社会問題

アイフルの借金返済できてる?? 金利18%で借金する日本人がやばい

日本では現在1,000万人以上の人がアイフルなどの消費者金融に借金してるらしいよ。1人当たり50万円以上なんだって…。

なんとも信じがたい統計データをJICC 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機関が出しているのを見つけました。

≫ JICC 各種統計データ

このデータによると、現在の日本人の消費者金融の利用者数が1,000万人以上に上るそうなのです。

つまり、1,000万人以上がアイフルなどの消費者金融から一契約あたり50万円以上のお金を借りているということです。

※大阪府の人口が900万人弱なので、それよりも多い。

これの統計データは過去に借りたことある人数を含めたのもではなく、現在において消費者金融へのローン残高を抱えている(つまり借金返済中)の統計データです。

ちなみに、私は現在1,600万円以上の借金を抱えていますが、消費者金融からの借入はゼロです。

≫【借金の返済履歴】多重債務者リサの赤裸々な借金残高(2020年7月)

そのあたりは、金利を考えて上手いことやっちゃう性格なんですよね。(笑)

アイフルは消費者金融です!! 私達の身近に潜む金利18%の借金の罠

1000万人以上の日本人が消費者金融から借金をしている消費者金融を利用する人は、即金が必要ということだと思われるので、日々の生活のための借金ということですよね。

中には娯楽のための一時的に借金をしている人も多いと思いますが…。

いずれにしても現時点でお金がない人が18%の金利でお金を借りることのリスクは計り知れません。

おそらく消費者金融を利用してしまう人って金利のことをちゃんと理解していない人がほとんどだと思うんですよね。

要するに、お金に困っている金融リテラシーの低い人達が食い物にされている…というのが現状ではないのでしょうか。

例えば、このCMを最近見かけたことある人は多いんじゃないですか??

『本音のあいちゃん』っというキャラクターが若者とおしゃべりしているCMですが、これって消費者金融のCMですよ!?

始めてみた時はメルカリとかのフリマアプリのCMと思いました…。

「お金がほしいなぁ…」っと思う若者がこのCMを見た場合、なんの抵抗もなく消費者金融を利用してしまう可能性がありますよね。

「消費者金融という言葉は知っているしそれは危険なもの」っとなんとなくわかっていても、アイフルやアコムが消費者金融であることを理解していない若者も多いのではないでしょうか。

だって、『本音のあいちゃん』みたいな可愛いキャラクターや好感度が高い芸能人がCMしてると、それが危険なものっていう認識はなくなりますよね。

それに、銀行ATMと同じように街中には消費者金融のATMがたくさんあります。。

こうした状況を考えれば、1,000万人以上もの人が消費者金融をり利用していたとしても不思議ではありません。。

消費者金融利用者の一契約当りの借金額は51.3万円

衝撃的な統計データをご紹介します。

以下にご紹介するデータは、JICC:指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機関が調査した消費者金融利用者情報です。

出典元:https://www.jicc.co.jp/about/statistics/

貸金業法対象情報①登録者数とは、つまり消費者金融の利用者数を指しています。

その中の残高有り情報、つまりは借金のローン残高が残っている利用者数が1,092.2万人であり、一契約当りのローン残高は51.3万円と報告されています。

これって、つまり1,092.2万人の人が消費者金融に現在51.3万円の借金を抱えているということですよね…。

はい…。

なんとも信じ難い情報ですが、その様です。

日本人の7.5人に1人が消費者金融に借金あり

1,092.2万人って言われても桁が大きすぎてパっとイメージ付かないですよね。

これを日本の人口数で比較してみるとどうなるでしょうか。

≫ 総務省総務省統計局が出している日本の人口

さすがに借金問題問題を抱える赤ちゃんはいないと思いますので、総務省統計局が出している令和元年6月の日本の15歳~64歳の人口数:7,517万8千人と消費者金融利用者数を比較すると、なんと7.5人に1人は消費者金融に借金をしている結果になります。

高校生の頃に教室いたクラスメイトの約5人は消費者金融を現在利用しているということになります。

今回の調査結果はあくまで「消費者金融に限る借金」です。

つまり、奨学金や自動車ローン、銀行系カードローンやリボ払いなどは含まれていません。

そう考えると、もはや借金を全くしていない人は極めて少数しかいないと思われますね。。

消費者金融利用者の多重債務状況

また、消費者金融のローン残高を抱える人で複数のローンを契約している人も多いという統計結果も出されています。

これによると、消費者金融利用者の33%が2つ以上のローン契約を結んでいることになり、消費者金融のみで多重債務化していることがわかりますね。

私も多重債務者なので他人事とは思えませんが、金利18%の多重債務を抱えている人がこの状況から抜け出すことはかなり難しいと思います。。

また、消費者金融利用者の80%以上が貯蓄残高100万円未満というアンケート調査結果があるようですね(アンケート調査なのでどこまで信ぴょう性があるかは微妙なとこですが…)。

さらに、その利用目的に食費、家賃、医療費が比較的高い割合であげっているようですので、日本の貧困問題は事実上、かなり深刻化しているとも考えられます。

借金というネガティブな要素はなかなか人には言えない問題のため、表面化し難いという現状があると思いますが、街中でもCMでもアイフルやアコムといった広告を頻繁に目にする機会がありますし、その存在を知らないという人はいないでしょう。

そう考えると、消費者金融は現代人にとってとても身近な存在になっているのかもしれません。

消費者金融ってなに!? アイフルと銀行カードローンって違うの??

消費者金融って闇金って呼ばれるやつのこと?? カードローンとも聞くけど、銀行が発行するカードローンじゃないから危険ってこと??

融資を受けたり借金をしたことがない人にとってはよくわからない世界ですよね。。

だからこそ、大学生などの若者が安易に借り入れしてしまうのかもしれません。

まず、アコムやプロミスといった消費者金融(サラ金とも呼ばれてる??)は貸金業法という法律を遵守した金融業者であるため、違法や金利や回収を行うことなありません。

それに対し闇金と呼ばれる業者は貸金業法を遵守しないため、違法な金利で貸し付けさらには違法な取り立てを行う可能性があるようです。

なお、アイフルなどの消費者金融と銀行系カードローンの違いは以下3点となります。

消費者金融(アイフルなど)の特徴
  1. 消費者金融は無担保・無保証人即日融資が可能。
  2. 消費者金融は上限金利が18%であり、銀行カードローン(上限金利14.5%程度)よりも高い。
  3. 消費者金融は総量規制により借入限度額が年収の3分の1までと法律で制限されている(銀行系カード論は総量規制適用外)。

つまり、お金がない人でも簡単に即金でお金を借りられる反面、18%の高い金利がつきます。

ただし、借入できる限度額が年収によって制限される裁量規制が法律により定まっており、これが銀行系カードローンとの大きな違いになっています。

銀行系カードローンは、理由はわかりませんが裁量規制が適用されません。。

つまり、各銀行の審査基準にもよると思いますが、年収に関係なくカードローンを組むことができるということです(つまり、リスクがあるということです)。

【注意】銀行系カードローンは裁量規制適用外|カモにされそうになった体験談

銀行系カードローンは総量規制適用外
ちょっと思い出したことがあるので執筆させてください。金利14%の200万円の銀行系カードローンを提案され、カモられそうになったことがあります。

私がカフェ事業で資金繰りに困窮していた頃、赤字経営ながらいろいろな銀行を回って融資をいただけないか銀行回りをしていた時のお話です。

相談に伺った一行の融資担当者の方に、

事業融資の審査には時間がかかるので、とりいそぎ銀行カードローンで融資枠を作ってみてはどうしょう。

と提案してくださった銀行員がいました。

当時は裁量規制という制度も知らなかったし、さらに経営状況は赤字続きで収入がまったくない状況…。

借入できることなら…と思い、銀行系カードローンでもなんでもいいからお金が必要っという気持ちでした。

融資係の窓口で相談をし、カードローンでいくらまでの借入が可能かどうかの審査をその場してくれたのですが、

審査の結果、金利14%で200万円の銀行カードローンで融資可能です。

という結果を報告されました。

その時すでに借入していた公庫の金利が1.2%、保険のために作っていた他校のカードローンの金利が9%だったため、14%の金利にビビッて契約することはなかったんですが、、今考えるとこの銀行員さんってまじで悪質だと思います!!

※その後他の銀行で事業融資の運転資金として金利2%で200万円の借入をすることができました。

現状で収入がない…という人に対して金利14%のカードローンを200万円の枠で勧めることがどれだけ悪質なことか…。

銀行員なら数十万年のカードローンの返済にさえ苦しむ人たちがいるのを見てきているはずなのに、200万円のカードローンを勧めてくるって、、ノルマがあるかわかりませんが、不親切を通り越して悪質極まりないと思います。

この経験により、総量規制のない銀行カードローンは危ない金融商品でを学びました。

だって、いくら経営が苦しいとはいえ、そんな事業者にそんな金利のお金を貸し出そうとするなんて、、カモにされるとこでした…。

銀行だからといって安心とは限りません!!

だからといって、消費者金融の方が良いというわけではありません。

カードローンはそもそも利用してはいけない金融商品です!!

おすすめ記事

≫ 任意整理で【あなたの借金は減額できるかも!?】