クレジットカード

リボ払い残高が減らないのは当然?借金100万円以上の人は返済よりも減額したほうがいい

リボ払い残高が減らないのは当然?借金100万円以上の人は返済よりも減額したほうがいい
  1. リボ払い残高100万円の利息手数料をシミュレーションしてみた。
  2. リボ払いは残高がなかなか減らない返済システム。
  3. リボ地獄から抜け出す方法はい一括返済か減額のみ!
リボ払いを使い過ぎて気が付くと残高が100万円を超えていました。毎月3万円程度の返済を続けていますが、残高がまったく減らないのはなぜですか?

リボ払いの返済の場合、毎月の返済額の中に利息手数料が含まれているため、元本(リボ払い残高)はなかなか減りません。そのうえで、リボ払いを使い続けているのであれば、元本は減るどころか増え続けます。

最終的には、カード利用限度額になって利用停止になるか、返済が滞ってしまって強制解約になり、多額のリボ払い残高だけが残ってしまう可能性があります。

もし、すでにリボ地獄に陥ってしまっているなら、このまま返済を続けるよりも返済総額を”減額”させるために何ができるかを考えた方が良いかもしれません。

本記事では「リボ払いの返済が困難になる原因」「リボ地獄から抜け出す方法」について解説します。

リボ払い残高100万円の利息手数料っていくら?

リボ払いは、リボ払い残高に対して金利15%の利息手数料が発生します。

しかし、各クレジットカード会社が採用している返済方式によって、同じリボ払い残高と金利でも、最終的に発生する利息手数料や支払い回数が異なります。

📝リボ払いの返済方式

  1. 定額方式:元本と利息手数料を含めた定額の支払い方式。
    イオンカード、オリコカード、セゾンカードなど
  2. 残高スライド方式:元本の返済額を固定し、利息手数料を加算した合計金額の支払方式。
    ➪楽天カード、JCBカード、三井住友カードなど

以下の表は、リボ払い残高100万円を毎月2万円返済し続けた場合のシミュレーション結果になります。

定額方式残高スライド方式
月々の返済額2万円(元金+利息手数料)元金2万円+利息手数料
初回の返済額20,000円
(元金8,000円+利息手数料12,000円)
30,750円
(元金20,000円+利息手数料10,750円)
最終回の返済額20,000円
(元金19,688円+利息手数料302円)
20,250円
(元金20,000円+利息手数料250円)
支払い回数79回50回
利息手数料(合計)564,016318,750円
支払い総額1,564,0161,318,750円

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

定額方式では、毎月の支払い額に対する元本の割合が小さくなるため、返済が長期化し最終的な支払い総額が大きくなる傾向にあります。

残高スライド方式では、元本とは別に利息手数料を支払うため、実質的な月々の返済額は2万円を超えます。しかし、定額方式に比べて元本の返済速度は速くなるため、返済期間は短くなり、最終的な支払い総額も少なくなります。

つまり、リボ払い残高(元本)をどれだけ早く返済するかによって、返済期間、最終的に支払う利息手数料は大きく変わってきます。

返済が長期化するほど負担が大きい!

定額方式だ実質100万円の利用で手数料が50万円以上も発生するって普通に考えてヤバいです。そもそも月々2万円の返済を6年以上も続けられるかわかりません。

上記の表のシミュレーションは「毎月ちゃんと返済を続けた場合」の結果であり、延滞が発生するとリボ払い残高(元本)に対して金利14.6%の遅延損害金が発生します。

遅延損害金
=リボ払い残高×14.6%÷365日×延滞日数

例)リボ払い残高90万円の遅延損害金

  • 10日間支払いを延滞した場合
    → 3,600円
  • 20日間支払いを延滞した場合
    → 7,200円
  • 30日間支払いを延滞した場合
    → 10,800円

➪上記の遅延損害金が翌月の請求額に上乗せされます。

このように、一度でもリボ払いの返済が滞ってしまうと、遅延損害金によって月々の返済負担が大きくなり、さらに返済が苦しくなりリボ地獄から抜け出せなくなります。

リボ払い残高が減らいない原因は?

「リボ払いの返済がいつまでも終わらない」と感じるのは当然です。リボ払いの返済方式そのものがリボ払い残高(元本)が減り難い仕組みになっているためです。

「どれだけ使ってもお支払いは毎月定(低)額で安心♪」という宣伝文句で消費者を勧誘し、私たちは知らず知らずのうちにリボ地獄に落とし込まれているのです。

📝リボ払い残高が減らない原因は2つ!

  1. リボ払い残高が増えても気が付かない。
  2. 返済期間が長いほど返済額は大きくなる。

さらに、延滞すれば遅延損害金のペナルティーも加算されるため、返済額は減るどころか増える可能性もあります。

①リボ払い残高が増えても気が付かない

クレジットカードのショッピング払い(1回払い)や分割払いを利用した場合、利用額に応じて毎月の返済額が増えるため、「使い過ぎた」という実感を持つことができます。

しかし、定額方式のリボ払いを利用していると、どんなに使っても毎月の支払い額は一定(低)額になるため、使い過ぎているのかどうかの実感を持つことができません。

また、リボ払いの仕組みを理解していない人が一定数いることも事実です。

初めてクレジットカードを持つ人の中には「毎月の支払い額を超えた分はカード会社が負担してくれる」と思っている人も少なくありません。

②返済期間が長いほど返済総額は大きくなる

リボ払いは、毎月の返済金額が少ないほど返済期間は長期化します。

例えば、リボ払い残高100万円を毎月2万円の定額方式で返済し続けた場合、返済期間は6年7か月、返済総額は約156万円になります。

一方で、リボ払い残高100万円を毎月4万円の定額方式で返済し続けた場合、返済期間は2年7か月、返済総額は約120万円になります。

毎月の返済額が少ないとやばい

同じ100万円の利用額でも、毎月の返済額が小さいほど、返済期間が長期化し、返済総額が高額になります。

とはいえ、返済総額よりも「今月の返済額を抑えたい」という差し迫った出費を優先してしまう気持ちもわかります。

しかし、これこそが毎月の返済額を低額にして返済期間を長期化させてしまう原因になっています。

リボ地獄から抜け出す方法

今すぐリボ払いの借金生活から抜け出すためには、リボ払い残高を一括返済するしか根本的な解決方法はありません。

「一括返済する余裕がない…」という人は任意整理で返済総額を”減額”することを考えてみましょう。

①一括返済する!

リボ払いは後からでも一括返済に切り替えることができます。今すぐ一括返済に切り替えることで、無駄な利息手数料を支払わずに済みます。

ただし、一括返済への変更するには、クレジットカード会社に直接電話する必要があります。連絡先はお手元のクレジットカードの裏面に記載されています。

📝リボ払い残高を一括返済する方法

クレジットカードの裏面に記載されている番号に電話をして「リボ払い残高を一括で返済したい」ということを伝えてください。そうすると、一括払いの請求書を郵送してもらえるはずです。

※同時にクレジットカードの契約を破棄することも考えてください。

「クレジットカード会社に電話するのが面倒くさい…」と思う人がいるかもしれませんが、数分の電話だけで、数万円の利息手数料を支払わずに済みます。

▶三井住友カードのリボ払いを一括返済しました

以下の書類は「三井住友visaカード」に残っていたリボ払い残高を“一括返済”した証明書です。

三井住友カードから届いたリボルビング払い残高証明書
三井住友visaカードは強制解約されるとWebページにログインできなくなってしまうため、過去の利用明細をチェックできなくなります。

②返済期間が5年以上なら任意整理で減額したほうがいい!

任意整理とは、金利により発生する利息手数料をカットして、返済総額を減額させる手続きです。

例えば、「リボ払い残高100万円を毎月2万円の定額方式で返済し続けた場合、返済期間はk6年7か月、返済総額は約156万円のケースを任意整理すると、56万円分の利息手数料が減額されます。

また、それだけではありません。任意整理後に残った元本の返済は、収入状況に応じて無理のない返済計画にリスケジュールしてもらうことができます。
※任意整理後の金利はゼロです。

しかし、任意整理にはデメリットがあります。とはいえ、返済期間が5年以上になるケースであれば、今すぐ任意整理によって借金を減額することをおすすめします。

▶任意整理のメリットとデメリット

任意整理の
メリット
返済総額を減額できる。
家族や職場にバレずに借金問題を解決できる。
財産の差し押さえはなし。
官報に載らない。
任意整理の
デメリット
元本の返済しなければいけない。
費用がかかる(1社あたり約5万円)。
ブラックリストに登録される。

任意整理の一番大きなデメリットはブラックリストに登録される”ことです。

ブラックリスト情報は信用情報機関で5年間保存されます。つまり、5年間は新たにクレジットカードが作れなくなり、銀行などのローン審査にも通らなくなります。

しかし、任意整理やその他の債務整理をしていないにもかかわらず、すでブラックリストに登録されているケースがあります。

すでにブラックリストに登録済みかも!?

クレジットカードに限らず、毎月の返済を61日以上滞納している借金がある場合、すでにブラックリストに登録されています。

ブラックリススト(正式には異動情報)を管理する信用情報機関(CIC,JICC)では「61日以上もしくは3ヶ月以上の滞納が発生した場合、ブラックリストに登録する」ことを定めています。

もし、上記に心当たりがある人は、すでに任意整理した後のデメリットを被っていることになります。。

▶任意整理は誰かに迷惑をかけるものではない

任意整理の減額対象は利息手数料のみです。つまり、使った金額分(元本)はちゃんと返済するため、誰かに迷惑をかけるものではありません。

クレジットカード会社などの貸金業者は、高い金利による利息手数料で利益を得るビジネスです。そもそも100%利益が回収できるビジネスなどありません。

「借りたもんは返せ」という意見があると思いますが、それは金利ゼロのビジネス以外の取引(友達同士の貸し借りなど)での話です。

任意整理は高い金利による利息手数料をカットして元本のみを返済するための手続きです。つまり、あなたの借金は減額することができます

≫ 借金がいくら減額できるか診断する
※借金減額診断は弁護士法人が提供する無料のネット診断だ―ビスです。

まとめ:リボ払い残高はなかなか減らない仕組みになっている…

リボ払いは、急な出費が発生した時に“一度だけ”利用するなら便利なサービスです。

しかし、リボ払いを日常的に利用し続けると、毎月どれだけのカード利用があるのかを把握することができなくなり、金銭感覚が麻痺して多額の借金を作ってしまうリスクがあります。

リボ払いは「どれだけ使ってもお支払いは毎月定(低)額で安心♪」というメリットばかりが注目され、その裏にあるデメリットが見えにくい仕組みになっています。

そのため、クレジットカードが強制解約されるまでリボ払いを使い込んでしまってカード破産に陥る人が後を絶ちません。

もし、複数枚のクレジットカードでリボ払い残高が100万円以上、このまま返済を続けても返済期間5年以上になるなら、任意整理によって返済総額を減額できないかチェックしてみてください。

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

借金減額診断は【無料・匿名】でも利用することができ、借金状況に応じた解決策を借金問題解決の専門家(弁護士や司法書士)から回答してもらえる診断サービスです。

不安がある人は要チェック!
借金減額診断は怪しい?詐欺なの?借金が減額できるからくりを解説!
借金減額診断は怪しい?気になる診断内容をスクショ付きて解説!借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が"無料"で提供しているネット診断サービスです。つまり、怪しいサイトでも個人情報を収集する詐欺広告でもありません。本記事では『借金減額診断』の中身を"スクショ付き"で解説しています。...

※借金減額診断の質問内容を事前にチェック!