大学院

【大学院進学者必見】元PDが伝えたい大学院で失敗しないための5つのアドバイス

【大学院進学者必読!!】元PDが伝えたい大学院で失敗しないための5つのアドバイス
大学院へ進学したものの…なんだか想像と違ってました。もっと研究者っぽくなれると思っていたら、講義ばかりだし研究課題もなんだか先輩の作業のお手伝い??補完??的なことばかりで、気が付くと就職活動の時期です。私って何しに大学院に進学したんだろう…。

こんなふうに思う修士の学生って結構多いと思います(大学院へ進学したプライドがあるため、口に出す人は少ないですが…)。

でも、仮に修士課程で卒業するなら大学院一年目の終わり頃から就職活動が始めるため、大学院に進学する意味ってあったんだろうか??と主観的にも客観的に感じるところがあります。

さて、こういう後悔(or 失敗)をしないためにはどうしたらいいのでしょうか。

私は過去に理系分野の大学院博士課程で物理学博士号を取得した後、大学の研究機関でポスドクとして研究職に就いていた経験があります。

多重債務者リサの経歴

2008年:大学卒業後、有名パティスリーに就職

  • 1年で退社
  • 日本人ノーベル物理学賞の授賞式ニュースを見て、再び研究者を目指すことを決意

2010年:大学院入学

  • 入試成績トップで大学院試験合格
  • 修士課程2年、博士課程3年で物理学博士の学位を取得

2015年:某大学研究所にPDとして就職

  • 5年任期、月30万円の固定給(昇給、ボーナスなし)

2017年:PD辞職&カフェ起業

元PDの経歴がある私から、大学院進学を志す大学生に向けたアドバイスをしたいと思います。

一応、これでも成績トップで大学院へ入学し、修士課程では国内学会3回、研究会2回、博士課程では国際研究会3回、国内学会2回、国内研究会3回、さらに査読付き論文1本といった実績がありました。

特に華々しい実績ではありませんが、比較的活発に研究活動していた方ではあると思いますので、是非とも参考にしてみてください。

【大学院進学者必読!!】元PDが伝えたい大学院で失敗しないための5つのアドバイス

以下では大学院へ”積極的な意思”を持って進学することを前提にお話しを進めたいと思います。

なお、もしあなたが現在学部生で「大学院へ進学」or「就職」で迷っているのであれば、「大学院へ進学」することをおススメします。

その理由は、“積極的な意思”を持って大学院へ進学するなら、“進学して損はない”からです。

しかし、大学院生活で失敗しないためには、進学前に抑えておくべきポイントがあります。

大学院は自主性が重んじられる極めて特殊な環境であり、あなたが経験したこれまでの学校、大学とはまったく異なる環境になります。

それを理解および受け入れなければ、間違いなく大学院生活で得るものはありません!!

厳しいことを言いますが、大学院へ進学し修士課程で卒業する多くの学生は「大学院で何したの??」っと言われても可笑しくない大学院生活を送っています。これは本人の責任でもありますが、日本の新卒を重視した就活、2年しかないカリキュラムの修士課程制度にも問題があると言わざるを得ません。

あなたの大学院進学が失敗とならないように、学部生のうちに抑えておくべき具体的な5つのポイントをアドバイスしますね。

大学院進学者へのアドバイス
  1. 大学院は博士課程まで進学し学位を取得する事を前提とせよ
  2. 大学院生活が始まる前に学会・研究会への参加意思を指導教員に伝えよ
  3. 大学院生活が始まる前に学振への申請を希望する事を指導教員に伝えよ
  4. 日本学生支援機構の第一種奨学金を借入せよ
  5. 研究活動の傍ら収益性の期待できるスキルを身に着け、実行せよ

この5つのポイントは本当に超重要です!!

これらを大学院進学前の学部生の頃から考えておくことができれば、きっと実り多い大学院生活、いや、研究生活を送ることができます。

ほとんどの学生は大学院に進学するまでのことしか考えておらず、大学院でどのようなスケジュールで研究を進めていくのかをまったく考えていません。

でも、どんな講義があるかもわからないし、考えろと言われても右も左もわからない状態でスケジュールなんて考えられませんよ…。

と思った人がいれば、この時点で大学院進学の価値はないでしょう。

先にも書いた通り、大学院は自主性が重んじられる極めて特殊な環境であり、あなたが経験したこれまでの学校、大学とはまったく異なる環境です。

そして、その環境は研究室によっても大きく異なります。

つまり、自ら考えて行動する自主性が必要になります。

それがない状態では、大学院での過ごす時間、学費を無駄にするだけです。

とは言うものの、大学院という環境を上手く使いこなすことで、あなた自身は飛躍的に成長することができますし、充実した大学院生活を送れるはずです。

脅し文句はこれくらいにして、先にあげた5つのポイントについて深掘りしていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

①大学院は博士課程まで進学し学位を取得する事を前提とせよ

これは大学院進学者全員に伝えたい事です。

そもそも研究職に就くことを前提としなければ大学院へ進学する意味はないに等しく、例え修士課程で卒業したとしても研究職に就くことができません。

逆に言えば、研究職に就くためには大学院博士課程を卒業し博士号を取得していること(or それ相応の能力がある事)が必要になります。

博士号取得をするつもりもなく修士課程で卒業するのであれば、学部生となんら違いはなく、実際、修士課程卒業者の研究発表会での研究発表を聞いても、学部4年生との差はほとんどないと言える状況です(大学にもよるかなぁ…)。

強いて言うなら、パワーポイントの使い方がちょっと上手くなったレベルです。

しかし、それも大学院修士課程の制度を考えれば致し方ないと言わざるを得ません。

大学院に進学すれば当然ながら単位を取得しなくてはならず、そのための講義(ゼミ)が詰め込まれ、自身の研究に費やす時間がなかなか取れなくなってしまう現状があります。

さらに一年を過ぎるころには就職活動が始まり、ますます研究時間を確保することが難しい状況に陥ってしまいます。

もしあなたが修士課程で卒業&就職を考えているのであれば、なんのために大学院へ進学するのかを考え直してみてください。

「大学院卒という肩書が欲しい」という学生もいると思いますが、それは単なる自己満にしかならず、まして博士課程で学位を取得した者からすれば滑稽な自尊心とも思えます。

②大学院生活のスタート時に学会・研究会への参加意思を指導教員に伝えよ

学内進学者であれば、大学院進学前に相談しておくべきでしょう。

学会や研究会への参加は自身のレベルアップにもなる上、他大学の研究の話を聞くことができる貴重な場でもあるためモチベーションアップにも繋がります。

また、分野による違いはあると思いますが、修士課程の学生などの発表はちょっと珍しいため注目されることがあります。

そうした中で発表することで、同分野の先輩研究者や他大学の研究者の方々に名前を売る事ができ、人脈を広げるきっかけにもなります。

学会・研究会の参加意義
  • 立派な研究実績となる。
  • 研究活動のモチベーションアップになる。
  • 他大学の研究者との人脈を作れる。

しかし、学会への参加経験がなければ、どのようにして参加手続きをとるのか、または自分の研究内容が学会で発表できるレベルに達しているのかがわかりません。

また、学会での発表を修士課程の一つの目標として設定することも良いと思います。

そのためには事前準備も必要となるため、早めに学会への参加意思を指導教員、もしくは先輩の研究者に相談しましょう。

③大学院生活スタート時に学振への申請を希望する事を指導教員に伝えよ

学振とは日本学術振興会特別研究員と呼ばれる研究費補助の制度です。

国による先頭投資を受ける資格を得た優秀な若手研究員、というイメージを持てば良いと思います。

≫ 令和2年(2020年)の採用募集要項

この制度を学部生や大学院入学当初に知っている方はもしかすると少ないのではないでしょうか。

特別研究員になれば、月額20万円+年間150万円以内の研究活動費を受給することができます。

もはや大学卒初任給より多い額の収入を得ることができます。

ただし、誰でも簡単に特別研究員になれるわけではなく、修士課程のうちに少なくても査読付き論文を一本でしている事が条件となります。

これはかなりハードルが高いと思って良いでしょう。

しかし、特別研究員になれば経済的な不安を抱えずに研究活動が行えるなかりか、研究キャリアを築く上で極めて優位なポジションとなることは間違いありません。

超重要なアドバイス

大学院博士課程中にDC1 or DC2に採用されなければ、研究者としてのキャリアはほぼ絶たれたと思って間違いありません。

※いますぐ起業の準備にとりかかりましょう。(←なぜ?)

厳しいことを言ってしまいますが、これが現実です(もちろん例外もあると思いますが、厳しい現実であることに違いありません)。

ちなみに、「博士に行くと就職できない」と噂されることがありますが、それは事実ではありません。

文部科学省により報告されている「平成30年度学校基本調査」によれば、大学(学部)・修士・博士の就職率は以下の通りです。

平成30年度調査結果 就職率 就職(進学)していない率
大学(学部)卒業者 77.1% 8.6%
修士課程修了者  78.5% 10.8%
博士課程修了者 67.7% 24.4%

「博士に行くと就職できない」の真相は「大学(学部)卒に比べて」という意味であり、さらにはその差も10%しか変わりません。

既にご存知かもしれませんが、博士出身者やポスドクを対象にした就活サイトがあります。

博士/ポスドクの就活エージェント

【アカリク転職エージェント】大学院生/ポスドクのための就職支援サイト:研究で培った専門性や能力、志向性とマッチするものを厳選して就職先を紹介する就活サポートサイト。

アカリク転職エージェントは、博士やポスドクのキャリアを生かした就職支援コンサルにより、第2のキャリアをみつけていくためのエージェントです。

大学院へは進学したいけど、博士課程に行くことに躊躇してしまう学生も多いと思いますが、そもそも積極的な理由で大学院への進学を考えたのであれば、躊躇する理由などないはずです。

もし「就職できないかもしれない…」という不安を抱えて躊躇しているのであれば、そんな不安はまったくする必要はありませんよ。
【博士の進路】大学院博士は就職できない!? むしろ就職する必要はない
【就職率:67.7%】博士は就職できないはウソ!?大学院生には起業する選択肢もある はい、あなたは誤解していますよ。 「大学院博士課程に進学すると進学できない」という大学院生の特徴は「就職したくない、働きた...

④日本学生支援機構の第一種奨学金を借り入れせよ

これもほとんどの学生が知らない制度だと思いますが、大学院で借り入れした第一種奨学金は半額免除になる可能性があるからです。

≫【特に優れた業績による返還免除】

こちらも申請にはいろいろ条件がありますが、先ほどの学振への申請ほどの難易度はまったくないので申請しないという選択肢はないでしょう。

また、私自身も申請が通りましたが、先輩や後輩を見ても私が聞いた狭い範囲では半額免除にならなかった人はいません。

なお、この免除制度を知らずに卒業していった後輩や、教えてもらった時にはすでに申請期間が過ぎていたという後輩は結構いたと思います。

⑤研究活動の傍ら収益性の期待できるスキルを身に着け実行せよ

これは賛否両論あるかもしれませんが、働き方が多様化している時代の中で様々な可能性を考え、行動しておくことに損はない』という考えの元でのアドバイスです。

特に理系分野の方であれば、プログラミングスキルなどを身に着けやすい環境にいると思われます。

そのプログラミンスキルがどのように研究以外の分野に使えるのか、どのようにすれば大学院生でも収益化することができるのか、そうした情報は意識的にアンテナを張っておくよう心掛けてください。

理系分野にいる方の多くは、若手研究者としての大学院生という立場でありながら、フリーランスエンジニアとし活動することも可能です。

そうした研究活動をする上で見についたスキルを収益化していく方法を早い時期から確立しておくことをおすすめします。

エンジニアのための案件サイト

フリーランスエンジニアとして、どのようなお仕事があるのかをチェックしてみると、具体的なイメージが湧きやすいと思います。

※登録しておくと自動的に案件が入ってくるので、登録しておいて損はありません。

ちなみに、私は研究活動を通して知り合ったエンジニアの方から、CADを使った3D設計と図面製作のお仕事をいただいておりました。

実は、PDの方で自身の研究に取り組みながら、個人でエンジニアとして副業している人は結構います。

上記サイトのような案件を受注する人もいれば、私のように研究活動の中で知り合った方に仕事をもらうケースも少なくありません。

大学院の5年間の研究活動の傍ら、隙間時間を見つけて少しずつでも自身のスキルを収益化する手段を確立させていくことも意識してみてください。

最後に

私の意見とは違う考えもあるとは思いますが、本ページに綴ったことは私自身が経験者だからこそ伝えられる具体的なアドバイスだと思います。

むしろ、私が大学院生の頃に意識しておくべきだった、教えてもらいたかったことばかりです。

なお、⑤に関しては学部生の頃からでも実践できることですし、情報な時代の流れに敏感な学生であればすでに実行し時代の先端を進んでいると思われます。

大学院、さらには研究者の志す学生に参考してもらえると幸いです。

おすすめ記事

≫ 大学院生は英会話を勉強したほうがいい|国際会議で痛感した英語の重要性