FX

【ネオモバFXのデメリット】5円からFX投資ができるけど、微妙かも…

【5円からFX取引OK】SBI証券『ネオモバFX』は超低リスクで始められるってホント!?
SBI証券の「ネオモバFX」って5円からFX取引できるってホントなの??さすがにそれはウソでしょ??(笑)

本記事では、こんな疑問を解決します。

SBI証券のネオモバFXは1通貨からFX取引OKなので、1ドル=110円のレートだと元手資金5円からFXを始めることができます。

ただし、これからネオモバFXを始めようと思っている人には耳が痛い話になりますが、

【悲報】ネオモバFXはちょっと微妙…。

これが結論です。

  • 『ネオモバFX』の基本情報(特徴)
  • 『ネオモバFX』のデメリット

 

SBIネオモバイル証券が2020年4月27日から提供を始めたネオモバFXは、これからFXを始めたい初心者向けのサービスです。

しかし、これはFX未経験者にとって耳障りの良いメリットだけを聞いた場合の話です。デメリットを含めて考えると「やっぱり微妙…」と思うかもしれません。。

 

初心者におすすめのFX口座って!?
初心者が選ぶFX会社ってどこ!?【失敗しないFX口座選び】
初心者が選ぶFX会社ってどこ!?【失敗しないFX口座選び】 これからFXを始めようとする人が必ずぶち当たる壁が「口座選び・口座開設」です。 ネットで調べて見てもGMOクリック証券、D...

「FX口座が決めきれない…」という初心者向けにおすすめのFX口座をランキングでご紹介しています。

 

SBI証券『ネオモバFX』の基本情報(特徴)

引用元:https://www.sbineomobile.co.jp/
運営会社 株式会社SBIネオモバイル証券
設立 2018年
資本金 21億円
所在地 東京都港区六本木1-6-1

「これからFXを始めよう」って思っている人なら気になっている人も多いですよね!

ネオモバFXは最低取引単位が1通貨から始められるため「FXは始めたいけどリスクはとりたくない!!」という人にはおススメです…って言いたいところですが、本当でしょうか。。

そもそも「1通貨ってなに!?」って思った人も多いかも。でも大丈夫、以下で解説しています。

 

 ネオモバFXの特徴

  • 最低取引単位は1通貨からでOK。
  • Tポイントが利用できる。
  • ドル円のスプレッドが0円。

 

詳しい情報についてはネオモバの公式サイトで確認することができますが、私が今回調べた限りだとネオモバFXは「FXはやってみたいけどリスクは取りたくない」という人向けのFX口座と言って間違いありません。
※だからと言っておススメっていうわけではありませんので…。

では、1つずつ解説していきます。

ネオモバFXの特徴①
最低取引単位は1通貨からでOK

「1通貨からFX取引OK」と言われても「意味わかりません…」という人向けに解説します。

私もFXを始めたばかりの頃は「通貨」という用語が理解できませんでした。でも、とりあえず「1ドル=1通貨」「国内レバレッジ=25倍」の2つだけ覚えておけば大丈夫ですよ。

例えば、最低取引単位が10,000通貨の場合、いくらの資金があればFX取引できるのか計算してみましょう。

例) 最低取引単位が10,000通貨に必要な資金

10,000通貨の取引をするためには10,000ドルが必要になります(1ドル=1通貨)。

ただし、国内FXは最大レバレッジ25倍が認められているため、10,000通貨のFX取引に必要な資金は、

  • 10,000ドル ÷ 25 = 400ドル

よって、1ドル=110円のレートでは、

  • 400 × 110円 =44,000円

つまり、10,000通貨の取引をするためには44,000円の資金が必要になります。

これで理解できましたね??

 

では、最低取引単位が1通貨の場合に必要な資金はいくらでしょう??

正解は4.4円。

つまり、5円あればOK!!ってことです

 

GMOクリック証券やDMM FXは10,000通貨からの取引、外貨ドットコムやみんなのFXは1,000通貨からの取引になっているため、ネオモバFXの1通貨から取引可能ということは、10,000分の1 or 1,000分の1のみの元手資金でFXできるということです。

 

絵にするとこんな感じ↓

ネオモバFXは5円からFX取引できるため超低リスクで始めることができる

ネオモバFXの最大の特徴は『超低リスク』&『超低コスト』でFX取引できることです。

そのため「FXは始めたいけどリスクは取りたくない」っていう初心者に最適のFX会社です。

ネオモバFXの特徴②
Tポイントが利用することができる

ネオモバFXではTSUTAYAでお馴染みのTポイントを元手資金にしてFX取引をすることができます(SBIモバイル証券では株取引にもTポイントが使えます)。

一応「Tカードお持ちですか??」って聞かれるのでなんとなくポイント貯めていたけど、昔みたいにTSUTAYAに行くこともないし、Tポイントの使い道がないのよね…。

使い道はないけどポイントだけが貯まっているという人も多いかも!?

ネオモバFXでは、使い道がなく溜まっていくTポイントを投資に回すことが可能になります。

なお、新規口座開設で“Tポイントが200ptがもらえる特典”がありますが、微妙過ぎますね…。てか、いらない。(笑)

 

他のFX口座は口座開設で“数千円~数万円のキャッシュバック特典”が付いているのが当たり前なので、それに対してネオモバのTポイント200ptって全然嬉しくないですね…。

 

例えば以下のように、他FX口座は新規口座開設でキャッシュバック特典を受けることができます。

※詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

 

ネオモバFXの特徴③
ドル円のスプレッドが0円

ネオモバFXはスプレッド0引用元:https://www.sbineomobile.co.jp/
スプレッドがゼロ円って普通にすごい!!他のFX会社では聞いたことがありません。

これからFXを始める人にとっては感覚的にスプレッド0円のお得感を理解するのが難しいかもしれませんが、要するに「FX取引する時に手数料がかからない」ってことです。

取引手数料が無料。
※ただし、500通貨の取引まで。

スプレッドは通貨ペア毎に異なっており、マイナー通貨であるほどスプレッドが広がっている場合が多く、さらにFX業者においてもスプレッドは微妙に違っています。

取引毎のスプレッドによって発生する手数料を取ることで、FX会社は利益を得ています。つまり、私たちが取引をすればするほど(売買を繰り返すと)、FX会社は嬉しい!!ってことです。

ネオモバFXってめっちゃお得だし親切って思いたいところですが、、そうでもないんですよね…。あなたは巧妙な手口にハマってしまうかも。

 

ネオモバFXのスプレッド

  • 1~500通貨まで0銭
    → FX業界初です!!
  • 501~10,000通貨まで0.2銭
    → FX業界水準。
  • 10,001通貨以上は0.3銭
    → FX業界水準より高い…

 

ネオモバFXは、500通貨までならお得です。

ちなみに、500通貨を売買するための資金は約2,500円です。

でも、こんな少額の資金をFXで運用しても全く利益になりませんよ??

仮にドル円が1円幅で大きく動いたとしても(110円→111円)、500通貨のFX投資て得られる利益は500円程度にしかなりません。。

それにも関わらず、ネオモバFXでは500通貨までという制限はあるものの、スプレッド0銭はすごい!!っと言いたいところですが、「500通貨の取引ってする意味ある?」って言うのが本音です。。

たぶん、初めのうちはリスクをとりたくない!!っと思って500通貨の取引をすると思いますよ。けど、すぐに気付くはずです…。

 

『ネオモバFX』で損する流れ

  1. リスクを抑えたいから500通貨までの取引を始める。
  2. 500通貨って全然稼げない!!ってことに気付く。
  3. 10,000通貨以上の取引を始める。

結果的に他のFX口座よりも高い手数料(スプレッド)を払うことになる。

 

ちなみに、ほとんどのFX取引所ではドル円のスプレッドが0.2銭にです。これは国内のFX会社全体を見てもこれ以上は安くならないだろうという水準であり、現在の標準水準とも言えます。

10,000通貨以上の取引で0.3銭のスプレッドになる『ネオモバFX』は、むしろ割高になってしまいます。

 

ネオモバFX 一般的な
FX取引所
最小取引単位 1通貨 1,000通貨
or
10,000通貨
スプレッド
(ドル円)
0.0銭(1~500通貨)
0.2銭(501~10,000通貨)
0.3銭(10,001通貨~)
0.2銭~

※スプレッドは時間帯や経済指標発表時に広がることもあります。

 

つまり、FXの“通貨”という専門用語をちゃんと理解していないFX初心者にとって、『ネオモバFX』の500通貨までならスプレッド0円と言う特徴は、実際に使ってみないと気付けない”デメリット”でもあるんです。

 

SBI証券『ネオモバFX』のデメリット

上記のとおり、「ネオモバFXのメリットっぽい特徴は実はメリットにならない…」ということをお伝えしましたが、さらにデメリットについても書いておこうと思います。

それでも、『ネオモバFX』を使ってみようと考えている人は、デメリットについてもちゃんと把握しておいてくださいね。

 

ネオモバFXのデメリット

  1. 取引通貨量が多いとスプレッドが大きくなる。
  2. 口座開設&入金が面倒くさい。
  3. 月々のサービス使用料が必要。

大切なことなので、深掘りして解説します。

ネオモバFXのデメリット①
取引通貨用が多いとスプレッドが開く

スプレッド0銭は500通貨まで!!

すでに説明した通りですが、勘違いされやすいポイントですので、繰り返し忠告しておきます。

ネオモバFXの最大のメリットでもある「スプレッド0銭」は500通貨までの取引に適応される特典であり、500通貨以上の取引になればスプレッドは大きくなります。

GMOクリック証券やDMM FXと同じように10,000以上の取引をしたい場合は、1.5倍のスプレッド(手数料)が必要になります。

取引量が500通貨以下なら大損することはなくても、どんなに優秀なトレードをしても時給換算分の利益すら出すのは難しいです。やる意味がないかも…。

 

ネオモバFXのデメリット②
口座開設&入金が面倒くさい

ネオモバFXの最大のデメリットは「口座開設&入金方法が面倒くさい」ってこと。

「1通貨(5円)からの取引OK」と「スプレッド0銭(500通貨まで)」という初心者にとっては嬉しい特徴(メリットと勘違いしやすい特徴)があるにも関わらず、口座開設が面倒くさいっていうのはかなり致命的なデメリットです。

口座開設方法が難しのであれば、やっぱり他のFX口座を選びます…。

これまでFX口座を開設したことがない人にとっては、口座開設はとても難易度が高いステップです。

それが難しいってなると…やっぱり躊躇してしまいますよね。

 

ネオモバFXの口座開設方法

  1. SBI証券の総合取引口座を開設
  2. 総合口座の中にFX口座を開設
  3. クレジットカードを登録

 

これだけではありません。

FX取引するためのは口座へ入金しなければいけませんが、その方法もちょっと面倒くさい…。

 

ネオモバFXへの入金方法

  1. SBI総合取引口座に入金
  2. SBI総合口座からネオモバFX口座に振替

 

これはちょっと…って感じです。

てか、こんなに面倒なら他のFX口座を選びます。。

すでにFX口座を複数利用したことのある経験者であれば、問題ないかもしれませんが、これからFXを始めたいっという人にとっては大変な手間です。

さすがに初心者にはハードルが高い…。

ネオモバFXのデメリット③
月々のサービス使用料が必要

ネオモバFXは、FX取引しなくても月額220円(税込)のサービス料が発生します。

つまり、口座管理費みたいなものです。

大した金額ではないけれど、他のFX口座ではサービス料なんて取らないから、正直ちょっと不満です。

さらに、サービス料の支払いはクレジットカードの自動引き落としになります。

FX口座を開設するときにクレジットカードの登録が必要だったのはこのためだったんですね!?

ぱっやり不満。

1通貨取引でどんなに頑張っても月々のサービス料220円の利益を出すのはほぼ不可能です。

例えば、ドル円に1円の為替変動幅が生じた場合(109円→110円)、10,000通貨の取引では1万円の利益が発生しますが、もし1通貨の取引をしていた場合は1円の利益にしかなりませんので…。

 

まとめ:ネオモバFXってちょっと微妙…

1通貨(5円)からのFX取引ができるため「FXは始めたいけどリスクは取りたくない」っという初心者にとってはとても耳障りの良い特徴ですが、デメリットもしっかり把握しておく必要がありそうです。

【悲報】ネオモバFXはちょっと微妙…。

これが結論です。

 

ネオモバFXのデメリット

  1. 取引通貨量が多いとスプレッドが大きくなる。
  2. 口座開設&入金が面倒くさい。
  3. 月々のサービス使用料が必要。

 

これらが「問題ないよ!!」っていう人はいないのでは??

さらに、こんなことをいうと元も子もないのですが、、

1通貨からの取引って、FX経験者からすれば全然魅力的でもないんですよね。1,000通貨ですら少ないって思うのにそれ以下で取引する必要ないです。

これが真実。

「1通貨(5円)からのFX取引できる」っていう特徴は、FX未経験者に向けた宣伝文句なだけで、FX取引をする上でなんのメリットもありません。

さらに月々のサービス料…。

これらをどう考えるかはあなた次第です。

 

あわせて読みたい!
DMM FXの見落としがちなデメリット【口座凍結リスクあり】
DMM FXは評判いいけど初心者が見落としがちなデメリットあるよ!? 本記事は「なぜDMM FXが人気なのか?」という疑問にお答えします。 FX口座を選んでいるとDMM FXをおすすめしている...