クレジットカード

【借金の悩み】滞納すると怖い『支払い催促の電話』と『利息手数料』

借金が苦しい理由は『支払い催促のプレッシャー』と『金利で膨らむ利息』です
日本では現在1,000万人以上の人がアコムやアイフルなどの消費者金融に借金しています。その借入額は1人当たり50万円以上…。

大阪府の人口が900万人弱なので、それよりも多くの日本人が借金をしているということ。しかも、金利18%の消費者金融のカードローンです。
※住宅ローンやマイカーローンはこれに含まていません。

これは「JICC 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機関」の公的機関が報告している信ぴょう性のあるデータです。つまり、アンケート調査のような根拠のないデータではありません。

さらに言うと、カードローンを利用する人は、それ以前にクレジットカードのリボ払い&キャッシングも利用しているはずです。

つまり、クレジットカードの“リボ払い&キャッシング”と消費者金融の”カードローン”による高金利(15%~18%)借金を抱えた人は、“どんなに少なく見積もっても1,000万人以上”いるということ。

信じられないデータですが、これが現実です。

借金していることは、けして珍しいことでもありません。

私も現在、約1,600万円くらいの借金があります。
※私の借金内訳はこちらをご参照ください。

多重債務を経験しているからこそ、現在、私と同じように借金に苦しんでいる人に伝えたいことがあります。

  • 借金が苦しい理由は『支払い催促』と『利息手数料』が原因。
  • 借金から逃げようとしているうちは借金問題は解決しない。

 

結論からいうと、借金問題は“完済”するか“債務整理”する以外に解決することはありません。

個人間の貸し借りでない限り『借金の踏み倒し』とか『時効を過ぎるのを待つ』ということは解決策になりません。

そもそも、時効になる可能性は99.999%ありませんよ。

 

借金の時効成立は期待しないで!
【即日融資で検索する前に】リボ払いが限度額いっぱいになった方のみチェックして!!
【内容証明郵便が届きました...】リボ払いを滞納し続けるとどうなる!?返済を滞納し続けても良いことは一つもありません。一括返済することができなければ、遅かれ早かれ債務整理することは避けられないでしょう。ちなみに、滞納が『61日以上もしくは3ヵ月以上』続くと、信用情報期間(CICやJICC)に"異動情報"が登録されます。つまり、"ブラックリスト"です。すでに滞納が2ヵ月以上続いている場合は、今すぐ司法書士もしくは弁護士に相談した方が良いと思います。...

 

こうし事実を受け入れ、借金から目を逸らさずに向き合うことができれば、ようやく解決策は見えてきます。

マジで解決策はありますからね。

簡単に私の自己紹介を。

☑ 奨学金の借入総額1,250万円。
☑ カフェ経営に失敗して借金1,000万円。
☑ 現在の借金総額は1600万円くらい。

現在は収入ゼロなので返済猶予してもらってます。(笑)

ちょっとだけ、普通の人よりおっきな借金があるというくらいの認識です。

借金が苦しい理由は『支払い催促』と『金利による利息』があるから

まず、なぜ借金が苦しいのか考えてみてください。

もし、『返済に遅れても催促されない』『いつ返しても利息が発生しない』という状況だとすれば、借金に悩むことってありませんよね。

借金が苦しい原因はプレッシャー!

返済が遅れると支払い催促の電話が連日鳴り響き、1日毎に遅延損害金によって借金が膨らんでいきます。こうしたプレッシャーがあるから借金で苦しんでいるのではないでしょうか?

支払い催促のプレッシャーが特に強い借金が『リボ払い』『カードローン』です。

コレラの借金は、銀行などからの事業融資による借金とは違って、融資担当者と相談できるわけでもなく、こちらの経済状況などお構いなしで支払い催促され続けます。

そして、15%~18%の高金利によって日を追うごとに利息手数料、さらには遅延損害金も発生して借金は膨らみ続けます。。

これはマジできつい…。

私は、クレジットカードのリボ払いとカードローンで計200万円の借金がありました。

借金総額は最も大きい時期で1,800万円もあったため、そのうちの200万円は割合的に小さいのですが、この200万円が最も苦しかったです。

というのも、奨学金は金利は低いので免除申請すればOK。事業融資を受けた公庫と銀行からの借金は、相談すればリスケなどの処置をしてもらえるため、無理な支払いを催促されることはなく、元本据置の利息払いのみの対応をしてもらうことができます(金利2%以下)。

しかし、リボ払いとカードローンはそんな優しい対応してくれません。

 

リボ払い、カードローンを完済すべき理由

  • 金利が高いため早急に返済しなければ利息が膨らみ続ける。
    → 借金総額が増えていく…
  • 支払い催促が厳しく、猶予の措置などない。
    → 仮にリスケしてもらっても利息が膨らみ続けて余計に事態は悪化する…

※リスケとは、返済計画を見直す措置のことで、一定期間の返済額の減額、もしくは元本据置の利息払いのみの返済にすることです。ただし、返済期間は延長されます。

 

1年ほど前の私は、結構ヤバい状況でした。

健康保険証は失効し、住民税が払えずに残高のない口座を2度も財産差し押さえ処分で凍結され、さらに家賃すら払えず2か月間滞納が続き強制退去寸前、持っていたクレジットカードはすべて強制解約され、支払い催促の電話が鳴り続ける毎日…。

経済的にも精神的にどん底まで落ちていました。
※今だから言えますが、マジで一線を超えるかどうかのギリギリの状況…。

まだ、20~30万円くらいの借金なら、頑張って返済していくことができると思いますが、複数枚のクレジットカードでリボ払いやキャッシングを利用していると100万円近くの借金を抱えてしまうケースも少なくありません。

さらに、銀行や消費者金融のカードローンも併用していると、もはや自力で解決することは難しい…。てかほとんど不可能だと思います。

 

リボ払いやカードローンは毎月返済できる金額を返していたところで、利息手数料が発生するため、なかなか借金元本が減りません。そのうち滞納してしまうもの時間の問題です。。

 

そのため、“一括返済”もしくは“債務整理”する以外方法はありません。

借金が100万円以上あるへ…
『リボ払い』の返済残高が100万円以上のあなたへ【自己破産せずに解決する方法】
【リボ払いで人生詰んだ...】自己破産せずに再スタートする方法はある!リボ払いで作ってしまった借金は"一括返済"しなければ解決することはできません。債務整理は、国が定めた法律で、借金の返済が困難になった人を救済し、生活を改善することを目的とした制度です。現在の生活状況に応じた制度を利用することは国民に与えられた権利です。...

 

私が多額の借金を抱えたきっかけは、カフェ経営に失敗したことが原因です。

しかし、最終的には『譲渡売買』によってお店を売却することができ、300万円のまとまった金額を得て事業を撤退することができました。

そのおかげで、リボ払いとカードローンの借金200万円を一括返済することができました。

とはいっても、約1,000万円の借金は残ってますけど。。
※譲渡売買について知りたい方はこちらをどうぞ。

借金から逃げようとしているうちは解決しない

借金に限らず、どんな悩みでもそれを解決する方法は1つ。

悩むことに疲れ果てるまで悩み続ける

これだけ。

失恋を例にするとわかりやすいかも。特に女性の場合は感情の起伏も激しく、泣いて叫んで悩み疲れて数日後にケロっとしている人って多いですよね。(笑)

借金もこれと同じで、悩むことに疲れるまでひたすら悩み続ける。そうすることで借金から目を逸らすことなく向き合えるようになります。

そうしなければ、借金問題を解決するために何をすべきかを冷静に考えることさえできません。

借金癖のある人、毎月の返済日をその場しのぎでやり繰りしている人は、以下の2つの要素に当てはまると思います。いや100%当てはまるはず。

  1. 借入先と借入金額をきちんと整理していない。
  2. 毎月の返済日と金額が曖昧(あいまい)。

つまり、借金から目を背けているんですよね。現実逃避中なのです。

間違いありませんが、目を逸らしているままでは、あなたの借金は絶対に減りませんよ。むしろ増え続けていくはずです。100%断言できます。

マジで、真剣に借金と向き合ってひたすら悩み続けてみてください。

精神論に聞こえるかもしれませんが、マジで解決策が見つかるかもしれません。

最後に:借金は苦しいけど本当の悩みは借金ではない

お金に対する価値観は人それぞれ違いますし、さらに言えば、時代によっても異なります。

例えば、「1,600万円の借金がある」と言った場合、年収400万円のへいきんてきなサラリーマンからすれば大変大きな金額ですが、年収3,000万円のひとからすればちょっと気になる額ではあるものの、人生が悲観的になるほどの金額ではないはず。

つまり、「自分にとって大きな金額でも、誰かにとっては大した金額ではない」ということ。

このことから、借金1,600万円の悩みの背景には年収3,000万円を稼ぐことができていないというコンプレックスが見えてきます。

本当の悩みは稼げないコンプレックス

借金の悩みの根本的な原因は借金そのものではなく、その借金を返すことができない自分の実力の無さへのコンプレックスにあるはず。

例えば、500万円の借金を抱えた場合、短期で500万円を稼いだことのある人 or 500万円を稼ぐアイディアを持っている人であれば借金に悩む前に解決策を立てることができますよね。

しかし、「これまで500万円を稼いだことがない」「アイディアもない」という人であれば、500万円を返すための解決策を考えることさえ難しいでしょう。

つまり、借金額 or それ以上の価値(実力)が自分にあるかどうかで、借金に苦しむかもしくは前向きに考えられるかが変わってきます。

 

借金を抱えている今がもしかしたら、あなたの人生のどん底かもしれません。

しかし、今の苦しい時期を乗り越えることができれば、今後の人生は上り調子でハッピーになっていけると思いませんか!?

まずは、今抱えている借金から目を逸らさずにちゃんと向き合ってください。

 

借金解決のためにあなたがやるべきこと

  1. どこにいくらの借金があるかを正確に把握する。
  2. 毎月の支払い日と支払額をチェックする。
  3. 現在の返済スケジュールを続けると、いつ返済が終わるのか確認する。

 

これらを明確にしたうえで、現在の収入で現実的に返済していけるのかを考えてみてください。

もし、複数のクレジットカード、カードローン、すべて合わせて200万円を超える額の借金があれば、毎月の支払いで返済していくことは現実的に無理だと思います。それは金利による利息が膨らみ続けるから。

例. リボ払いの利用残高200万円

毎月5万円ずつ返済している場合、そのうち半分は利息手数料として引かれます(年率15%)。つまり借金は毎月2万5千円しか返済していません。

 

繰り返しになりますが、リボ払いやカードローンは一括返済以外に解決する方法がありません。

もし一括返済できるほどの貯金がない、それ以上に借金額が大きい場合、知人や両親、家族に相談して助けてもらう必要があります。それが難しければ、任意整理で利息分を減額して借金の負担を軽くするしか方法はありません。

 

あわせて読みたい!
【証拠あり】クレジットカードのリボ払いは一括返済できます
【借金返済マメ知識】リボ払いは一括返済で手数料負担を免除できるってホント?リボ払いを無計画に使い続けていると、ある日突然人生が詰みます。リボ地獄から抜けだすためには『一括返済』もしくは『任意整理』する以外に方法はありません。クレジットカードを持っている人であれば、誰しもが陥りやすい借金の罠(ワナ)。それがリボ払いです。もし、あなたが複数のクレジットカードでリボ払いを利用しているのであれば、それはあなたが思う以上にまずい状況であることを自覚してください。...