クレジットカード

【悲劇あり】大学生は自己破産できない!? クレジットカードを滞納し続けるとどうなる?

【悲劇あり】大学生は自己破産できない!? クレジットカードを滞納し続けるとどうなる?
  • 大学生の借金問題は自己破産ではなく任意整理で解決される。
  • ショッピングや旅行に散財してリボ地獄に陥った女子大生。
  • ギャンブルが原因でカードローンが習慣化した男子学生。
大学生になってバイトや奨学金でお金を自由に使えるようになり、金銭感覚がおかしくなっちゃう人っていますよね。大学生なのにすでに借金まみれ…って人も以外に多いかも。

また、大学生になって初めてクレジットカードを持つ人も多く、ある調査によると、大学生のクレジットカード保有率は63.2%という結果が報告されています。

引用元:まねーぶ

ただし、この63.2%の中には、クレジットカードの利用でトラブルになる学生が一定数存在します。。

✓調子にのってクレジットカードを使い過ぎた…
✓バイト代の振込が返済日に間に合わない…
✓毎月の返済を滞納するようになった…
✓ついに利用制限が掛かったかも…
✓ブラックリストに載ったかも…
✓強制解約されちゃった…
✓一括請求がきた…
✓もうダメだ…

リボ払い設定のまま使い続けた結果、返済総額がいくらになっているのか、いつまで返済が続くかもわからない状況になってしまうことも珍しくありません。

「滞納が続くと、親にバレるんじゃないかと心配です。」
「就活に影響が出るんじゃないか不安…。」

このような不安を抱えて学生生活を過ごしている大学生がいると思うと、こちらまで心配になります。

とはいえ、「学生だから許される」なんてことはありません。

滞納が続けば法的処置で罰せられる!

一括請求が来たらそろそろヤバいです。次は裁判になるので、親に相談したほうがいいかも。

「親にバレたくない」と思っても、一括返済できずに裁判所命令で財産差押えが強制執行されれば、親にバレるのも時間の問題です。

むしろ、頼れる人(親)がいるなら頼るべき事態にまで状況は深刻化していると思ってください。

大学生がクレジットカードの返済を滞納し続けるとどうなる?

結論からいうと、滞納し続ければ債権者(クレジットカード会社)に裁判を起こされ、裁判所命令で財産を差し押さえられます。

この段階で債務整理をすることはできますが、20歳未満の大学生の場合は親の承諾が必要になります。

とはいえ、20歳以上なら債務整理してOKとも言い切れません。。

📝大学生が知っておくべき債務整理のデメリット

  1. ブラックリストに登録される。
     ✓クレジットカードが作れなくなる。
     ✓スマホの分割払いができなくなる。
     ✓賃貸契約ができなくなる。
  2. 官報に住民票登録住所が掲載される。
     ✓知人にバレる可能性あり。
     ✓闇金業者が営業に来る可能性あり。

※官報とは国が発行する機関誌で、破産者の個人情報を公開しています。

債務整理によるデメリットが大きすぎます。

例えば、就職後に配属後の地域で新しく家を借りる時、ブラックリストに登録されていると、賃貸契約を結べない可能性が出てきます。

こうなれば、入社1年目で会社からの信用を失うことになり、今後のキャリアにも影響することは間違いありません。

また、住民票の住所が実家にある場合は注意が必要です。

闇金業者は官報をチェックしていますので、闇金業者があなたの住所を調べて金貸しの営業に訪問する可能性があります。

任意整理なら官報に住所が掲載されない!

債務整理には3つの手続きがあり、その1つの「任意整理」という方法なら、官報に住所が登録されることなく、借金問題を解決することができます。

「どうしても親にはバレたくない」
「そうしても親には迷惑をかけたくない」

こういう人は、「任意整理」で借金を減額することで、毎月の返済の負担を軽くすることができます。

債務整理は借金状況に合わせて3種類から選べる

任意整理個人再生自己破産
手続き期間3~6か月6ヵ月くらい6ヵ月くらい
手続き費用
(依頼費の目安)
5万円~35万円~30万円~
借金減額✓利息分を減額可能✓1/5~1/10に減額可能✓免責(ゼロ)になる
メリット✓利息分を減額可能
✓財産の差押えはない
✓官報に載らない
✓持家は手放さずに済む
✓ローンがない車は手放さずに済む
デメリット✓ブラックリスト登録✓保証人に返済義務が移る
✓ブラックリスト登録
✓官報に載る
✓保証人に返済義務が移る
✓財産が差押えられれる
✓ブラックリスト登録
✓官報に載る

※スマホでご覧の方は左右にスクロールできます。

クレジットカードやカードローンの借金は、任意整理によって解決するケースが一般的です。

でも、そうせなら借金をチャラにした方がいいんじゃない?大学生なら財産となるものもないだろうし。

もし、住民票住所を移していて、かつ20歳以上であれば「自己破産」という選択もあると思います。

しかし、債務整理は手続きをすればOKというわけではなく、裁判所による審査により「自己破産」が認められないケースもあります。

大学生の場合、これから働いて返済できる見込みが十分にあるため、裁判所が免責を認めないケースが多いです。

つまり、申請手続きをしても自己破産はできない可能性が高いです。

そのため、やっぱり「任意整理」による解決方法しか現実的に選択肢がないかもしれません。

任意整理は裁判所の審査が必要ない

3つの債務整理でも、任意整理だけは裁判所を介さないという手続き上の違いがあります。

📝債務整理の手続き上の違い

  • 『任意整理』
    → 債権者(お金を貸した側)と債務者(お金を借りた側)の合意によって成立する
  • 『個人再生』『自己破産』
    → 裁判所による法的手続きが実施される。

つまり、任意整理は裁判の必要がないため、代理人との和解が成立すればすぐに解決できる簡易的かつ迅速な手続きになります。
※代理人とは司法書士もしくは弁護士のことです。

ただし、ブラックリストに登録され、

クレジットカードが作れなくなる。
スマホの分割払いができなくなる。
賃貸契約ができなくなる。

というデメリットがなくなるわけではありません。
※ブラックリスト登録期間は5~7年。

でも、知り合いに弁護士がいませんし、弁護士事務所に連絡する勇気もありません…。

借金問題の相談は弁護士事務所や司法書士事務所で受け付けています。

電話もでメールでも受け付けしていますが、「自分から連絡する勇気がない…」という場合は『借金減額シュミレーター』を利用することをおすすめします。

匿名でも利用することができ、借金状況に応じた解決策の提案を弁護士事務所のほうから回答してもらえます。

不安がある人は要チェック!
【簡単すぎた...】借金減額シミュレーターを使ってみた結果【怪しいサイトではない】
【簡単すぎた...】借金減額シミュレーターを使ってみた結果【怪しいサイトではない】借金減額シミュレーターって「怪しい」「詐欺じゃなの?」と思っていませんか?本記事では借金減額シミュレーターを運営している弁護士事務所と代表者情報を確認し、実際に使ってみました。結論、怪しいサイトではありませんし、しつこい電話もかかってくることはありません。特にリボ払いやカードローンの返済に悩んでいる方なら試して損はありません。...

≫【無料】借金減額シミュレーターを使う
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

リボ払いやカードローンなど、複数社に借金がある場合もまとめて診断できます。

大学生で借金地獄に陥った例を紹介

📝借金癖がある人の思考あるある

  1. クレジットカードは何でも買える魔法のカード
  2. カードローンは無限にお金が入った魔法の口座

※これらは私の知人のお話です。

普通の感覚だと信じられませんが「魔法のカード」「魔法の口座」と思っている人がいるということに驚きです。。

しかし、そんな魔法のような日々は続きません。

そのうち利用限度額に達し、毎月の返済を滞納するようになり、支払い催促の電話が鳴り響くようになります。そして“事の重大さ”にようやく気付き始めます。

「魔法のカード」でも「魔法の口座」でもなく、ただ借金していただけだったと…。

以下では、実際に大学生で借金地獄に陥った私の知人の実話を2つ紹介します。ぜひ、反面教師にしてください。

大学生の借金体験談①
クレジットカードのリボ払いを使い過ぎた女子大生

3枚のクレジットカードをすべてリボ払いにすれば月々使えるお金はMAXで90万円。それなのに、月々15,000円のみ!クレジットカードって魔法のカードじゃん

普通に考えれば「ちょっとやばい…」ですよね。でも、実際にこういう学生がいることも事実です。

リボ払いの仕組みをちゃんと理解していないばかりに、クレジットカードは何でも買える“魔法のカード”と勘違いしてしまう若者は少なくありません。

まさに若気の至り。。

彼女は大学生の頃に、買い物や旅行に散財した結果、数か月ですぐにカード利用限度額に達しまい、気付かないままに90万円の借金を作ってしまったようです。

そして、クレジットカードが使えなくなったので、カードローンも使い始めたとのこと。

その結果、3ヵ月で新たに50万円の借金ができてしまい、毎月の返済を滞納し始めた時に、自分がマズイ状況に陥ったことに気が付いたようです。

彼女の返済シミュレーション

【クレジットカードのリボ払い】

  • 1社あたり30万円(金利15%)を月々5,000円返済
    → 返済期間:5年、返済額:413,795円(1社)
    → 3社の合計:1,241,385円

【カードローン】

  • 50万円金利(18%)を36回払いで返済
    → 返済期間:3年
    → 返済総額:650,736円

➪ 借金総額:1,892,121円

利用額はリボ払いの90万円とカードローンの50万円で合計140万円でしたが、利息手数料を含めて、総額1,892,121円の借金に。

しかし、実際にはカードローンは返済と借入を繰り返していたため、おそらく総額は200万円を超えていたようです。

その後、なんとか就職した彼女でしたが、就職後の手取は18万円…。

友人や先輩のすすめで債務整理をして、利息分で膨れ上がった金額を減額したそうです。

大学生の借金体験談②
消費者金融カードローンが習慣化した男子学生

周りの友達もカードローンで引き出したお金でギャンブルしてたし、勝てば返せるから問題ないじゃん!? いつでも現金が引き出せる魔法の口座を見つけちゃった!

パチスロに負けるたびにカードローンのキャッシングで現金を引き出すことが日常化してしまい、カードローン口座を無限にお金が入った“魔法の口座”と錯覚してしまうようです。

男性の場合は、友達や先輩との連帯感?みたいな感覚が安心感を生むんでしょうね。

自分だけじゃなく、友達や先輩も借金してるし、別に問題ないじゃん?みたいな感覚で、カードローンを利用することにまったく抵抗がなくってしまうようです。

あっという間に200万円の借金ができてしまい、毎月の返済が滞り始めてようやく自分の置かれた状況に気付いたそうです。

彼の返済シミュレーション

【カードローン】

  • 200万円金利(18%)を36回払いで返済
    → 返済期間:3年

➪ 返済総額:2,495,880円

その後、友達などの協力もあって5年くらいかけて返済したそうです。

ちなみに、彼は債務整理といった方法があることを知らなかったようです。

私は消費者金融を利用したことないためよくわからないんですが、、200万円も借りることができるって恐ろしすぎますね…。

 

以上です。

上記の例は、けして珍しいケースではありません。
※あなたも他人事ではありません。

クレジットカードの利用には気を付けて、リボ払いとカードローンとは縁のない学生生活を送ってください。。

不安がある人は要チェック!
【簡単すぎた...】借金減額シミュレーターを使ってみた結果【怪しいサイトではない】
【簡単すぎた...】借金減額シミュレーターを使ってみた結果【怪しいサイトではない】借金減額シミュレーターって「怪しい」「詐欺じゃなの?」と思っていませんか?本記事では借金減額シミュレーターを運営している弁護士事務所と代表者情報を確認し、実際に使ってみました。結論、怪しいサイトではありませんし、しつこい電話もかかってくることはありません。特にリボ払いやカードローンの返済に悩んでいる方なら試して損はありません。...

≫【無料】借金減額シミュレーターを使う
※あなたの借金状況に応じた解決策を提案してもらえます。

リボ払いやカードローンなど、複数社に借金がある場合もまとめて診断できます。