雑記

HP spectre x360 13 を簡単にレビュー【超コンパクト高性能ノートPC】

HP spectre x360 13 を簡単にレビュー【超コンパクト高性能ノートPC】
新しいノートPC買っちゃいました!!

7年ぶり!?の新PCです

これ↓ (指紋ついてちょっと汚い…笑)

2019年の発売モデルなので最新機種ではないものの、サイズ的にA4用紙よりも小さい超コンパクトながらに超高性能なノートPCらしいです!

PCはあまり詳しくないんで…笑

「HP spectre x360 13」の特徴

  • 第10世代インテルCoreプロセッサー搭載
  • 超クールなデザイン
  • 高性能な超コンパクトノートPC

これまでは「dell precision m3800」というPCを愛用していましたが、元々OSがwin7だったものを、adobe premiere proをインストールするために、win10に無償アップグレードしたんですが、その影響なのか、もしくはPC自体の経年劣化なのか、動作の不具合が目立ち始めていたんです。

adobe premiere proで動画編集していましたが、そもそもPCのスペックが低いこともあり、フリーズしまくるし、パーポイント開くと固まってしまうし、起動するのにも5分くらいかかるし、ファンが猛烈に回ってめちゃうるさいし…。

いつフリーズから立ち直れなくなるか心配だったんですよね。

そんあこともあって、前々から気になっていた「HP spectore x360 13」を購入しました!!

しかも、今回は楽天で購入したんですが、GWキャンペーン中に注文したので2万円くらい安くかえました!!

購入金額:155,000円(税込)

ちなみに、楽天市場で購入するとポイント還元もありますよ。

≫ 楽天市場でHP spectre x360 13をチェック

そうなのよね。。でも私の楽天カードは利用限度額10万円なので使えなかったのでデビットカードで購入しました。

うーん、、だいぶ損した気分になってしまいますが、それでも定価より十分安く買えたし、それに無事届いたしOKとしましょう

そんな感じで購入した新ノートPCを使い始めましたので、PCには詳しくない私が軽ーくレビューしたいと思います。

※サラーっとしたレビューになりますのでPCマニアの方はUターンお願いします。笑

HP spectre x360 13 【超コンパクト高性能ノートPC】を購入しました

なぜこのノートPCを選んだか気になるところだと思いますが、今回私がノートPCを選ぶにあたって重視したポイントは以下の通りです。

ノートPC選びで重視したポイント

  • フルHDの動画編集ができること(初心者∼中級者レベルでOK)
  • OSはwindows (Microsoft Officeのライセンスを使いたかった)
  • 持ち運びに便利なコンパクト設計
  • お洒落なデザイン

私の基本的なPC作業は、「ブログ記事の執筆」と「動画編集」のみ。

年末年始に動画編集を初めてランサーズで10万円案件獲得もするなりしていたのですが、旧PC(dell precision m3800)は第5世代Corei7、メモリ8GB、さらに7年目のノートPCということもあり?めっちゃフリーズしまくりで作業効率も悪く、無理やり動画編集していた感じなんですよね。

書き出し速度が遅いだけならまだしも、2回に1回は書き出し中にフリーズしてしまいPCを再起動しなければならないとくいくらいでした…。

やばいよね…。笑

ってことでしばらく動画編集もやっていなかったのですが、また再開できます。

ちなみに、動画編集をするにあたって必要となるPCのスペックは一般的には以下のように言われていますね。

  • プロセッサー:corei7 以上
  • メモリ:16GB以上

その他にも求められるスペックはあると思いますが、あまりよくわからないので。そのあたりは最新の第10世代超高性能PCということを信じて気にしません!笑

こうした要件を踏まえて選んだPCスペックが以下になります。

OS windows10 pro
プロセッサー 第10世代インテルCorei7
メモリ 16GB
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー
ストレージ 1TB SSD

最近のノートPCって普通に1TBもあるんですね。。すごい。。

まだブログ記事を書くくらいしか作業していないので、超高性能な部分を感じることはありませんが、ブラウザやいろんなソフトを同時に立ち上げてもサクサク動きます!(← あたり前ですね。笑)

HP spectre x360 13をレビュー

このノートPCの第一印象はめちゃめちゃお洒落

最近の薄型ノートPCってMac bookのシンプルなデザインに似せていているものが多い印象がありますが、HP spectre x360 13 は独自のデザインを貫くこだわりが感じられます。

外観の金属の質感はお見事!って感じだし、超コンパクトPCにもかかわらず拡張性に優れて入れている他、電源および拡張時のケーブルの取り回しなども利便性を意識した設計になっていることを感じ取れます。

人気のノートPCト言えば、Mac bookというイメージが強いんですが、それって主にデザイン性が人気なだけであったと思うんですよね。

がっつりPC作業しない人にとってはOSの違いって問題にならないはずだし、そもそもOSって何??って人もいますもんね。

個人的な感想ですが、デザイン性でMacが圧倒的に優れていた時代はもはや終わったかなと。mac bookの個性ともいえるシンプルなデザインは他社のノートPCでも生産されるようになり、今となっていた過去に流行ったデザインっていう印象を持ってしまいます。

ひいき目にに見ているわけではありませんが、デザイン性で言えば最近のHPのノートPCは明らかに他社よりもセンスが際立っていると思いますよ?(ちょっと女性よりのデザインって印象もありますが)。

デザイン性だけで見れば、以下の「HP spectre 13」が私的グッドデザイン賞です

写真ではわかりずらいですが、薄さ10.4mmでめっちゃおしゃれなノートPCです。

≫ HP spectre 13の詳細はこちら

もし動画編集をしないとわりきれることができれば、迷うことなく「HP spectre 13」を選んでいましたね。

そして、Mac bookを選ばなかった決定的な理由は「キーボードボタン」です。

家電量販店で実際に触ってみましたが、mac bookのキーボードボタンって”ペチャペチャ”っていう感じで押している感触があまりせず、タイピングしずらかったんです(個人的な感想です)。

その反面、HPのノートPCはキーボードボタンの押している感触がしっくりくるんですよね(個人的な感想です)。

あとは、windows版Officeのライセンスキーが一つ残っていたのでそれを使いたかったという理由があります。

こんな感じでいろいろと理由はありますが、シンプルに直感で気に入ったってとこが決め手だったかもしれません。笑

感想は以上にして、そろそろ「HP spectre x360 13」のレビューをしていきますね!

A4用紙以下のコンパクトサイズ

15インチのDell precision m3800(左)と13インチのHP spectre x360 13(右)を並べてみるとサイズ感の違いにびっくりですね!

やっぱり13インチは小さい(作業画面が小さくなるため、慣れるまで大変そうです)。

HP spectre x360 13の物理的なサイズは、307mm×194.5mm×16mmであり、A4サイズよりも面積てきには小さくなるほどコンパクトです。

ただし、このサイズにしては1.22kgとやや重めな感じではありますね。最近だと1kg以下のノートPCもありますのでもうちょっと軽量化してくれると嬉しかったなぁと思います。

  • サイズ:307mm(横幅)×194.5mm(奥行)×16mm(厚み)
  • 重さ:1.22kg(本体のみ)

そして、HP spectre x360 13には65W対応の専用の電源アダプターがついていますが、65Wと聞くとめっちゃでかいん??って思いますよね。

それがこちらです。↓

ピントボケでごめんなさい(他の写真でも確認できるのでそちらをご参照ください)。

65W電源アダプターのなに手のひらサイズで超コンパクトです。さらに重さはケーブル込みで290gと軽量ですので、やはり高性能PCのわりにコンパクトな設計が実現されています。

拡張性(出力端子は3つ)

まずは気になる出力端子から見ていきましょう。

右側面

  • micro SD カードスロット×1
  • プライバシースイッチ(フロントカメラの手動ON/OFFスイッチ)
  • USB 3.1 Type-C ×2

左側面

  • 電源ボタン
  • ヘッドフォン出力
  • USB 3.1 Type-A ×1

※カスタマイズすることで「nano SIMカードスロット」を装備することもできます。

USB 3.1 Type-Aがついているのは嬉しいですね。さらにデザインとして面白いのが角が45度の切り取られた設計になっており、そこに右側はUSB Type-C、左側に電源ボタンがついている構造になっています。

斜めに端子を差し込むことができるのは非常に面白い設計だと思いますし、ノートPCなのに電源ボタンが外についているところもデザインのこだわりを感じます。

この構造により、外部モニターに拡張しておくことで、PCを開くことなく電源を入れて起動することができ、さらにBluetoothでキーボードとマウスをつないでおけば、場所をとることなく大画面のデスクトップPCのように使いことも可能になりますね!

こんな感じで!

ちなみに、USB Type-C のハブは用意すること出力端子を増やし、上の様にデュアルディスプレイできるようにしておくことが望ましいでしょう。

↓ちなみに私はこんな感じで使っています。

USB 3.1 Type-Cを4つの出力に変換するハブを用意しました。

これにより、VGAとHDMIの2つへ出力して2画面のデュアルディスプレイにしようと思っていたんです。つまり、PCの13インチディスプレイと合わせて3画面になる!!

↓こんな感じで出力。

これで完璧やー!!

と、思ったんですが…

3画面目を認識することなく、拡張した2画面は同じ画面…。

何度試してもやはり3画面目を認識してくれません…。

困った!!

そこでちょっといろいろ調べてみると、HP spectre x360 13に搭載されているビデオカードのチップ(Intel Lris Graphics Family)は出力が1つにしか対応しておらず、3画面デュアルディスプレイはできないということが判明!

これは予想していなかったため非常に残念…。

これまで使用してきたPCは特に問題なく2画面のデュアルディスプレイができていたため、それが普通だとおもっていたんですが、ビデオカードによって出力が1つ or 2つの仕様に別れていたんですね。。

HP spectre x360 13で2画面のデュアルディスプレイしようとしている方は注意してください。。それできませんから!!

バッテリー駆動時間

HP spectre x360 13の特徴の一つでもあるバッテリー駆動時間。

という仕様になっていますが、これはすごいですよね!!

他社のノートPCがおおよそ10時間ちょっとくらいの駆動時間に対してその倍をいっちゃってます!

しかし、この数字はそのまま真に受けてはいけません。。

もしろん利用状況にもよるため、動画編集などをガッツリするのであれば長持ちして6時間くらいじゃないかなぁと思います。

ブラウザを開いてブログ書いたり、ちょっと他のソフトを動かしているような普段使いレベルでおおよそ10時間くらいかな?という感じです。

節電モードでディスプレイを暗めにしたいりすることによってもっと長持ちさせることはできると思いますが、10時間くらい持ては優秀ですよね。

なので、22時間フルで使えるというわけではないのでご注意くださいね!

キーボードはクセのあるボタン配置で慣れるのに大変!?

これまでHP spectre x360 13のメリットのみしか言っていませんでしたが、ここからは不満に思うデメリットについても物申させていただきます!!

冒頭のところで、「HPのノートPCはキーボードボタンの押している感触がしっくりくる」と述べていましたが、確かにそれはその通りでタイピングしやすいです!

しかしね、ちょっとボタン配列には不満がタラタラですね…。

↓まずこちらの配列をみてください。

個人的に「Enter」が端の列にないタイプは初めてなんですが、、この右端のボタン必要ですか??

小指で「Enter」押したつもりが「pg up」を押してしまって、ページが頻繁に飛んでしまう問題が発生中です。さらに「back space」も「shift」右端にないので押しずらい…。

いっそのこと、右端のボタンを無くして「Enter」「back space」「shift」を大きく作ってほしかったです(慣れれば問題ないのかなぁ…)。

↓そしてもう一つ。

これは私だけなのかもしれませんが、左端上の「半角キー」が遠い問題が発生中です。

「半角キー」押したはずなのに「1」にしか届いていない…ということが度々起きています。

その都度「back space」で消すのですが、その時に「home」を押してしまってもうわけのわからんことに…。

これらは慣れの問題が大きいとは思うのですが、HP spectre x360 13の不満点です。

1か月くらい使えば慣れてくるのかなぁ。。

 

以上が使い始めて数日目の私的レビューになります。

まとめ:HP spectre x360 13はモバイルPCとしてかなり優秀だと思う!!

個人的に、ノートPCに求めることってなんといっても利便性なんですよね。

PCとしての性能も重要ですが、ノートPCを選ぶからには持ち運びや外出先での利用する際のモバイルPCとしての使いやすさは欠かせない要素です。

HP spectre x360 13はこれらの利便性を備えている他、PCとしてのスペックにも妥協しない高性能な超コンパクトPCだと思います。

「HP spectre x360 13」の特徴

  • 第10世代インテルCoreプロセッサー搭載
  • 超クールなデザイン
  • 高性能な超コンパクトノートPC

ただし、不満点もありますし、ちょっと気になることもありますね。。

「HP spectre x360 13」の不満点

  • キーボードのボタン配列はちょっと使いずらい
  • ファンがたまにうるさい?

キーボードに関しては”慣れ”の問題かもしれませんので、1か月くらい使用してみてまたレビューしてみようと思います。

また、たまにファンが急速回転することがあるのがちょっときになるところです。

特に重たい作業を始めたってわけでもないのに「なぜ今!?」って時にファンが動き出すことがありますね。たぶん設定をいじれば静穏モード的なのがあるのかな。。

≫ 楽天市場でHP Spectre x360 13をチェック

 

以上になります。

HP spectre x360 13が気になっているという方の参考になると幸いです♪

おすすめ記事

≫【楽天カードは年会費無料】審査が通りやすいから学生や主婦にも人気のクレジットカード