クレジットカード

借金減額診断は怪しい?あなたの借金は任意整理で減額できる可能性あり

借金減額診断は怪しい?あなたの借金は任意整理で減額できる可能性あり
このページの内容を先読み!
  1. 借金減額診断は弁護士事務所や司法書士事務所が提供する無料のネット診断サービス
    ➥詐欺や怪しいサイトではないのでご安心を!
  2. あなたの借金が減額できる3つの理由を解説
    ➥いずれかの方法で謝金は減額できる可能性あり!
  3. 借金減額診断の中身(診断内容)のスクショ公開!
    ➥ホントに無料?ホントに匿名診断OK?
電車やネット広告で「あなたの借金減ります」「クレジットカード会社が教えたくない借金返済方法」みないなものをよく見かけますが、借金が減るってどういうことなの? 怪しいネット詐欺じゃないの? 

「そんな都合の良い話あるわけない!」と言いたいところですが、借金の種類によっては減額できる可能性があります。

借金減額診断は、弁護士事務所や司法書士事務所などの法律事務所が“無料”で提供している『ネット診断サービス』です。

例えば、こんな感じのやつ↓

【無料】借金減額診断はこちら
※借金は減額できる可能性がありあます。

上記の借金減額診断は、弁護士法人『天音法律事務所』が運営する借金減額のためのネット診断サービスです。あなたを騙すような怪しい広告ではありませんので、ご安心ください。

本記事では「借金が減額できる理由・方法」を解説し「借金減額診断の使い方」について解説します。

借金減額診断は怪しい?

『借金減額診断』とは弁護士事務所や司法書士事務所が提供している“無料”の『ネット診断サービス』です。

※借金減額診断の特徴※

  1. 診断内容は弁護士や司法書士によって個別に診断される
    ➥コンピュータによる自動診断ではない
  2. 無料・匿名で診断を受けることができる
    ➥本名、住所を登録する必要はない
  3. 借金がどれくらい減額できそうかの診断結果を聞くだけでもOK
    ➥診断後、個別相談(有料)に申込む必要はない

借金減額診断の大きな特徴は「あなたの診断結果は法律の専門家が個別に診断している」というポイントです。

それにもかかわらず、“無料診断”を実施しているのはなぜでしょうか?その理由について考えてみましょう。

無料で減額診断しているのはなぜ?

借金減額診断は「借金で困っている人」「借金解決の専門家(弁護士や司法書士)」をマッチングするサービスです。

一般人にとって弁護士は敷居が高い!

「弁護士に知り合いもいないし、自分から相談しに行く勇気もない…」と思っている人がほとんどではないでしょうか。

借金減額診断は、このような悩みを持つ人を救済するための手段であり、弁護士や司法書士に相談するきっかけを作ることができるツールになります。

弁護士や司法書士は借金問題解決のプロです。多くの借金問題を解決した実績とノウハウがあるため、どのような解決方法があるのかを的確に提案することができます。

ただし、診断結果を提示するだけでは借金問題の根本的な解決にはならないケースもあるため、まずは借金で困っている人を救うための現状把握として“無料”で診断結果を提供しています。

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

借金減額診断は個人情報を取られない?

借金減額診断は基本的に匿名性です。住所や本名を名乗る必要はなく、お住まいの都道府県とニックネームを登録することで利用できます。

ただし、診断結果を報告するためのメールアドレス、もしくは電話番号の登録は必要になります。とはいえ、借金減額診断の運営元は弁護士事務所もしくは司法書士事務所になるため、登録した連絡先が悪用されることは考えにくいでしょう。

もし「メールアドレスや電話番号も登録するのが不安」という場合は、直接最寄りの弁護士事務所、もしくは司法書士事務所に行って相談した方がいいかもしれません。

借金減額診断を利用するとブラックリストに登録される?

ブラックリストとは、信用情報機関が管理する個人の信用情報に“異動情報”を記録した状態のことを言います。
※ブラックリストと呼ばれるリストが存在するわけではありません。

なお、以下の条件により、私達の信用情報はブラックリストに登録される、つまり異動情報が記録されます。

ブラックリストに登録される例

  • 債務整理の手続きをした
    ➥任意整理、個人再生、自己破産
  • 借金返済の延滞日数が2ヶ月以上続いた
    ➥指定信用情報機関(CIC)が定めた条件

つまり、借金減額診断を利用しただけでは、ブラックリストに登録されることはありませんのでご安心ください。

借金減額診断は詐欺ではない!借金は○○で減額できる理由を解説

現在借金を抱えている人でも、借金が減額できることを知らない人は多いのではないでしょうか。もしくは「自己破産」をイメージする人が多いはずです。

もちろん、「自己破産」も借金解決方法の1つではありますが、自己破産以外にも借金問題を解決する手段(方法)があります。

あまたの借金を減額する方法!
  1. 過払い金返還請求
    ➥2010年6月18日以前に借入している場合
  2. おまとめローン・借り換え
    ➥複数社からカードローンの借入がある場合
  3. 債務整理
    ➥任意整理、個人再生、自己破産

なお、債務整理は「借金(元本)の借入金利をカットする方法」「借金(元本)を減額もしくはゼロ」にする方法の2種類にわけられます。

具体的な方法について、簡単に解説していきます。

「過払い金返還請求」で借金を減額する

今から10数年前まで、消費者金融やクレジットカード会社は“グレーゾーン金利”として20%を超える高額な金利を消費者から回収していました。

しかし、2010年6月18日に貸金業法が改正され、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借入上限金利が20%になりました。

この改正により、2010年6月17日以前の借入を現在も返済している場合、“過払い金請求”によって払い過ぎた金利手数料を取り戻せる可能性があります。

つまり「過払い金返還請求」によって借金を減額することができます。

過払い金請求はすでに完済している人でも、完済から10年以内なら過払い金請求をすることができます。

「おまとめローン・借り換え」で借金を減額する

別々の貸金業者からの借入を一本化することで、合計の金利を抑えることにより、返済額を減額することができる仕組みです。

例えば4社からカードローンの借入をしている場合、これらの借入を1社にまとめることで金利が優遇される可能性があります。

上記の例のように、複数社に別れていた借金が一本化されることにより、借入額が大きくなるため、金利が安くなる(優遇される)可能性があります。

ただし、借入元本が減るわけではないので“減額幅は限定的”ということは覚えておきましょう。
※上記の例だと毎月の返済負担が1万円ほど軽減されます。

「債務整理」で借金を減額、もしくはゼロにする

債務整理とは、債権者と交渉して債務者の借金を減額したり、裁判によって借金そのものの返済義務を免責にすることができる法的な手続きのことです。

つまり、借金により苦しむ人を合法的な手続きによって救済するための制度です。

債務整理には主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

任意整理個人再生自己破産
手続き期間3~6か月6ヵ月くらい6ヵ月くらい
手続き費用
(依頼費の目安)
5万円~35万円~30万円~
借金減額✓利息分を減額可能✓1/5~1/10に減額可能✓免責(ゼロ)になる
メリット✓利息分を減額可能
✓財産の差押えはない
✓官報に載らない
✓持家は手放さずに済む
✓ローンがない車は手放さずに済む
デメリット✓ブラックリスト登録✓保証人に返済義務が移る
✓ブラックリスト登録
✓官報に載る
✓保証人に返済義務が移る
✓財産が差押えられれる
✓ブラックリスト登録
✓官報に載る

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

▶任意整理

  • あなたの代理人(司法書士や弁護士)が債権者(クレジットカード会社や消費者金融など)に直接交渉・和解することで、借金の減額、無理のない返済期間を取り決めする手続き。
  • 裁判を必要としないため、官報に掲載されることなく、迅速に借金問題を解決できます。

▶個人再生

  • 裁判により、家や車(ローン支払い済み)の財産を残して、借金総額を1/5~1/10に減額する手続き
  • ただし、個人再生後に残る借金は原則として3年間で返済する義務が発生します。

▶自己破産

  • 裁判により、借金総額が免責(ゼロ)になる手続き
  • ただし、所有する財産(不動産や車、金融価値があるものなど)は没収されます。

任意整理は年間200万人以上が利用!

「借金は自己破産でしか解決できない…」と思っている人が多いですが、借金問題の多くは“任意整理”によって解決しているケースが最も多く、年間の利用者数は200万人以上になると見積もられています。

その他の債務整理の年間利用者数と比較すると以下の通りです。

※債務整理の年間利用者数※

  1. 任意整理:200万人以上※推定値
  2. 個人再生:12,355人
  3. 自己破産:80,012人

※参照元:平成30年度司法統計より

なお、上記はコロナ禍以前のデータです。

現在(2021年)ではコロナ禍の影響により、雇止めや賞与カット、住宅ローン破産なども増えてきており、債務整理を利用する人はさらに増加していることが予想されます。

借金200万円はどれくらい減額できる?

任意整理は、金利による利息手数料をカットすることで、借金総額を減額する方法です。
※代理人(弁護士/司法書士)が債権者と直接交渉します。

そのため、リボ払いやカードローンの高金利(15%~18%)の返済を抱えている人にとって、任意整理は有効な借金問題の解決方法になり得ます。
※自己破産や個人再生よりもデメリットが少ない解決方法です。

以下の例を参考に考えてみましょう。

例. 200万円のリボ払い残高

月々の返済額が2万円の場合、返済総額は2,955,719円になります。
※返済期間は7年1か月(85回払い)

元本(利用金額)とは別に、利息手数料だけで955,719円も返済しなくてはいけません。

金利が高いうえに返済期間が長期間に及ぶ場合、借入元本に加えて利息手数料の負担が大きくなります。

上記の例を任意整理すると、元本以外の利息手数料955,719円をカット(減額)できる可能性があります。

このように、任意整理によって借金総額を大幅に減額することができます。もし、以下の特徴に当てはまる人は任意整理によって借金が減額できる可能性があります。

借金が減額できる人の特徴

  1. リボ払いやカードローンなどの高金利の借金がある人
  2. 複数の貸金業者からの借入がある(多重債務を抱えている)人
  3. 総額200万円以上の借金がある人

上記の特徴すべてに当てはまっている人は、すでに毎月の返済が滞り始めている可能性があり、もはや弁護士や司法書士に相談しなければ借金問題を解決できない状況になっているかもしれません。

なお、自己破産者の多くは100万円から300万円の借金を債務整理によって解決していることが日本弁護士連合会による2017年破産事件記録調査により報告されています。

もし、すでに借金が100万円以上ある人は、債務整理を考えてもおかしくはない状況ということは覚えておいた方が良さそうです。

借金減額診断の使い方※診断内容をスクショ付きで解説

借金減額診断が怪しくないことはわかったけど、クリックしたら個人情報が取られそうで怖いなぁ。

具体的にどのような診断内容なのか教えて欲しいです。

“お金に困ってる”って人に知られたくない情報なので、後から“しつこい営業電話”とかかかってこないか不安です。

でも、ご心配なく。

弁護士事務所って営業電話かけまくるほど暇な仕事ではありません。

どのように減額診断が進んでいくのか、スクショを使って紹介していますので参考にしてみてください。

とはいえ「4つの質問に答えるだけ」なので、めっちゃ簡単です。

まず、以下のリンクから診断ページに移ります。

【無料】借金減額診断はこちら
※借金は減額できる可能性がありあます。

では、実際に診断を始めてみます↓

【質問1】 借入金額を教えてください

私は「200万円以上」をクリック。

【質問2】借入期間を教えてください

私は2年~3年くらいなので「1~6年未満」をクリック。

【質問3】 返済について教えてください

「支払うことができない」をクリックしたいのですが、ちょっと見栄?プライド?がでてきてしまい、「支払うことはできるが、できれば減らしたい」をクリック。

【質問4.】個人情報を入力 ←匿名OK

最後に、お住まいの地域と連絡先、苗字(匿名OK)、年齢を記入して診断をクリック。

ここまでくれば、匿名にする必要もないかと思いますが、一応念のため。。

【診断完了】あとは診断結果を待つだけでOK!

これで無料診断の申込完了です。

本当に“4つの質問に答えるだけ”で診断完了しました!


ちなみに、無料診断を申込んだからといって、その後に絶対に弁護士さんに依頼しなくちゃいけないってことはありませんのでご安心ください。

診断結果によっては、期待したほど減額されなかったというケースもあると思います。その場合は「もうちょっと自力で返済を頑張ってみます」といって、今回の診断を見送らせてもらいましょう。

≫【無料】借金減額診断を使ってみる
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。