大学院

【学振DC2】論文がないので自己評価でアピった結果、落ちた…

【学振DC2】論文がないので自己評価でアピった結果、落ちた...
博士課程のみなさん、もしくは博士課程へ進学を目指す修士学生のみさなん、学振の申請準備はしていますか??

まさか「学振?? なんのこと??」と言う人はいないと思いますが…。

もし、「知りません」っていう方がいればかなりの情報不足(もはや勉強不足といっていい…)、さらには研究機関としての大学院の環境は良くないことでしょう…。

学術振興会特別研究員DC(通称:学振)

さて、しょっぱな残念なお知らせがあります。

 

元ポスドクから重要なアドバイス

大学院で学振DCに採用されなければ、研究者としてのキャリアはほぼ絶たれたと思って間違いありません。“就職”を考えましょう。

登録無料

【理系限定】アカリク転職エージェント

╲院卒・博士のための就職支援サイト╱※研究職、エンジニア職に強い実績あり。
※書類選考率50%以上の転職サポート。

 

冗談ではありません。受け入れがたい事実ですが、これが現実です。

採用されない言い訳はいくらでもできますが、運も含めて実績です。早かれ遅かれ気付く時が来ますので、悪あがきしない方が将来のためです。。

  • 学振DCは査読付き論文があるか否かでほぼ決まる
  • 博士1年次の学振DC1の自己評価でアピった結果、落ちた…

 

私は、大学院博士課程3年目で物理学博士号を取得し、某大学研究機関に任期5年のポスドクに就きました。

学位取得時(大学院修了時)の研究実績は以下の通り。

  1. 査読付き論文:1本
  2. 国際学会・研究会:3回
  3. 国内学会・研究会:計10回くらい

ちなみに、大学院博士の頃にDC2は2度申請して2度不採用でした(申請時は論文が出ていませんでした)。

言い訳になりますが、研究分野的に論文の数が出にくい分野だったため、1つの査読付き論文が出るまでに修士博士課程のまるまる5年を費やしました。

とは言っても、論文が出ていなかったのは事実。この時点で研究者としてのキャリアはほぼ絶たれていたのだと、ポスドクになって思い知らされました。。

学振DCは査読付き論文があるか否かでほぼ決まる

1. 学振の趣旨

優れた若手研究者に、その研究生活の初期において、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与えることは、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者を育成する上で極めて重要なことです。
このため、独立行政法人日本学術振興会(以下「本会」という。)は、我が国の大学院博士課程在学者で、優れた研究能力を有し、当該大学で研究に専念することを希望する者を「特別研究員-DC」に採用し、研究奨励金を支給します。

大学院生が申請する学振DCはこうした趣旨があります。つまり「優秀な博士学生には国から研究奨励金を出します」ということ。簡単に言えばお給料です。

さらに、学振にはDC1とDC2があり、申請期間や採用期間がちょっとだけ異なります(大学院生ならご存知ですよね)。

特別研究員DC1

  • 申請時期:修士2年次
  • 採用期間:博士課程の3年間
  • 奨励金:月額20万円(+年間150万円の研究費)

特別研究員DC2

  • 申請時期:博士課程
  • 採用期間:博士課程の2年間
  • 奨励金:月額20万円(+年間150万円の研究費)

※詳しい申請条件などの詳細は採用募集要項(2021年度版)でチェックしてみてください。

月額20万円もらえれば新卒社会人とほぼ同等です。そのため、学振に採用されるか否かで博士課程での研究生活の命運がほぼ決定すると言っても過言ではありません。

仮にDC1に採用されると、博士課程1年次~3年次まで合計720万円(+450万円の研究費)が与えられます。

自分は学振に採用されずに奨学金を借りて日々極貧生活で研究している一方、同級生は月20万円+年間150万円の研究費でPCやiPadなどを購入し放題。

こんな状況で冷静に研究を続けられるわけがありません。

 

では、どうすれば学振に採用されるのか。

学振の申請書には「現在までの研究状況」「これからの研究計画」「研究業績」「自己評価」の4つの項目があります。

この中で大きな分量を閉めるのが「これからの研究計画」です。

しかし、審査に最も影響するもは「研究業績」です。さらに言えば、「査読付き論文数の数」が採用の決め手となります。

研究業績っていってもまだ学生だし、そんなに大した業績もないのでは??

はい。その通り。

 

※大きい声では言えませんが、、研究室(指導教員)によっては学振を見越して自分の研究室のお気に入り学生の業績作りをする教授もいるのです。なぜそんなことするの?それは… ご想像にお任せします。

 

研究業績は、研究分野によって業績を作りやすい(論文を書きやすい)分野とそうでない分野があります。

業績を作り易い分野(学振に有利)

  • 短期的な現象、突発的な現象の観測や実験が必要な分野
  • コンピュータシミュレーションによるデータ解析がメインの分野

短い期間(1~2年)で論文にできる

業績が作り難い分野(学振に不利)

  • 長期的な現象の観測や実験が必要な分野
  • 物を作り出す開発分野

論文化するには3~5年が必要

このように、研究業績が作れるかどうか(査読付き論文が書けるかどうか)は、本人の能力だけではなく、専攻した研究分野・研究対象によっても大きく左右されるのです。

そのため、「学振に採用させる研究分野には偏りがある」ことは間違いありません。

もしかしたら今はちょっと傾向が変わっているかな?? 私が博士課程にいた10年前はこの不公平感を感じで憤っていましたけど…。

学振DCに採用されるには学生だけの努力だけでは不可能

学振に採用されるためには、かなり早めの準備が必要になります。

それこそ、DC1を狙うのであれば、学部4年生のころから「査読付き論文」を出すことを意識した計画を進めなければなりません。

その理由は、DC1の申請時期が修士2年次(しかも5月!?)のため。つまり、この時期までに「査読付き論文」が“Accept”されている必要があります。

博士の方ならご存知だと思いますが、「査読付き論文」が”Accept”、つまり”受理”されるまでには論文投稿から早くても半年、場合によっては1年ほどの時間がかかるケースもあります。

つまり、DC1に採用されるためには、大学院修士課程の11月までに論文をジャーナルに投稿しておかなくてはいけません。

はっきり言って、無理です。

どんなに優秀な学生であろうと学生の努力でどうこうなる問題ではありません。

ただし、以下の条件が揃えばDC1に申請できる可能性が見えてきます。
※申請できる可能性であり、採用されるかは別問題です。

DC1に採用されるための環境

  • 大学4年の卒業研究テーマがサイエンス的に価値がある。
  • 卒業研究テーマを1年でまとめられる(結果がでる)テーマである。
  • 指導教官が積極的に面倒を見てくれる、かつレスポンスが速い。
  • 指導教官以外にも博士の先輩やポスドクが身近にいる。
  • 英語が得意である。

つまり、ほぼ運です。。

こうした環境が揃ってようやく大学院修士課程の11月頃に論文投稿がぎりぎりできるかもしれない…という状況になります。

 

※大きい声では言えませんが、、研究室(指導教員)によっては学振を見越して自分の研究室のお気に入り学生の業績作りをする教授もいるのです。それは博士に進学してほしいから。学振に採用されればお金の心配はないため進学を前向きに検討できるため。なぜ進学させたいの?それはその学生が優秀であるため。もしくは… ご想像にお任せします。

 

もしろん、DC1を申請するために「査読付き論文」が研究業績にあることが必須条件ではありません。しかし、採用されるためには「査読付き論文」がほぼ必須です。

ちなみに、DC1、DC2ともに「査読付き論文」がでていない院生で学振に採用された人を見たことがありません(聞いたこともありません)。

「DC1は査読付き論文1本」「DC2は査読付き論文が2本」が出ていれば採用される可能性は極めて高いと思われます(あくまで私の感覚です)。

※残念ながら、肝心なのは論文の質ではなく本数です。

 

博士1年次のDC2の自己評価でアピった結果、落ちた…

私は博士1年目と2年目に学振DC2を申請しましたが、2度とも不採用となりました。その理由はおそらく「研究業績」に原因あり。

つまり、学振申請時には「査読付き論文」が出ていませんでした。初めて論文がAcceptされたのが博士3年目の10月頃です。

とは言っても、申請前から論文がなければ難しいとは言われていたため、それならインパクトのある「自己評価」を書いて、めちゃめちゃアピってやろう!!と思いました。

その結果、、

見事に不採用となりました!!

当然の結果??とは言え、やっぱりへこみました…。

さて、申請書の最後にある自己評価には以下の2項目について書かなければいけません。

  1. 研究職を志望する動機、目指す研究者像、自己の長所等
  2. 自己評価する上で、特に重要と思われる事項(特に優れた学業業績、受賞歴、飛び級入学、留学経験、特色ある学外活動など)

私はここでインパクトのあるアイディアとして「カフェの事業計画」を真面目に書きました!!

ちなみに、指導教官にその内容をチェックしてもらうと、「この内容で申請書出しちゃうの?? (笑)」と苦笑いされました。。

でも、かなり正直に真面目に書いたので悔いはない。今思い返しても、その当時の私のモチベーションの高さを感じます。

その内容を一部抜粋すると、こんな感じ。

 

目指す研究者像

「研究を通して得られた知識、経験、発見を一般社会に還元できる研究者」これこそが、私が目指す研究者像である。研究成果を論文や学会を通して報告していくことは研究職に従事する者の義務であり、その上で、一般の方々に対して研究を通して得た成果を還元していくことが、研究者としての社会における役割であると考えている。

 

当時の私は、「研究の財源は税金なので、研究者は国民の皆様へ研究で得た知見や技術を還元することが重要であり、研究者としての義務である」と考えていたんです。

世界は貧困問題や食糧危機、日本においては少子化問題など、様々な社会問題を真剣に考えなくてはいけない状況のなで、研究者は大切で有限の財源の一部を使わせてもらっている立場にあり、その感謝と責任を持つべきだと。

実際に研究現場にいると、莫大な資金が使われていことに驚きます。

その財源が税金であることを研究者は忘れがちです(というか、研究者は意識していない…)。

それは研究者としてとても愚かだと考えていたわけで、「研究者は自身の活動の成果を国民に還元する義務がある!!」という主張を申請書を通して誰かに訴えたかったのだと思います。

 

さて、当時の志高い博士時代に書いた学振申請書の『自己評価』を“条件付き”で公開しようと思います。

 

大変申し訳ございませんが、本記事(ページ)をあなたのブログやSNSでシェアしてくれた方限定で公開させてください。

自己評価って恥ずかしいじゃないですか。(笑)

なので、上記の条件をOKしてくれる方のみ、以下を読んでOK!!ってことにさせていただこうと思います

 

※ブログ&SNSでシェアしてくれる方のみ
限定公開

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

↓  ↓  ↓

 

 

 

【自己評価の内容】
1. 研究者を志望する動機
2. 目指す研究者像
3. 自己評価する上で特に必要だと思われる事項
3.1.装置開発からサイエンスまでの一貫した研究
3.2. 学会および研究会への積極的な参加実績
3.3. 研究職以外の就職経験
3.4. 学業成績優秀者に該当

 

1. 研究者を志望する動機

私が8歳の頃、東シナ海に浮かぶ慶良間諸島の阿嘉島という小さな島で、初めて肉眼で天の川を見た。幼い私にとって、空一面に星が溢れ、天の川が流れる夜空を目の当たりにした事はとても衝撃的な体験であり、その時の感動が現在の私の研究者を志すモチベーションになっているといっても過言ではない。また天文学は古代文明にその起源を持つ最も古い歴史ある学問でありながら、8歳の少年をも魅了してしまう非常に魅力ある学問であり、そんな天文学を志す事は、私にとって必然的な事であったとさえ思える。

2.目指す研究者像

『研究を通して得られた知識、経験、発見を一般社会に還元できる研究者』こそが、私の目指す研究者像である。研究成果を論文や学会を通して報告して行く事は研究職に従事する者の義務であり、その上で、一般の方々に対して、研究を通して得た成果を還元していく事が、研究者としての社会における役割であると考えている。
そこで私は、目指す研究者像に近づくために、天文学を日常生活の中で身近に感じる事ができる環境の整備を目指した研究活動を今後の研究生活の中で行っていく事を計画している。具体的には「天文台施設を備えたカフェテリア」を実現し、研究者としての活動拠点とする(下構想案図参照)。これは申請者が研究に従事する前に飲食業に携わっていた経験を活かしての計画であり、更に、私の目指す研究者像として理想とする形でもある。
現代社会において、人々が生の天文学に触れる機会は極めて少なく、都会で生活する現代人にとっては星空を眺める機会すらほとんどない。しかし、宇宙は多くの人々にとって興味を抱く対象である。そこで私は、飲食店という日常生活に溶け込んだ空間の中で、自然と宇宙を身近に感じることのできる空間を一般公開型の研究活動の拠点として設ける事を目指している。

構想案:天文台を備えたカフェテリア構想案。建物の中心に位置するドーム空間をカフェ空間で包み込む入れ子構造となっている。

天文台には口径30-50cmのF/5-7程度の明るい光学系を備えた望遠鏡を完備し、「眼視・撮像可視光同時観測装置」を搭載する。この装置を用いて、観望会時に眼視による天体観測を行うと同時に、同天体に対して長時間積分撮像観測を行い、取得画像を同時公開するという画期的な手法を用いた観望会を実施する。これにより、眼視では見ることのできない淡い天体までをモニターを通して見ることが可能になり、一般来客者に対して、他では体験できない特色ある観望会を提供することができる。申請者はこれまでの装置開発研究の経験を生かし、本装置の自主制作に取り組みたい。このような取り組みを研究生活の中で行う事で、一般社会へ還元力を持った研究者を目指したいと考えている。

 

3. 自己評価する上で特に重要だと思われる事項

3.1. 観測装置の開発からサイエンスまでの一貫した研究

本研究を通して申請者は、①観測装置の開発、②自前装置による観測、③取得データの解析手法の確立、の観測研究を行う上で重要な3ステップを実践している。サイエンスを掲げ、自ら開発した装置を用いて研究成果に到達するという、昨今の大プロジェクト時代においてはなかなか経験する事ができないサイエンスの基本プロセスを経験している。こうした経験は、現代の観測天文学の発展に貢献できる天文学者に成長するための土台になっていると考えている。

3.2. 学会および研究会への積極的な参加実績

これまでに、多くの研究会及び学会に参加し、自らの研究発表を行う事で、国内外で活躍する研究者達と積極的に議論を行う事ができた。これにより、研究に対する新たな発想や知識を得られ、更に、本研究に対するモチベーションの向上に繋がる貴重な経験になっている。

3.3. 研究職以外の就職経験

申請者は学部卒業後、一般社会で就職経験をしている。一度、就職という道を選択したが、幼い事から興味を抱き続ける天文学への未練が強く、再び大学へ戻り研究者を志すようになった。おそらく2度と浮気をする事はないと思う。現在、天文学に従事する事で自らの興味を追求していく快感を得ている。これは研究者としての特権であり資質であると考えている。それを感じる事ができる様に成長出来たことは、一度社会に出た経験からくるのであり、それは私の人生において重要な選択であったと言える。

3.4. 学業成績優秀者に該当

大学院入学試験成績において、申請者は成績優秀者に該当し、学費減額者に選ばれている。

 

 

 

以上です!

ブログ・SNSでのシェアお願いしますね

↓  ↓  ↓  ↓  ↓