者が元手10万円で3ヵ月間トレードした結果:利益率○○倍達成! FX初心者の私が元手10万円を3ヶ月で30万円にした体験談。 → 3ヵ月で利益率300倍!? 勝つことができたトレー...

※低レバレッジでコツコツ取引することが大切。

FXで作った借金は自己破産できる?

結論からいうと、FXが原因の借金でも自己破産することは可能です。

とはいえ、一般的にギャンブルによる借金は「免責不許可事由」にあたるため、債務整理できない事例になります。

ただし、現状では、裁判所はFXが原因の借金であっても免責を認めています。
※つまり、借金の返済義務がなくなります。

とはいえ、裁判官の裁量によって免責がくだされるため、財産隠しなどの非協力的な態度などがあった場合は免責が認められないケースが出てきます。

📝FXが原因で借金を自己破産する時の注意点

  1. 自己破産の申請後はFX取引をしてはいけない。
  2. 財産を隠してはならない。
  3. 裁判所の指示には協力的な姿勢を見せる。

要するに、きちんと誠実に対応&反省しましょうってことですね。

ちなみに、財産隠しや非協力的な対応は「免責不許可事由」にあたるため、借金の原因がFXとは関係なくても免責が認められなくなります。

FXが原因の自己破産の必要の相場は50万円

FXが原因で自己破産する場合、口座履歴の照会や財産調査などの手続きが複雑になるため、一般的な自己破産手続きの相場よりも、費用負担は高額になります。

一般的な債務整理の費用(目安)

  • 任意整理:1件につき5万円
  • 個人再生:35万円
  • 自己破産;30万円

※上記は相場価格です。

具体的に、どれくらいの費用が発生するのかは専門家(弁護士、司法書士)に相談してみる必要があります。

とはいえ、50万円の費用や手続き後のデメリットを考慮すれば、自己破産ではなく任意整理の方が望ましいケースもあります。

任意整理は官報に載らない!

任意整理は裁判を必要としない手続きです。借金を免責(全額免除)することはできませんが、自己破産ほどのデメリットは発生しないメリットがあります。
官報は国が発行する機関誌であり、誰でも閲覧可能です。そのため、官報に個人情報が載ってしまうと、闇金業者からの営業電話、訪問営業のリスクがあります。
任意整理個人再生自己破産
手続き期間3~6か月6ヵ月くらい6ヵ月くらい
手続き費用
(依頼費の目安)
5万円~35万円~30万円~
借金減額✓利息分を減額可能✓1/5~1/10に減額可能✓免責(ゼロ)になる
メリット✓利息分を減額可能
✓財産の差押えはない
✓官報に載らない
✓持家は手放さずに済む
✓ローンがない車は手放さずに済む
デメリット✓ブラックリスト登録✓保証人に返済義務が移る
✓ブラックリスト登録
✓官報に載る
✓保証人に返済義務が移る
✓財産が差押えられれる
✓ブラックリスト登録
✓官報に載る

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

任意整理の場合、財産の差押えがなく、官報に載るリスクを避けて借金問題を解決できます。

海外FX口座へのクレジットカード入金やカードローンの借入による借金の場合は、自己破産ではなく、任意整理が一般的な解決方法になります。
※追証の場合は自己破産。

📝任意整理するメリット

  1. 裁判を必要としないため、短期間(3~6ヵ月)で手続きが完了する。
  2. 手続き費用が安い(1件あたり5万円が相場)。
  3. 財産の差押えがなく、官報に載らない。

デメリットは減額できる割合が限定的(利息分のみカット)ということ。

とはいえ、300万円を金利15%で借金してしまったら…利息手数料だけで110万円超えです。

もし、任意整理をした場合、返済額がどれくらい減額できそうかを知っておくことも借金問題を解決するためには重要です。

借金残高を返済する見込みがない...
毎月の支払いを滞納が続いている…
返済しているのに借金が減らない…

このような状況に陥ってるのであれば、デメリットはあるものの、債務整理をした方がこれからの人生にとってメリットが大きいことは間違いありません。

まずは、最寄りの弁護士事務所、司法書士事務所に相談してみてください。

「自分から相談に行く勇気がない…」
「債務整理すべき状況なのかわからない…」

このような人は『借金減額診断』を使ってみることをおすすめします。

借金減額診断は無料・匿名でも利用することができ、借金状況に応じた解決策の提案を司法書士事務所、弁護士事務所のほうから回答してもらえます。

不安がある人は要チェック!
借金減額診断(シミュレーター)は怪しい?個人情報を取る詐欺なの?答えはNO!
借金減額診断(シミュレーター)は怪しい?個人情報を取る詐欺なの?答えはNO! 借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が提供する無料のネット診断サービスです(詐欺や怪しいサイトではありません)。 ...

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。