婚活

【悲報】マッチングアプリの年収は嘘!? 女性は玉の輿を期待している

【悲報】マッチングアプリの年収は嘘!? 女性は玉の輿を期待している
マッチングアプリに書いている年収って信じていいの?? 日本人の平均年収400万円のはずなのに、アプリの男性の平均年収400万円こえているよね?? 大学生の利用者も多いので、実際には年収の平均は200万円代になると思うんだけど…。

そうです。その通り。

マッチングアプリのプロフィールは自己申告制なので信じちゃいけません。特に年収嘘申告している可能性が高い項目です。

顔や年齢は会ってしまうと嘘が発覚するかもしれませんが、年収は給料明細や通帳でも確認しない限り確かめることができないため、ほとんどの人が実際の年収よりも高く設定しているはずです。

年収が高い方が女性に興味を持ってもらいやすい、マッチングしやすいのは事実ですので仕方ないところでもあります。

どうせ見栄張ってるだろうし嘘だろうなってわかってはいるんだけど、プロフィールの年収は真っ先にチェックしちゃいます。

では、実際の年収ってどれくらいなのか気になりますよね。

統計的に考えてもマッチングアプリの利用者は20代が多いため、年収の平均値は200万円代後半、つまり300万未満。

それにも関わらずに、年収500万円、さらには1,000万円を超えている男性もざらにいます。

  • マッチングアプリはハイスペック男子に人気。
  • アプリ運営側がハイスペック男子にプロモーションをかけている。
  • 嘘の年収を記載している。

素直に考えれば、3番っぽいですよね。

とは言うものの、確率的には低いかもしれませんが、もしかしたら本当にお金持ちの男性もいるかもしれません。

女性が夢見る玉の輿も、ワンちゃんあるかもしれませんよ!?

日常生活で出会いがない男女はマッチングアプリを利用した方がいい

マッチングアプリで高年収男性は嘘をついている
実際に彼氏できるる?? できない?? って話は置いといて、マッチングアプリって面白い。(笑)

マッチングアプリのココが面白い!!

  • 日常生活では接点がないいろんなタイプの異性に出会える。
  • 出会いのチャンスが豊富なので失敗してもやり直しできる。
  • 試行錯誤しながら異性を見極めるセンスを磨くことができる。

利用経験者ならご存知と思いますが、めちゃめちゃ異性と出会うことができます。

これまでの日常生活でまったく出会いなんてなかったのに、マッチングアプリをりようするとそんな日常が一変します。

毎日のように新しい出会いが巡ってくるし、いろんな異性からのメッセージが届くため、確率的にも彼氏彼女を作るなんてことには困らないくらいの出会いに恵まれます。

ただし、将来を見据えた真剣交際を始めから望んでいる人にはちょっと残念な結果になるかもしれません。

と言うもの、友達探し感覚や、交友関係を広げたいためにマッチングアプリを利用している人(特に若者)が多いもの事実であり、出会い系というよりはSNS化した身近なツールになっているからです。

将来を見据えた真剣交際を希望するなら、マッチングアプリを利用するよりも、最近話題のオンライン婚活を取扱う結婚相談所のマッチングサービスを利用した方が良いと思います。

※真剣な人以外は利用しないでください
将来を見据えた真剣な出会いを求めてマッチングアプリを利用したけどなかなか出会いに恵まれない…という人も多いはず。それなら結婚相談所が運営するマッチングサービスを試す価値ありです。
≫ 初めての婚活 真剣な出逢い【スマリッジ】

マッチングアプリで異性と出会える理由「0→1」の法則

マッチングアプリの年収は嘘
日常生活の中で「なかなか出会いがない…」っという話はよく聞くけど、それって本当かな??

仕事して、友達と会って、買い物して、といった日常生活の中ではたくさんの人との交流があるはずなので、異性と出会わない日などありません。

それにもかかわらず、「出会いがない…」と言う人が多いのはなぜなのでしょうか。

恋愛に発展していないだけ

そう、出会いはあるんです。

しかし、それが恋愛に発展していないだけです。

思い返してみてください。私生活の中で「この人いいな」って思うタイミングってありますよね??

例えば、同僚のちょっとした仕草だったり、お店の店員さんだったり、同じ車両に乗り合わせた見知らぬ異性だったり。

しかし、普通の感覚の人なら「この人いいな」と思っても気軽に声なんてかけられません。

「0→1」の段階でつまづく私達

ん!? ゼロイチって何!?

人と人とが親しくなる段階で声をかける行為が「1」にあたるとすれば、これこそが「0 → 1」であり、私たちは日常生活の中で「この人いいな」と思う異性に出会っても声をかけることができません。

つまり、出会いがない原因は「0→1」の段階でつまずいてしまっていることが原因と言えます。

しかし、この「0→1」こそが一番難しいポイントであることは、皆さんも経験済みですよね。特に異性関係になればなおさらハードルは高くなります。
※これができる人は出会いに困ることはないでしょう。

「声をかける」→「自分に注意を引いてもらう」

これができればマッチングアプリに頼る必要すらないはず。

お気づきかと思いますが、マッチングアプリでは「0→1」をすっ飛ばしちゃうからこそ出会いが量産される仕組みになっています。

マッチングアプリでは相手のプロフィールをチェックして「いいね」したりメッセージを送るなどで直接好意を伝える仕組みになるため「0→1」なんて無視してアプローチできちゃいますからね。

マッチングアプリで「いいね」を送るって、日常生活で例えるなら電車の中で「この人いいな」っと思う異性に対して「あなたに興味あります。LINEしませんか!?」とナンパしているようなものです。

日常生活の中では、コンプレックスや社会という共同体の中で、距離を意識すしてしまうあまり「声をかける」という行為を躊躇してしまいがちです。

「変な人と思われたらどうしよう」「無視されたらどうしよう」という不安があり、傷付くくらいなら…と距離を置きがちになります。

しかし、インターネットを介したマッチングアプリだとどうでしょう??

まず、コンプレックスをある程度調整&緩和することができるし、無視されたところで特に傷付くこともないですよね。

さらに、社会的に共通の知り合いがいない相手を探すことができるため、出会いに関して躊躇する理由がありません。

これは「社会の属性に捕らわれない1対1の関係からスタートできる」というマッチングアプリの特徴と言えますね。

社会の属性に捕らわれないということは、仕事や共通の知人などに繋がりがないため、振られても無視されても社会的に恥をかく心配がありません。

つまり、大胆に異性を求めてOKってことです。


マッチングアプリの男性年収は嘘!?【日本人平均年収は43歳で400万円】

気付いているとは思いますが、女性の期待を打ち砕く厳しい現実を暴いてみたいと思います。

マッチングアプリのプロフィールは自己申告制であり、例え嘘を書いてもペナルティーなどありません。

それにも関わらず、プロフィールを重要視して異性を選びがちです。特に女性の場合は男性の年収をチェックしない人はいないでしょう。

しかし、その年収ってチェックするだけ無駄ですよ??

男性の平均年収は400万@43歳

下のグラフは厚生労働省が「平成30年賃金構造基本統計調査の概況」の中で報告している男女計と男女別の平均賃金の推移を昭和51年からさかのぼって示したグラフです。

平成30年において、男性の平均賃金は33万7千円、つまり単純計算で男性の平均年収は404万円と推定できます。

さらにこの平均年収は、平均年齢43.6歳、勤続13.7年の男性のデータになります。

このデータを踏まえた上でペアーズに登録している男性の年収をチェックしてみると実に面白いことがわかりますよ。

マッチングアプリには20代で平均年収400万円~600万円がざらにいますよ…。

統計的に考えると20代男性の場合、平均年収は200万円~300万円に中央値が来ることが予想されるにもかかわらず、マッチングアプリに登録されている男性の年収はそれを著しく超えています。

もし40代以上の男性とマッチングしたいなら、年収400万円以上でもおかしくありませんが、そんな年上の男性との出会いを求めている女性は少ないかも…。

最近マッチングした男性の年齢はいくつですか??

そして、その人の年収はいくらになっているでしょう??

高年収の男性利用者が多い理由

  1. マッチングアプリはハイスペック男子に人気。
  2. アプリ運営側がハイスペック男子にプロモーションをかけている。
  3. 嘘の年収を記載している。

繰り返しになりますが、男性利用者の年収が高い理由は上記3つのうちどれかです。

なお、20代で年収500万円を超えるようなプロフィールを書いている男性は”ヤリモク”である可能性が高いので要注意です。

高い年収を書いていれば女性が寄ってくることを逆手に取った輩です。
※年収重視で男性を選ぶ女性にも問題はありそうですが…。

※月額9,000円から始めるオンライン婚活
将来を見据えた真剣な出会いを求めてマッチングアプリを利用したけどなかなか出会いに恵まれない…という人も多いはず。それなら結婚相談所が運営するマッチングサービスを試す価値ありです。
≫ 初めての婚活 真剣な出逢い【スマリッジ】

マッチングアプリで玉の輿を狙うなら○○をチェック!!

マッチングアプリで玉の輿を狙うそれでも玉の輿は女性の憧れです

そんな願いを叶えるためにマッチングアプリに希望を持つ女性も少なからずいるはず(むしろ多いかも)。

日常生活では出会えないハイスペック男性に出会いたい!!と思っていますよね??

しかし、そんな願いを叶えるための指標となる年収が嘘の申告だったとしたら、私たちは何を指標にして玉の輿を狙えばいいのでしょう…。

大丈夫。

可能性は高くはないですが、私なりに考えたマッチングアプリで高収入男性を見極めるポイントがあります。

年収未記入!!

結論、これに希望を託すほかありません。

え?? どういうことですか??

一見矛盾しているかのように思われる答えですが、私なりの推測に基づく結果です。

年収未記入はお金持ちと推測する理由

  1. お金持ち男性は年収になびく女性にウンザリしている。
  2. お金持ち男性はプロフィールに年収を書く意味を理解していない。
  3. お金持ち男性は年収ではなく配当でお金を得ている可能性がある。
  4. お金持ち男性は正直に年収を書くことで逆に避けられる可能性を考えている。
  5. お金持ち男性はプロフィール欄の完成度を意識していない。

前提として「お金持ち男性がわざわざマッチングサイトを利用して女性との出会いを求めているか」っという”そもそも論”は置いておきましょう。

もし、マッチングサイトがSNSなどと同様にWebマーケティングとして利用できるのであれば、自身の実績をすべてさらけ出した上で信頼を得ることによるメリットは高いと思われます。

しかし、そうしたWebマーケティングができない(そのような目的ではない)以上、年収というお金に関する情報を不特定多数の異性に公開することにメリットはありません。

年収を見た多くの女性がマッチングを希望することは考えられますが、それによって自分自身に好意をもてくれる女性を見逃してしまうリスクの方が極めて高いはず。

つまり、合理的に考えれば正直に年収を記載するメリットがないため「未記入」になっていると推測します。

まとめ:男性の年収は信用してはいけない!玉の輿狙うなら【年収未記入】

マッチングアプリはとても面白いコミュニケーションツールだと思います。

男女のコンプレックスが上手く調和&緩和されて、異性同士が出会いやすい心理状況を演出し、「0→1」をすっ飛ばして出会いが量産されるシステムがネット上に構築されています。

しかし、女性は男性のプロフィールにある年収を信じてはいけません。

男性の平均年収は400万@43歳

平成30年において、43歳の男性の平均賃金は33万7千円、つまり単純計算で男性の平均年収は404万円と推定できます。

それにも関わらず、マッチングアプリでは平均年収400万円~600万円の20~30代男性が非常に多いという矛盾。

このような嘘の年収を記入している男性は、自分がハイスペック男性であると偽り、女性を引き寄せているだけの”ヤリモク”である可能性が高いので要注意です。

それでも日常生活では出会うことができないハイスペック男性と出会って玉の輿を夢見る女性に最後のアドバイス。

年収未記入!!

可能性は高くはありませんが、合理的に考えれば年収未記入の男性こそ高収入である可能性が最も高いと言えるでしょう。

玉の輿を狙いたいならココを狙って行きましょう

※ あくまで私個人の見解ですので100%真実とは限りません。

おすすめ記事

【婚活】オンラインお見合いを実施する人気の結婚相談所を比較