大学院

【博士が100人いる村】デマ!? 物理系の元理系女ポスドクが実体験を含めて考察

【博士が100人いる村】デマ!? 物理系の元理系女PDが実体験を含めて考察
YouTubeで「博士が100人いる村」という恐ろしい動画を見てしまいました。これって本当なんでしょうか??

大学院生、さらには博士の学生であれば知らない人はいないであろうこの創作物語。

製作者が不明という点が不気味ですが、実はちゃんとした根拠となるデータに基ずく内容であると言われており、その基となるデータが文部科学省が公表している「学校基本調査」です。

そして、この動画の中で最も気になる問題は、「100人の博士のうち8人は行方不明or死亡」とされているところ…。

ネpット上では“デマ”という意見もありますが、「あながち嘘ではないのでは??」というのが、博士を経験しその後にポスドクとして大学で研究員の職に就いた私の意見です。

ただし、ポスドクや会社、他分野へ就職した割合をどのように調査できたのか、という点については疑問が残るため、信ぴょう性に欠ける部分があるのは確かです。

さらに、”行方不明 or 死亡”と言うのはちょっと言い過ぎで、単純に“連絡が取れない or 博士後の進路を確認できない”というのが正しいはず。

 

本記事では、元ポスドクという経験から「博士が100人いる村」がフィクションなのか、それとも任フィクションなのか、どれくらい信ぴょう性があるのかを具体来なデータを基に考察してみたいと思います。

【博士が100人いる村】はデマ!? or 真実!?

大学院博士課程進学者は就職できない?「学校基本調査」とは、文部科学省が毎年実施している進路調査です

文部科学省は,学校教育行政に必要な学校に関する基本的事項を明らかにすることを
目的として,標記調査を昭和23年度より毎年実施しています。

現在(2020年8月)の最新版は、「令和元年度学校基本調査」になります。

「博士が100人いる村」の童話の背景には、文部科学省が毎年実施している信ぴょう性のあるデータがあるため、まったくの”デマ”というわけではなさそうですね。

では、学校基本調査で報告されている博士たちの進路についてチェックしてみましょう。

令和元年度の博士課程修了者の進路

結論からいうと、博士たちは普通に就職して言ってますね。

博士修了者の就職率は69%@H31

博士課程修了者のその後の進路引用元:令和元年度学校基本調査
博士課程修了者には満期退学者(学位を取得しない単位修得者)数も含まれています。

令和元年度(平成31年3月)の博士課程修了者数は15,578人であり、その69%にあたる10,756人が正規雇用の職に就いています。

「博士は就職できない」とよく聞きますが、このデータを見る限り、それはまったく信ぴょう性のない嘘ですね。

ただし、就職していない割合の31%の博士たちはどうなってしまったのでしょうか。

こちらも「令和30年度学校基本調査」による調査結果を抜粋してみます。

博士の進路:7%引用元:令和元年度学校基本調査

「令和30年度学校基本調査」によると、1.3%がさらに進学し、5.4%が一時的な仕事に就き、残りの17.3が進学も就職もしていない者(無職?)と報告されています。

1.3%+5.4%+17.3%=24%…?!

就職率が69%、未就職者が24%、合計93%…。残り7%は??

あれ??

7%の博士の行方が分かりません…。

H31だけでなく、過去の調査報告においても毎年7~8%の博士出身者の行方が分からなくなっています…。

これが「博士が100人いる村」の中で問題視されている“8%の博士”たちです。

 

令和元年に行方不明になった博士の数

  • 1,090人
    15,578人の博士課程修了者の7%に相当

ただし、学校基本調査で進路を追えなかった7%の博士が”自殺”したという根拠など、どこにもありません。

信ぴょう性はないものの、嘘という根拠もない…。

 

7%の博士たちは何処へ…

文部科学省が毎年調査している「学校基本調査」の報告書を見ると、毎年7~8%の博士たちのその後の進路を追うことができていない。

つまり「行方不明」になっていることは事実です。

おそらくですが、本当に行方不明になっているわけではなくて、進路調査をしても博士からの返答がない、連絡が取れなくなったというだけだと思います。。

仮に大学の進路部から「卒業後、いまどうしてますか?」なんて連絡がきても、私なら返事しませんね。(笑)

つまり、大学側が把握できずに「行方不明」になっているだけであり、それは『死亡(自殺)したわけではない』と考えるのが”普通”かも…。

実際、私は生きてますから…。

 

でも「自殺した学生がいる」という話を実際に聞いたことがあるのも事実です(私の直接の知り合いではないため、詳細は不明ですが…)。関東の某大学では、毎年自殺者が出ているという話もあるようです。。

 

もしこの話が本当であれば、在学中に亡くなったケースになるため、学校基本調査で追っている終了後の進路調査には反映されないはず。

つまり「仮に博士の学生が自殺したとしても統計データとしての証拠はない」というのが実際のところではないでしょうか。

 

ただし、博士課程の学生で“鬱”を発症するケースは少なくありません。

 

これは大学院博士課程を経験した人であれば心当たりがあるはず。「博士課程の学生が急に大学へ来なくなり連絡が取れらくなった」というケースは少なくありません…。

 

私も似たような状況になっていた時期がありましたし、実際にそうなった先輩や後輩もいました。

こうした現場を実際に見ているからこそ、「100人が博士の村」の中で語られる「8%が行方不明 or 死亡」という説を完全に否定することはできません…。

 

もし、本当に自殺しているなら、その痕跡(データによる裏付け)を見つけられるかもしれません。

そこで、次は警察庁が報告している自殺者数を参考に、8%の行方不明の博士たちが自殺している可能性について考察してみます。

日本の自殺者数は20,000人以上(2019年)

日本の年間自殺者数データ引用元:警察庁自殺統計原票データ

こちらは、2010年から2019年の年間自殺者数を年齢階級別に表記したグラフです。

グラフを見てわかる通り、自殺者数は年々減少傾向にあるものの、2019年の自殺者数は”20,169人”という集計データが報告されています。

自殺者数は経済ショックが起きた翌年に急増すると言われており、その後10数年かけて減少傾向を示す特徴があるようです。

さて、「博士が100人いる村」の8%の行方不明の博士たちはこのデータに含まれるのでしょうか。。

平成31年度の博士課程修了者数は15,578人、このうち8%が調査報告書に含まれていない1,090人の博士たちとなります。

15,578人 × 7% = 1,090人

もし、「博士が100人いる村」の童話が真実であれば「年間自殺者数の5%が博士」ということになります。

 

この数字だけ見ると、真実味を感じてしまうのはなぜだろう…。

 

とはいうものの、博士卒の平均年齢は28歳~30歳くらい。

警察庁自殺統計原票データを見ると、

  • 20~29歳の自殺者数:2,526人
  • 30~39歳の自殺者数:3,426人

→ 20~39歳の自殺者数5952人であり、平均分布していると仮定すると、28~30歳の自殺者数は893人

※算出例:5,952÷20×3 = 892.8

つまり、約893人の28~30歳の人が自殺していると推測されます。

とはいっても、この中に博士がどれだけいるかわかりませんので、1つの仮定を考えます。

仮定:博士出身者の割合は各年齢別人口数の0.3%以下

→ 893人×0.3%≒2.7人

めっちゃ単純な見積もりになりますが、2019年の自殺者数:20,169人のうち、2~3人が博士である可能性が考えられます。

博士の自殺者数は年間2~3人(推測)

つまり「博士が100人いる村」の童話で語られた”8%が行方不明・自殺者”という話には具体的な証拠がなく“誇張した表現”であると言えますね。

やっぱりデマだったんですね。ホッとしました。

ただし、自殺者がいないわけではありません。

自殺まで追い込まれないにしても、精神的に病んでいる博士が多いことは事実です。

「博士が100人いる村」で語られる最後のオチは信ぴょう性がないデマだとしても、博士課程に在籍する学生の不安を具体的に捉えた動画であることは間違いありません…。

それゆえに、製作者不明にもかかわらず製作後何年たっても大学院生の間で話題になているのでしょう。

まとめ:博士課程修了者の8%は自殺していない

博士が100人いる村はデマ?それとも真実?年齢階級別の自殺者数と照らし合わせて「博士がいる100人の村」の真実を考察してみても、この動画がまったくのデタラメであるとは完全に否定できない気持ちが残ります。

その理由は、私自身が博士課程を経験し、その過程で苦しんだり、時には”鬱”状態を彷徨った時期があったため、他人事として考えられないからです。

博士経験者であれば、多くの人は共感する部分があるはず。

ただし、”自殺”というの事実はないにしても「学校基本調査」で集計きていない7~8%が存在していることは事実です。

 

現在、大学院博士課程にいつ人、もしくはこれから博士課程に進学しようと考えている人であれば、自分がこの7~8%に入ってしまわないか、という不安があるかもしれません。

その可能性はゼロではないですよね…。

大学院で研究一筋で頑張っていると、その頑張りが報われなかったり、急に糸が切れたようにやる気がなくなったり、”鬱”状態になってしまうこともあります。

具体的なケースとして、学振に採用されなかった時とか…。

元ポスドクからのアドバイス

大学院博士課程在学中に“学振”に採用されなければ、研究者としてのキャリアは絶たれたと思ってください。他分野へ就職することをおすすめします。

※認めたくない気持ちに共感しますが、遅かれ早かれこのことに気付く時が来ます。。

研究分野によって学振に採用されやすい(or 採用されにくい)という不平等があるのは確かです。つまり、運の要素もあります。

しかし、運も含めて実力だと割り切るべき。

学位取得終了、もしくは単位取得退学のどちらにせよ、新卒で就職できます。

【就職率:67.7%】博士は就職できないはウソ!?大学院生には起業する選択肢もある
【就職率67.7%】博士は就職できないはウソ!? 元ポスドクが解説します。「研究を続けたい」という自分の意志を尊重してください。悩む必要などありません。もし進学に対して不安がある場合なら、博士課程で研究を続けながら「起業」or「フリーランス」として独立し2足の草鞋を履くという選択肢もあります。...

 

学位取得後は”コネ”でポスドクのポストに就くことができても、学振に採用される実績と研究テーマがなければ、その後につなげることができません。つまり、30歳超えてから任期切れで無職・フリーターになる可能性が高いです…。

そうなると、ちょっと悲惨です。。

とはいっても、大学院5年も通して取り組んできた研究を辞めるなんて、簡単には決断できません。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。

繰り返しになります、博士課程で学振に採用されなければ、研究職に就くべきでない。

こればかりは、断言します。

7~8%の博士にならないためにも、他分野へ就職してください。

 

アカリク転職エージェントは、大学院で専門分野の研究をしてきた博士・ポスドクに特化した就職サイト「アカリクWEB」を運営する株式会社アカリクの転職エージェントサービスです。

 

アカリク転職エージェント
公式サイトへ
※登録は無料です。

 

╲大学院生・博士のための就職支援サイト╱※研究職、エンジニア職に強い実績があり。
※書類選考率50%以上の転職サポート。

 

これから大学院後期課程に進学する学生 or/and 博士たちの不安を和らげるためにもシェアをお願いします。