クレジットカード

【体験談】クレジットカードの支払いは分割交渉できるけど退会のリスクあり

【体験談】クレジットカードの支払いは分割交渉できるけど退会のリスクあり
  • 今月の支払いができてない時にクレジットカードに分割払いの交渉しても大丈夫?
  • 分割払いOKでも、全額支払われるまではカード利用制限がかけられる。
  • 分割払いで全額支払い終わると退会通知が届く可能性あり。
今月はピンチって時は誰でもありますよね。クレジットカードの支払い日前に、正直に事情をお話して分割払いのお願いをすれば、クレジットカード会社は分割払いをOKしてくれるのでしょうか?

結論をいうと、ほとんどのケースで分割交渉に応じてくれるはずです。

だからといって、毎月のように分割交渉するのはNGです。

 

支払いを分割交渉するデメリット

  1. 遅延損害金が発生。
  2. 利用限度額の引き下げ。
  3. 退会の恐れあり。

 

クレジットカードは個人とクレジットカードの業務契約いたいなものなので、どんな事情があっても契約事項に定められたことに反した場合は、罰則が科せられます。

例え、分割交渉で一括返済を複数回に分けた分割払いにしてもらえたとしても、契約事項に反して支払いを延滞することには変わりません。

最悪の場合、そのまま退会となる可能性もあるので注意してください。

なお、楽天カードは毎月の支払い日(引落日)の1週間前までならアプリやWebから分割払いに変更できる”後から分割”というサービスがあります。

支払いに不安のある人は、こうしたサービスのあるクレジットカードを利用しておくべきかもしれません。

≫年会費永年無料の楽天カード

 

クレジットカードの支払いは分割交渉できるケースが多い

クレジットカード会社によって対応は異なると思います。

私の経験上、三井住友カードと楽天カードは、クレジットカード裏側のナビダイヤルに電話して分割払いに変更してもらうことができました。

ただし、分割払いにする場合は、指定された口座へ入金する必要があります。
※分割振込用紙など郵送されません。

 

分割払いのお問い合わせ先

  • クレジットカードの裏側にナビダイヤル電話番号があります。
    ※分割払いの相談をしたいことをお伝えください。

 

ただし、分割交渉に応じてくれたからといって安心しはいけません!

分割払いはクレジットカード会社のやむを得ない処置であり、あなたを快(こころよ)く許したわけではありませんので、勘違いしないように。

分割OKでも請求額が支払われるまでカード利用できない

たとえ支払日(引き落とし日)前に、クレジットカード会社に電話で相談して分割払いにしてもらった場合であっても、本来支払いべき期限に一括払いできなければ、延滞したのと同じこと。

未払い分が全額支払い終えるまではカード利用制限がかかります。つまり、そのクレジットカードは使えなくなると言うこと。

分割払いOKしたのにカードが使えなくなるのはなぜ!?

って思う人がいるようですが、延滞しているのだから当然です。延滞は契約違反ですからね。

さらに、延滞期間に応じた遅延損害金が発生します。

遅延損害金は年率14.6%!

クレジットカードは問題なく利用していれば、利息手数料ゼロです。しかし、延滞が発生すると、1日あたり年率14.6%の遅延損害金が発生し続けます。

遅延損害金
= 請求額(利用額)×14.6%÷365×滞納日数

ちなみに、分割払いを相談した時に、遅延損害金が発生するということの説明がなくても、あとから憤慨することがないように。

すべて契約事項に記載されているし、契約違反を起こしたのは延滞した当人ですので。

分割払いで支払い終えてそのまま退会になる可能性あり

仮に2回 or 3回に分けて分割払いに変更してもらった場合、その期間中はカード利用制限がかけられるので、クレジットカードは使えない状況です。

しかし、分割払いで全額支払い終えたとしても、そのクレジットカードの利用制限が解除されるとは限りません。

そのまま、退会処分となる可能性も十分にあります。

退会処分の通知が郵送で届いた!

私は三井住友カードで分割払い交渉したことがあります。そしてそのまま退会となりました。ちなみに、分割払いを相談した時は退会になることなどのお話はありませんでした….。

止むを得なく分割払いの相談をする場合、そのカードは2度と使えなくなるリスクがあるっということを覚悟した方が良さそうです。

むしろ、クレジットカード会社によっては『滞納 or 延滞 ➪ 退会処分』という方針を取ってるカードもあるはずですので…。

退会処分後にクレジットカードは申請できる?

結論からいうと、別のカード会社で新しくクレジットを発行してもらうことは可能です。

ただし、以下のことに注意しておいてください。

カード会社は会員情報(利用額や滞納などの個人情報)を指定信用情報機関:CICや日本情報信用機構:JICCに登録しています。

つまり、Aカード会社の利用額や支払い状況をBカード会社はCICやJICCに照会することができるため、個人情報は筒抜けとなります。

そのため、退会処分となったカード会社とは別のカード会社でクレジットカードを新規申請しても、過去の信用情報を照会されることで、審査に通り難くなることは間違いありません。

ただし、クレジットカードの退会処分は、異動情報が登録されるわけではないため、クレジットカードが持てないということは原則的にはありえません。
※異動情報とはブラックリストのこと。

 

異動情報が登録される条件

※異動情報が登録されると5年間は消えませんので、その間はクレジットカードの新規発行やローンを組むことができなくなります。

 

つまり、クレジットカードの支払いを延滞しても、61日以上の滞納がない場合は異動情報は登録されることはありません。

 

楽天カードなら作ることができた!

私は、三井住友カードの他にも楽天プレミアムカードが退会処分となった経験があります。でも、その半年後に再び楽天カードを作ることができました。

新規カード発行までの状況は人ぞれぞれ異なるため、楽天カードなら絶対に大丈夫!っていうわけではありませんので、あくまでご参考程度に。

 

楽天カードを新規発行した経緯はこちら
【証拠あり】クレジットカード強制解約後でも再契約できる!?
【証拠あり】クレジットカード強制解約後でも再入会できる!?私は楽天カードと三井住友カードの2枚のクレジットカードが強制解約になった経験があります、しかし、その半年後に再び楽天カードを作ることができました。つまり、クレジットカードの強制解約は「ブロックリスト入り」を意味するものではありません。...

 

ただし、楽天カードは審査が比較的緩いという噂もあるため、他のカード会社で退会処分となっていても、新規でクレジットカードが作れる可能性があるかもしれません。

デビットカードなら審査なしで作れる

ぶっちゃけ、クレジットカードが作れなくても、デビットカードがあれば問題ありません。

デビットカードなら口座残高以上の利用ができないため、使い過ぎが心配な人や浪費癖がある人は、むしろデビットカードを持つ方がいいかも。

 

デビットカードのデメリット

  • 利用毎に通帳記入されるため、ちょっとウザい。
  • ポイントが貯まらない。

 

あえてデメリットを上げるとこの2点くらい。

最近では、海外旅行保険付きのデビットカードも多いため、実質的にクレジットカードと同様に使えてしまいます。

むしろ、利用するたびに登録しておいたアドレスに利用通知が届くため、万が一不正利用があってもすぐに分かります。
※クレジットカードの場合はその他の利用履歴に埋もれて発覚しにくい。

そのため、クレジットカードにこだわりがなければ、デビットカードの利用をおすすめします。

その方が、借金を負うこともないです。

 

カード利用残高を返済できない人向け
借金減額シミュレーターってどんなもん?実際使ってみると簡単すぎて驚いた 確かに。。 そんな都合の良い話なんてあるわけないですよね...って言いたいところですが、借金の種類によっては本当に減額され...