映画

【平和の象徴!?となるハリウッド女優】エマ・ワトソン出演のおすすめ映画5選

【平和の象徴!?となるハリウッド女優】エマ・ワトソン出演のおすすめ映画5選

 

この投稿をInstagramで見る

 

“We urge G7 leaders to be as brave as women and girls are every single day. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ We expect G7 states to urgently adopt, fully implement and fund, the most ambitious legislative frameworks on combating gender based violence against women in order to create a fair, safe and dignified world for its constituents. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ This goes beyond politics, and left and right. We are simply asking member states to protect universal human rights and be the leaders we know they can be. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ As human beings, please do not be passive bystanders to the attacks and roll backs we see happening all around us and every day on women’s rights all across the world – be active participants in moving us forward.” ~ @g7 Gender Equality Advisory Council, Paris 2019

Emma Watson(@emmawatson)がシェアした投稿 –


女優の枠を超えて著しい活躍を見せるエマ・ワトソンをもはや知らない方はいないでしょう。

昨年2019年にパリで開かれたG7の男女平等担当相会合に参加しスピーチをするなど、今や社会活動家として積極的に活動しています。

The role of the artist is to make the revolution irresistible.

「アーティストの役割は革命を魅力的なものにすることだ。」

G7に参加したいに着用したスーツに刺繍されたメッセージです。

エマ・ワトソンさんの活動の根源となる様な信念を感じるメッセージですね。

今回は、そんなエマ・ワトソンさんの魅力について映画を通してチェックしていきたいと思います。

本記事の最後に以下のエマ・ワトソン出演のおすすめ映画を5つご紹介していますので、とにかく映画を見たい!という方は先に映画のほうをどうぞお楽しみください。

おすすめ映画5選

  Amazon Prime
Video
 U-NEXT
ハリー・ポッター
と賢者の石
視聴する 視聴する
ウォールフラワー 視聴する 視聴する
ブリングリング 視聴する 視聴する
ザ・サークル 視聴する 視聴する
コロニア 視聴する
視聴する

【平和の象徴!?となるハリウッド女優】エマ・ワトソンを知りたい!!

エマ・ワトソンの年齢や出身、身長は?

Profile
  • 本名:エマ・シャーロット・デューレ・ワトソン
  • 生年月日:1990年4月15日
  • 年齢:29歳
  • 出身地:フランス・パリ
  • 国籍:イギリス
  • 身長:165cm
  • 職業:女優・モデル

エマさんはイギリス人弁護士である父と母のもとにフランス・パリで生まれました。

幼少期はパリ郊外で育ちましたが、両親が離婚したため、5歳の時に母親とイギリスのオックスフォードへ移り住んでいます。

父親がイギリス人であるため国籍はイギリスとなっており、出身地はパリですが幼少期までしか生活していなかったためフランス語は少しだけしか覚えていないそうです。

幼いころから将来は女優になる事を夢見ていたエマは6歳から演劇のスクールに通い始め、歌・演技・ダンスを習い始めていました。

エマ・ワトソンの代表作:ハリー・ポッターシリーズ (1999-2011)

エマ・ワトソンと言えば、ハリー・ポッターシリーズで演じたハーマオニー・グレンジャーですよね!

当時11歳、ハーマオニー役に選ばれ映画初出演を果たしました。

生まれてから11年目で人生上がっちゃった?っという人気と活躍ぶりですよね… 羨ましいかぎりです。

撮影期間をあわせると、12年間にも及ぶハリーポッターシリーズの中で、子供から大人へと成長していく彼女、さらにはハリウッド女優としてトップスターへ成長する過程を見ることができます。

ちなみにシリーズ全8作の総世界興収は「77.14億ドル」になります。

日本円にしてなんと8,485億円以上になるようです…(1ドル=110円換算)。

エマ・ワトソンのお金事情

ヴァニティ・フェア詩が報じた「2009年に最も稼いだハリウッドの稼ぎ手」で14位にランクインし、その時の資産額は3,000万ドル(当時レートで日本円で27億円)と報じられています。

ちなみに事の時エマさんは20歳。

2011年にお金の使い道について聞かれたインタディーでエマさんは次のように語っています。

エマ・ワトソン
エマ・ワトソン
お金がありすぎてその使い道をどうしたらいいのかわかりません。私がこれまでに使ったお金で高額だったものは、ノートパソコンとトヨタのプリウスです。

27億円ものお金を稼いでいるいもかかわらず、ステイ350万円くらいしか使っていないとは…。

ちなみに現在のドル円レートで換算すれば33億円になりますね(1ドル=110円換算)。

その後、英紙「ガーディアン」によると、エマさんはイギリス・ロンドン市内のハムステッドに300万ポンド(日本円で約4億円)の高級住宅を購入、フランス・アルプスに100万ポンド(日本円で約1億2000万円)の住宅を所有するなど、不動産投資をはじめたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I’ve been hiding copies of Mom & Me & Mom for @booksontheunderground on the tube today! See if you can find one tomorrow! 📚👀 @oursharedshelf

Emma Watson(@emmawatson)がシェアした投稿 –

エマ・ワトソンの出演映画のまとめ

ハリー・ポッターのハーマオニー役のイメージがなかなか抜けませんね。

それが影響しているかどうかは定かではありませんが、その後に出演している映画で代表作と言えるものはでてきていない印象です。

シリーズ物で人気を博した俳優さんにあるあるのジレンマかもしれませんね!

201年に大ヒットとなったライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演の『ラ・ラ・ランド』は実は、エマ・ワトソンがキャスティングされていたという噂がありましたね。

しかし、『美女と野獣』の撮影と時期が重なってしまっていたため、エマ・ストーンが起用されたんだとか…。

ちょっと惜しい!って思ってしまうのは私だけでしょうか。

でも、魅力的な大人の女性になったエマさんですから、今後の活躍にも十分期待しています。

公開年 作品名
2001年 ハリー・ポッターと賢者の石
2002年 ハリー・ポッターと秘密の部屋
2004年 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
2005年 ハリー・ポッターと炎のゴブレッド
2007年 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
2009年 ハリー・ポッターと謎のプリンス
2010年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
2011年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
マリリン 7日間の恋
2012年 ウォールフラワー
2013年 ブリングリング
ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちのハリウッドスター最凶最期の日
2014年 ノア 約束の船
2015年 リグレッション
2015年 コロニア
2017年 美女と野獣
ザ・サークル
2019年 ストーリー・オブ・マイライフ/私たちの若草物語

エマ・ワトソン出演のおすすめ映画5選!!

ハリー・ポッターと賢者の石 (2001年)

≫ Amazon Prime Videoで視聴する
≫ U-NEXTで視聴する

伝説の始まりとなるハリー・ポッターシリーズ第一章をなくしてエマ・ワトソンを語る事はできないかもしれません。

まだ幼かった彼女が現在のように成長していくことを予想できたでしょうか。

エマ・ワトソンの原点との言うべき作品で、その可愛らしさや堂々たる演技は必見です。

ストーリーの説明は今さら必要ありませんね。

まだ見たことがない、という人はいないとは思いますが、もしそんな人がいればこの作品はエマ・ワトソンを知るためにも見るべき作品だと思います。

ウォールフラワー (2012年)

≫ Amazon Prime Videoで視聴する
≫ U-NEXTで視聴する

スクールカースト最下位の小説家を志望する16歳の少年が、陽気な兄妹との出逢いによって日常が一変する青春ストーリー。

初めて知る友情、恋、世界はこんなにも自由で広い事を知る少年。

いつも壁際にひっそり佇み誰からも気づかれる事がなかった自分に、さようなら。

彼らの青春はいったいどこへ向かうのだろうかー。

実力派若手俳優陣が送る青春作。

エマ・ワトソンの女優としての実力を惜しみなく発揮した作品だと思います。

ブリングリング (2013年)

≫ Amazon Prime Videoで視聴する
≫ U-NEXTで視聴する

被害総額3億円の実話を元にした問題作。

被害者はパリス・ヒルトン、オーランド・ブルーム、リンジー・ローハンらハリウッド・セレブたち。

なんとこの事件の主犯グループは高校に通うごく普通の少女たちだった..。.

—全米メディアを騒然とさせた、少女たちによる衝撃の事件。

少女たちはセレブの豪邸をインターネットで調べては留守を狙って侵入しては窃盗を繰り返すー。

これが実話であるという所がすごい…。

本作に出演するエマ・ワトソンさんは家では良い子を装う今風の悪ガキ。

ガムをくちゃくちゃさせながらの演技は「これって素じゃないの?」と思わせるほどの見る者を引き付けます。

エスカレートしていく少女たちと崩れゆく姿を臨場感ある撮影で映画化したノンフィクション作品です。

ザ・サークル (2017年)

≫ Amazon Prime Videoで視聴する
≫ U-NEXTで視聴する

現代社会が向かう未来を描いた問題作といっても過言ではないでしょう。

その社会を我々は受け入れるかもしくは拒むのか、その選択を今まさに迫られているかもしれません。

個人のネット上での活動記録の全データを蓄積する巨大IT企業が目指す未来の形。

プライバシーは可視化されシェアされゆく近未来、それは人類が求めるユートピアとなるのか、それとも自由のない監視社会となるのかー。

SNSの発達により個人のプライバシーが徐々に解放される現代社会が直面するであろう問題を描いた作品です。

コロニア (2015年)

≫ Amazon Prime Videoで視聴する
≫ U-NEXTで視聴する

実在したカルト教団を描いた実話を元にした問題作。

南米チリで起きたチリ軍部によるクーデター、そこに巻き込まれる市民たち。

逆らうものなら反対勢力と見なされ、観光客であろうが一般人であろうが無造作に捕らえられる無法地帯と化したチリで実際に起きた衝撃の実話。

チリ軍部により捕らえられ監禁された場所はナチスの残党が支配する謎の要塞施設だったー。

予備知識なしで見るとちょっと退屈かもしれませんし、前半のストーリーの展開が速すぎてついていけない可能性があります。

ストーリーとは関係ありませんが、前半に見ることができるスチュワデス姿のエマ・ワトソンは一見の価値ありと言わざるを得ないほど美しいです…。

 

今回は以上です。

いかがでしたでしょうか^^

今後も活躍が期待されるエマ・ワトソンを是非チェックしてみてください!!

おすすめ記事

≫【洋画】死ぬまでに見るべき映画50選|後悔させないおすすめランキング