コロナウイルス

【PCR検査陽性者数】新型コロナウイルスは感染拡大!?or抑制できている!?

【PCR検査陽性者数の推移】新型コロナウイルスは感染拡大!?or抑制できている!?
毎日ニュースで「今日は○○人の感染者が確認されました」って報道されているけど、結局のところ感染は広がっているの??

最近ではPCR検査を義務付けている会社もあり、PCR検査数は第一波の4~5月とは比較にならないほど増加しており、それに伴い陽性者、つまり感染者が増加することは必然的なことです。

そもそも新型コロナウイルスは、若者は感染して症状が出ない無症状患者数も多いと言われていたため、そうした陽性患者がPCR検査によって数値化され始めただけであり、『感染者数の増加=感染拡大』とは必ずしも言えない状況になっています。

このあたりの誤解を招くような報道の在り方はともかく、、2020年8月18日の時点における日本での感染者数と死者数は以下の通りです。

日本の感染状況(2020/08/18)
  • 感染者数:57,369人
  • 回復者数:4,1591人
  • 死者数:1,113人

ちなみに、現在最も感染者数の多い国はアメリカで500万人を超えており、死者数も17万人以上になっています。

人口差はあると思いますが、日本とは比較にならないほど犠牲者が多いんですね。。

インフルエンザを原因とする死者数が年間3万人(多い年は6万人)以上でるアメリカにおいて、新型コロナウイルスによる死者数が17万人に達しているということは、客観的に見ても深刻な状況と思われます。

一方で、日本の場合はインフルエンザを原因とする死者数は年間3,000人ほどであり、現在のところ新型コロナウイルスによる死者数が1,000人に抑えられているため、感染拡大を抑制できている、との見方もできます。

【年間死亡者数3,000人超】コロナウイルスより恐ろしいインフルエンザ インフルエンザの流行時期は毎年1月~3月にピークを迎えます。 現在(夏季)は年間を通してインフルエンザによる感染者数が低い...

ただ、PCR検査による感染者数が日に日に増加している点については、やはり気になるところです。

現在の日本において、新型コロナウイルスは感染拡大しているのか、それとも抑制できているのか、具体的なデータを見ながら考察してみましょう。

新型コロナウイルスのPCR検査数と陽性患者数と累計死者数

pcr検査数と陽性者数、累計死者数の推移

こちらのグラフは「厚生労働省のオープンデータ」を元に2020年2月5日から8月17日までのPCR検査数とそれにより確認された陽性者数累計死亡者数をまとめています。

グラフから読み取れる事実
  • PCR検査数は7月に入ってから増加傾向にあり、1日で20,000~50,000件数に達している。
  • 検査により確認された陽性者数は多い日でPCR検査数の7~8%の発生件数が確認されている。
  • 8月に入り死者数がさらに増加傾向に差し掛かってきている。
  • PCR検査数と死者数との間に相関はない。

この結果をみなさんはどのように捉えますか??

感染者数の増加はPCR検査数の増加により、無症状感染者を検出し始めたことが要因だと考えられます。

これは、無症状感染者が無自覚のまま感染が広がることを防ぐため、PCR検査数の増加により感染拡大が抑制されることは間違いないと考えられます。

しかし、この状況でも新型コロナウイルスを原因とする死者数は8月にはいってから右肩上がりの傾向に変化してきていることが確認できます。

PCR検査が感染拡大の抑制に効果があるとすれば、なぜこの時期に亡くなる方が増加しているのでしょう??

確かに、データを見る限り予想外の展開に差し掛かってきている局面だと思います。

この要因として考えられるのは「Go to トラベルキャンペーン」かもしれませんね…。

 

おすすめ記事

≫【朗報】新型コロナウイルスにより日本人が感染死する確率は0.001%以下