雑記

【海外ノマド必須アイテム】100日後にノマド的海外移住する私の持ち物

冒険にでよう

今の私はドラクエ4に例えるなら町をうろうろし過ぎてなかなか冒険に出ない遅咲きの勇者。笑

コロナの終息と同時に日本を飛び出せるようにそろそろ準備を始めたいと思います。

夢の海外ノマド生活

でも、夢見る少女じゃいられない…(世代がバレる)。

100日後って言っても、コロナ終息していなくてはどこにもいけません。

でもいつでも旅立てるように準備は整えておきたいと思います。

ノマドとして海外に行くのであれば、持ち物は最低限に厳選しなければなりませんね。

【海外ノマド必須アイテム】100日後にノマド的海外移住する私の持ち物

私の海外旅行経験は留学、旅行、出張などでこれまで6ヵ国です。

  • ニュージーランド, パーマストンノース
  • フランス, ニース
  • ハワイ, ハワイ島
  • イギリス, スコットランド
  • カナダ, モントリオール
  • UAE, ドバイ&アブダビ

あくまで個人的な感想ですが、ハワイとスコットランド以外はすべて住んでみたいと思える場所でした♪

特に、フランスのニースとドバイは良かったです。

将来的な目標はドバイとニースを季節で行き来する生活です

海外ノマド生活始めるなら、まずはタイのバンコクからスタートしたいと思っています。

しかし、東南アジアにはまだ行ったことがありません。

とりあえず、ノマドの聖地と呼ばれるタイを目指します。

そんな私が真剣に考えた結果、これら5つは必須と思われるアイテムをご紹介!!

ノマド必須アイテム
  • 防犯機能付きのトラベルリュック
  • ハイスペックノートPC(動画編集可能なスペックのもの)
  • モバイルディスプレイ
  • モバイルバッテリー(65W対応)
  • SIMなしスマートフォン

では、早速ですが一応海外経験も多少ある私が海外ノマドワーカーになるための必須アイテムをピックアップしたいと思いますので、同じモチベーションを持つ方がいれば参考にしてみてください。

今回は服などの日常必需品は省いています。

1.防犯機能の付いたトラベルリュック

≫ Amazonで商品をチェックする
≫ 楽天市場で商品をチェックする

重視するポイント
  • 防犯機能付き(背面にポケットがない &バックジッパー式)
  • 15インチPCを収納できるサイズ
  • USBオポート付き
  • 軽量(1kg未満)

いくら治安が良い場所であってもスリなどの被害に合わないために防犯は強く意識したいところです。

具体的には、自分が見えない背面部分にサッと開けられるポケットが付いていらたアウトですし、刃物ですぐに破られちゃう安物の生地も困りますよね。

さらに、このリュックはGPS追跡可能です(使うことはなさそうですが…)。

また、軽量であることも非常に重要視しています。

例えば、Peachでは機内持ち込み荷物の重量制限が7kgになっています(ここを参照)。

7kgってまぁまぁ厳しい制限ですので、それをクリアする身軽さでなければならず、持ち物一つ一つを軽量化することを心掛けなければいけません。

2.ハイスペックノートPC(動画編集可能なスペックのもの)

≫ AmazonでPCをチェックする
≫ 楽天市場でPCをチェックする

重視するポイント
  • 動画編集可能なスペック(CPU:Core i7, メモリ:16GB)
  • Type A, C のUSBポート搭載
  • 軽量(1kg)
  • 長時間のバッテリ駆動時間
  • カッコいい or/and オシャレ

『HP Spectre 360 13』は高性能でありながらもコンパクトでオシャレ

『Mac book pro 13』と迷いましたし、正直どっちでもいいかなとも思いましたが、少数派でありたいという気持ちから『HP Spectre 360 13』を選びました。笑

その他の理由としては最大22時間のバッテリ駆動時間ですね。

あくまで使用値であるため、実際には普通に使っていれば10時間ちょっとかなと思いますけど。

ただ、『HP Spectre 360 13』はエンターキーが右端でないことと、65W電源を使用していることが個人的に思うデメリット点です。。

エンターキー問題は慣れれば解決できますが、65W電源はちょっとやっかいです。

例えばMac bookであれば61W対応のモバイルバッテリーでPCの充電もできますが、『HP Spectre 360 13』だと65W以上に対応したモバイルバッテリーが必要になります。

なぜそれが難点かと言うと、65W以上に対応したモバイルバッテリーはちょっと価格が高くなることと、モバイルバッテリー自身のサイズが大きくなってしまうことです。

総合的な荷物とのバランスが必要になりますね。

3.モバイルバッテリー(65W対応)

≫ Amazonで商品をチェックする

重視するポイント
  • 65W電源に対応
  • TypeCのUSBポートで入出力可能

充電器は別で必要になりますが、それはノートPCの電源を使用すればOK。

65Wに対応となるとやっぱりちょっとサイズが大きくなりますね。

やぱりPCへのモバイル充電は諦めて、超コンパクトモバイルバッテリーを選ぶのもありかな…。

4.モバイルモニター

≫ Amazonで商品をチェックする

重視するポイント
  • Type C USBケーブル1本で出力可能(電源を必要としない)
  • 15.6インチ
  • 軽量(1kg未満)

モバイルモニターっていろんな種類がありますが、すべて上記のポイントを満たしているかといえばまったくそうではありませんね。

例えば、PCとの接続で出力するケーブルと電源につなぐケーブルの2本が必要なデバイスもいまだに多いです。

これだと、電源を確保しなければならない点から利便性に欠けてしまいますし、モバイルモニターの電源ユニットも持ち運びしなくてはいけないので、もはや”モバイル”には不向きですよね。笑

そもそも「モバイルモニター必要??」と言われるかもしれませんが、ホテル等での作業時はやはり外部モニターが欲しくなります。

また、最近ではFXを始めていることもありチャートを表示させておきたい、という理由です。

FX初心者が元手資金10万円を3ヵ月で30万円にすることは可能
【成果報告】FX初心者が10万円を元手に3ヵ月間トレードした結果 「副業」で検索して、個人で稼ぐ方法を調べていると、FXって必ずでてくるキーワードなので興味を持っている方も多いはず。 ...

そして、気になるのはやはり重量です。

この『モバイルモニター EVICIV 』は本体質量が780gとかなり軽量でもモバイルとしてとっても優秀です!!

※ちなみに4Kは必要ありません。

5.SIMなしスマートフォン:iPhone SE (第2世代)

iPhone SE (第二世代)

≫ アップルストアでiPhoneをチェックする

重視するポイント
  • デュアルSIMスロット搭載
  • 楽天モバイルで利用可能

あまり知られていませんが、iPhone SE(第2世代)はデジタルシムと物理シムの2つを利用することができる「デュアルSIMスロット」を搭載しています。

さらに、今話題の楽天モバイルでも利用することが可能な機種です。

そのため、デジタルSIM(eSIM)で楽天モバイルを契約していれば、SIM従来のSIMスロットを空の状態にすることができるため、海外に行った時に現地で購入するSIMカードをそのまま差し込むことができます。

つまり、海外でSIMカードを物理的に差し替える必要がなく、日本のキャリアのSIMカードが紛失する心配がありません。

そのうえ、楽天モバイルの入会特典として、一年間は利用料無料であり、その後でも月額2,980円と月々の利用料が格安であるため、海外に出る時でもわざわざ解約する必要がありません。

楽天モバイルをiphoneで利用してみた感想

まとめ:海外ノマド生活のための必須アイテムをピクアップした結果

総重量は約3.5kg

  • トラベルリュック:0.9kg
  • ノートPC:1.24kg
  • モバイルバッテリー:0.59kg
  • モバイルモニター:0.78kg

LCCの機内持ち込み手荷物の重量制限が7kg(ここを参照)になっているため、衣類と日用品を3.5kg以内に収めればOKですね

もし、ギリギリオーバーしちゃうってなった場合はモバイルバッテリーとかをポケットに詰めちゃえばいけそうです。笑

以上です。

さて、100日後に向けてモチベーションが上がってきました!!

≫【未経験から始める副業】初心者が動画編集で稼ぐための方法