借金事情

リスケ中の追加融資は難しいけど新規融資なら受けれる可能性がある!?

リスケ中の追加融資は難しいけど新規融資なら受けれる可能性がある!?

私の借金総額はおよそ1,800万円、そのうち800万円は事業融資による借金です。
※借金内訳詳細はこちら

まずはこの事業融資による借金をどう返済するか。

注記

今回ご紹介するアイディアは1つの可能性に過ぎませんので、100%これでうまくいく!!というものではありませんよ。

借金があると聞くと、たいていの人から距離を置かれ始めます。

リサはめっちゃ借金あるらしいよ。
金貸してとか言われそうじゃない?

なんて言われるんでしょうか… 知りませんけど。笑

さて、現在リスケ中の私ですが、再起を図って新たな事業計画をいくつか練っています。

いくつかと言っても、事業計画書として文字に起こしたものが1つと、アイディアのみのものが2つくらい。

しかし、多重債務の状態にもかかわらず元手資金ほぼゼロでどうやって再起するのか。

こちらもいくつかアイディアがありますが、今回はちょっと面白い話を聞いたのでそれを記事にしてみたいと思います。

リスケ中の追加融資は難しいけど新規融資なら受けれる可能性がある!?

結論

  • リスケ中の銀行ではなく、新しい銀行に新規事業融資を申請
  • 新規融資ではリスケ中の借金分+新規融資分の融資を受ける。

つまり、リスケ中の借金を新しい銀行に借り換えしてもらい、さらに新規事業融資を申請することで、一旦リスケ中の借金をチャラにして新規事業で再起を図る、ということです。

このように、新しい銀行を開拓することで、既存の借金の返済を借り換えしてくれるケースがあるみたいです。
※知人の銀行員、先輩事業者からの情報です。

ただし、当然ながらハードルは高く、断られるケースの方が多いとのこと。

しかし、新規事業に採算性があり、かつ魅力的な事業内容であった場合は、前向きに検討してくれるケースも多いとのこと(担当者によりけりらしい)。

結局は、採算性のある面白い事業計画を立てられるかがポイントになるってことかもしれません。

また、当然ながら自己資金ゼロという状況ではどんな融資も受けることができませんので、借金を背負いつつも多少でも手持ち資金を用意しておく必要があります。

そのためには、収入源を確保しつつ出費を抑え、さらには既存の借金の返済をリスケしてもらうなりして最小限に留める必要があります。

事業を継続しておりリスケ中に新規融資を受けたい場合

一般的に、追加融資が欲しい場合はすでに取引のある銀行に相談しがちですよね。

私自身も何度も追加融資の相談をしましたが、優しく断られました。。

普通に考えればそうですが、銀行側としては既存の返済も滞っているのにさらにそこへ融資するということは、火に油を注ぐ状況になりかねないと判断させるため、ほぼ100%追加融資はしてくれないでしょう。

そのため、新たに融資を受けるためには、既存の借金を減らすか、もしくは新しい銀行に融資の可能性を相談するかしかありません。

私の場合はお店を閉店して既存の営業所がない状態のため、新規事業のための新規融資を受ける方針で考えていました。

しかし、もしも現在事業継続中でかつリスケ中に追加融資を受けたい場合は、新規事業ではなく実態ある既存事業の継続という形になるため、新規融資のハードルは少し下がる可能性があります。

ただし、取引中の銀行へリスケを申し込んだ時と比べて現在の売上が伸びている、業績が改善されてきている、という状況になっていることが最低限必要になるでしょう。

まとめ:新しい銀行に既存の借金の借り換えを含む新規融資を受けることができれば再起可能!!

私の場合、今後コンスタントに収入源を確保できるようになれば、すでに出来上がっている事業計画をもって銀行開拓をしていこうと思います。

しかし、収入源が確保できていません…。

このブログ、なんとかならないでしょうか。。

という状況です。

最後に簡単にまとめますと、

借金は借金を持って返済する!!

そのためには、常に起業家である必要があります。

~余談~

8年くらい前にスタバで怪しい中東系のおっちゃんが隣の席に座り、話しかけられたことがあります。

私はその時、大学院生で3DCADで図面を描いており、その図面に興味があったらしく片言の日本語で話しかけられました。

話をしていると、その怪しい中東系のおじちゃんは1人でいろんなビジネスをやっているらしく、沖縄の中古車を海外に流したり、日本の建築技術を生かして津波リスクの高い東南アジアの地域に簡易的なRCアパートを量産するなど、その他にもさまざまな仕事をしていました。

国を跨いで仕事をしているため、年間の交通費だけで3,000万円を超えるとも言っていましたね。

その怪しい中東系のおっちゃんが興味深いことを言っていました。

「なにか始めるのにお金は必要ない。アイディアがあればお金は後からいくらでもついてくる。」

当時はそんなことないよ、と思っていましたが今は確かにその通りだと思えるようになってきました。

借金1,800万円を背負ったことで、私は成長を実感しております。

おすすめ記事

≫ これヤバいよ!?【即日融資で検索】リボ払いが限度額に達したあなたが犯す人生の失敗