大学院

大学院生は英会話を勉強したほうがいい|国際会議で痛感した英語の重要性

大学院生は英会話を勉強したほうがいい|国際会議で痛感した英語の重要性
  • 大学院で必要な英語スキルは2パターンある。
  • 研究者を目指すなら国際会議への参加は必要不可欠。
  • 英会話スキルを高めるためにはオンライン英会話が効果的。

大学院への入学が決まり「晴れて研究者の卵」としてこれから頑張っていこうと決意していた矢先、英語が苦手で挫折してしまうことは珍しくありません

一方で、「英語が得意」or 「英語に苦手意識がない」という学生はわりとスムーズに研究生活に馴染んでいきます。

大学院に進学するなら英語は必須ですよね?? やっぱりみんな優秀だから英語ができるのでしょうか??

よく誤解されがちなことですが、これは間違いです。

結論から言えば、英語ができなくて“恥”をかいた経験をしているからです。

もちろん、元々英語が得意な人もいますが、私の感覚的に90%以上の方は英語が得意ではないものの、“それなりの努力”をしています。

“恥”をかく 英語をがんばる

例えば、大学4年生にもなれば各研究室へ所属し、そこでゼミや研究論文を読む機会が多くなると思います。

研究論文は当然ながら英語であり、英語が読めなければ研究に必要な情報を得ることができません…。

さらに、大学院へ進学すれば国際会議に参加する機会もでてきます(参加しなければ大学院へ行く意味はありませんよ)。

国際会議では海外の方と英語でディスカッションするため、英語ができなければ話になりませんよ…。

つまり、大学院進学後に必要な英語力には2パターンあります。

大学院&研究者に求められる英語力
  • 論文を読み書きする英語スキル
  • 海外の研究者とディスカッションする英会話スキル

大学院では学生自身の自主性が重要であり『自ら考え、行動する』姿勢がなければなりません。

つまり、必要なスキルなのに自分にないものであれば、自ら学習しなければならないのです(わざわざ英語の勉強しろっなんて言われませんよ)。

「どうしてみんな英語ができるのか」っという問いの答えは、みんな陰ながら努力しているからです。

私は初めて参加した国際会議で誰ともディスカッションできないという“恥”をかいた経験があります。「ディスカッションできないのにお前は何しに来てるんだ」と思われていたかも…。

この経験がきっかけで、それまでは必要とはわかっていても日々の研究が忙しくてなんとなく逃げていた英語学習を始めるようになりました。

さぁ、あなたは英語学習始めていますか??

※無料でオンライン英会話を体験できます。
DMM英会話は117カ国以上の講師が在籍しており、グローバルなコミュニケーションを体験することができます。今なら25分の無料体験レッスンが2回受けられるため、とりあえず試してみるのが良いかなと思います。
≫ DMM英会話の無料体験はこちら

大学院生が英会話を学ぶべき理由【国際会議への参加】

大学院生が英会話を学ぶべき理由先ほど、大学院進学後に必要な英語力には2パターンありと説明しました。

「論文を読み書きするための英語スキル」は正直なところ“慣れの問題”でもあり、さらにはGoogle翻訳を使えば取り急ぎ何とかなるケースが多いです。

研究を始めると英語論文を見ない日なんてありませんので、初めの頃に感じていた英文に対する強い拒否反応も気付けばなくなっていきます。

ただ、英語がそもそも苦手な方は、そこに至るまでに大変な苦労をすることになるのは間違いありません…。

しかし、諦めずに続けていれば“慣れの問題”であることに気付き始めるでしょう。

大学院生の中にはすでに気付いている方もいると思いますが、論文で使用されている英文には”型”があります。

 

一般的な会話とは異なるシステマティックな表現があり、多くの論文を読み続けるとその”型”がなんとなく身に付いてくるのです。

一方で、問題なのが英会話スキルです。

日本にいると、英文には慣れることができたとしても、英会話を日常でする機会がほとんどないため、英語でディスカッションすることに慣れないんですよね…。

さらに言えば、国際会議に参加しなければ、英会話スキルの重要性に気付くこともないでしょう。

それなら国内の学会・研究会があるんだから、わざわざ国際会議に行く必要はないのでは??

うーん、、それは極めて愚かでネガティブな考えです(言葉が悪くて申し訳ない…)。

研究は世界最先端でなくてはいけない

誰かが成しえた or 既に確立された学問を学ぶことは研究ではなく『勉強』にすぎません。

まだ解明されていない問題を解き明かそうとする試みがこそが『研究』です。

それにも関わらず、研究活動が国内のみに限定されるなどあり得ないことなのです。

さらに、研究者の道を志すのであれば『研究実績』はとても重要なものになります。

一般的な就活などでは出身校などが重要視されるかもしれませんが、研究業界ではどこの大学出身なのかではなく、『どのような研究実績があるのか』が超重要視されます。

重視される研究実績
  • 査読付き投稿論文
  • 国際会議への参加
  • 国内学会・研究会への参加

各分野の有名なジャーナルへの投稿論文数がその研究者の評価のすべてと言っても過言ではありません。

研究業界では、どこの大学出身なのかなど評価の対象にすらなりません。

大学院への進学者希望者の中には学歴ロンダリズムに執着している学生も多いですが、研究者を目指すのであれば、それは無意味なコンプレックスです。。

※評価はあなたの経歴ではなく研究実績に付くものです。

例えば、東京大学大学院出身で論文数がゼロの人と、Dランク大学大学院出身で論文数が1本の人では、後者のほうが評価価値は高いと言いえます(前者はそもそも評価する価値すらない…)。

では、論文をたくさん書けばいいじゃん!!って思うかもしれませんが、そう簡単に書けないのが論文です。

分野の違いはあるかもしれませんが、大学院時代(修士~博士)に1本の査読付き論文を投稿できていれば優秀だと思います(博士論文を除く)。

つまり、大学院で積むことができる実績はせいぜい査読付き論文が1本しかないってこと??

そうとも言えますが、査読付き論文の次に高く評価される実績が国際会議への参加です。

正直なところ、国際会議への参加は大学院生にとってハードルが高いです。

しかし、国内の学会・研究会への参加実績がいくら豊富であっても、国際会議への参加件数1本の実績には敵いません。

それくらい国際会議の評価価値は高いと考えてもらってOKです。

大学院生のうちから研究実績を積むためにも国際会議への参加は必須です!! そのためにも、英会話スキルを身に付けておく必要があります。

ただ、一度でも国際会議に参加すれば自ずと英会話を勉強したくなるはずです。

それは、私のように国際会議で”恥”をかいた経験がそうさせることもありますが、シンプルに研究に対するモチベーションがあがり、また国際会議に挑戦したい!!っと思うはずだからです。

【悲報】国際会議で質疑応答ができない大学院生

大学院生が英会話を学ぶべき理由国際会議へ参加する大学院生の多くは、東大や京大あたりの比較的研究室規模の大きいところに所属している方が多い印象です。

ちなみに私は、東大でも京大でもなく、1人で参加していました(同じ大学に所属するPDはいましたので、完全に1人というわけではありませんでしたが)。

多くの日本人研究者は国際会議のポスターセッションに参加しています。

なお、国内外問わず、学会や研究会では2種類の発表形式があります。

国際会議での発表スタイル
  • 口頭発表(スライド形式の発表)
  • ポスター発表

口頭発表はおそらくみなさんがイメージする通りのような感じだと思います。

ポスター発表というのは、結婚式場のような広い会場にボードが並べられ、そこに参加者が自分の研究ポスターを張り付け、いろんな人に声をかけて(or かけられて)個別にディスカッションするスタイルの発表です。

つまり、ポスター発表では積極的なコミュニケーションスキルが求められます。

しかも、相手は国際会議ではディスカッションのお相手は海外の方達です…。

これってめっちゃハードル高くないですか?? 知らない海外の方と英語でディスカッションするって…。できれば話しかけないでほしい…って思っちゃいます。。

でも、そんあネガティブな態度では参加している意味がありません。

国際会議の場に来ているにも関わらず、「ほとんど誰とも議論することなく突っ立ったまま…」or/and「結局日本人とした会話していない…」という大学院生をよく見かけます。

※私もこうした大学院生の1人でした…。

そんな日本人の学生が多い中で、1人だけめっちゃ積極的な学生を発見したことがあります。

その彼は、修士の頃に国内の学会で面識がある東北大学のTくん。

私よりも一つ年下。

話を聞いてみると、彼は博士に入った時期に学振を取得して共同研究者のいるフランスの大学に留学しているとのことでした。

なるほど。だからそんなに英語もできて積極的なのか。英語が話せないと国際社会の中で自分を売り込むことができない…。

正直なところ、私はものすごく劣等感を感じました…。

研究をしているだけではだめなんです…。

英会話を身に付けるために始めたオンライン英会話

大学院生が英会話を学ぶべき理由英会話できずに国際会議で不甲斐無い思いをした私は、同じ大学から同行していたPDの方々に相談しました。

どうしてPDの方って英語話せるんですか??
いやいや、僕たちも英語は苦手だよ。自分の研究内容を伝えることはできるけど、詳細なディスカッションはやっぱり難しいなぁ。
それでも会話できているじゃないですか?? もともと英会話は勉強していたんですか??
英会話は習慣化しないと身に付かないからね。最近はオンライン英会話している人も多いけど、研究者で英会話スキルに優れている人は海外の大学や研究所にいた人がほとんどだよ。
なるほど。東北大のT君だ…。

つまり、研究者たるもの海外への進出は必要ということですね。

でも、すぐにそれが実現するわけではいかないですが、国際会議で思い知らされた自分の不甲斐なさは自分自身で解決しなければいけないと、心に決めました。

帰国後、悔しさと不甲斐無さが心から消えてしまう前にオンライン英会話をはじめることにしました。

私が選んだオンライン英会話スクールは“無料体験”が受けられるDMM英会話です。

DMM英会話を選んだ理由
  • 月額費用が安く、好きな時間に自宅で受講できるため難なく継続することができる。
  • 1対1の個人レッスンなので回りを気にせず受講に集中できる。
  • 無料体験レッスンを受けることができる。

初めてのオンライン英会話だったので、自分にもできるのか不安でしたが、国際会議で感じた悔しさと不甲斐無さに比べれば、そんな不安なんて気にするレベルじゃない!!っと思いました。

と言うか、レッスン風景を見るとシンプルに楽しそう。

レッスン料金や講師については『DMM英会話の公式HPでチェックしてもらうとわかりますが、月額利用料金が6,480円~ととにかく安くて講師陣が充実しています(初回入会だと50%OFFのようです)。

研究生活をしていると、なかなか時間を作ることが難しいと思いますが、オンライン英会話なら24時間好きなタイミングで受講することができるため、例えば深夜の時間帯に自宅でレッスンすることも可能です。

とは言っても、私の場合は週に2~3回という頻度でレッスンを受けていました。

半年間で1,675分のレッスンを受けました(1レッスン=25分)。

もっと頑張れよ!!って感じもしますが、研究生活に支障なく気軽に始めるにはこれくらいでもいいかなぁと思います。

これくらいの英会話レッスンを受ければ、自己紹介や簡単な日常会話スキルは身に付くし、物応じすることなく英会話する姿勢が身に付きますよ。

研究を進めるのと同じで、英会話も継続が必要であることを実感しました。

研究者を目指す大学院生であれば、英会話スキルは必須です。

もし、英語論文に四苦八苦しているという方がいれば、英会話を始めることによって、英語に対する苦手意識を克服できるかもしれません。

最後に:大学院生は成長とともに英会話スキルの必要性に気付くはず

大学院生、もしくは大学院への進学を考えている学生であれば、すでに研究を始めるにあたって英語力が必要であることを実感していると思います。

さらにもう少し進んでいくと(自分が研究者の卵として成長していくと)、国際会議などが視野に入るレベルに達するはずです。

私の様に、初めての国際会議でディスカッションできずに”恥”をかく経験をすることもあるかもしれません(もしろほとんどの大学院生がそうです)。

そこで悔しいと感じたり自分の不甲斐なさを認めて、「再び国際会議にチャレンジしたい」と思うか、「一回経験したしもういいや」と思うかは人それぞれです。

しかし、研究者を目指すのであれば、自身の研究実績を積むためにも国際会議への参加は必須であり、年間行事として受け入れていく姿勢を取らなければならないでしょう。

自分のキャリアを築くためにも、国際会議を楽しむためにも英会話スキルは大学院生にとって必須になるはずです。

おすすめ記事

≫【就職率:67.7%】博士は就職できないはウソ!?大学院生には起業する選択肢もある