動画編集

【HP spectre x360 13】ノートPCで4Kの動画編集をサクサクする方法

【HP spectre x360 13】ノートPCで4Kの動画編集をサクサクする方法
動画編集ができるノートPCが欲しいけど、4Kの動画でも編集できるようなノートPCってあるのかな??

最近のカメラやスマホの多くは4Kの動画撮影モードを搭載しているため、できることなら4Kを使って動画を撮り、さらにできることならノートPCでサクッと動画編集したいですよね。

そんな目的があり、いろいろ調べた結果、私はHP spetre x360 13を購入しました。

≫ HP spectre x360 13 を簡単にレビュー

超ハイスペックPCであれば「4Kの動画編集できるかな?」なんて心配はないと思いますが、パソコン選びには様々な条件が伴ってくるため、その中で“折り合い”を付けなければなりません。

私のPC選びの条件
  • 重さ1kg前後のノートPC
  • 税込み価格で20万円以下
  • 動画編集可能なスペック(プロセッサー:corei7以上、メモリ:16GB以上)
  • OSはwindows
  • お洒落なデザイン
要するに、コンパクトで持ち運びに便利で動画編集もできてお洒落なPCということです
なかなかの欲張りさんね。

良いPCを買おうものならお金があればほぼ解決できてしまいますが、私は貧乏なのでそんなことはできません。

といっても20万円の予算は高額ですが、動画編集をストレスなくこなすにはそれなりの金額が必要になります。

それでも、4Kサイズの動画編集はノートPCスペックだと厳しいらしい…。

このことは、HP spetre x360 13を購入する前に様々な口コミやレビューを見て事前に知っている情報でした。

それでもHP spetre x360 13を購入した理由は、YouTubeでもフルHDで十分だし、まだ4Kの動画の重要性は高くないと考えたためです。

と、思っていたものの… カメラは4Kで撮影できてしまうし、せっかく撮影するならHDではなくて4Kで撮影したい…。

つまり、ノートPCでも4Kの動画編集ができればこの悩みは解決するってことね。

そうなんです。

そこで、今回は私が使用している『HP spetre x360 13で4K動画の編集はできるのか』ということについてレビューしたいと思います。

※本記事はAdobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)を使用した動画編集環境でのレビューになります。

まだPremiere Proをインストールしていない方は、以下の記事を先にご覧いただければと思います(これから動画編集を始める人向けのお得情報です)。

【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得です
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得です こんな疑問にお答えしますね。 ちなみに、これから動画編集を始めよう!!っという方は、お使いのPCのOSによって2通りの選択...

【HP spectre x360 13】の4Kサイズの動画編集レビュー

ノートPCで4K動画を編集する方法結論から言うと、HP spectre x360 13でも4Kの動画編集はできます。

ここで言う”できます”とは、“かろうじて編集できる”という意味ではなく、“問題なく編集できる”という意味です。

ただし、動画編集ソフトの環境設定などが必要になります。

本機の動画編集性能は、プロのクリエーターが使用しているデスクトップ型の高性能PCと比べると明らかに劣るとは思いますが、これから動画編集を始めたいという初心者向けの方であれば、支障がないレベルであると理解してください。

なお、今回はHP spectre x360 13のみのレビューになりますが、動画編集において最低限必要とされるスペック(プロセッサー:corei7以上、メモリ:16GB以上)を満たすノートPCであれば4K動画編集は可能ではないかなぁと思います(あくまで何となくの感想です)。

ノートPCで4K動画を編集する方法

ノートPCで4K動画を編集する方法結論から言うと、たった2つのことをするだけです。

4K動画をサクサク編集する方法
  1. 多くのメモリをプレミアプロに割り当てる。
  2. 4K素材のプロキシを作成する。

これによって信じられないくらいサクサクと4K動画の編集をすることができるようになります。

というかね、ノートPCスペックのレビュー動画ってたくさんあると思うんですが、ノートPCに関しては「カット割りなどの簡単な編集はできます」って感じのレビュー多いじゃないですか。

私もそうですが、その情報を鵜呑みにして最初から4Kの動画編集とかを諦めていたんですよね。

でも、ノートPCでもサクサク4K動画編集する方法があるってことをなぜPCレビュー時に語ってくれないの!?って、今となっては思います。。

うーん、これを言っちゃうと各PCの差別化が難しくなったりするからなのかなぁ。

では具体的に2つの方法について簡単に解説してみますね。

1.多くのメモリをプレミアプロに割り当てる

PCに搭載されているメモリのうち、どれだけをプレミアプロに割り当てるかを調整することで、動画編集環境を少し改善させることができます。

では、早速みていきましょう。

ノートPCで4K動画を編集する方法プレミアプロを立ち上げて、「編集」→ 「環境設定」→「メモリ」を開いてください。

そうすると、以下の様な環境設定画面が開かれます。

ノートPCで4K動画を編集する方法ここの赤枠で囲んだ部分を見てください。

画面が見にくいので拡大しますね。

ノートPCで4K動画を編集する方法すると、

  • 搭載されているRAM:16GB
  • 他アプリケーション用に確保するRAM:3GB

という表示が確認できると思います。

つまり、ここでプレミアプロに割り当てることができるメモリ数を指定することができるんです

「他アプリケーション用に確保するRAM」はデフォルトだと6GBになっていると思いますが、私は設定できる最小値の3GBに変更しています。

私のHP spetre x360 13は16Gのメモリを搭載しているため、16GBのうち3GBを他アプリケーション様に確保し、残りの13GBをプレミアプロに使いますよ、ということですね。

これにより、よりスムーズな動画編集をすることができるようになります。

※ただし、動画編集中はできるだけ他のアプリケーションは終了しておきましょう。

2.4K動画素材のプロキシを作成する

正直なところ、4K動画をサクサク編集するために最も効果的な方法がプロキシを作成することです。

というか、4K動画やRAWファイルはそもそも重たいし、さらにエフェクトなどを入れていくと、例えハイスペックPCであっても動画編集作業に支障がでると思います。

そもそもプロキシって何?

プロキシとは、ファイル品質を損なわずに編集&プレデューするために作られた圧縮ファイル(編集用の素材)のことです。

ちなみに、プロキシファイルで作成したシーケンスを書き出しても、元素材の品質は維持されるため出来上がった動画の画質が落ちるということはありませんよ。

これからは4Kの動画素材が主流になると思いますので、プロキシを作成することは動画編集において必須作業ともいうべきかもしれません。

では早速見ていきましょう。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法プレミアプロを立ち上げて、「編集」→「環境設定」→「メディア」を開いてください。

すると以下のような環境設定画面が開かれます。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法

メディアの項目にある「プロキシを有効かする」にチェックをしてOKをクリックして保存しておきましょう(デフォルトだとチェックされていないはず)。

次に、プロジェクトに読み込んだファイルを「右クリック」→「プロキシ」→「プロキシを作成」をクリックします。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法

すると、以下のような表示がでてきますね。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法

デフォルトのままでOKだと思いますが、「プレセット」が「Low Resolution Proxy」になっていることを確認してOKをクリックします。

すると、メディアエンコーダーが立ち上がり、自動で指定したファイルのプロキシの作成が始まります。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法 プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法

あとは、すべてのファイルのプロキシが作成されるのを待つだけです。

プロキシ作成済みのファイルには緑のチェックマークが付きます。

なお、このプロキシの作成はファイル数(容量)にもよりますが、数時間はかかると思います。

私のPCだとトータル10分くらいの4K動画のプロキシを作成するのに2時間ほどかかっていたかも。。

そのため、とりあえず動画を撮影したら寝る前にすべてのファイルのプロキシを作成しておいて翌日に編集する、という流れが良いかもしれません。

なお、プロキシが作成できても、プレミアプロのシーケンスに並べたファイルはそのままの状態で、変化がみられません。

ただし、ちゃんとプロキシは作成されているので安心してくださいね。

プロキシ素材を確認するためにはプレデュー画面下にある「プロキシの切り替えボタン」をチェックしてください(有効化されると青色になります)。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法

あとはこれまでと同じようにプレビュー画面で動画素材を確認してみてください。

4K素材だとプレビュー画面でほぼフリーズ or カクカクしていた動画が滑らかに動いていることが確認できるはずです。

ただし、多くの方の場合は「プロキシの切り替えボタン」がデフォルトで設置されていないと思いますので、その場合はプレディー画面の右下にある「+」マークを開いて「プロキシの切り替えボタン」を追加してください。

プロキシを作成してノートPCで4K動画を編集する方法

これによって、これまでまったく編集できる状態でなかった4K動画をサクサク編集することができるようになります。

もちろん4K動画のみならず、重たいファイルを扱う時には有効な方法ですし、さらには16GBもありません!!っていうちょっと低いスペックのPCでも4Kは難しいかもしれませんが、HD動画の編集がサクサクできるようになるかもしれません。

まとめ:ノートPCでも4Kサイズの動画編集は可能です

今回のレビューは私が愛用しているHP spetre x360 13で4Kサイズの動画編集をしてみた実体験になりますが、動画編集に最低限必要なスペックを満たすノートPCであれば、問題なく編集できると思います。

その方法はたった2つのことをしておくだけでOK

4K動画をサクサク編集する方法
  1. 多くのメモリをプレミアプロに割り当てる。
  2. 4K素材のプロキシを作成する。

4Kサイズの動画に限らず、編集中に頻繁にフリーズしてしまったり、プレビュー表示がカクカクして編集どころではない!!っという方もこの方法を是非試してみてください。

今回は以上になります。

ではー。

おすすめ記事

≫【未経験から始める副業】初心者が動画編集で稼ぐための方法