クレジットカード

20万円のキャッシング金利手数料は5万円超え!? 滞納2ヵ月超えたら覚悟して…

20万円のキャッシング金利手数料は5万円超え!? 滞納2ヵ月超えたら覚悟して...
  1. クレジットカードのキャッシング金利18%を計算。
  2. 自己破産していなくてもグラックリスト入りする可能性がある。
  3. 債務整理費用の相場は1社あたり5万円。
借金返済のため、もしくは生活費を補填するために、どうしても現金が必要。お金に困ることって珍しいことではありませんが、今のままでは毎月の返済ができずに滞納し始めるのも時間の問題です。

どうしても現金が必要な時、クレジットカードを持っていればキャッシングを利用する方法があります。

これはアイフルなどの消費者金融を利用すること以上にヤバいかもしれません。

もしかすると、キャッシングという言葉を知らずに、クレジットカードは魔法のカードと思い込んで、ATMから現金を引き出している人もいるかもしれません。

軽い気持ちで利用し始めたキャッシング。

毎月の返済額は大したことないからといって、数千円 or 数万円の返済を滞納してしまうと、知らぬ間に“ブラックリスト入り”してしまうかもしれません。

すでに返済が滞っている人は要注意です。

キャッシングの金利手数料をシミュレーション

キャッシングの金利手数料をシミュレーション

キャッシングの金利はクレジットカードによって異なりますが、18%固定金利であると思ってください。

キャッシングの金利は18%!

18%って高そうだけど、大金を借入するわけじゃないし、ちょっと手数料払って現金を手にすることができるなら、利用する価値はるんじゃないかな…。

こう思っている人も多いですが、少額だからといって借金はバカにできません。

少額であっても、借金があるという状況に慣れてしまうと、ほとんどの人は別の借金を作ることに抵抗がなくなってしまいます。

そして、気が付くと多重債務者になって毎月の返済に苦しみ始めます。。

ちなみに、キャッシングの返済方法は一括返済かリボ払いのいずれかですが、自分で設定変更していない限り、リボ払い設定になっているはずです。

以下に、キャッシング利用をリボ払いで返済した場合の返済状況についてシミュレーションしてみたので、参考にどうぞ。

※シミュレーションには楽天カードのキャッシング返済シミュレーションを利用しています。

20万円をキャッシング利用した場合

毎月の返済額を適当に設定してシミュレーションした結果が以下になります。

キャッシング利用金額 毎月返済額 返済回数 利息手数料 返済総額
20万円 6千円 34回 50,788 250,788
1万円 20回 31,058 231,058
2万円 10回 16,269 216,269
3万円 7回 11,388 211,388
5万円 4回 7,395 207,395

※スマホでご覧の方は左右にスワイプできます。
※キャッシング金利は18%として計算しています。

リボ払いの場合、毎月の返済を少額に抑えることができますが、その分返済期間(回数)は長くなり、それに伴う利息手数料(リボ払い手数料)は増えていきます。

上の例だと、毎月6千円の返済で、利息手数料が5万円以上にまで膨らみます。

一般的な人であれば、20万円借りて25万円返すってやばいじゃん!!って思うんですが、借金慣れしてしまっている人は、月6千円だけの返済って余裕じゃん!って思いがちです…。

つまり、借金癖のある人は、返済総額ではなく、直近の返済額だけを考える傾向があります。

そのため、リボ払いやキャッシング、カードローンを利用することに抵抗が無くなってしまいますが、これらが複数重なってくるとヤバいですよね。

もし、複数枚のクレジットカードでキャッシングを利用していて、その総額が60万円だった場合、どなるでしょうか。

3枚のクレジットカードで20万円ずつキャッシング利用した場合

クレジットカード3枚で20万円ずつ、計60万円のキャッシングを利用した場合の返済をシミュレーションしてみました。

キャッシング利用金額
(総額)
毎月返済額
(3枚分)
返済回数 利息手数料 返済総額
60万円
(20万円×3)
6千円×3 34回 152,364円 752,364円
1万円×3 20回 93,174円 693,174円
2万円×3 10回 48,807円 648,807円
3万円×3 7回 34,164円 634,164円
5万円×3 4回 22,185円 622,185円

※スマホでご覧の方は左右にスワイプできます。
※キャッシング金利は18%として計算しています。

一般的な人であれば、60万円借りて75万円返すってやばいじゃん!!って思うんですが、借金慣れしてしまっている人は、60万円借りて月2万円以下の返済ってお得じゃん!って思うんでしょうね…。

てか、クレジットカードで借金している人は、アイフルやアコムなどの消費者金融を利用しているはずです。

毎月数万円の返済額で100万円以上の借金を抱えている人も少なくありません。

しかし、多重債務者の多くは自分がいくら借金しているのか、借金総額を把握していないこが多いです…。

借金総額を「だいたい○○円くらい」ではなく、1万円単位で把握できていますか?

 

まだまだ人生は終わりません!
『リボ払い』の返済残高が100万円以上のあなたへ【自己破産せずに解決する方法】
【リボ払いで人生詰んだ...】自己破産せずに再スタートする方法はある!リボ払いで作ってしまった借金は"一括返済"しなければ解決することはできません。債務整理は、国が定めた法律で、借金の返済が困難になった人を救済し、生活を改善することを目的とした制度です。現在の生活状況に応じた制度を利用することは国民に与えられた権利です。...

 

自己破産しなくてもブラックリスト入りする可能性あり

借金をしても、生活に支障がなく返済ができているのであれば問題ないかもしれませんが、毎月の返済が苦しく、すでに滞納してしまっている人は要注意です。

61日以上もしくは3か月以上滞納した場合、自己破産申請をしていなくても“ブラックリスト”に載ってしまいます。
※信用情報機関に異動情報が記録されます。

ブラックリスト(異動情報)に載る基準は以下のように定められています。

この段階まで来ると、すべてのクレジットカードが強制解約され、新たにクレジットカードを作ることも、アイフルなどの消費者金融を利用することもできない状況になっているはずです。

知らないうちに破産状態!?

ブラックリストに載ってしまっているなら、債務整理(自己破産)をして借金をリセットした方がいいと思います。債務整理をしてもしなくてもブラックリスト入りしてしまったことは変わらないので…。

ブラックリスト入りした情報が消えるのは、7年~10年かかります。

今抱えている借金を滞納を繰り返しながら3~4年かけて返済するよりは、今すぐ債務整理をした方が、今後の人生を再スタートすることができるはず。

人生の中で誰しも取り返しのつかない失敗の1度や2度はあるものです。

今回その失敗が、たまたま借金問題であったというだけ。

でも、借金問題は、けして取り返しがつかない問題ではなく、再スタートするための救済処置が用意されています。

※任意整理は、国が定めた法律で、借金の返済が困難になった人を救済し、生活を改善することを目的とした制度です。現在の生活状況に応じた制度を利用することは”国民に与えられた権利”です。

債務整理の費用は1社あたり5万円が相場

任意整理の場合にかかる費用は“1社あたり5万円(税抜)+書類郵送料など”が相場になります。

また、最近ではインターネットから債務整理の申込をするケースが多いため、全国対応している司法書士事務所が多いです。

以下に、“女性向け”の相談窓口と、“至急取立てをストップさせたい人向け”の相談窓口となる司法書士事務所をピックアップしていますので、参考にしてみてください。

新大阪法務司法書士事務所
【債務Lady】

債務Lady
新大阪法務司法書士事務所の債務Ladyは、女性のための借金相談窓口です。メール相談無料、着手金無料で女性スタッフが相談対応している“女性のための女性に優しい司法書士事務所”です。

女性スタッフによるメールもしくは電話でのご相談の受付から、借金問題の解決方法のご提案まで無料です。ご提案された解決方法に納得できてからの正式な依頼・契約をすることができるため、安心してご相談ください。

各債務整理の費用は以下の通り。

任意整理
着手金 無料
基本報酬
(1社)
2万円(税別)
成功報酬 3万円(税別)
その他の債務整理
自己破産 25万円(税込)から
個人民事再生 35万円(税込)から

※クリックすると新大阪法務司法書士事務所のページへ移ります。

 

アストレックス司法書士事務所
【借金解決相談センター】

アストレックス司法書士事務所
アストレックス司法書士事務所はもちろん相談無料・着手金無料で全国対応可能な司法書士事務所です。すでに返済が難し滞納状態になっている方は、電話、もしくはメールで支給ご連絡ください。

1日でも早く督促をとめるため、契約後すぐに介入通知を業者に送付することで、最短即日取り立てをストップさせることが可能です。

各債務整理の費用は以下の通り。

任意整理
着手金 無料
基本報酬
(1社)
5万円(税別)
成功報酬
  • 過払い金が発生していた場合、返還額の18%(税別)
  • 訴訟により取り戻したときは、返還額の20%(税別)
その他の債務整理
自己破産
  • 申立書類製作費用(同時廃止)
    → 28万円(税別)+実費(約3万円)
  • 申立書類製作費用(管財事件)
    → 35万円(税別)+実費(約3万円)
個人民事再生
  • 住宅賃金特別条項なし
    → 33万円(税別)+実費(約3万円)
  • 住宅賃金特別条項あり
    → 38万円(税別)+実費(約3万円)

※クリックするとアストレックス司法書士事務所のページへ移ります。

 

借金減額シミュレーターを試したい人向け
借金減額シミュレーターってどんなもん?実際使ってみると簡単すぎて驚いた 確かに。。 そんな都合の良い話なんてあるわけないですよね...って言いたいところですが、借金の種類によっては本当に減額され...