クレジットカード

クレジットカード【リボ払い】と【分割払い】の違いを知っていますか!?

クレジットカード【リボ払い】と【分割払い】の違いを知っていますか!?
今月の支払いがピンチです。このままじゃ支払いできそうにないのでリボ払いに変更しようと思いますが、手数料ってどれくらいでしょうか??

本記事ではこんな質問にお答えしたいと思います。

でも、その前に。。

リボ払いはしちゃダメ!!

まず、以下の例をご覧ください。

例) 20万円をリボ払いした場合

  • 月々の支払金額(元本):5,000円
  • 初回支払い額:7,500円
  • 支払い回数:40回
  • 支払い手数料:51,240円
  • 支払い合計金額:251,240

※月々の支払金額は元本5,000円に残高に対する利息(手数料)が加えられた金額になります。

20万円の利用に対して、最終的に25%増しの合計金額を返済することになります。

リボ払いは返済を先延ばしする(支払い回数を多く増やす)ほど、手数料(金利により発生する利息)は大きくなりますので、返済の負担は増えていきますのでご注意ください。

  • リボ払いと分割払いの違い
  • 楽天カードの【あとから分割払い】はWeb申請で即日変更可能

気付いたころには、複数枚のクレジットカードでリボ払い、利用限度額に達し利用制限され、やばいと思った頃にはカード破産寸前…。

こうしたケースは少なくありません。

借金生活のきっかけはリボ払い。

本当に珍しいことではなく、クレジットカード所有者なら誰もが陥ってしまう可能性があるリスクです(あたなに限ったことではありません)。

クレジットカードと上手く付き合っていくためにも、金利や手数料、さらに便利クレジットカードの利便性はちゃんと知っておきましょう。

リボ払いの返済でお困りの方へ

≫『リボ払い』の返済残高が100万円以上のあなたへ【自己破産せずに解決する方法】

リボ払いの金利15%(年率)とは利用金額にかけられるものではなく、利用残高(未返済額)にかけられるものです。
※「20万円×15%=3万円」ではない。

クレジットカードの支払い方法
『リボ払い』と『分割払い』の違い

クレジットカードのリボ払いと分割払いの違いそもそもリボ払いのことを分割払いだと勘違いしている人も多いかもしれませんが、この2つはまったく異なる支払い方法です。

「あまりよくわかっていない…」という人は、どちらの利用も避けることをおすすめします。

リボ払いと分割払いの違い

  • リボ払い:クレジットカードの利用金額にかかわらず毎月ほぼ一定額を支払う返済方法(金利15%)
  • 分割払い:買い物ごと(決済履歴ごと)に支払い回数を指定する返済方法(金利12.25%~15%)

※分割払いは支払い回数が多くなれば金利が上がる仕組みです。

これだけ見ると「実質的な手数料の負担は変わらなくない??」と思うかもしれません。

しかし、注意して欲しいのが“どの利用履歴”の支払い方法を変更するかというポイントです。

リボ払いは月々の支払総額の支払いを変更することになりますが、分割払いは買い物ごと(決済履歴ごと)の支払い方法を変更することになります。

つまり、金利がかかる対象(金額)が分割払いの場合は低額、リボ払いの場合は高額になりやすいということ。

当然、金額が大きければ大きいほど、金利によって発生する手数料(利息)は膨らむため、返済の負担が大きくなります。

このことに気付いていない人はとても多い。

「金利(年率)だけを比較すれば大した差はない」と思いがちですが、本当に注目すできことは、“どの利用履歴”の支払い方法を変更するかというポイントです。

それによって、発生する手数料(利息)は大きく変わってきます。

店頭でクレジットカード払いをするとき、「何回払いにしますか?」と聞かれることがあります。店頭での「クレジットカード2回払い」までは手数料無料で分割払いを利用することができます。

楽天カードの【あとから分割払い】はWeb申請で即日変更可能

引用元:楽天カード

楽天カードにはクレジットカード利用後であっても、Webから特定のお買い物(決済履歴)の支払い回数を変更できるサービスがあります。

【あとから分割払い】のメリット

  • 月々の支払額を自分で少しだけコントロールできる。
  • 分割払いした場合に発生する手数料を把握することができる。
  • リボ払いよりも手数料を抑えられる。

楽天カードの【あとから分割払い】は、Webから簡単に支払い回数を変更することができ、分割払いに変更した場合に発生する手数料を事前に把握することがでます。

そのため、毎月の支払を分割し過ぎるて想像以上に手数料が発生してしまう、ということになりにくく、無理のない範囲で毎月の返済額をコントロールすることができます。

【あとから分割払い】の申請方法

スマホでもWebからでもあとから分割払いへの変更を申請することができます。

今回はスマホからの申請方法を書いておきます。先に言いますが、説明する必要がないほど簡単です。

楽天カードアプリはiOS、androidどちらにも対応しているため、以下からインストールしておいてください(利用明細がすぐにチェックできるので便利です)。

楽天カードアプリにログインすると、下の写真(左)のような画面がでてきます。

上の方に月毎の支払い金額、下の一覧に最近のクレジットカード利用履歴が表示されています。

楽天カードアプリから分割払いへ変更

支払い金額の下に「支払額の調整」というボタンがあるのでそこをクリックすると、右側の写真の画面に切り替わります。

上から2番目にある「分割払いへの変更」をクリックして、利用履歴毎に支払い金額を調整することができます。

ただし、ここで「リボ払いへの変更」を選ばないように注意してください!!

そしてもう一つ。

分割払いは「3回払い」を利用

その理由は「3か月くらいなら明細内容を記憶で追える」ことと「実質年率が低い」からです。

実質年率が低いと言っても、楽天カードでは3回の分割払いが12.25%で決して安くはありません。そのため、【あとから分割】もであっても「止むを得ない時」にしか使ってはいけませんよ。

詳しくは楽天カードの公式サイトで確認してみてください。

最後に:初期設定でリボ払いになっていませんか!?

最近のクレジットカードは申込時の初期設定で、支払い方法がリボ払いになっているケースがあるようです。
※これってちょっと悪質ですよね…。

また、自分のクレジットカードの支払い方法がどうなっているかすら把握していない人もいるようです。

こういう人は、カード破産者予備軍にいると思って間違いありません。

「クレジットカードが使えたり使えなかったりする」という友人がいました。一緒に調べてみると、支払い方法がリボ払いの設定のままで、利用限度額20万円の上限に達していることが発覚!!

つまり、毎月5,000円+利息の引落がされると利用可能額が5,000円空くため、使える時と使えない時があると言う状況を繰り返していたようです。

自分には関係ないと思っていても、例えば、旅行や冠婚葬祭が重なった月があると数十万円を1ヵ月で使うケースも珍しくありません(学生にも多い例です)。

この時、クレジットカードの支払い方法がリボ払いの設定だった場合、悲惨な結果が待っています。

もし、お手持ちのクレジットカードの支払い方法を把握していない方がいれば、少し面倒ではありますが、クレジット会社のWebサイトへログインして自身の契約内容をチェックしてみることをおすすめします。

また、「月々少額のみの利用なのでリボ払いでも問題ない」と思っている人も急な出費などの万が一の時のために支払い方法の変更を申請しておくことを強くおすすめします。

リボ払いの返済でお困りの方へ

≫『リボ払い』の返済残高が100万円以上のあなたへ【自己破産せずに解決する方法】