珈琲

カフェオーナーがおすすめするご家庭で使える全自動コーヒーメーカー5選

あなたはドリップ派ですか?

コーヒーを飲むという工程の中にはコーヒーを淹れるとう楽しみも含まれていますよね。

コーヒー豆をセットしたフィルターにお湯を注いだ時に漂うコーヒーの香り。

蒸らし時間が至福のひと時に感じているのは私だけではないはず。

しかし、「そんな時間ないよ」という方も多いですよね。

そこで今回は様々なコーヒーメーカーを吟味してきた元カフェオーナーがお勧めする5つのコーヒーメーカー(うち一個はエスプレッソマシン)をご紹介します。

でもやっぱり一番は自分でドリップするコーヒーですよ♪

カフェオーナーがおすすめするご家庭で使える全自動コーヒーメーカー5選!!

コーヒーマシンを選ぶ上で絶対に外せないポイントが2つ。

  • 豆から挽くタイプの全自動式であること。
  • ポットはガラス製でなくステンレス製であること。
美味しいコーヒーは何が決め手になっていると思いますか?

豆の種類? コーヒーメーカー? 水? ….

温度? カップ? 焙煎?…

さぁ、あなたはどう思いますか?

質問しておいてこう答えるのも矛盾してしまうのですが、おそらく人によって考え方は違うでしょう。

しかし、私が思う絶対外さない美味しいコーヒーは、

『挽きたて』&『淹れたて』のコーヒー。

これに尽きると思います。

たとえどんなに高価な豆を用意しても上の2つの条件を満たさなければ美味しいコーヒーにはなりませんし、安価な豆でも上の2つの条件を満たせば美味しいコーヒーを淹れることができます。

もちろん、焙煎具合などの味を左右する条件もありますが、そこは私たちでコントロールできないので一旦は置いておきましょう。

最近の全自動コーヒーメーカーは、豆のまま(粉ではなくビーンズのまま)セットしておくと、全自動で挽いて淹れてくれるマシンがありますので、せっかくコーヒーメーカーを購入するら、「豆を挽く全自動タイプ」を選ばない選択肢はないでしょう。

そして、もう一つがステンレス製のポットのコーヒーメーカーを選ぶこと。

この理由は単純で、ガラス製だと割ってしまう恐れがあるからです。

マシン自体は壊れてないのにポットのみを壊してしまっては取り返しがつきませんので、こちらは注意してくださいね。

では、この2つのポイントを意識して、コーヒーメーカーをチェックしていきましょう!!

1.Cuisinart 全自動コーヒーメーカー

調理機メーカーとしては超人気のクイジナートの全自動コーヒーメーカーです。

こちらのコーヒーメーカーは大容量のため業務用でも使えるコーヒーメーカーです。

これを2台並べるだけで、カフェ営業できてしまいますね。

Cuisinart 全自動コーヒーメーカーの特徴

  • 大容量(2~12カップ分を選んで抽出)。
  • 豆の挽き加減を選べるため味の濃度を調整できる。
  • ゴールドフィルターを搭載。
  • 全自動のタイマー機能付き。

全自動ながら、豆の挽き具合を調整できる機能は非常に嬉しいです。

そして、全自動タイマー機能搭載!!

これってすごいことですよ!? 好きな時間に豆を挽いてコーヒーを抽出するまで全自動でやってくれるんですよ!?

想像してみてください… 淹れたてのコーヒーの香りで朝目が覚める瞬間を…

ただ、ちょっと大容量すぎるのが欠点かな。

2杯から抽出可能ではあるものの、一人暮らしで利用するには大きすぎかな…。

2.UCC限定仕様コーン式全自動コーヒーメーカー

こちらはUCCさんが販売している全自動コーヒーメーカーです。

モダン風のめっちゃおしゃれなマシンで、間違いなく女子受けします。

コーン式とは熱の発生を抑えて細かく挽くことができるコーヒーミルタイプで、エスプレッソ用のグラインダーとして利用されことが多いようです。

コーヒーミルタイプはプロペラ式(安価)とグラインド式(高価)の2種類に分かれており、さらにグラインド式には臼式、カット式、コーン式があります。

ちなみに、さきほどのCuisinart全自動コーヒーメーカーもグラインド式(カット式?コーン式?)です。

UCC限定仕様全自動コーヒーメーカーの特徴

  • 豆でも粉でも抽出可能。
  • マイルドとリッチの2パターンの濃度の調整が可能。
  • 全自動のタイマー機能付き。

最大使用水量が540mlのため、約3杯分を抽出することができ、1人 or 2人暮らしに最適のサイズになっていますね。

また、こちらのマシンも全自動タイマー付きで好きな時間に抽出できます。

デザイン性が高いことからインテリアとしても最適ですし、女性や一人暮らしの方にぴったりのコーヒーメーカーですね。

UCC限定仕様コーン式全自動コーヒーメーカーの詳細をみる

3.象印 全自動コーヒーメーカー

日本が誇る調理家電メーカー象印が提供する全自動コーヒーメーカー。

象印の正式名所は「象印マホービン」です。

魔法瓶が社名に入っているだけあって、その保温性は他製品を圧倒していますね!

そんな象印製魔法瓶を搭載した全自動コーヒーメーカーをおすすめしないわけにはいきません。

象印 全自動コーヒーメーカーの特徴

  • 豆でも粉でも抽出可能。
  • ミルクリーン構造&ミルケース丸洗い。
  • 専用ポット以外のマイカップなどにも抽出可能。

こちらもUCCと同じ最大使用水量が540mlのため、約3杯分を抽出することができ、1人 or 2人暮らしに最適のサイズになっていますね。

ホットコーヒーの場合、抽出後に淹れたての温度をどれくらい維持できるかにも気になるところです。

このポイントに限って言えば象印魔法瓶が一番と言ってもいいでしょう。

その他の特徴として、ミルケースが丸洗いできること。

豆を挽く全自動コーヒーメーカーの唯一のデメリットはお手入れが大変というところですが、象印のコーヒーメーカーは各パーツを取り外して丸洗いできるため、マシンの中に粉が残ったままの状態がどうしても気になるっという綺麗好きの方にはめっちゃ嬉しい構造になっています。

ただ、タイマー機能がないのが残念といったところでしょうか。

4.お1人様用全自動コーヒーメーカー

もっと手軽に一杯づつコーヒーを淹れたい方向けの全自動コーヒーメーカーもあります。

このサイズで全自動ってすごくないですか!?

お1人様用全自動コーヒーメーカーの特徴

  • 置き場所を選ばないコンパクト設計。
  • 豆でも粉でも抽出可能。
  • 専用タンブラー以外のマイカップなどにも抽出可能。

大使用水量が420mlのため、2人分、もしくはたっぷり1人分の抽出ができます。

場所を取らないコンパクト設計でシンプルなコーヒーメーカーなので、自宅だけでなく職場のデスクなどにおいても良さそうです。

スタバに行く必要がなくなりますね。

そもそも、こんなにもコンパクト設計の全自動コーヒーメーカーって数年間にはなかったですよ!?

おそらく、コーヒーメーカーは豆を挽く全自動、さらにはタイマー機能付きが今後は慰安的になってくるでしょうね。

5.家庭用エスプレッソマシン ascaso

最後は全自動コーヒーメーカーではなく、ご家庭で楽しめるエスプレッソマシンをご紹介したいと思います。

エスプレッソとコーヒーって何が違うの?っと思っている方も多いと思いますが、全然違いますよ!

イタリア人はエスプレッソしか飲みませんから。笑

ちなみに、スタバのカフェラテとかのドリンクはエスプレッソベースですからね。

よく誤解されている飲み物として、カフェオレとカフェラテが同じと思っている人も多いようですが、全く違いますからね!

カフェオレとカフェラテの違い

  • カフェオレ → コーヒー + ミルク
  • カフェラテ → エスプレッソ + ミルク

その他にも、アメリカンコーヒーについの誤解も多いです。

アメリカンコーヒーとは

  • コーヒーを薄めた飲み物 →
  • エスプレッソを薄めた飲み物 →

エスプレッソは全自動コーヒーメーカーのように簡単に淹れることができず、上手く抽出するまでに練習も必要になります。

街中のカフェで出てくるようなカフェラテをなんとしてでも家で作るんだ!というくらいの意気込みの方のみ、エスプレッソマシンを検討してみてくださいね。

さて、エスプレッソマシンをご検討されている方ならすでにご存知かもしれませんが、値段がピンキリですよね。

安いもので1万円のものもあるし、家庭用サイズにもかからわらず数10万円のものまであってどれがいいのか結局わからなくなってしまいます。

結論から言うと、エスプレッソマシンの性能は値段に比例します。

私は1万円で購入できる家庭用エスプレッソマシンを昔購入したことがありますが、一度たりともエスプレッソを抽出することができませんでした…。

濃厚なクレマができずに、何度いれてもシャバシャバなエスプレッソもどきが抽出されるのみ…。

今回ご紹介するascaso(アスカソ)は、知り合いが経営していたちっちゃなカフェで使用していたエスプレッソマシンで、私も使用させていただいたことがありますが、しっかりエスプレッソが抽出できたことに驚きました(←これが本来当然なのですが)。

現在は元々カフェで使用していた30万円くらいのマシンを家庭においていますが、普通に考えて30万のエスプレッソマシンを家庭用に買おうとは思いませんよね。

なので、ご家庭で使う失敗しないエスプレッソマシンとしてascaso(アスカソ)をお勧めしています(といっても高いんですけど…)。

ただし、エスプレッソマシンにはそれなりのグラインダーが必要になります。

グラインダーだけでも値段はピンキリで豆を挽くだけなのに数10万円のものまであります。

さきほど、ちょっとだけ説明しましたが、エスプレッソ用に豆を挽く場合は超極細で挽かなければならず、そのためにはグラインダー式でなければなりません。

そのため、エスプレッソをご家庭で抽出したい場合はエスプレッソ用の超極細で豆を挽くことができるグラインダーも必要になることをお忘れなく(← お金かかります…)。

私はVARIOのグラインダーを長年愛用しており、あれこれ8年くらいになりますが、豆の挽き具合も細かく調整できエスプレッソだけでなくドリップコーヒー用としても同じ豆で様々な挽き加減で違った風味を楽しめるため、重宝しています。

あと、これまで一度も不具合を起こすこともなく耐久性も問題ないと思います。


ただし、必ずしもグラインダーを購入する必要はなく、コーヒー豆を販売しているお店であれば、エスプレッソ用の超極細に挽いてもらえます。

もちろんスターバックスでも。

しかし、そうなうと『挽きたて』&『淹れたて』への拘りが揺らいじゃうんですよね…笑

 

以上になります。

個人的なおすすめは全自動式かつタイマー付きのコーヒーメーカーですね。

あとは、お1人くらしなのか、家族がいるのかで抽出容量を考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

≫ カフェオーナーが超おすすめする楽天市場のちょっと贅沢な食品10選